2022年05月12日

40年前の熱き思い

同居している妹が断捨離中に父親の「重要書類」と書かれたお菓子箱を見つけてきた。

その中には町議時代のポスターやら県議選挙にまつわる関係書類や新聞記事の切り抜きが雑然と押し込まれていた。

DSC_0754 (002)x.jpg


特に目を引いたのが昭和58年4月の県議選に立候補したときの挨拶原稿だ。おそらく決起集会用の原稿だろう。なぜか原稿用紙の裏を使っている。私自身の初出馬の原稿など保管していないのに父親が保管対象にしたのはやはり自身の持っていた思いが強かったのだろう。当時52歳。東磐井地区の経済的再興を中心に書いてある。また赤ペンの添削が実に力強い。

次に紹介するのは当時の朝日新聞の「選挙戦を見る」の選挙戦展望記事。

DSC_0755 (002)x.jpg


当時の朝日新聞は県議選の展望記事まで書くとは実に驚きだ。何より内容が実に的確で足で取材しているのがよくわかる。昔の朝日新聞には地方局でも記者が熱血をもって仕事していた確かな痕跡は現在の記者たちに見せたいものだ。

父はこの時の選挙は落選で涙を飲んでいるのだが、定数3に新聞の写真にある5人に社会党の元職金野茂氏を加えた6人が立候補する大激戦で結局現職の3人が当選した形となった。

昭和59年に亡くなった祖父も実は昭和42年頃に県議選に意欲を持った時があったらしく、昭和58年の選挙の折には父の選挙には大分心配したらしい。四年後に再度立候補をして初当選した父が祖父にその姿を見せられなかったのは残念だったに違いない。

そうした流れを汲んで今の「私」があるということを改めて肝に銘じる日となった。
posted by 飯沢ただし at 23:49| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月10日

朝の街頭宣伝活動

久々に街頭宣伝活動のことを記事にします。

1652183167278 (002)x.jpg


最近は月に2〜4回の頻度で街頭に出ています。

🎤月曜日は千厩西小田のションピングセンター「エスピア」の対面側
🎤火曜日は一関市狐禅寺「東大橋交差点付近」
🎤主に木曜日は佐々木努議員と共に奥州市水沢西袖ノ目「四丑橋西交差点付近」

にて行っています。時間は朝の8時前後です。

火曜日の街宣活動の前に倫理法人会のモーニングセミナーに出席し、街宣後に会社のミーティングを行うことが定番になっています。

街頭宣伝を始めたのは「地域政党いわて」を立ち上げた時に本格的にスタートしたので、かれこれ15年になります。実はマイクで話すことを通じて自分の頭の整理にもなり、宣伝活動と自己鍛錬の一石二鳥の効果があるのです。

今日はロシアのウクライナ侵攻と国連の役割についてを中心に話をさせていただきました。また、知事の仕事の本質についても最後に付け加えました。その内容は以前にこのブログで書いた内容の通りです。

街頭に立つと四季を肌で感じることができます。今日は初夏の兆しそのもので清々しい空気の中で気持ちよく話すことができました。今は一年で一番いい季節です。

参議院選挙も近くなり、今月と来月は回数と場所も増やして行うことを計画しています。意外な場所で行うかもしれません。見かけましたらぜひお声がけをよろしくお願い致します。
posted by 飯沢ただし at 22:31| 岩手 | Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月06日

千田正知事

DSC_0742 (002)x.jpg


ライオンズクラブの機関紙(3月・4月合併号)が届いた。

今号の表紙に千田正知事がドドーンと飾られている。

「県政はすべての県民のために中正、公平に行われるべきである」(最後の県議会答弁より)と本人のことばが添えられている。

なんとも重みのあることばだと思う。私は知事のリーダーシップ論を語るときによく千田正知事を引用する。なぜなら先見性と情熱をもって今の岩手県を導いた大リーダーであると評価しているからである。國分知事が基礎をつくった知事ならば、間違いなく中興の祖は千田正知事だと思う。
確かに高度成長時代という経済が右肩上がりという有利な背景はあったが、本県を畜産県岩手としてならしめたのは千田知事の功績である。

知事を4期務められたが順風満帆だったわけではない。

最初の選挙は社会党からの力添えがあったが後に自民党寄りとなり当時の社会党から批判を受けたことがあった記憶している。政治は時の流れに敏感に動かざるをえない時もあり千田知事も苦渋の決断であったことは十分に窺える。


「人物の評価は歴史が行うものだ。」この表現は自画自賛を繰り返す達増知事に対して私がよく使う。同じ4期16年の任期でどのような評価が達増知事にされるのだろうか。

最近の「タブーなし。なんでもやる。」の発言はすべての県民に対して発するべきであろう。まぁ徳のある人物はそんなことばをあえて口にはせずに黙々と仕事をするものだが。
posted by 飯沢ただし at 23:45| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月03日

憲法記念日

今日は憲法記念日。

護憲派、改憲派ともに各地で活動を展開した模様がニュースで伝えられました。

憲法改正是非の前に、ロシアのウクライナ侵攻という事実を経て我が国が置かれている国際情勢をしっかり確認したいと思います。

参議院議員の和田政宗氏が自身のSNSでこのような発信をされていました。

我が国は誰が守るのか、元陸将で元中部方面総監の山下裕貴さんが問を投げかけている。国民の中には、いざとなれば米軍が他けに来ると考えているかもしれないが、いざという時に我が国を守るのは、自衛隊である。

ウクライナを見ればわかる。我が国は国民自らが、自衛隊と共に守り切るとの意思が重要だ。

山下裕貴元陸将
「日米安保を実効性のあるものにするうえで、何より重要なのは『自分たちで守ろうとする意思』です。これがなければ、誰も助けてくれません。


また、小野寺五典代議士は日米同盟の強化にあたって防衛費に関して下のような発言をされています。

「NATOを含む仲間の国々はそれぞれ努力している。自分たちの防衛力を高めないと仲間として一緒に守れないのではないか。それに向けて努力をしていくことは日本の国際的立場として大事だ」


こうした発言を引用すると、やれ右寄りだとかレッテルを貼られそうですが、実際にウクライナの情勢をみれば現在の独裁国家ロシア、覇権主義国家中共、北朝鮮らに囲まれた我が国を取り巻く情勢を鑑みると危機感を持って対処しなければならないのは明白ではないでしょうか。これに対して「急迫不正の時には自衛隊を活用する」などという某野党党首の発言は現実離れしています。

国会の憲法調査会はこうした国際情勢の実態に即した実効性の議論を期待してやみません。
posted by 飯沢ただし at 23:27| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月02日

命をつなぐ

五月です。太陽の光線が一年で一番キラキラ輝く月です。

されど、先週末は雪が降ったりして天気の変わり目が激しいこの頃。
こうした不順な天気、寒暖の差が激しくなると高齢者の方々の体調の維持が難しくなります。

昨晩から明日にかけて弔問が4件。永久の別れは辛いですが、その中にあってとても嬉しくなる出来事がありました。

高校の同級生のY君は教師として活躍中でしたが、約20年前に急な病に侵されて他界されました。私は当時ご自宅での葬儀で弔辞を読ませて頂きました。先週Y君のご母堂様が亡くなられたことを聞き、今朝ほど弔問をしてきました。

そこに、Y君の御嬢さんを紹介されてびっくり。29歳になられて現在は薬剤師として活躍中のことでした。

月日の経つのは本当に早いと感じつつも、いまやY君の最愛の御嬢さんが活躍されていることに感激しました。

Y君が亡くなった直後にY君のお父さんも他界され、ご家族は当時大変辛い思いをされたのですが、現在はこうして命がつながれて立派に社会に貢献されていることに心が熱くなります。

あらためてY君とY君のご家族のご平安を心からお祈り申し上げます。

posted by 飯沢ただし at 13:48| 岩手 ☔| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月30日

追加交付金

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金(コロナ禍における原油価格・物価高騰分対応)の交付限度額

について内閣府から通知があり、岩手県分は約54憶円交付されることとなりました。

コロナ禍において原油価格や物価高騰に直面する生活者や事業者への直接的支援(補助・給付)が対象となることから、これから具体的にこの交付金を活用するのかが注目されます。先に岩手県トラック協会が県に要請した内容も該当することになります。

県だけでなく市町村にも別枠で交付され、総額約52億円となります。
ちなみに一関市は5.3億円、平泉町は0.5憶円です。

ウクライナ情勢も長期化が予想され、物価価格はどのように推移するかまったく読めません。少なくても短期的に好転することはないでしょう。

六月定例議会まで時間があるので、おそらく臨時議会が開かれると予想されますが、その際はしっかり使用方途について見極め、議論してまいります。
posted by 飯沢ただし at 23:56| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月27日

時代の移ろい

DSC_0718 (002)X.jpg

【日本経済新聞 4月22日 朝刊一面より】


日立物流と言えば、私の印象は有力な乙仲(おつなか)であり、原子力の特殊関連物流業会社である。

日本の誇る機械製品や原子力関連輸送を手掛け、日本の成長産業を物流部門でしっかりと支えた企業である。

日立グループの生き残りのためとはいえ、国外に資本が流出するのは複雑な心境になる。かつてバブル期には世界中の財を買い漁った経済力はもう夢の彼方。国力、すなわち経済力を復活するには人の財をつくること。これに尽きる。我が国では人材育成に真剣に取り組んでいるだろうか。

大学の改革も後れ、人材の質の低下が叫ばれている。このまま放置すれば文化まで吸い取られる危機感を持つべきだ。
posted by 飯沢ただし at 23:41| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月26日

危険の認知

北海道斜里町ウトロの観光船遭難が難航しているとのこと。お亡くなりになった方には心からご冥福を捧げます。また、未だ行方が不明な方には一刻も早く見つけてほしいと願うばかりです。

20代前半三井倉庫在職時に安全衛生会議が月に一度開かれ、会議の中で安全衛生担当であった小原さんが繰り返しお話していたことを思い出します。

事故はなぜ起きるのか。

1)危険を認知できない。目の前にふりかかる危険を察知できない。
2)作業の手順を勝手に省く。手抜きをする。

もう一つあったと思いますが、今回の観光船事故は2つとも見事にあてはまります。
自然の脅威を自己都合で勝手に判断して、大丈夫だと思って出航した。予想される高波に対応した船の装置を施していなかった。

今回の事案は起こるべくして起きた事故と言えます。危険の認知を磨くには常に当事者が努力をしなければなりません。二度とこのような事故が起こすことのないように海上だけにとどまらず運行関係者は肝に銘ずべきです。

この事案で、思い出すのは平成16年に議員発議で制定した「プレジャーボート等に係る水域の適正な利用及び事故の防止に関する条例」です。

この条例は漁業関係者からの声が契機となり、条例制定に向けて私が発起人となって制定した条例でした。救命胴衣の着用義務をプレジャーボートの使用者のみならず漁業者にも促した画期的な内容でした。違反した場合には過料規定まで規定しました。

県内での説明会では使用者から厳しい質問が浴びせられましたが、三井倉庫在職時に経験した小型フェリーで何度も港外の本船まで往来した経験が役に立ちました。

事故の防止にはプレジャーボートの操縦者だけなく漁業者も救助の責務を負うことを明記したことを、この機会に関係者に伝えたいと思います。

事故にはやむを得ない、避けがたい事故ももちろんありますが、大概は未然に防げる事故がほとんどです。常に意識を上げておくことが肝要なのです。
posted by 飯沢ただし at 23:58| 岩手 ☔| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月25日

四月雑感

私もこの四月から議員生活23年目に入り、振り返れば長くやってきたものだとは思うが、しみじみ過去を振り返る余裕はまったくないのが事実。達増県政は15年目。もはや県議5期以上でないと増田県政時を知る人はいなくなった。

誰が知事をやっても批判はついて回るもの。批判を避けるのか甘んじて受けて次の展開に生かすのか、その差は大きいものがある。いくら自身で成果を並べ立てても「必ず歴史が評価する」と私はよく議場で達増知事に申し上げているところ。自慢話を延々とするのはほとんど意味がない。達増知事に対する県職員の評価は、まだ現職ですから皆口固く話さないが(当然)、増田県政時をよく知る県職員が増田氏を評価をしないのは大船度振興局で起きた職員の不詳時の裁きなど内部に対して実に厳しいものがあって、そこに不人気の根源があると私は推察する。もちろん原因はそれだけではないとは承知しているが。

ここで両知事の比較をするのが本意ではなくて、私はこの15年で大きく様変わりしたのは議会に対する議会答弁をはじめとする議会への県の対応についてあえて記したい。異論がある方は遠慮なくメールで意見を下さい。

ここ数年、特に顕著になっているのが、議員の質問に対して正面から受け止めないこと。特に私の質問に対して達増知事は透かし(すかし)が激しい。もっと言えば達増知事は時間が来れば追及はしのげると思っている節がある。社長がこのスタイルだと答弁基調は「やってます。頑張ってます。」アリバイ調となる。議員の提案を発展的にとらえるかよりも立場をいかに維持するかに重きを置いているように見える。

よって、あんな質問は萎えるとか、そんな程度の話が私の耳にも入ってくる。

どうしてこんな風土になったのかと思う時がしばしばある。

こんな調子では他県に置いておかれると思うから厳しい指摘をせざるを得ないが、厳しくやると逃げる、透かす。こうした循環を繰り返している。これでは前には進まない。

達増知事については今更変わりようもないが、心ある県職員の方にはこの悪循環から脱してほしいと切に願う。
posted by 飯沢ただし at 23:57| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月22日

運輸業界の窮状を要望に

(公)岩手県トラック協会(会長 橋嘉信氏)が県庁と県議会を訪れ、
「軽油価格高騰及び新型コロナウイルス感染症拡大に係るトラック運送業界からの要望書」を提出しました。

岩ト協、県へ要望書 (1)x (002).jpg

【左から中平顧問、菊池副知事、橋県ト協会長、私、佐々木県ト協専務】


岩ト協、県へ要望書 (3)x (002).jpg


私も県ト協の顧問という立場で、同じく顧問の中平均議員も同席して対応しました。県側の対応者は菊池哲副知事と岩渕伸也商工労働観光部長。真摯に対応して頂きました。

県ト協は定期的にマスメディアと意見交換会を企画していることもあり、多くのテレビ局の取材があり、ありがたい限りです。

トラック業者が主に使用する軽油については、この1年で1リットル当たり30円以上上昇(対前年比54憶4百万円の増、1社あたりでは年間720万円の増)しており、中小業者が9割以上を占めるトラック運送業会においては、荷主等への転嫁が難しく、自助努力の限界を超え、まさに存続の危機に直面しております。

として

1.燃料費負担の軽減に関する補助制度の創設
2.新型コロナウイルス感染症の影響により存亡の危機にある中小のトラック運送事業者への経営安定化のための助成

を要望しました。

国の原油価格高騰に対する緊急対策について「新型コロナウイルス感染症対策対応地方創生臨時交付金(内閣府)」から運輸事業者等に対する燃料費高騰分等の助成が可能という見解が示されており、県の対応が期待されるところです。

五日市王議長との意見交換の中で橋会長からこの際スポット的な助成も必要だが、労働環境の整備にかかる構造改善事業も考慮に入れてほしいとの意見が出されました。トラック業界は2024年問題と言われる労働時間の総量規制が始まることも踏まえて、頂いた意見は早速何らかの形になるように今後工夫していきたいと思います。


posted by 飯沢ただし at 23:26| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする