2017年08月23日

遠隔地を車で歩いて

前述の記事に書いたように、先週末は遠出をしました。それも車で。それも行き先は長野市。主に高速道路を利用しましたが、ローカル道路も長野県内と新潟県内の一部を走りました。普段走りなれている県内の道路以外を走るのは久しぶりでしたから、初めて走る窓外の光景は新鮮でした。

そこで気づいたことは、県内ではどこでも見かける道路沿いの
政治用の野立て看板(脚が一本のやつ)がまったく見かけないこと

選挙後の道路沿いに競って臨時的に立てられた看板の杯盤狼籍ぶりは景観の美を損ねているから利用目的を達したならば速やかに撤去すべきと以前にもこのブログで指摘したことがありました。

長野や新潟でも政治用の看板はありましたが、広報看板として掲示責任者が明記されているもので、主に建造物にかけられているものでした。

屋外広告物の設置については都道府県や政令市、中核市が定める条例に基づき禁止や制限が行われていますが、選挙・その他公益的活動のための広告物は条例上、規制の適用除外となっているのが一般的とされています。

しかし、下の写真のような明らかに設置後二年以上も経過しているものが確認され、管理責任を問われるような看板が放置されているのは問題ありと思います。これは一部だけでなく複数の国政政党に同様に散見されます。

DSC_1727x.jpg


DSC_1728x.jpg

【後ろから見ると約半分はくされて劣化しています。】

訪問した長野や新潟ではおそらく条例の適用が厳格と推察されますが、調査する必要がありそうです。

ちなみに私も政治団体の広報版を設置していますが、常設の広報版として風雪にも耐えられるよう堅固なつくりのものにしておりますし、地権者とも同意を得て設置しております。また、定期的な管理をしていることは言うまでもありません。

posted by 飯沢ただし at 23:58| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

心の美を目指したい。

先週の週末は家内と一緒に車で遠出をしました。年に一度あるかないかの小旅行です。
東北自動車道の安達太良PAでこんな出来事がありました。

安達太良PAは郡山市の近くですから、今の季節は桃が旬で売店でも地元の農協さんが箱売りの特売をしていました。

DSC_1723x.jpg


箱は五段くらいに積み重なっており、五個入りのものは6山はあったと思います。
品種も3種くらいあり、山の中に混在していましたので、私たちも箱を目で追って物色していたところ、

横からダーンと私たちの前に分け入ってくる女性が出現しました。かなりの勢いで桃の箱を3山から他の山に積み重ねて荒業の商品の物色を始めました。他の山に積みかねられた箱は無造作に斜めに置かれたものもありました。そのうちに一つの商品を選びレジへ移動し始めた瞬間。

その光景を目前で見せられた私たちはほぼ同時に「えっーーーー!」の声を上げたのでした。
何しろ整然と積み重なっている商品をひっちらかしたままで去ろうとしたのですから。

私たちの声を聴いた女性は引き返して「何!元に戻せということ?」
すかさず私が「元に戻すのは当たり前でしょう。」
彼女は仕方なく箱を戻し始めましたが、そこには反省の色などなく機械的な手さばき。そしてさらにレジに向かおうとしましたが二三歩進んだと思ったら急に踵を返して「こんなことはお店の人がやると違うの??」と捨て台詞的な言葉を私に投げかけて、足早に消えていきました。私の心の中ではいろいろな単語が飛び交いましたがもちろん言葉にはしません。

いやー世の中にいろいろな人がおりますが、こんな自分勝手な人を見たのは久しぶりでした。インバウンド客が増えて日本人の仕草の美しさなど内面的な美が評価されているなかで、こういうのを目の前でみせられて本当にがっかりしました。

人口が減っている中で地方にあるスーパーマーケットも撤退を余儀なくされている中で、自治体がお金を出して地域と共同でお店を維持しようとする北海道の取組がちょうどネットニュースで紹介されたばかりで、生産者と消費者が共存共栄を図る機運が盛り上がってきたさなかでもありました。

年を重ねて公共の場での身勝手な振る舞いは周りから見るとオショスイ光景でしかありません。回りに心配りのできる大人になりたいものです。
posted by 飯沢ただし at 23:56| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

お盆も終わり・・・

DSC_1702x.jpg

【摺沢水晶あんどん祭り 小坊主さんたちの献灯隊】

今年も例年行われる夏祭りやお盆の行事に参加しました。
私は右肩の治療中のためにお祭りにつきもののお酒については遠慮させていただきました。せっかくお勧め頂いた各地域の方々には申し訳なく存じます。

今夏のお盆中は雨にたたられ主催者はご苦労なされたと思います。天候を考慮して屋内で開催された地区もありました。しかし、悪条件でも毎年工夫をこらして参加者を楽しませようと考える主催者には頭が下がります。大東の丑石地区や天狗田地区では帰省された方々が多く集い、ふるさとの魅力を感じている姿には私も心が和みました。

ここ数年の人口の減少には普段切々と感じていいますが、お盆の時期だけは、こんなに人がいたっけという気分になるのです。この人たちが皆ふるさとに定住してくれたら・・・と毎年思うことですが、現実は残念ながらそうはいかず、それを実現するためには安定した収入を得る職場がありません。

冷夏で今期作の米の出来具合も心配になってきました。一次産業を主体にする地方はこうした荒波にいつも耐えて耐えて生活していかねばなりません。厳しい現実です。話はいきなり飛躍しますが、私はだからこそILCを実現し一次産業を底上げしていくことを政策目標の中心にしています。

自分を育ててくれたふるさとをいつまでも大事にして次の世代に引き継ぐこと。しっかり頑張りたいと思います。
posted by 飯沢ただし at 00:35| 岩手 ☔| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

大阪府からのビッグなプレゼント、ありがたや。

DSC_1671x.jpg

【8月4日付 毎日新聞大阪版朝刊】

大阪府では、東日本大震災の復興支援パートナーとして、岩手県を支援しています。
 現在、岩手県では、被災した釜石港のコンテナふ頭の復旧復興が進められているところですが、岩手県より、大阪府が所有している堺泉北港のコンテナ積卸用ガントリークレーンの譲渡申入れがありました。
 この度、岩手県の復興に寄与するため、これに応じることにしましたので、お知らせいたします。   

○ガントリークレーンの概要
・所在地   泉大津市小津島町(堺泉北港助松ふ頭第8号岸壁)
・名称    ガントリークレーンA−1号機
  
○今後のスケジュール(予定)
・平成28年11月中旬 譲渡契約書締結(大阪府、岩手県)
・平成28年12月以降 ガントリークレーンの補修工事及び釜石港への移設工事(岩手県)
・平成29年9月     釜石港でガントリークレーンの供用開始 

※ガントリークレーンとは、コンテナ貨物の積み卸しを行う、橋脚状の本体が移動するクレーンのこと


上記は大阪府港湾局から出された昨年のアナウンスメントです。
去る8月3日に正式に譲渡され、今週中には専用ポンツーンにて釜石港まで曳航される予定です。

実は、8月4日に「岩手県議会港湾議員連盟」にて大阪府議会と大阪府に御礼のご挨拶をしてきました。私が当議連の副会長を仰せつかっており今回の代表として参加をした次第です。

CIMG1015x.jpg

【大阪府議会議長へ御礼を述べる】


現在でも震災復興派遣職員として大阪府から18名もの職員を派遣頂いておりますが、実はこのガントリークレーンの譲渡に関しては過去に派遣された職員の方を起点として話が進んだものという事実が判明したのでした。やはり人と人とのつながりは大きいものがあります。

大阪府におけるこのクレーン設置のきっかけは、阪神淡路大震災の復興推進のために大阪府管理の港で設置されたのこと。今回も震災復興のために使用されるという因縁を大阪府の方々も喜んでおられました。震災がれきの受け入れも関西圏で最初に手を挙げてもらったのも大阪府でした。

この善意をしっかりと受け止めて釜石港が新しい物流拠点として発展し、ひいては本県の経済発展につながるよう、かつて港湾業界に身を置かせて頂いた私も努力していきたいと思います。
posted by 飯沢ただし at 01:05| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

被災地に「博覧会」は必要なし

8月1日(火)に開催された閉会中の常任委員会で「三陸防災復興博覧(仮称)」について現在検討されている内容について執行部から説明を受けました。

そもそも復旧途上の被災地に博覧会という概念の催事が適当なのか???というのが、私をはじめとした「いわて県民クラブ」の主張で、過去にも博覧会開催の是非については、同僚の佐々木努議員も問題提起をしてきた経緯があります。加えて被災地自治体も県の企画に呼応して貴重なお金も拠出することは明白で、一過性の博覧会に負担を強いることの効果を疑問視してきました。

この復興博覧会なるものが世に出てきたいきさつは達増知事がマニフェストにあげたのが契機となっており、しかもそれは、練られた政策ではなく、元県幹部の助言をそのままパクったものだという事実を私たちは裏をとっているので、なおさら被災地に対して負担を伴う中身のない催事には断固反対の立場をとっている背景があります。(普通の感覚ならば、練られていない政策をマニフェストには書きません。)

私が意見として強く主張したものは↓岩手日日新聞社が取り上げてくれたので貼っておきます。
DSC_1672y.jpg


執行部の説明には「博覧会」だけの内容ではなかったので少しは安心しましたが、知事マニフェストにこだわり博覧会と言う名称を下ろさないのなら議会であらゆる手法を使って対峙していきます。
posted by 飯沢ただし at 23:58| 岩手 ☀| Comment(2) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

衆議院の小選挙区制度について考

自民党の岩手県連が次期総選挙に向けて新選挙区における全3区の支部長(候補者)の人選を行い、党本部に上申する手続きに入ったとの報道がありました。

いつ解散が起こってもおかしくない情勢であるので各党の動きも加速しそうです。

さて、衆議院が小選挙区制度になって20年余となります。政権交代が可能な制度というふれ込みで導入されましたが、一方で政策を基軸とした政党活動が地方まで浸透してきたかという点については改善どころか後退してるのではないかと私は思います。

過去の選挙を振り返っても、政権交代!という旗だけで政策の精度は後付で走った選挙もあったし、郵政改革というシングルイッシューだけで解散した選挙もありました。要は勢いに任せて数を取るのが先決というやり方がまかり通っているのが現状ではないかということです。

昨今ワイドショーまで取り上げられている国会議員の不祥事など目を覆うばかりの状況は学歴等で簡単に候補者になるケースが多く、政党が候補者の数を揃えることに優先順位を置いて、政治家としての気力胆力を測らずに候補者にまつりあげているのも原因ではないかと思います。また、政党内での議員の関心事は選挙区の公認を得ることが最大で、党本部に悪く思われないよう、政策には竿をささないで従順にしておいた方がわが身安全とばかりになって議員間の切磋琢磨する議論もなく結果として議員の質を低下させているのではないかと感じます。

国の立法機関たる国会がこのような事態に成り下がっているのは国力の低下につながることをしっかり押さえておかねばなりません。

岩手新2区は日本で一番面積の広い選挙区とか。こういうことなら中選挙区にもどして岩手全県選挙区で定数3で行った方が政党内議員も鎬を削ることになり活性化し、なおかつ合理的ではないかと思います。衆議院選挙の区割りは市町村の広域行政の在りようにも深く関わっていきます。20年を経過した今の小選挙区制度はいったん検証するする必要があるのではないでしょうか。

それともう一つ本題からは逸れますが、今の政権を倒すには野党共闘だ。オリーブの木で団結して政権を取るのだという某政党の党首が主張していますが、これは小選挙区制度を利用して数を集めることに執心し、肝心の政権構想は後からと言う考え方であり、我が国をあるべき方向に形成するという要諦からは程遠い発想であると私は考えます。日米安保破棄、米国追従はやめろという非現実的な政党と一緒の輪になってどういう国をつくるのでしょうか。私は理解できませんしもちろん支持できません。大体にしてオリーブの木はイタリアで破たんした例があり、その原因は過半数を維持するために構成する小党に振り回されて政策がぶれまくったからなのです。いまこそ選挙前に国民に正しい理解を促す必要性を強く感じます。
posted by 飯沢ただし at 12:10| 岩手 ☁| Comment(0) | My Opinion 【意見を申す】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

地域と共にある

私の義父にあたる堀米榮一氏が7月19日に逝去し、7月23日(日)に葬儀ならびに告別式が行われて一週間が経ちます。

DSC_1628x.jpg


昭和29年に歯科医を軽米町に開業し、今年に入って入院するまで現役でした。80歳を越えても自然体で仕事に向かわれていた姿は記憶に新しいです。64年もの間、学校歯科医として勤められ、積極的に児童や生徒の口腔管理に努められました。県歯科医師会のへき地診療車けんこう号で軽米町内のみならず二戸広域にわたりくまなく熱心に回診されたそうです。私と話をする機会は限られていましたが、常に軽米町のことや社会のこと静かな語り口でしたが情熱的にお話されてました。真摯な行動力を発揮して社会発展に貢献されたお義父さんに尊敬の念を表しても言い足りないほどです。

お義父さんのような真面目な正義感溢れ社会に貢献するという意志を持った昭和ひとけたの方々がひとりひとりと世を去って行きます。モノに恵まれて豊かな生活に慣れてしまった私たち世代。いい日本を今を生きる我々が責任を持って次世代につないでいかねばと義父の逝去を通じて強くあらためて感じた次第です。
posted by 飯沢ただし at 09:57| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

総務委員会県内視察

先日、私が所属している県議会総務常任委員会で久慈市を視察しました。
東日本大震災からの復旧状況と対応についてが視察テーマです。

一か所目は久慈市湊地区津波避難施設(避難タワー)

DSC_1612x.jpg


津波発生からすぐに高台に避難が困難な地区ということで設置した避難タワー。数日間滞在できる機能と装備を有しているとのこと。避難人数は28人を想定。避難高さは約5.2m。昇降施設にはバリアフリー対応も考慮して階段とスロープを設置。事業費は東日本大震災復興交付金を活用して総事業費に2億2千万円(うち工事費に1.37億円)

28で割り返すとかなりの費用対効果となってしまいますが、住民の命には替えられないという判断でしょう。

二か所目は久慈港で建設が進められている湾口防波堤を視察。

湾口防波堤は久慈湾全体に防波堤を築き、津波等の浸水被害を軽減し、港内静穏度を向上させ、船舶の安全な係留・荷役などの物流機能の強化を図るものです。
久慈港の湾口防波堤は平成2年に着手、平成40年の完成を目指しており事業費は1200億円。全体延長は3800mを整備するものです。南堤1100mは既に完成し、現在は北堤部分の建設が進められています。

DSC_1619x.jpg


建設中の北堤部分に上陸し、建設概要を確認しました。

DSC_1620x.jpg


現在のトンネル建設単価は300万円/mに対して防波堤の単価は2000万円/m。桁が一つ違うのがマリーン社会資本整備であります。

DSC_1625x.jpg


久慈市長のお話ですと復興集中期間後の財源確保が課題とのこと。国からの財源に期待するしかないのでここは県の役割も大きいでしょう。

比較的被害が小さいと言われた久慈市でも災害対応には多額の財源が伴うことがよく理解できました。防災・減災には社会インフラ整備と地域民のソフトパワーのバランスが不可欠との印象でありました。
posted by 飯沢ただし at 23:59| 岩手 ☁| Comment(0) | My Inspection 【視察日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

フランスがエネルギー政策大転換へ

仏、40年めどガソリン車販売禁止 政府、ディーゼルも
2017/7/7 10:07(日本経済新聞 電子版)

 フランスのユロ・エコロジー相は6日記者会見し、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)の排出を抑えるため、2040年までにガソリン車とディーゼル車の販売を国内でやめる方針を明らかにした。世界の自動車メーカーは既に電気自動車などの開発を急いでいるが、対応の加速を今後迫られる可能性がある。

 ユロ氏は「厳しい決断だが、これが真の改革だ」と述べた。具体的な行程は明らかにしなかったが、環境負荷の少ない自動車の購入に補助金を出すなどして、世代交代を促すという。「インドも30年までに同じ規制を実施する考えだ」と他国の例を紹介した。

 22年までに石炭由来の発電をやめることや、25年までに現在7割超の原発依存度を引き下げる目標の維持も発表した。達成には原発数基を止める必要があるとされる。

 地球温暖化問題を巡っては、トランプ米政権が対策の国際的枠組み「パリ協定」の離脱を決めている。各国の協定署名に尽力したフランスは自ら高い目標を掲げることで、温暖化対策の分野で世界を主導する狙いもあるとみられる。


ディーゼル車が多く普及しているヨーロッパ社会であるが、ガソリン車だけでなくディーゼル車までも対象としたのは政治的な目的もあろうが、画期的なことだ。ハイブリット車で優勢を保持しているトヨタですらも製造販売戦略の見直しを迫られるだろう。ということは私たちの生活にも大きな影響が出るということ。さらに原発先進国であるフランスが原発依存度を引き下げることも注目される。

世の中が大きく変わる分岐点にすでに到達している。
posted by 飯沢ただし at 10:25| 岩手 ☔| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

一関地方畜産共進会に参加して

7月14日(金)と7月15日(土)の両日にかけて、ホルスタイン種70頭、黒毛和種135頭出品の一関地方畜産共進会が開かれ、参加してきました。

DSC_1601x.jpg


両日とも午後9時30分の開会でしたが気温が高すぎて、人牛共にコンディションを保つのに大変そうでした。ホルスタイン種の部での開会式で祝辞を述べせせて頂きましたが、気温を考慮して時間短縮に努めました。(本来であれば指定団体の拡大に関する問題点や乳価交渉の状況、生産量の低下など多くの問題提起もしたいとこでしたが、仕方ありません)黒毛和種の部では待機中に過呼吸を起こしそうになった牛もいたそうです。とにかく異常気象です。

共進会の目的は家畜改良増殖の促進と畜産農家相互の研鑽を図ることが目的とされていますが、私もこの機会に若い農業従事者との意見交換を通じて認識を新たにすることができました。答えは現場にあるといいつつも農政の大型化へ推進する補助金メニューの在り方、巨大化する流通や物流機構への対応、農業に従事するやりがいという基本的なことなど様々話合いました。

生産者とテーブルで意見交換する機会も確かにあるのですが、こういう現場での機会を通じて牛乳や豚汁をご馳走になりながら生産者と行政や議員も大いに情報交換する場面は、我々や行政から求めていかねばならないとも痛感もしました。

今年は5年に一度開かれる全共が宮城県で9月に開かれます。大いに生産現場も意気が上がっていますのであらゆる機会を通じて現場の声を集めていきたいと思います。
posted by 飯沢ただし at 23:59| 岩手 ☀| Comment(0) | The Events  【各種催物】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする