2017年01月29日

冬の恒例行事2景

世界遺産登録五周年記念事業の一環である「第8回《世界遺産・平泉》英語スピーチコンテスト」を見学してきました。県内の高校生が9人、特別枠で平泉中学校が2人参加されました。

DSC_1203y.jpg


昨年も拝聴しましたが、確実にスピーチの内容が昨年よりも洗練されているように感じました。
単に平泉の浄土思想を理念で追うだけでなく、自身の身の回りの環境や体験を通じて世界遺産・平泉の価値を感じ、これからどのように行動していくかをしっかり表現しているスピーカーに感心しました。

DSC_1205x.jpg


発音が多少不安定なところがあるにしても練習されている跡が見受けられました。スピーチの内容も話し方も学校の先生の指導が大きく影響されていることが推察されます。

今年は参加者11人中男子が一人。男子も発奮して欲しいものです。
遠くは宮古高校からも参加者2人がありました。県内のみならず宮城県県境からも参加枠を広げて今後盛り上げていってもいいですね。

夕方は一関体協の「スポーツ関係者 冬の集い」に参上。

DSC_1209x.jpg


残念ながらスポーツ庁参事官の講演には参加できず、聞く機会を失ってしまいましたが、今後のスポーツの発展には観光の連携強化が必要とのお話をされたようです。

私は12月議会で文化・スポーツ部の設置議案に関して観光部門との連携策が見えないと反対討論をして観光課との連携策強化の見直しを県に迫ったのでしたが、実にわが意を得たりとの思いです。組織体系にミッションが含まれないと単なる組織の衣替えにしかならないのは明らかです。

岩手国体と全国障がい者スポーツ岩手大会の成功を関係者と分かち合い、雰囲気の良い冬の集いでありました。
posted by 飯沢ただし at 23:49| 岩手 ☁| Comment(0) | The Events  【各種催物】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

二元代表制について

二元代表制とはわが国の地方自治に設置されている統治システムであります。
戦後、地方自治法の成立により。首長も議会も別の直接選挙で選ばれ、互いの立場を尊重し補完しながら地方自治の発展を期する目的で採用され今日に至っています。よく催事の祝辞で首長と議会の代表である議長の二人が挨拶をするのは互いに異なる立場としての住民代表ということだからです。

一方、国は議院内閣制でありますから、地方自治と全くシステムは異なります。故に地方議会には厳密にいうと国会の与党と野党は存在しません。

首長が直接選挙で選ばれるのには理由があり、それはアメリカ合衆国大統領よりも強大な権限を有しているからです。例えば予算提案権、予算執行権、人事権などです。

地方自治は合議制で図るよりも首長の意向が反映しやすい所謂トップダウン方式で首長の見識や資質で行政を運営した方が行政の迅速化が図れることが利点としてあげられます。その反対に首長は地方公共団体という財政的に自立していない行政府の位置づけのために国や県からの影響を受け、住民の意向とは異なる政策判断をすることも時折散見されます。

そのような首長の暴走などを監視し修正を加えるなどをする機関として議会が存在します。但し議会には立法権はありますが予算の提案権がありませんから、致命的に首長との権限には格差が生じます。

議会が有している最大の権限は議決権ですが、首長は自らの政策が円滑に実行に移されるように自分の意向にそう議員を過半数確保した方がやりやすいことは明白です。一方議員も首長の権限の大きな傘に入った方が魅力に感ずる議員がいても不思議ではありません。しかし、これでは二元代表制の存在する意義を失ってしまいます。「知事が言うのだからいいじゃないか。」という不規則発言が以前議会であったのを記憶してますが、こんな理解不足の議員では困ります。

岩手県議会では議会としての存立が時代の波にのまれて変質しないように、二元代表制の機能を高めていくために「岩手県議会基本条例」を制定しました。私も策定の委員でありましたから、当時は制定に至るまでとことん議論を尽くしました。議員は基本条例の趣旨に従って活動するのは当然のことです。議会改革も不断に行うことも盛り込まれています。

一方、行政も二元代表制の趣旨に乗っ取った対応が求められます。例えば議会事務局の機能充実、特に議員立法に関して実務に明るい職員の配置などです。行政と議会が正々堂々と政策を戦わせ、切磋琢磨し、政策を磨くことが住民の幸福につながっていくと私は確信しています。

議員はもちろんのこと行政もよくよく二元代表制の趣旨を理解すべきでしょう。このまま調子に乗っていると大変なことになりますよ。
posted by 飯沢ただし at 01:06| 岩手 ☁| Comment(0) | My Opinion 【意見を申す】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

おめでとう!稀勢の里

とうとう、やっと、ついに稀勢の里が優勝を果たした!
土曜日の結びで白鵬が負けた瞬間、家族でテレビ画面に向かって大拍手。

Kisenosatox.jpg


横審に動きがあり、どうやら横綱昇進も確実のようだ。実にめでたい。

何度も何度も優勝まであと一歩。
そしてここぞといい時に(はっきり言って)ダメだった。
その都度「あーぁ!」と何度も落胆したことか。
腰高、攻めが遅い、精神力が弱い、評論家にもメタくそに言われ続けた。

でもそれは稀勢の里に対する期待の裏返しだ。
ここ数年上位番付を占めているのはモンゴル勢。
なんとかその壁を越えてくれ!その思いは全国のファンに共通だろう。
昨日もお茶の間で何人もの相撲ファンが涙ぐんだことと思う。

優勝後のインタビューで見せた涙はかつての師匠亡き鳴門親方「隆の里」への思いがこもあげたのだろうか。隆の里も横綱昇進は早い方ではなく「おしん横綱」と呼ばれた辛抱が信条だった。

負けの辛さをこれほど知る横綱となる稀勢の里。優勝と横綱へのプレッシャーが解き放たれたこれから一皮むけて負けない横綱になるのではないか。

これからもがんばれ稀勢の里。
posted by 飯沢ただし at 00:55| 岩手 ☁| Comment(0) | My Favorites 【お気に入り】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

America First! その行く先は?

悪夢が現実になった。
世界中の多くの人々がトランプは選挙に勝ったもののアメリカ大統領になることは実感が湧かなかったと思えるのだが(自分自身もそうだった)就任式を見て「本当になったんだ。」と目が覚めたに違いない。

オバマが理想を語る聖職者に例えるなら、トランプは価値を計るのはソロバン次第の中小企業の元気な(夜も昼も)社長の如くだ。

就任演説を聞いて、アメリカ第一主義を貫くのは結構だが、高い関税がついた商品を買うアメリカ国内の消費者は幸福になれるのだろうか?外交カードも損得で動かれたら大変だ。全体に言っていることが矛盾だらけで、どうも胡散臭さの印象ばかりが残る。

アメリカ合衆国が持つ魅力は移民の国だけに人種を超えた社会の寛容さだったはずだ。特に共和党の精神はピューリタズムに原点を持つ自由と民主主義はアメリカの売りのはず。しかし、いまだ多くの国民が反発するのは今日までの良いアメリカを踏みにじるようなトランプ氏の発言に起因する。

biff BTF2x.jpg


映画「Back to the Future PartU」にあった時空がひん曲がった世界でトランプ氏がモデルとなったビフ王国が現実の世界で現実にならないことを祈るばかりだ。これほど不人気な大統領は最近になく、権力を振り回すことに快感を得たら制御が効かなくなるのでないかと心配だ。最後は共和党の良心に期待するしかないのだろうか。
posted by 飯沢ただし at 23:38| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

岩手競馬関係者との懇談会

一昨日の17日に盛岡所属の競馬関係者、並びに本日19日に水沢所属の競馬関係者と私が会長を拝命している岩手競馬振興議員クラブが呼びかけて意見交換会を実施しました。

P1040902x.jpg


意見交換会を企画した事の発端は四半期ごとに行われている岩手競馬組合運営協議会(いわゆる4者協議)の11月25日の会議において、競馬関係者の手当改善や老朽化した施設の整備等、現場に必要なところに優先して支出すべきとの声が上がり、地元紙にも大きく報道されたことでありました。

このことは、ここ2、3年前からインターネット販売が堅調になったきたことから売り上げも計画比から上方修正する機会が多くなり、利益の配分が注目される中、10年間競馬継続のために我慢を重ねてきた現場から悲痛な声が上がったとも言えるでしょう。

両会場で出された共通の危機的な状況と言えるのは、
厩務員の不足。
往時には270名在籍していた岩手競馬の厩務員は激減し、現在120余名。岩手競馬の内規では1厩務員が世話する競走馬は5頭までとされており(JRAでは2頭)、厳しい労働環境になっていること。高齢者が多く若い人が入って来ないこと。単純に5頭×120人=600頭で岩手競馬を支える番組作りでギリギリの頭数であること。

P1040896x.jpg


ここまで危機的な状況であったとは・・・との思いです。

P1040886x.jpg


原因は賞典費の減額や労働環境の厳しさなどいろいろあるのですが、何にしろここまで深刻化するまで競馬組合は何をしてきたのかということです。現場の手が薄くなっては馬も集まらない、良質な競争も維持できない、競馬を持続する命綱が細くなるのを見て見ぬふりをしてきたのではないでしょうか。

話は飛びますが、私が問題視した大型映像装置についても正しい情報は伝わってなかったようです。
関係者には水沢競馬場にだけ大型ビジョンがないから、この際地方競馬全国協議会から活性化補助金を活用してつくりましょう、元あったビジョンを戻すのは当たり前、〇か×かの単純な説明しかしていない様子でした。

競馬組合が作成した水沢競馬場映像装置に係るランニングコスト表によれば
稼働日数は352日。電気料金は1400万余/年、運用操作要員は1名増で1000万余/年。
保守点検を加えても現状より2200万円はコスト増になる。ビジョンを設置して2200万円以上の収益を上げるという試算根拠はどこにあるのか。

サイマルキャストの開催時の人がまばらな時にもひも付き補助金の都合により、稼働させなければならないという不合理。無駄な経費をかけないといったこれまで原則を打ち破った「建設ありき」の手法。

こういう真の情報は全く現場とは共有されていませんでした。

いずれにせよ短中長期に考えても、人材の確保は絶対的不可欠であり、特に厩務員の確保と養成に利益から基金積むなどの投資を今すぐにやらないと売り上げ増よりも内部崩壊を起こして事業の継続などできなくなります。2月には競馬組合の予算議会も開会しますが、当議連としても競馬組合に対して意見交換会で得た現場の声をしっかり届けて是正を迫ってまいりたいと考えています。
posted by 飯沢ただし at 23:57| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

さらばオバマ大統領

トランプ氏のアメリカ合衆国大統領就任式が近づいてきた。

昨日は選挙後初の記者会見がトランプタワーで行われたが、貿易利益の不均衡を強調し、特定の記者を攻撃する姿は世界を牽引するリーダーの資質として疑問視される印象はまったく変わらない。米国民のみならず世界の人々が持っている行き先見えない心配をさらに深めたのではなかろうか。

一方、退任するオバマ大統領は「Yes!we can.」「Yes!we did.」で最後のスピーチを締めくくった。移民の子どもたちを大切にしなければ、我々の子どもたちの未来も損なうと多様性に富む社会の重要性を説いた。

8年前と4年前に近未来の理想の姿をアメリカ国民は熱狂的にオバマに託したが、結果的に理想と現実の間にオバマ大統領は常に悩み続けた印象だ。しかし、オバマが求め続けた理想を追求したことは決して無駄ではなかったと思う。理想を動かすシステムのスイッチがまだ形成されていなかったのではと思わせるのが、未だにアメリカの経済社会では想像もできない不文律があることは想像するに難くないことだ。いつかはこの壁も越えられると私は信じたい。

B.obamaxjpg.jpg


アメリカ国民は理想では動かない目に見える現実の変革を選択したが、果たして名指しでメディアを非難し、人種排他的なリーダーの下で普遍的な世界の秩序形成は可能なのだろうか。約200年前のモンロー主義にはヨーロッパの干渉から影響を受けないという孤立主義で当時としての理はあったが、トランプ氏の自国優先孤立主義は結局のところ回り回ってツケは自分に来るような気がしてならない。

オバマ氏は私と同じ55歳。トランプ氏は70歳。トランプ氏は未来に責任を持つ政策を果たしてつくれるだろうか。

いずれにしてもオバマさん、8年間お疲れさまでした。
posted by 飯沢ただし at 23:56| 岩手 ☁| Comment(1) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

平成29年一関市成人式

今年は1000名を越える成人が参加した一関市成人式。
私も来賓として出席し、祝辞を述べさせて頂きました。
管内の県議は5名なので祝辞が回ってくるのは5年に一回ですのでオリンピックよりも難関です。

今回は私にしては珍しく原稿をつくって臨みました。

・時代が著しく変わりますます不確実な時代になっていくが、時代を切り開くのも若者の役目であること
・平和で豊かなこの国を作ってくれた先人に感謝の念を持つこと
・人生の岐路に立った時に安易な道ではなく「困難な道」をあえて選択して欲しいこと


以上要点は3点でした。
祝辞も3人目となると何が印象付けなければと思い、好きな映画の台詞を原語で挿入しましたが、果たしてどれだけの印象付けになったのか・・・

私の成人式は旧大東町時代はお盆の時期に開催されたようですが、ボート部夏合宿の真只中でインカレ目前でもあり、「成人式のために帰省します。」などとは言えない状況でした。ということで欠席でした。確か住んでいた杉並区からも1月の成人の日でのお誘いもあったような気がしますが、これも大学の試験前ということで欠席でした。

それにしてもアリーナ席は成人の皆さんよりも多い参加数と見受けましたが、私たちの時代とは隔世の感があります。成人式に親付がスタンダートとなり、今日の成人式は家族の公的なお祝いイベントといったところでしょうか。
posted by 飯沢ただし at 15:11| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

55歳になりました。

つ、ついに四捨五入すると60になる年齢に到達しました。
健康には気を付けて、精進を重ねてまいります。

55という数字は身近にありまして、昭和55年3月に高校を卒業しましたので同級会の名前は「55会(Go!Go!会、豪豪会?)」といいます。同級生のほとんどは55歳にすでになっているわけでお盆あたりに55にちなんで同級会をやってもいいのでは?勝浦会長。

55と言えば松井秀樹の背番号55。
matsui hideki55x.jpg

【私はピンストライプよりもビジターのユニの方が好きです。@NY Yankees 】

松井選手はヤンキースという名門で活躍したこともあり、彼のプレースタイルはコアな米国野球関係者にも尊敬されています。これからも野球を通じて日米の交流を進化するのに重要な人材です。


さて、話はグりっと変わりますが、誕生日には映画の話題をかつて紹介しておりましたので、今回復活しましてヒッチコック監督の「裏窓」のマニアックな部分を紹介したいと存じます。「裏窓」はヒッチコック作品の中でも私はベスト3に入る好きな作品ですが、作品が上出来なのもさることながら、活気ある50年代のアメリカ大都市の生活の様子が伺えるのも気に入っているポイントです。

そして何よりグレース・ケリーの魅力がふんだんに出ている作品といっていいでしょう。

裏窓4.jpg


裏窓7x.jpg


裏窓6x.jpg


裏窓3x.jpg


裏窓8x.jpg


裏窓5y.jpg


美人好みのヒッチコックがグレース・ケリーの魅力を引き出しています(実際の演技力は今一つなんですがね)。これでは当時のモナコ皇太子でなくてもノックダウンでしょう。日米問わずこのような上品な俳優さんはどこへ行ってしまったのでしょうか?
私は生まれて来るのが遅すぎたか・・・
posted by 飯沢ただし at 02:05| 岩手 ☔| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

迎春2017年

平成29年に2017年、割り切れなくてイズい感じが否めませんが、とにもかくにも
明けましておめでとうございます!

今年は午前11時頃に地元の八幡神社に初詣に行きましたが、穏やかで暖かさにあふれておりました。こんな元旦の日は初めてではないでしょうか。11月に慌ててタイヤ交換したのがウソのような冬です。お正月気分も3日までで、おあとは新年交賀会のラッシュが半ばまで続きます。今年も健康第一でいきたいですね。

今年は酉年。酉年といえば個人的に三井倉庫時代の先輩の小川さんを思い出すのですが、あの小川先輩も定年を迎えることになるのですね。光陰矢のごとし。ぼやぼやしているとあっという間に人生が終わってしまいます。小川さんの第二の人生はいかに・・・

昨年はシカゴ・カブスがヤギの呪いを解いてワールドシリーズを優勝しました。今年は酉年だけに鳥のニックネームがついた3球団にチャンス到来でしょうか?!

Cardinalx.jpg

【セントルイス・カージナルス】


bluejay.jpg

【トロント・ブルージェイズ】

Oriolex.jpg

【ボルチモア・オリオールズ】


北米には色鮮やかな鳥がいるのですね。再認識しました。それから昨年大リーグで3000本安打を記録したイチロー選手の活躍にも目が離せませんね。

今年一年も一か月最低10投稿をキープして記事を載せますので、相変わらずのご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。
posted by 飯沢ただし at 13:44| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

2016年ありがとうございました!

今年もいろいろなことがありました。
その中で岩手国体、岩手大会の成功は筆頭でしょう。
一方で観測史上初めての太平洋側から上陸した台風10号は岩泉町を中心に甚大な被害をもたらしました。

いいニュース、よくないニュース毎年繰り返されます。まさに生者必滅、会者定離。

けれど今ここに生きる私たちは未来のために何をすべきかを常に考えなければならない、とりわけ議員の立場にある私としては、これから行政施策に対して短期、中期、長期と、本県にとって何が必要か何が求められるか見識を持ち、他者へも影響できるようにならなければと感じています。

cubs_1280_p299zv0q_5and68uu.jpg


今年はカブスのヤギの呪いが解け、人工知能(AI)の可能性が発信された年でした。新しい時代の幕開けの象徴でした。人口減がますます地域社会の存立に顕著になっていきます。問題の深刻化と新技術の社会への影響は急です。

AIx.jpg


県政与党ならば議員職安泰などという時代は去りました。議会人としての見識、議員としての能力が問われる時代です。「嫌味議員いいざわ」に磨きをかけてこれからも批判と提言をさせて頂きます。

議員の仲間や多くの理解者があってはじめて活動できる有難さを感じつつ、これからも精進してまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

今年も「飯沢ただし」のブログ記事を読んで頂いてありがとうございました。
2017年もよろしくお願い申し上げます。
posted by 飯沢ただし at 12:54| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする