2017年02月24日

岩手競馬よ、どこへ向かう?A

存廃論議から10年。東日本大震災から6年。
この間岩手競馬だけでなく地方競馬をめぐる状況は大きく変わりました。
ハルウララという連戦連敗馬を話題にしなければならないほど苦境に立っていた高知競馬が馬券のネット販売によりV字回復をしているほどです。高知競馬場はその堅調な売り上げによって女性ファンのための専用室まで作っています。

岩手競馬は存廃ルールの確立により、四半期ごとの利益調整を行い、利益が出たらその都度対処を考えている状況です。これでは大胆に中長期的な課題を解決することができません。岩手競馬組合の最大の欠点は企画等の枢要な部分を担う幹部職員が県庁の職員人事に従って人事異動するために、長くて3年勤めれば移動というパターンであり、競馬業界に通じた人間が育たない、長期スパンでの計画を遂行する意思が働かないという状況にあります。もちろんこの間特に東日本大震災を乗り切った有能な幹部職員の方々も存在したこともありました。しかし、競馬組合が売り上げ堅調状況になると人事を司る県庁部署は問題の少ないところにはそれなりの意思が働くのも事実。ここは世の変化に対応したミッションに基づいた機構改革が必要と私は考えます。

🎠専従の副管理者はシティマネージャー制度の導入を!
米国などで採用されているシティマネージャー制度は市政実務のプロを議会が承認して行うものです。日本でも副市長などは議会の承認が必要ですが、シティマネージャーはより高い執行能力が求められます。これを競馬組合に当てはめると専従の副管理者がそれにあたることになります。これを競馬議会が議決承認することは、議会も議決をした責任を負うことになり、両者が責任をもって競馬の運営に関わることにもなります。任期も最低5年と仮定すれば中長期的な計画に腰を据えてかかることができます。

🎠喫緊の課題である人材確保(特に厩務員)には専任職を設置せよ!
先の競馬議会答弁であったような経常的な厩務員の不足は地全協やHPの告知宣伝だけで解決できるほど簡単なものではありません。農業高校などへのリクルートなど地道な息の長い活動が要求されるだけに、片手間の仕事ではすまされません。採用の年次計画も立てて確実に現場職の確保策を立てる必要があります。競馬組合が主体性をもって取り組まないと関係者との懇談会で話が出たように内部崩壊の危機さえある重要な問題です。

🎠南部藩と縁のある社台RCの吉田氏との関係を深めよ!
吉田氏は我が国の競馬会にとって大きな影響力のある人物です。これまでも岩手競馬に対して思いを寄せて支援頂いた場面もありました。岩手県はこれほどの明確な優位性を持っているのに管理者たる知事が積極的に動かないのはどういうことなのか私には謎です。

🎠岩手の馬事文化を掘り起こせ!
岩手には馬文化の宝庫です。南部曲り屋、南部地方がかつて軍馬の供給地、小岩井牧場の栄えある歴史などどれをとっても岩手オンリーワンの素材を生かさない手はありません。これは組合マターというより県全体での取り組みが必要となります。

以上私が今考えた改善策です。組織は10年で古くなります。今こそ改革に着手が必要です。

nitta yayoi.jpg

【かつては女性騎手の国際大会という楽しい企画もありました】
posted by 飯沢ただし at 23:58| 岩手 ☁| Comment(0) | My Opinion 【意見を申す】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

岩手競馬よ、どこへ向かう?@

平成19年の存廃問題から10年が経過し、さらに平成23年の東日本大震災時は継続が絶望的と思われた時期を関係者の努力によって継続されてきた岩手競馬。

私は昨年の夏にお会いしたJRAの調教師会会長である橋田満氏の言葉を借りるまでもなく、岩手における馬との関わりによる文化はとても貴重で大事にしなければならないと思っています。競馬はギャンブルと一刀両断する方もいらしゃいますが、馬を介しての人脈形成を図る意味から競馬事業は有効であり、もちろん産業としての価値の観点からも岩手競馬は他の地方競馬に比しても優位な点が多く認められます。それを馬文化の継承八手や県人の魅力につなげ、うまく活用することは本県のアイデンティティを磨くことにもつながると確信しています。

昨今売り上げ低迷から一転、JRAのIPAT開放が分岐点となりインターネット投票の発売額が右肩上がりの基調にあります。今年度は2億円以上の利益を確保できる見込みとなり、初めて構成団体に借金の返済をすることになりました。ところが利益が出ていると報道されて現場サイドから多くの窮状も寄せられるようになったのです。これらは存続のためにと我慢を強いられてきた声なき声がようやく外に発せられたと言っていいでしょう。同時に馬を管理する体制が危機に瀕している状況を懇談会(先にブログにて紹介した)を通じて明らかになりました。

岩手県競馬組合は構成団体による一部事務組合であり、行政のルールにしたがった運営と管理がされるのは仕方のないことですが、赤字を一度でも出したら廃止という存廃ルールを重きを置いているため中長期の経営視点に欠けている点が散見されます。制度上の改革は無理ですがその中でも工夫すれば道は十分に開けていきます。しかし最近の競馬組合幹部はルールにしたがい四半期ごとの関係者間の利益調整をくぐればお役御免との体質が顕著に表面化し、現場との問題意識の差は広がっていくばかりと私は感じています。

運営企画において競馬組合議会のやり取りだけでも迷走している点が多々あります。例を挙げれば

😠 大型映像装置の財源についても十分な検討をしないまま12月議会で提案し、こちらが提案したより活用に有利なJRAの助成金を活用した策はちゃっかり拝借して結果オーライで済ます。

😠 売り上げ向上策の一環として薄暮時のナイター設備投資について強力に推進すると議会に説明しながら、競馬輸送組合の解散決議に右往左往して結局は馬運車の購入に振り替わるなど見通しの甘さが露見。私が質問した競馬輸送組合の今後の動向についても組合員の平均年齢さえ把握していないお粗末さ。

😠 喫緊の緊急課題である厩務員の確保についても競馬組合が主体的にかかわる具体策はとうとう出て来ず。

161224n011x.jpg

【晴れやかな表彰を受けられるのも厩舎関係者の日々の馬への世話があってこそ】

😠 自場売り上げに一定の歯止めがかかったと(総売り上げの32%)自己評価をしていたが、来期はさらに売り上げ減の計画(総売り上げの29%!)を堂々と提示。その根拠は過去三年間の発売状況を鑑みてだそうで(???)、自場発売の歯止め策に熱を入れて策を講じているとは到底思えない。例えば総売り上げの3割は絶対確保という数値目標を示して対応するのは民間会社なら当たり前。


こんな体制で来期以降は本当に大丈夫か?と昨日の競馬議会で管理者である達増知事に私が迫りましたが、まったくどこ吹く風、我関せずの答弁内容。誰が責任をもって運営しているのかと疑念の思いだけが大きくなっていくのは誰の目にも明らかに映ったと思います。

嫌味なあら捜しばかりでは能がないので、私の提案も含めた今後の展開策には明日以降に書きます。
posted by 飯沢ただし at 14:01| 岩手 ☁| Comment(0) | My Opinion 【意見を申す】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

二月定例議会が開会

次年度の予算審議をする二月議会が開会し、恒例の知事の所信表明演説がありました。
その内容はまとまってはいましたが先の予算説明会で示された新規事業や焼き直しの事業名を次々と言い並べました。枝葉は賑やかだが肝心の幹の健康状態や全体の成長がどうなっているのかという話です。

県庁は大企業と同じで、大きなエネルギーを持った集団です。所信表明は年に一度。このチャンスを有効に使わねば意味がありません。だからこそ内外に知事の岩手県の方向性を明確に示すことが必要と私は考えるのです。議会や県民に対してだけでなく、組織内に対しても。

国体成功の力を将来の岩手に!、幸福を一緒に考えてみませんか?
そんな呼びかけで岩手の将来はどうにかなりますか?

新規事業を社会の変化に沿って起こすのは当然のことです。当然のことをどうやって動かすのか、限られた予算で効果を上げるためにどういう工夫をするのか、手立てを示せるのはトップリーダーしかできないこと。
しかし、言えないのか言わないのかここ数年まったく同じ論調です。

ILCに関しても知事が主体的に動く決意も示さず、県の姿勢がどこまで本気なのか見えてきません、

新規で掲げた事業でも会議を設置したり、県が間接的に行う支援策も多く含まれています。これからの議会でもちろん私や会派総がかりで内容を精査していきます。

それにしても県が市町村とどういう連携をするのか、広域振興局をどのように活かすのか言及がないのはまったくもって解せません。
posted by 飯沢ただし at 11:08| 岩手 ☁| Comment(0) | My Opinion 【意見を申す】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

県議会ILC議連が国に要請活動!

昨日、ILC議連が文部科学省と国会議員への要請活動を行いました。
今回は市議会議長会と町村議会長にも声がけをして両会長も帯同しました。

岩手県議会ではILC実現を目的とした超党派の議員連盟「ILC建設実現議員連盟(ILC議連)」を結成しており、私は副会長の役職を務めております。

P1040907x.jpg


文部科学省では戸谷一夫事務次官に対応頂きました。
文科省は現在内部的問題が表面化しており、なかなかこちらもイズい要請活動だったのですが、事務次官からは今後の対応方針等について説明がありました。

・有識者会議内に「体制およびマネージメントの在り方作業部会」が設置されたこと
・LCWSで明らかにされたコスト抑制策の浸透を期待したい

・トランプ政権のCO2削減等の地球環境政策に関心がないことは基礎科学にも及ばないか懸念する
・トランプ政権のDOE(Department of Energy)の下部ポストが未決定であり、基礎科学やILCに対して未知数であることの懸念

先の有識者会議の内容以上のものは発言がなく、かなりアメリカ新政権の動向に神経質になっているような感じでした。

国会のILC議連の会長、川村健夫衆議院議員を訪問しました。

P1040930x.jpg


P1040928x.jpg


川村会長からは先のLCWSにて自身の「サイエンス ファースト」の基調講演の話で盛り上がった後に

五月の連休中に再度渡米してILC枠組みの確認をする。財務省周辺の理解が必要。これを払拭しないでぼやぼやしてると中国に先を越される可能性がある。研究者が示した初期投資抑制案をもう少し広める努力が必要。あと2年内には何とか決めるように努力したい、岩手の皆さんのこれまで以上のご協力もよろしくとのことです。お忙しい中ご丁寧なご対応を頂きました。

P1040937x.jpg


最後はILC議連副会長の岩手2区選出の鈴木俊一衆議院議員を訪問。

P1040938x.jpg


鈴木俊一代議士:トランプ政権に近い共和党シンクタンク、ハドソン研究所は基礎科学に理解あると聞く。悪くは対応しないのではないかという楽観論あり。九州との連携も考えなければならない。財務大臣(義弟)がなかなか決断に至らないので参った(苦笑)。

P1040939x.jpg


三者ともそれぞれトーンは若干違いますが共通して言えるのは
振り出しまでにはいかないが、トランプ政権に変わったので仕切り直しの作業がけっこうかかる雰囲気ということです。

議会側も粘り強くこれからも要請活動が必要と強く感じました。
posted by 飯沢ただし at 00:46| 岩手 ☁| Comment(0) | ILC 【東北から世界に発信!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

ついに終焉・・・

緊急ニュースが飛び込んできました。

<北朝鮮>金正男氏を毒殺か 正恩氏の異母兄
<毎日新聞 2/14(火) 21:18配信 >

 【ソウル大貫智子】韓国大手紙・朝鮮日報系の「テレビ朝鮮」は14日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男(キム・ジョンナム)氏(45)が13日にクアラルンプールで毒殺されたと報じた。マレーシア当局が外交ルートを通じて韓国政府に伝え、韓国政府は確認を急いでいるという。

 報道によると、金正男氏は13日午前9時ごろ(日本時間同午前10時ごろ)、クアラルンプールの空港で女2人に毒針で殺害されたという。女2人はタクシーで逃走し、マレーシアの警察当局が行方を追っている。マレーシア警察は、北朝鮮による犯行と見ているという。

 金正男氏は故・金正日(キム・ジョンイル)総書記の長男。テレビ朝鮮の報道を受け、韓国メディアは14日夜、金正男氏暗殺のニュースを一斉に報じ、金正恩氏が、金正男氏は自らの地位を脅かす可能性があるとして殺害を指示したとの見方を伝えている。

 一方、ロイター通信によると、マレーシアの警察は、北朝鮮の男性がクアラルンプールの空港から病院へ向かう途中に死亡したことを確認したが、身元は特定できていないとしている。


金正男zz.jpg

【この写真で判断すると私と言うより釜石の方に似てないか?】


この報道が本当だとしたら、
劇画ゴルゴ13のタイトルにもなりそうなまさに「死のバレンタインデー」。
毒針とは・・・(後日VXガスによるものと推定される)
まさに中世の朝鮮宮廷ドラマの世界ではないか。
それも女性2人の手によるものとは、何とも恐ろしい。

この瞬間このブログで2007年2月から始まった「追跡!正男君」のカテゴリは突然の終わりを迎えることとなりました。10年間の歴史ここに終焉です。

最後に一言。真の東アジアの平和を私は心から希求します。
posted by 飯沢ただし at 23:04| 岩手 ☁| Comment(2) | Ulala !Masao 【追跡!正男君】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

さようならW.Ricky

W.Rickyが亡くなりました。享年94歳。
W.Rickyは正確にはWhite Rickyですが外国人ではありません。
W.Ricky(ホワイト リッキー)は白澤力男さんが自分でつけた芸名です。

DSC_0765x.jpg


「自分が楽しまなければ他の人を楽しませることはできない。」
いつも皆を楽しませることを考え、そして自らも実行する人でした。

「今考えている企画ものは山ほどある。」
90歳を過ぎても衰えぬ湧き出る力男さんのエンターテインメントの泉に驚きの連続でした。

「白澤プロダクションは儲けは一切考えません。」
「何か創めるにはお金はかかる。でも一切手元には残さない。すべて喜びに還元。」
力男さんのお願いはいつも唐突で無茶な場合が多かったですが、皆なが力男さんについていった理由はそこにありました。人情の機微に敏感で、年齢に関係なく洒脱でユーモアのセンスに溢れた人でした。

摺沢水晶あんどん祭りの創案者。「いわて学び基金」への寄付を自分のハーモニカ演奏のエンターテインメントで募集。などの実績に代表されるように発案力と行動力で世の中を明るくしようとした人でした。情熱は青年の如く熱く、でも行動は自然体で。普通の人では決してできません。

こんな愉快な人が忽然といなくなって本当に寂しい限りです。

せめてもの慰めは昨年あんどん祭り30周年を自身の企画が実行できて、また私も幾分かのお手伝いができて本当に良かったです。

力男さん、皆さんにたくさんの笑顔をつくってくれてありがとうございました。
安らかにお眠り下さい。でも今年のあんどん祭りで「一休小僧の歌」を歌とともに帰ってきそうな気がします。力男さんの残したたくさんの歌はずっとずっと残していきますから安心して下さい。
posted by 飯沢ただし at 23:59| 岩手 ☁| Comment(2) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

郷土の偉人を知る

DSC_1219x.jpg


(公社)岩手県トラック協会一関支部の事業者研修会の合間に「文化講演会」があり、明治史研究家 平野恵一氏による「一関の誇り 高平小五郎」を聴講しました。

高平小五郎は、一関市出身の偉人。明治38年日露戦争後のポーツマス講和会議に外務大臣 小村寿太郎とともに全権委員として出席し、条約の締結に尽力。その後男爵の爵位を与えられ、貴族院議員を務め、明治41年には駐米大使となり外交部門で活躍した郷土の偉人です。

高平小五郎は在ヨーロッパ(イタリア、オーストリア)の公司という立場ながら、日清戦争に関するヨーロッパ列強の動静や三国干渉にドイツが参加した真相を時の政府に伝え、伊藤博文総理大臣はこれら報告書・情報を高く評価し、「高平の外交文学」とまで称したことが紹介されました。

高平の適時適切な情報が日清・日露戦争後のわが国の方向性を決める重要なものであったことが窺えます。

また、明治29年には大隈重信外務大臣に外交建白書を提出し
1.外交と軍事は同等である
2.外交には金がかかる
3.外交には泥縄式は通じない、日頃の努力が必要
との見識を示しました

在アメリカ特命全権大使の頃には今では有名な首都ワシントン、ポトマック河畔に「日本桜」を大量に移植することに合意をしたのも高平と初めて知りました。

その後も「高平・ルート協定」と称された第二次世界大戦まで世界で合意されたアジアの枠組み「ワシントン体制」は「中国に対する九ヶ国条約」に反映されます。

明治、大正と激動する世界情勢の中で実務者以上の外交貢献が認められる高平小五郎ですが、歴史的に評価が低いのは故意に評価を下げる論評などが世に流布したとの平野氏の分析でありました。

おぼろげな記憶として高平小五郎が郷土の偉人ということは知っていましたが、改めてその偉業に触れるとともにこの地に今住む我々がしっかりと偉業を称え、顕彰していかねばならないと強く思った次第です。
posted by 飯沢ただし at 11:47| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

政務秘書って今必要なの???

今日から県庁内人事が発令され知事の政務秘書が就任します。

<岩手知事>政務秘書に小沢一郎氏元秘書

 達増拓也岩手県知事は30日の定例記者会見で、空席となっている特別職の政務秘書に、小沢一郎自由党代表(衆院岩手4区)の公設秘書小原和也氏(40)を起用すると明らかにした。前任で自由党の木戸口英司参院議員(53)=岩手選挙区=に続き、小沢氏の秘書経験者が就く。2月1日付で辞令を交付する。
 達増知事は人選について「政治家の秘書として、十分な経験と実力を持っている。岩手の政治の方向性を切り開いていくことを手伝ってもらう」と述べた。
 政務秘書は地方公務員法と県条例で定める特別職で、県秘書課に常駐する。達増氏は政務秘書の継続に関し「岩手の政治にはダイナミックな要素がある。自分だけで政務的なことをするのは大変。専念してくれる人が必要だ」と語った。
 前任の木戸口氏は2015年知事選で、野党共闘の調整役を担った。引き続き小沢氏側近が政務秘書に就くことで、次期衆院選に向けた達増氏の動向も焦点となる。
 小原氏は花巻市出身。東北工業大卒。会社員を経て、小沢氏が民主党に所属していた12年に公設秘書に就いた。小原氏は31日に小沢氏秘書を退く。
(1月31日 河北新報朝刊)


人事権は知事にありますから、議会はまったく手出しができません。
しかし、私は県の情報発信という点から違和感を禁じえません。

@特定政党の公設秘書を配置

知事は直前の選挙において県民党を標榜し支持を訴えました。直近まで自由党党首の公設秘書だった人物を配置したことは自由党への従属を宣言したに等しい行為と思われても仕方ないでしょう。事実上次の衆院選に向けて政治活動の人件費を高い公費で賄うことになります。これが県民利益につながる人事なのでしょうか。

Aタイミングの悪さ

人事はトップリーダーの考え方を内外に示す鏡です。冷静に見ても現政府から見て岩手県への心証が芳しくない中、払拭するどころか追い打ちをかけるような発信は知事の政治目的を達成するためと捉えられるでしょう。最近はILC実現に向けて機が熟してきたと感じますが、こんな大事な時期に県としてアペトペな発信の仕方をして岩手県は何を目指すのでしょうか。岩手県だけの財源でILCが実現できるのですか?

Bミッションの不明確さ

東本大震災からの復興、ILCの実現。県が克服また越えなければならない課題のヤマはかつてなく巨大です。私は以前にも提案しましたが、人事を考えるなら県民利益に叶うミッションが明確な人事をすべきです。副知事級のILC専門官。復興庁が背中を押している観光施策のためのスペシャリスト等。今、優先すべきは政治ではなく岩手の将来への布石ではないでしょうか。

以上大きく3点。私の考え方です。
posted by 飯沢ただし at 12:13| 岩手 ☁| Comment(2) | My Opinion 【意見を申す】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

観光施策に県の意気込みが見事に投影される!

DSC_1215x.jpg


昨日の北海道・東北六県議会議員研究交流大会ですが、政策等研究交換会は三つの分科会に分かれて行われ、私は「広域観光振興について」に入りました。

東北の広域観光振興については、実は東日本大震災からの産業復興の目的で復興庁において平成27年度からインバウンド対策として特出しで予算化されています。

♣東北観光復興対策交付金(H27→1億、H28→32.2億)
♣東北観光プロモーションの実施(H27→1.8億、H28→4.2億)
♣「新しい東北」交流拡大モデル事業(H27→補正1.8億、H28→4.2億、H29→4.9億)

また、東北観光を統括する組織として新たに東北観光推進機構がすでに立ち上がっています。

さて、そこでこの予算を活用した北海道・東北六県の取り組みですが、各県からの発表内容の中身は観光に取り組む姿勢が明白に出ています。

特に目を引いたのが秋田県。

DSC_1214x.jpg


標題も「秋田犬をキラーコンテンツとした観光誘客の振興について」テーマを秋田犬にバチッと絞った施策と発表コンテンツについても秀でており、印象も強く残る内容でした。パワーポイントの資料も役所向けではなく、企業や一般県民向けになっています。明らかに戦略性に富み、目線が違います。

他県では北海道は函館まで新幹線延線効果による今後の展開。青森県はプレゼン資料が一般市民にも分かりやすい資料の作成とさらに超スーパーマンと称されるプロパーの観光特任職員がいると聞きました。宮城県は仙台空港をGate Wayとした施策展開を中心に交付金を活用する方策を示し、オルレ(トレッキング)の普及策など具体的ものが印象的でした。

さて、岩手県はというと役所や議員に説明するような資料コンテンツ。

その格差たるや大きなものを感じました。

政府がこれだけ観光振興に特出しで予算化しているものを最大限にどう使うか、意識の差が如実に出ているように思います。本件では「三陸DMOセンター」を設置し被災地観光振興への取り組みは進めてはいますが、肝心の目線の位置が違うとカタチだけ整えて自己満足に終わる可能性が大。

観光施策ひとつをとっても、これだけの意識の差が出ています。プレゼン資料からも歴然と表れています。それでも本県はやってます、やってます、と我々議員に説明するのでしょう。こういう姿勢が県の勢いにも反映されるものと大いに痛感した研究交流会になりました。
posted by 飯沢ただし at 23:19| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

冬の恒例行事2景

世界遺産登録五周年記念事業の一環である「第8回《世界遺産・平泉》英語スピーチコンテスト」を見学してきました。県内の高校生が9人、特別枠で平泉中学校が2人参加されました。

DSC_1203y.jpg


昨年も拝聴しましたが、確実にスピーチの内容が昨年よりも洗練されているように感じました。
単に平泉の浄土思想を理念で追うだけでなく、自身の身の回りの環境や体験を通じて世界遺産・平泉の価値を感じ、これからどのように行動していくかをしっかり表現しているスピーカーに感心しました。

DSC_1205x.jpg


発音が多少不安定なところがあるにしても練習されている跡が見受けられました。スピーチの内容も話し方も学校の先生の指導が大きく影響されていることが推察されます。

今年は参加者11人中男子が一人。男子も発奮して欲しいものです。
遠くは宮古高校からも参加者2人がありました。県内のみならず宮城県県境からも参加枠を広げて今後盛り上げていってもいいですね。

夕方は一関体協の「スポーツ関係者 冬の集い」に参上。

DSC_1209x.jpg


残念ながらスポーツ庁参事官の講演には参加できず、聞く機会を失ってしまいましたが、今後のスポーツの発展には観光の連携強化が必要とのお話をされたようです。

私は12月議会で文化・スポーツ部の設置議案に関して観光部門との連携策が見えないと反対討論をして観光課との連携策強化の見直しを県に迫ったのでしたが、実にわが意を得たりとの思いです。組織体系にミッションが含まれないと単なる組織の衣替えにしかならないのは明らかです。

岩手国体と全国障がい者スポーツ岩手大会の成功を関係者と分かち合い、雰囲気の良い冬の集いでありました。
posted by 飯沢ただし at 23:49| 岩手 ☁| Comment(0) | The Events  【各種催物】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする