2018年06月21日

吉岡節が炸裂・踊る!

今日は一関市と一関商工会議所の主催によるILC近況報告会があり、出席しました。
今日は明日開会を控えた前日議運もあったせいか、一関選挙区で県議で出席したのは私一人でした。

講演者は 鈴木厚人 岩手県立大学学長、ILC推進室長の佐々木淳氏、吉岡正和先生の三本立て。

吉岡先生からは前回の仙台講演からの引き続きですが、内容が重複していたのは約3割程度。あとは最近デンマークに視察に行った報告など最新のものにさらにリバイスされておりました。吉岡先生の研究心の旺盛さには毎回驚かされます。

DSC_0802x.jpg


最初に「縮小する日本」でガツンとかまされました。この件は前回の記事で紹介したとおり。

現在、第四次産業革命のさなかにあり、エネルギー、情報、モビリティ革命が主題となっているが、わが国はどれも遅れをとっているという厳しい指摘です。人材育成の遅れを知っているはずなのに動きが見えない主管官庁の体たらくぶりについても触れられておりました。

ヨーロッパのフランスにおいてリニアック(がん治療陽子線設備)技術をCLIC(次期先端直線加速器)を見越してスプンオフしている実態、またデンマークにおける再生エネルギーを主体とした持続的社会への実践的かつ創造的取り組みが紹介され、本当にわが国の技術が自国内のガラパゴス化していること、世界的競争力を失いつつある状況に強力な警鐘を鳴らしておりました。


ILC実現後の居住プランに関しても具体的な提案があり、本当に参考になりました。


県では実現に向けて県民集会をこれからどんどん打つ予定と聞きましたが、実のあるものになるようにしなければなりません。
posted by 飯沢ただし at 23:49| 岩手 ☁| Comment(0) | ILC 【東北から世界に発信!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

タイムリミットまであと半年しかない!

本日、宮城県議会・岩手県議会ILC建設議員連盟による報告会と講演会、並びに共同要望書決議が仙台市の宮城県議会内で行われました。
岩手県議会ではこの議連にすべての議員が参画していますが、岩手県議会からの本日の出席者は19名でした。

来賓の村井宮城県知事のあいさつの後、宮城県議会CERN視察の報告があり、そして吉岡正和先生による「ILCをめぐる国内外の動向について」と題しての講演でした。

DSC_0763x.jpg



吉岡先生の講演はこれまで10数回拝聴しておりますが、今日の内容ほどILC実現に向けてシビアな内容はありませんでした。

まずは先日福岡県で開催されたアジア・リニアコライダー・ワークショップの内容について重大な発言が

1)ヨーロッパ将来計画検討の重鎮 Halina Abramovicz 博士から
⇒ 日本がILCホスト意思を年末まで(正確には12月18日)には示さねば、欧州将来計画には内包されない・・・ILCの将来計画も、それを前提として大きく変わる

2)アメリカ・フェルミ国立研究所長 Nigel Lockyer 博士から
⇒ 今がILCの提案時だ・・・2030年台にILC建設終了がベスト・・・欧米ともILC向け予算スロットがある
また、ヒッグス粒子に関しても触れて
⇒ ヒッグス精密測定は宝の山・・・これをやらない手はない!(You would be nuts not to study the heck out of the Higgs.)

3)LCCディレクター Lynn Evans 博士から
⇒ 日本はいつまでも中立でいてはダメだ・・・日本は意思決定は遅いし、あやふやで・・・ダイオード(一方向にしか通電しない)みたいだ(情報を入れても、そこから何も返ってこない・・返事がない)

というように参加された吉岡先生にとっては今回のワークショップは針の莚状態だったようです。


また、現在の中華人民共和国の状況についても重大な報告がありました。

1)CEPCというヒッグスファクトリー構想があり、すでに動きだしていて、まずはILCと同じヒッグス粒子を測定する施設としてスタートし将来はCERN将来計画を凌ぐハドロンコライダーにする(なんと周長100kmのシンクロトロン)。なおかつ候補地選択までかなり絞り込みが進んでいる。予算の裏付けも100億円規模で十分に確保できる。

2)超伝導空洞やクライモジュールの量産体制も準備できる→ ILCにも簡単に輸出できますよ・・・

3)上海では超伝導空洞をベースとしたXFEL計画(ILCの小型版とも)がスタートした。

という隣国の動きが重層的に10倍速以上で動き出している(吉岡先生談)。日本がボヤボヤしている間にこんなことになっていたのです。


我が国はものづくり大国、科学技術立国なんていうのはすでに過去のもの。日本の大学のランキングは長期低落傾向にあり、今、私たちは重大な岐路に立っているという吉岡先生の客観的評価に基づくご意見でまとめがされました。


私にとってもかなりショッキングな内容で、ILC決定に時間がないことが明確になりました。
とにもかくにも与えられた持ち場で精一杯ILC実現に向けた活動を加速させなければなりません。もう時間がないということです。頑張らねばなりません。

posted by 飯沢ただし at 23:50| 岩手 ☁| Comment(0) | ILC 【東北から世界に発信!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

第30回森は海の恋人植樹祭

DSC_0756x.jpg


森は海の恋人植樹祭りが30回を数えました。
30回を記念して開会式の前に、畠山重篤氏、矢越12区会長の三浦幹夫氏、京都大学名誉教授の田中克氏によるトークショーが開催されました。

今までの30年間の歩みとこれから50年目を目指しての取り組みの仕方について有意義な意見発表でした。

DSC_0754x.jpg


畠山氏:「植樹作業を通じて、ひとりひとりの心の中に木を植えて(自然環境を育てていく木)きて育ってきた」
三浦氏:「最初の頃は半信半疑だった植樹祭も今では地域にとってもありがたい行事になっている」
田中氏:「この運動を世界中に広げて日本政府をもっと動かしていこう(環境を守る中間組織の育成の法制化など


さらに畠山氏は森海植樹運動が英語の教科書に10ページに及ぶ教材として取りあげられていることを紹介し、

森は海の恋人をどのように英訳してるかを披露しました。

「The forest is longing for the sea and the sea is longing for the forest.」

DSC_0753x.jpg


この言葉は矢越12区のひこばえ交流センター前にも看板が設置されています。

畠山さんは sea を she としてお話されましたが、確かにsheの方が詩的で雰囲気があります。


30年の節目を迎え、環境の世紀21世紀の象徴としてこの森海運動がますます意義が浸透されて広まることを期待いたします。
私もかれこれ20年間ほぼ参加をさせて頂きました。これからも矢越12区の皆さんとともにこのイベントを大事にしていきたいと思います。
posted by 飯沢ただし at 10:57| 岩手 | Comment(0) | The Events  【各種催物】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

リハセンを視察

昨日は県議会 出資法人等調査特別委員会の県内調査でした。

盛岡市近郊に所在する@イワチクAリハビリセンターB産業技術センターの三か所を視察。
農林水産系、保健福祉系、商工&政策地域部系と常任委員会3つにまたがるてんこもりの出資法人視察です。

雫石町に所在するリハビリセンターは一期目の環境福祉常任委員会で視察して以来、超久しぶりの視察でした。


説明を聞くうちに医療・介護・福祉の連携の中でいかに「地域リハビリテーション」の重要さと課題も見えてきました。
(地域リハの推進に関しては、実は一期目の初めての一般質問で担当書記の藤井さん(今はどうしていらっしゃるでしょうか)にアドバイスを頂き取り上げたことを思い出し、あれから約20年が経過して高齢化社会の急激な進行と問題に深刻化に思いを傾けました。)


特に問題意識を呼び起こしたのは、理学療法士や作業療法士を県立病院で配備しながら地域リハの進展に効果的に連携されていないこと。地域病院にあっては県立病院が地域医療の中核と福祉との連携の拠点を目指すとしながらも発展的な活用がされていない理由(医療局の定数の問題も有之)を整理してシステムとして機能させる工夫が必要と感じました。この点は医療局にも事情を聴きながら前に進めたいと思います。


DSC_0748x.jpg


リハセンが健康寿命を延ばすために力を入れている上の写真の”フレイル”の解消についてはシリバー体操の普及など行政や地域の振興会でまだまだやれることはありそうです。


posted by 飯沢ただし at 22:43| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

錦木、10勝で勝ち越し


DSC_0730x.jpg


【私の地元中の地元の「スーパー松川屋」さんご主人作による錦木メーター】


先場所の成績では十両落ちはやむなしと思われた錦木でありましたが、番付に恵まれて奇跡的に幕尻にとどまり始まった夏場所。
望外の白星10を数えて堂々と幕内残留を果たしました。最近は押し一辺倒の取り口を研究されて、引きにバッタリとなる相撲が多く散見されていたところでしたが、今場所は体も動き、相手の動きもよく見えた落ち着いた相撲が良かったと思います。押しの圧力は皆さんに評価されているところなので、相手の変化にもついていけるスピードがつけば出世の道も開けてくるでありましょう。

今場所最高の取り組みは敢闘賞を取った千代の国戦。今まで買ったことのない相手でしたが土俵際しぶとく粘って勝ちました。あのような形がもっと出てくればと思います。

nishikigi2x.jpg



来場所の名古屋場所は番付が上がりもっと厳しい対戦相手が出てきますので、精進を重ねてさらなる上を目指して欲しいと期待しております。
まずは錦木関、今場所おつかれ様でした。
posted by 飯沢ただし at 15:02| 岩手 ☀| Comment(0) | My Favorites 【お気に入り】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

アメリカファーストもたいがいにしてけろ!

トランプ氏、車関税引き上げ検討指示 最大25%か

【 2018/5/24 10:07 日本経済新聞 電子版】


トランプ米政権は23日、安全保障を理由に自動車や自動車部品に追加関税を課す輸入制限の検討に入ると発表した。商務省が鉄鋼に課した輸入制限と同様に、車の輸入増が安保上の脅威になっているか調べる。米メディアによると乗用車の関税を25%引き上げる案が浮上している。対米輸出が多い日本にとっては大きな打撃となり、世界的な貿易摩擦が激しくなる恐れがある。


 トランプ大統領はロス商務長官と同日会談し、安保を理由に輸入制限を課せる通商拡大法232条に基づく調査を指示した。商務省は乗用車やトラック、自動車部品を対象に調査を始めた。トランプ氏は「自動車や自動車部品などの中核産業は国家としての強さに重要だ」との声明を出した。

 232条は輸入増が安全保障上の脅威になっていると認めた場合、大統領に関税引き上げなどの輸入制限を課す権限を認めている。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は現行2.5%の乗用車関税に最大25%の追加関税を課す案が出ていると報じた。

 世界貿易機関(WTO)は一方的な輸入制限を禁じるが、安保が理由であれば「例外扱い」にできるとしている。ただ安保の定義は曖昧で、自動車に適用できるか疑問の声もある。政権内や議会のほか、外国の自動車メーカー、米国の輸入車販売店など産業界からも強い反対意見が出そうだ。
 
 車貿易が最大の争点となっている北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉は難航しており、トランプ政権は輸入制限を持ち出してカナダ、メキシコから譲歩を引き出すことも狙っているようだ。日本との2国間の自由貿易協定(FTA)交渉につなげる思惑もあるとみられ、6月にも始まる日米の新たな通商協議で最大の議題となりそうだ。

 米自動車調査センターによると、17年の米国の乗用車販売(1730万台)のうち輸入車が占める割合は44%。日本、カナダ、メキシコからの輸入がそれぞれ11%ずつ占めるほか、ドイツや韓国が続く。日本の自動車メーカーは輸出全体のうち4割を米国に振り向けている。関税が上がれば輸入車の競争力が下がり、日本を含む自動車メーカーはサプライチェーンの見直しを迫られることになる。


trump usa no.1.jpg



このような極端な貿易保護政策までぶち上げた。完成車はいくら現地生産体制にシフトしたからといって我が国には大きな経済的な影響を受けることになる。

それより個人的に一番頭に来ている😠のは中東情勢にも積極的に手を突っ込んでいるせいで原油価格もグングン上昇⤴していること。たいがいにせいや!迷惑千万や!と心から叫びたい。


「アメリカファースト」ってご自身は自画自賛でご満悦のようですが、こんなことばかっりやってて総合的に見て本当にアメリカにとって得になっているのだろうか。
posted by 飯沢ただし at 00:20| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

新たな漆産地へステップ1

今日は小学校の運動会が各地で開かれ、ご招待を頂いた学校に訪問させて頂きました。
天気☀も最高でいい運動会になったことと思います。


2月に沖縄高専を訪問して超音波破砕装置による漆の効果的な抽出について視察をしましたが、その動きが現実的に動き始めてました。大東町鳥海地区において漆の種まきが行われましたし、破砕装置による実証実験の様子もNHKで放映されました。

DSC_0717x.jpg

【国内の生産量が需要にまったく届かない状況も示されました】


DSC_0718y.jpg

【一関市大東町鳥海地域での漆の種まきの様子】


沖縄高専の伊東名誉教授の下で樹液確保の実験成果はすでに得られているのでしょうが、今回の放映で実際に実験の過程が映像で流されると実感が湧いてきました。

DSC_0719x.jpg


urushi171208.jpg


DSC_0722x.jpg



DSC_0726x.jpg



伊東名誉教授が指摘をしていたように、まだまだ課題は多いのですが、ひとつひとつ課題を解決して当初の目的にかなうような体制作りが求められます。何より今回の放映により多くの県民が関心を寄せる機会となったことは良かったと思います。


私は先の10月の決算特別委員会の農林水産部の部局審査で国産漆の需要の高まりに呼応した取り組みと、新技術に対する理解と支援を要請しましたが、その目的は漆の量的確保もさることながら中山間地における新たな産業創出という観点も強く申し上げたところです。


この取り組みはまだ実証実験を繰り返しながら軌道に乗せていくことになると思いますが、全国の各地で漆等にに注目した取り組みが始まっていると報道されており、早くビジネスモデルを示した方がメリットが出てきますので、一定のスピードも要求されます。

いずれにしても過疎の中山間地にとって光が当たる新技術による新機軸が本県の伝統産業に結びつくという嬉しい話ですので私も重大な関心を持っていきたいと思います。

posted by 飯沢ただし at 19:29| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

すでに意識の乖離がありあり

新聞報道によると次期県総合計画(2019〜2028)の策定状況過程において県南広域振興局が主催した管内の8首長と意見交換会が行われたようです。

この手のご意見伺い程度の話はあまり新聞記事にはならないのですが、よほど意見の内容が厳しかったと見えて、地方紙のみならず全国紙まで記事にしたことで事の重大さが窺えます。

私も先の2月定例会の予算特別委員会総括質疑において知事に対して

@幸福を上段に設定した考え方は2020年代の厳しい時代を乗り越えるのにふさわしいのか?
A幸福とは人それぞれに違う価値観、捉え方があるもの多様性を認めるものことに意義のあるもの、決して役所が与えるものではない。幸福とは与えるものではなく気づくものではないのか?
B県が長期計画を策定する意義は広域的な産業振興戦略的を具体的に示すことが今もっとも必要とされるのではないのか?
C市町村が今後策定する総合計画にも大きく影響を与えるものであるから整合性を図る努力を惜しまず県が独善的に押し付けるやり方はすべきではない。

との質問と意見提言をしたところでありました。

まさに8首長からは酷似した懸念が期せずして示されたようです。特に「幸福」というった抽象的な考え方が先に立った計画概念に対して疑問が出されたのは当然でありましょう。また、ILCが一言も入っていないことに対する異論はかなり強烈だったようです。実は今年度の当初予算説明にもILCという見出しはまったく見えず、私も厳しく県の本気度を質したところです。

県は震災復興の際に「幸福追求権」というキーワードを使って今回の総合計画も「幸福」を看板を維持する体制は崩さない姿勢なようですが、果たしてこのまま突っ走っていくつもりでしょうか。意識の乖離を埋めていく努力をしないと計画をつくる意味さえ失いかねません。
posted by 飯沢ただし at 14:36| 岩手 ☁| Comment(0) | My Opinion 【意見を申す】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

貧すれば貪する

米朝首脳会談、延期の可能性に言及 トランプ氏
文氏は「予定通りの開催を確信」
【 2018/5/23 日本経済新聞 電子版】

トランプ米大統領は22日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領とホワイトハウスで会談した。トランプ氏は6月12日に予定している北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長との首脳会談について「6月12日に実現しないかもしれない」と表明。非核化を巡る溝が埋まらない場合は延期する可能性を示唆し、北朝鮮をけん制した。

 トランプ米大統領は22日、ホワイトハウスでの韓国・文在寅大統領との会談の冒頭で6月12日に予定している史上初の米朝首脳会談を延期する可能性を示唆した。また、北朝鮮と連携姿勢を示す中国側への不信感も表明した。

一方、文氏は「会談は予定通りに開かれると確信している」と述べ、あくまで会談を開くべきだと訴えた。

 トランプ氏は米朝首脳会談の開催には「私たちが求める一定の条件がある。それが満たされないと会談は開かない」と指摘。非核化の進め方に関し「一括して進めるのが良い。あるいは物理的な理由で極めて短期間(で進めるか)だ」と述べ、北朝鮮が求める段階的な非核化には否定的な立場を示した。

 「北朝鮮は偉大な国になる可能性がある。その機会をつかむべきだ」とも述べ、非核化に関する態度を硬化させている北朝鮮に完全な非核化に応じるよう促した。その場合は「金委員長の安全も保証する」と改めて体制保証を約束した。サンダース大統領報道官は記者会見で「北朝鮮が望むなら会談の準備を続ける」と語った。

 トランプ氏は北朝鮮が米朝会談の取りやめを示唆した背景にも言及。5月上旬の2回目の中朝首脳会談後に変化があったとして「少し失望している」と語り、中国への不満を漏らした。国連制裁決議によって制限されてきた中朝境界での貿易が活発になっている点にも触れ「好ましくない」と批判した。



北朝鮮はお腹がすいて藁をもすがる状態。北との融和政策に執心な文大統領をうまく使って外交戦略に打って出たものの中共(中華人民共和国)から鼻薬を効かされて米国との会談にいちゃもんをつけた状況。昨日の話が明日に変わるのは北朝鮮の得意技で何も驚くことはない。大体にして核というカードをかんたんに捨てるわけがなく、お腹を満たすことができれば北朝鮮は米国だろうが中共であろうが支援さえもらえればどっちでもいいのだろう。その中で滑稽な役を自ら演じているのが韓国の文大統領という構図。

それにしても日本は朝鮮半島外交から取り残されたなどど語る野党の一部と一部マスコミは国際情勢を本当に見極めて発言しているのかと目を疑う。

北朝鮮は地政学上から簡単には韓国との統合は難しい。そもそも朝鮮戦争の始まりは北朝鮮からの電撃的な南下作戦が発端だったのである。


私は今年中の米朝首脳会談の実現は極めて難しいとみました。拉致被害者の救出だけは何とか実現してほしいのですけれど。
posted by 飯沢ただし at 23:45| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

勝利至上主義の果てに

今日のタックルを仕掛けた側の選手の記者会見。
ネットのオンデマンドで見たが、閉塞感に満ちたチーム内部の状況を赤裸々に知り、とても気が重くなった。

コーチから相手QBを潰せと何度も念押しまでされている。大学側から説明されているコーチと選手との意識の乖離とは思えない。
定期戦など無くなってもいい、怪我したら秋にはこちらが有利などという発言はスポーツを指導する立場にある人とは思えない。
状況が明らかになってきて、そこまでするのかという暗澹たる気持ちにさせられた。監督やコーチは問題解決の事後対策も何も考えていない、相手に対して謝罪はまだしなくてもいいなど監督の体面保持しか見えてこない。何ということだ。


勝利至上主義の歪みに起因するのであろうか、肝心の社会と人間の関わりという根幹に係る大事なことが指導者に欠落してしまっている。そもそもスポーツには人としての尊厳を教えてもらえる有効な手段でもあるのに。最後にこの選手はもうアメリカンフットボールには関わりたくないと話している。何と残念なことだ。


警察への被害届や訴訟まで事がすでに及ぼうとしている。物事がエスカレートして終息が見えてこない。先に記したように起因者となった大学の問題に留めることなく、総合的に大学スポーツの意義をあらゆる関係者が熟議し、二度とこのような過ちが繰り返されないようにしていかねばならないと思う。
posted by 飯沢ただし at 22:57| 岩手 ☀| Comment(0) | My Opinion 【意見を申す】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする