2020年06月20日

多様性を認める社会を

全米で「奴隷解放記念日」デモ 高い注目、祝日化相次ぐ

 【時事通信 6/20(土) 13:35配信】

 米国の「奴隷解放記念日(ジューンティーンス)」に当たる19日、人種差別に抗議するデモが全米各地で行われた。

 米メディアによると、奴隷解放記念日は伝統的に黒人を中心に祝われてきたが、中西部ミネソタ州での白人警官による黒人男性暴行死事件を機に人種差別抗議デモが広がったのを受け、改めて注目が集まった。祝日に指定する自治体も相次いでいる。

 「うまくいくと信じている」。ニューヨークで行われた抗議デモでは、こうシュプレヒコールを上げながら、さまざまな人種の若者が社会の変化の実現を求めて行進した。デモは首都ワシントンや南部アトランタなどでも実施され、ニューヨーク・タイムズ紙は「何百万人もの米国人がかつてない規模で祝った」と伝えた。

 奴隷解放記念日は、南北戦争で奴隷制度存続を主張した南軍のリー将軍が降伏した後の1865年6月19日に南部テキサス州ガルベストンで黒人奴隷が解放されたことを記念する日。米メディアによると、これまで親族が集まったり、パレードが行われたりしてきたが、黒人社会以外には広く認識されてこなかった。



黒人男性暴行死事件が契機となり全米で抗議デモが続いています。多様性(ダイバーシティ)を推進することは現社会のトレンドであり、価値観の多様化を認める社会をつくることを叫んでいる米国がいまだに人種差別の問題を抱えているのです。なんとも矛盾だらけですが、これが現実なのです。

You've got to be taught
To hate and fear,
You've got to be taught
From year to year,
It's got to be drummed
In your dear little ear
You've got to be carefully taught.
You've got to be taught to be afraid
Of people whose eyes are oddly made,
And people whose skin is a diff'rent shade,
You've got to be carefully taught.

You've got to be taught before it's too late,
Before you are six or seven or eight,
To hate all the people your relatives hate,
You've got to be carefully taught

映画「南太平洋」でケーブル中尉が苦悩を歌に込めたのを思いだします。〜知らないうちに教え込まれることを〜

人種差別で大きな衝撃を受けたのは映画「アラバマ物語」でした。

alabamax.jpg


白人女性に対する婦女暴行事件で、黒人容疑者の弁護人を受けた主人公は、陪審員は全て白人という被告人にとっては絶望的な状況で滔々と弁護を開始するが、客観的な証拠が不十分なのにもかかわらず結局黒人容疑者は有罪となってしまう。有罪判決に落胆した容疑者は護送中に脱走して銃で撃たれて死亡する。

法によって裁かれるはずの法廷が社会の壁によって人命が失われてしまうという悲惨な結果でした。

mexicocityx.jpg


メキシコ五輪の表彰式で表彰台に立った米国人の二人の選手がが黒い手袋をはめて拳を突き出し黒人差別の抗議行動をした場面は後で知りましたが、これも衝撃を受けたシーンでした。


今回はコロナウイルスによる影響も重なって人種差別と格差社会問題が複雑に絡んだものと推察しますが、未来を志向する私たちはしっかりと意識を持たないと変わっていかないことは間違いないです。

posted by 飯沢ただし at 23:44| 岩手 ☀| Comment(0) | My Opinion 【意見を申す】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月19日

欧州素粒子物理戦略の更新と公表

本来は5月末に行われる予定だった欧州素粒子戦略の更新を決定する会議(CERN理事会)が開催され、戦略の更新が決定し、本日その結果が公表されました。

その中でILC(国際リニアコライダー)については、「欧州戦略に適合するものであり、日本がタイムリーに進めば、欧州はILCに協力する」と評価されました。

ilc2_bigx.jpg


以下関連す部分を添付します。

欧州素粒子物理戦略アップデートにおけるILC関連部分 (3.a)

○研究者コミュニティによる日本語仮訳

3.優先度の高い将来の取り組み
a) 電子陽電子ヒッグスファクトリーが、最も優先度の高い次のコライダーである。長期的には、達成可能な最高エネルギーで陽子‐陽子衝突型加速器を運転するという野心を欧州の素粒子物理学コミュニティは、持っている。これらの説得力のある目標を達成するには、新機軸と最先端テクノロジーが必要になる。
● 素粒子物理学コミュニティは、高度な加速器技術に焦点を当てた研究開発の取り組み、特に高温超電導体を含む高磁場超電導磁石のための取り組みを強化する必要がある。
● 欧州は、その国際パートナーと共に、少なくとも100TeV の重心エネルギーを持つCERN の将来ハドロンコライダーの技術的および財政的実現可能性を調査するべきである。そのコライダーは第一段階として電子陽電子ヒッグス・電弱ファクトリーとなる可能性を持つ。そのコライダー、および関連するインフラストラクチャの実現可能性調査は、グローバルな取り組みとして確立され、次の戦略更新のタイムスケールで完了されるべきである。
日本における電子陽電子国際リニアコライダー(ILC)のタイムリーな実現は、この戦略に適合するものであり、その場合、欧州の素粒子物理学コミュニティは協働することを望む。

○英文
3. High-priority future initiatives

a) An electron-positron Higgs factory is the highest-priority next collider. For the longer term,the European particle physics community has the ambition to operate a proton-proton collider at thehighest achievable energy. Accomplishing these compelling goals will require innovation and
cutting-edge technology:
• the particle physics community should ramp up its R&D effort focused on advanced acceleratortechnologies, in particular that for high-field superconducting magnets, includinghigh-temperature superconductors;
• Europe, together with its international partners, should investigate the technical and financialfeasibility of a future hadron collider at CERN with a centre-of-mass energy of at least 100 TeVand with an electron-positron Higgs and electroweak factory as a possible first stage. Such a feasibility study of the colliders and related infrastructure should be established as a global endeavour and be completed on the timescale of the next Strategy update.

The timely realisation of the electron-positron International Linear Collider (ILC) in Japan wouldbe compatible with this strategy and, in that case, the European particle physics community would wish to collaborate.


今回のポイント

● ヒッグス・ファクトリーが最優先であると明記。
➣ ILC 計画が名指しされている。
➣ ヒッグス・ファクトリーは何があっても絶対実現させる。(CERN 主導の場合も調査検討)
● ILC は欧州戦略に適合するものであり、日本がタイムリーに進めば、欧州はILC に協力する。
● これで日本・米国・欧州が揃った。



ヒッグス・ファクトリー(ヒッグス粒子の探求)は継続することの決意と、それを実現するためにILCは不可欠な存在と言っていると理解しました。欧州のお墨付きを頂き世界全体でILCを後押しすることになりました。あとは日本政府の時宜を外さない決定だけです。

本県は主要施設が集中する位置にあることから、国の決定をひたすら待つだけでなく前々と戦略的な準備をし、情報発信することが求められると考えます。

posted by 飯沢ただし at 23:14| 岩手 ☁| Comment(0) | ILC 【東北から世界に発信!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

昭和48年夏の甲子園

コロナウイルスの影響でテレビのスポーツ中継はほとんどなくなり、そのおかげで標題の番組をNHKさんがやってくれました😃

それも作新学院の江川卓投手が甲子園で最後の試合となった対銚子商業戦です。延長戦になり雨が降り最後は四球押し出しで作新学院が敗れるという結果は有名で、最後の場面はネットで見ることは可能ですが初回から見るのは初めてですので興奮して見ました。当時私は小学校6年生で延長戦になってから見たのは鮮明に記憶しています(柳川商業との一回戦は大島に海水浴に行ったため見られず)

DSC_3512 (002)x.jpg


江川投手は高校時代が一番球が速かったといわれていますが、確かに速い!カーブはスライダー気味に横にすべる球筋でプロ時代のとは違うように見えました。加えて腕が振りがコンパクトなので打者は余計に速く見えたでしょう。

DSC_3510 (002)x.jpg


銚子商の投手は土屋投手。次の年の夏の甲子園で日本一になるエースです。土屋投手は2年生ですので背番号は10。江夏に負けず劣らず球の速さが目を引きました。

DSC_3511 (002)x.jpg


スコアボードには第一試合に盛岡三高の名が⤴藤沢商業に1−0で勝利しています。

試合は緊迫した投手戦。金属バット導入前ですからまさに高校野球クラシックにふさわしい試合内容です。そして選手の立ち振る舞いがなんと大人びていることに驚きです。江川投手だけでなくプレイには今の高校生とは比較にならない落ち着きを感じます。解説は甲子園定番の松永玲一氏。アナウンサーの指摘も解説も的確で煩い誇張もなし。野球観戦に集中できるというものです。

応援団はちらっとしか映像になりませんでしたが、BGMみたいな音で判断しても、チャンスにはワッショイ程度であまりシステム化されていない様子は窺えます。

DSC_3513 (002)x.jpg


この選手は江川投手の捕手を務めた小倉選手。なんと現在は亀岡偉民(かめおかよしたみ)文部科学副大臣ご本人です。


今から47年も前の有名なゲームに触れて感激しました。あの頃の球児も65歳ですね。東邦の山倉、広島商の達川も同年代で年金受給世代なったのですね。感慨深いです。

甲子園に出場した選手は一生の思い出となることは間違いありません。今年は夏の甲子園は中止。仕方のないことですが、なんとも選手たちが不憫でなりません。
posted by 飯沢ただし at 00:06| 岩手 ☔| Comment(0) | My Favorites 【お気に入り】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月14日

コロナ補正予算244億可決

去る11日(木)に県議会臨時議会があり、新型コロナウィルス感染症に対応した補正予算など議案8件を可決しました。県の補正予算は今回で第三回目になります。

今回の補正予案による主な事業は
1⃣ 国の三次補正に盛り込まれた医師や福祉関係者への慰労金 54.2億円
2⃣ 地域企業経営支援事業費                35.6億円
3⃣ 生活福祉資金貸付金推進補助              10.0億円
4⃣ 観光宿泊施設緊急対策事業費              19.0億円
5⃣ ひとり親世帯臨時特別給付金付事業費           2.1憶円 

DSC02336x.jpg

【今回も本会議採決 飯沢議員単独賛成のナイスショットと思ったら中腰賛成が反対席に一人(^^;】


6月定例会を待たずに迅速に予算執行する体制を組むことは大変いいことです。今回も執行部の対応には評価を致します。議決はされたので一刻も早く困っている県民へお金が行き渡ることが求められます。


私が所属する総務委員会に付託された案件は、ほとんどが歳入案件であり、私も質問と政策的提言を致しました。

DSC04841x.jpg


💡 政府の大型財政出動や県税の減少予想を受けて、来年度以降の国の地財計画と県財政の見込みと国への動きについて質問
💡 「新しい生活様式」に対応し、なおかつ罹患確認者ゼロを活用した本県の戦略的な産業と人材育成策について提言
  

DSC04771x.jpg

【髪を夏仕様に短く切りましたら一気に白髪が目立つようになりました(・_・;)】


現在は県の仕事の大方は対応策に追われているわけですが、前回の委員会でも提言しましたが、常に時代の潮流を見逃さず先手を打って戦略を練ることが不可欠です。今後も具体的に提言をしていきます。
posted by 飯沢ただし at 23:16| 岩手 ☔| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月10日

ひょう被害を視察

6月5日に一関市南部地方を襲った雹(ひょう)被害を視察巡回しました。被害は果樹、葉たばこの生産品のみならず作業ハウスにも及んでいます。

藤沢町から千厩町にかけて場所によっては10円玉大の大きさの雹が5分間ほど降り、雹が降った後の降雨量も短時間でかなりのものと聞きました。

DSC_3498 (002)x.jpg


DSC_3494 (003)x.jpg


南側から大量に降った雹は、見るも無残に葉たばこを直撃。大根の葉のようになっています。特に藤沢町黄海中山地区の農作物は被害甚大でした。

DSC_3493 (002)x.jpg


葉たばこを乾燥するのに使う作業ハウスの屋根も大きな穴が各所に。ハードタイプのものの方が被害が大きいようです。

最近は降水量が少なく朝に水かけをしていたような状況が一変、過去にも例のない被害が発生しました。

現在は生産者の方が一関市と被害状況を確認中とのことですが、葉たばこに関しては過去に県北地方で雹被害が発生しておりますので県とも相談して今後の対応を進めていきたいと思います。
posted by 飯沢ただし at 10:50| 岩手 ☀| Comment(0) | My Inspection 【視察日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月07日

村山斉先生の「時空自在」

朝日新聞に隔週で連載されている物理学者の村山斉先生の「時空自在」を愛読しています。村山先生とはILC関連のイベントでお会いしたこともあり、何しろ記事が専門の物理の話を中心ですが難しい科学のことも分かりやすく解説してくれます。

murayamax.png


ちなみに私は朝日新聞は普段は読まないので村山先生の記事だけ議会図書室にお願いしています。(朝日新聞はサンゴ礁の捏造記事や慰安婦問題を事実を曲げて世に知らしめたことは倫理的に大問題だと私は思っているのでそのような仕分けをしています。ただ必要な記事は読みます。)


6月3日の記事のタイトルは「惨事で揺らぐ今こそ 日本よ大胆に」でした。

コロナウイルスの惨事に関わって書いています。私が気になった点を列挙すると

・「新しい生活様式」は続くが、実はニュートンもペストを避けて疎開し、万有引力の法則と微分積分を発見した
・米国の死者は10万人以上。ベトナム戦争での米兵の死者数の約2倍
・これだけの惨事となると世界大戦と同じで、世界秩序が変わってもおかしくない
・世界秩序が揺らぐとき、ダメージが少なかった日本はチャンスだ
・ビザ発給を停止し、授業がオンラインになった米国では、海外からの留学辞退が多い
・日本の留学生数は実は世界8位。この機会をつかみ、政府主導でもっと増やせたらいい
・外国から見ると日本の存在感は高い。ハイブリッドカーや任天堂やソニーのゲーム機など

そして最後にこのように結んでいます。

ビジネスでも学術でも政治でも、戦略的に考えるときだ。ニュートン級の大胆な発想を目指そう。

まったく私は村山先生の意見に賛成で、今こそ次の時代をみすえた戦略をもって動くときだた思います。それにはやはり人材の育成が必要。人材育成の中でも優先順位をつけると、ちょっと躓いてもがっくりこないタフな人材、他人と調和できたうえで自分の意見を言える人材。岩手県は元来忍耐強い人材をつくるのに長けている。今こそ挑戦の戦略を練りましょう!
posted by 飯沢ただし at 23:41| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月04日

受け継いでいく思い

今週の日曜に地元の大先輩である佐藤時夫さんの訪問を頂いた。時夫さんは昭和2年生まれで今年満93歳になる。かつて大東町議会議員や地元農協の要職も務められた。議員時代は私の祖父武雄と父忠雄と同僚でもあり、私で3代のお付き合いをさせて頂いている。耳のはかなり遠くなられたが思考回路は健在で、先日は懇談というより、一方的に私に思いを伝えたかったのだと感じた。


増田寛也氏の「地方消滅都市」の評価を口火に話が始まり、内容は多岐に渡ったが、一貫しているのは農業振興を中心にした中山間地の維持発展についてだった。

賀川豊彦の精神、新渡戸稲造の講義の内容、スイスのアルペン農業とデカップリング、農業専門校の在り方、農協経営の本質、ドイツのグリーンプランと農村改善事業の成果と問題点

これだけの内容を約2時間で一瀉千里に話され、最後に「しっかり伝えたから」と言われて車を駈けて嵐のように去られていった。


私は父が60代半ばで亡くなったのでこうした時夫さんのような大先輩とお話できることとなったのだが、本当にありがたいと痛感した。時夫さんの思いは与えられた材料を自分なりに学習して地域や本県の発展につながるような跡を残していく活動をしたいと思う。
posted by 飯沢ただし at 23:43| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月31日

2020年の挑戦

DSC_3474x.jpg


昭和41年、円谷英二氏が監修した空想特撮シリーズ『ウルトラQ』の第19話がこれである。この回に出現するケムール星人は「Qシリーズ」の中でも特異で、最も印象に残る宇宙人である。

「2020年の挑戦」は神田博士が書いた小説となっていたが、実は神田博士とケムール星人との交信の記録だったという。発達した医療により高度な知能と長寿を得た健全な肉体の維持には限界のあるケムール人は、2020年という未来の時間を持つ星へと送られた人間の身体を使って肉体の衰えを補おうと企んでいた。

ここで設定された2020年という未来は1960年代からみて科学の進歩が顕著になっていることを期待されていると思うが、実際に2020年に到達した今、果たしてどれほど人類の期待に応えられた発展をみているだろうか。

スペイン風邪以来の世界的パンデミックに陥っている今、ケムール人が高度な知能と長寿を得たが健全な肉体の維持に限界があるとは奇しくも54年前に人類の前に立ちはだかる壁や限界が暗示されていたような気がした。

人類の歴史は感染症との闘いの連続であり、新型コロナウイルスを克服したとしてもまた新たなウイルスが出現することは間違いない。科学の基礎研究が継続的に不可欠なのはここに意味がある。題名のとおり挑戦し続けていくしかない。

posted by 飯沢ただし at 22:44| 岩手 ☀| Comment(0) | My Favorites 【お気に入り】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月30日

議会の権能を保持する

昨日は県議会交渉会派の代表者会議があり、6月11日(木)に開かれる臨時議会と6月23(火)から開会予定の6月定例会の進め方について協議をしました。私は「いわて県民クラブ」を代表して協議に参加しました。

臨時議会は一昨日閣議決定されたコロナ対策の補正予算に呼応する形で県側から召集される予定であり、他県よりも早い動きには評価をしたいと思います。

6月定例会は一般質問9人が予定されているところですが、平時とは異なり未だ「三密」を回避しなければならない状況にあることから会議の持ち方について他県の事例を参考にしながら議論しました。本会議場で行うことはすぐ合意を得たのですが問題は会議時間をいかに効率的に行うかという点です。すでに「三密」を避ける対応方策を連絡本部会議で行っていますので、通常通りの日程で行うことは矛盾を生じることになります。

1)質問時間を短縮して会議時間を短縮する
2)質問者を減じて会議時間を短縮する

事務局からは案として2案が示されましたが、私は質問者の時間は通常通り確保すべきとの論に立ち、議会が自ら与えれた権能を狭めることはありえないとの考えを述べました。具体的には一般質問の日数を2日増やして、1日2人の質問者にすることを提案しました。要は質問者の時間を確保しつつ会議時間を減ずるという考え方です。昨日は結論には至りませんでしたが各会派の合意はほぼ得られたと思います。

議会日程は県執行部との兼ね合いもあるので今後調整をされることになります。知事等の日程が議会日程とかち合う場合は別の方策を考え直さねばなりません。

議会日程を増やすことは経費の増大になるわけですが、このようなコロナ対策やコロナ収束後の生活様式の変化に伴う県施策の推進策等、議会側が提案することは多岐にわたることが予想され、このような時こそしっかりと議論することが求められると考えます。そもそも議会は民意を選挙によって反映された独立した機関ですから議会の意思によって議会の運営はされるべきです。よって質問時間を短縮するなどは私は考えもおよびません。

まぁ早期に「三密」体制が解かれればこんな面倒はしなくてもいい訳ですから、一日も早いコロナウィルスの感染終息を願うばかりです。
posted by 飯沢ただし at 21:59| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月27日

あれから40年・・・

久々の「気になる品」カテへの投稿です。

今から40年前の1980年、大学生となり東京で一人暮らしをすることになりました。不安と期待のアパート生活(2か月後にはボート部に入部してほとんど合宿所生活になるのですが・・・)の始まりでした。

アパートは杉並区宮前2丁目。都立西高のすぐ近くでした。京王電鉄井の頭線久我山駅から歩いて10分程度。四畳半風呂なし共同便所。二階建のアパートでそれぞれの階に5部屋づつ。私の住んでいた1階は3人が東大生のようでした(二年間住んでいて一度も顔を合わせたことなし)。

風呂なしとなると銭湯を利用することになります。80年代に入ったばかりでしたので学生の銭湯依存度はまだ高かった時代でした。風呂代は180円でしたが、すぐに195円になったのを記憶しています。

シャンプーなどを持参するのに洗面器を求めました。久我山駅近くのピーコックストアというスーパーマーケットで買いました。後から知ることになるのですが結構高級クラスのチェーン店だったようです。お店の買い物袋はビニールではなく紙袋でした。袋は茶色地でPEACOCKと書いてました。

peacock store kugayamax.jpg

【今でも健在。ピーコックストア久我山店】


その商品がこれ↓

DSC_3460x.jpg


それがなんと今でも現役です。議員会館で使用しています。たかが洗面器ですがしっかりした作りだったからでしょう。

杉並区宮前⇒武蔵野市吉祥寺⇒横浜市神奈川区子安台⇒自宅⇒議員会館と40年にわたって共にあります。PANOBAというブランド名はまだ存在っしていて、もちろんメーカーさんも健在です。

40年も経ったかという思いが巡ります。あの頃竹内まりあの不思議なピーチパイとビリージョエルのストレンジャーをよく聴いていたことが甦ってきます。18歳のニキビ面の若造は今や白髪が目立つ還暦前のオジさんです。時の流れは非情です。

さてこれからこの洗面器はどのような時代の変化を共に見ることにななるでしょうか。ひょっとしたら「生活様式の変化」は銭湯の存続自体を危うくするかもしれません。

いずれにせよこれからもPANOBA君を大事に使っていこうと思います。
posted by 飯沢ただし at 23:59| 岩手 ☁| Comment(0) | Various Goods 【気になる品】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする