2020年02月14日

岩手競馬振興議連で競馬組合へ提言

昨日の記事に引き続き、もう一件議員連盟の活動報告です。

去る2月6日に私が会長を務めている「岩手競馬振興議員連盟」で競馬組合へ意見提言を行いました。

これは昨月行われた調教師・厩務員・騎手との懇談会を経て、当会が短期・中期・長期にわたる競馬組合への意見提言を通年行っているものです。私が会長職になって数回すでにこの時期に行っています。

DSC_3164x.jpg


提言内容は大きく4つ

1)禁止薬物陽性馬の発生に関わる適切な対応
2)競馬関係者の労働環境の改善、人材の確保等
3)競馬場施設その他の施設の整備
4)円滑な競馬組合の運営

今回、特に強調したのは現場を与っている関係者と組合との意思疎通が細くなり、信頼が薄くなっている現状のことでした。先日亡くなった野村克也氏が「信」なくして物事は成せないといった言葉を組合にはぜひ送りたいものです。年度が変わりましたら6月か9月議会の時期に提言を踏まえた組合の対応について方向を受けたいと要請も致しました。

DSC_3174x.jpg



今年はメディアにもオープンにしましたのでテレビクルーも2社取材に来てくれましたし、新聞各社も取材して記事に取り上げてもらいました。NHKでは複数回にわたって放映されたおかげで水かけ祭では何人からテレビ見たよと声をかけてもらいました。寝癖の髪もばっちり映っていたようです😵

当議連ではこれからも様々な角度から研究を重ね、競馬組合の運営が健全にされるよう積極的に提言してまいります。
posted by 飯沢ただし at 01:46| 岩手 ☔| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

水素発電供給モデルを視察

先週の話になりますが、岩手県エネルギーを考える議員連盟(議員研究会)で県外視察をしましたので、その結果一部を報告します。

日程は2月4日〜5日にかけての視察でしたが、私は都合により4日の途中から合流。その日は宿泊地の横浜においては客船ダイアモンドプリンセス号が大黒埠頭沖で停泊を余儀なくされた初日の日でありました。D.プリンセス号は外国籍の船舶であるので我が国は検疫の手段しか水際対策が実行できず、本日13日まで抜本的な衛生対策を打てないのは歯がゆいばかりです。本船内の対策未だ解決の見通しが立っていません。


川崎市川崎区に所在する昭和電工川崎事業所では、地域で発生するプラスチック由来の水素を、臨海部の国際戦略拠点キングスカイフロントにパイプラインで輸送し、大型燃料電池を活用してエネルギー利用する水素の地産事業モデルの実証実験中。(平成27年度 環境省公募の地域連携・低炭素水素技術実証事業)

1581606562425x.jpg


昭和電工では製造した水素を東急REIホテルまでパイプラインで配管して、(株)東芝製の純水素燃料電池システム「H2Rex TM」で発電・熱供給を行っています。

DSC_3153x.jpg

【東急REIホテル カーテン色彩バランスがすばらしい】


DSC_3154x.jpg

【ホテルのエントランスに設置されている「H2Rex TM」】


水素エネルギーは次世代の有力な燃料原で各地で実証実験が行われていますが、本格導入をしていくにはまだコスト面での課題があり、このホテルも電力会社から買電した方がかなりお得とのこと。

しかし、こうしたモデルを積み重ねていくうちに企業も技術ノウハウを蓄積でき、将来は何らかの形で地域にも利益還元できる有形無形の財産が残ることになります。川崎市では臨海部の工業地帯を他にも実証実験モデルの推進地として位置付けて二次開発をしており、私が30年前に川崎市営埠頭で中国のバラ積み船からタルクの揚げ荷役をしていた当時の穏やかな風景とは激変しました。

本県でも洋上風力発電などのエネルギー関連の実証実験をしていますが、内陸においてももっと積極的に企業と協力してこうした実証事業にはアプライしていくべきとの考えに至りました。

posted by 飯沢ただし at 23:54| 岩手 ☔| Comment(0) | My Inspection 【視察日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月01日

ILC@新春講演会

昨日の記事で触れたおりました「ILC 最近の動向と今後の課題」について一関商工会議所大東地域運営協議会の新春講演会で講演する機会を与えて頂きました。

P1060149x.jpg



この日程は1ケ月以上前から決まっていたのですが、一日前に日本学術会議のマスタープラン公表があったばかりで、まさにタイムリーなタイミングとなりました。

当初、昨年の3月7日の政府見解やLCWS2019の「仙台宣言」等の解説から始める予定でしたが、マスタープラン記載の解説中心になりました。特に「大型研究計画」と「重点大型研究計画」についてには入念に説明を入れました。

P1060156x.jpg


私からの申し述べた要点は2点。

・ILCは国際研究プロジェクトなので我が国だけの判断では完結しない。国際協議に基づいた政府の判断が最終局面。
・決定までのプロセスは牛歩の歩みだが着実に進展している。今年5月に策定される「次期欧州素粒子物理戦略」にILCが記載されるかが次のマイルストーン。政府の最終判断は5月以降か。

第二部では大東ILC委員会委員長の小原玉義君(私の小中高同級生)から「ILC安全対策の勉強結果について」の報告がありました。

DSC_3111x.jpg


玉義君の発表は県が行っている「ILC解説セミナー」の内容をも凌駕する一般の人にも分かり易い内容で、ぜひKEK研究者の方々のレビューを頂いて放射線に不安を感じている市民に講演して欲しい充実ぶりでした。


さて、謎の画像の件ですが、

The king and Iz.jpg


あの画像は映画「王様と私」のシャム王演じるユル・ブリンナーです。

映画「王様と私」のストーリーの底流には王の既存から脱する改革の断行の意志が色強く出ています。その中でシャム王は「科学的に思考」する重要性を説きます。映画の中では現状と理想の矛盾と戦う王の苦悩が表現されています。

要はILCの安全性が議論されていますが、あくまで科学的に判断して問題点の共有を図っていくことが重要と私は常に申し上げているところです。そういう建設的な議論の展開がされることをこれから期待するものです。
posted by 飯沢ただし at 23:46| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月31日

まさにこれからILC

🎥 萩生田文部科学大臣の記者会見

萩生田文科大臣のコメント(要旨)
・日本学術会議のマスタープラン2020の内容は承知。学術界を代表する見地から取りまとめられたもの。今後の行政側の検討で参考となるものと受け止め。
国際プロジェクトであり、国内外の幅広い賛同が得られることが必要。マスタープランの結果を踏まえるとともに、欧州素粒子物理戦略での議論の進捗も注視しつつ、慎重に検討を進めて参りたい。
・国際プロジェクトであり、各国がどう財政的な協力をするか詰めがまだ進んでいない。この段階で長期のプロジェクトに入らなかったということは、そんなに驚くべき結果ではない。
・しっかり国際間の連携を確認しながら、事業の有効性も含めて、また、日本国内でやるのかやらないのか、やるとすればどこなのか色々な課題があるので、今後しっかり注視をしていきたい。

🎥 竹本内閣府特命担当大臣(クールジャパン戦略、知的財産戦略、科学技術政策、宇宙政策)の記者会見
(3分20秒からILCについてコメント)


昨日の学術会議の審査結果を経て両大臣がILCについてコメントしています。(どちらもリンクされているので、クリックすると映像に飛びます)是非ご覧ください。特に竹本担当大臣の認識は深謀遠慮に富んでいてすばらしいコメントをされています。竹本大臣のデータについては後日アップする予定です。

両大臣のコメントを見る限り、昨日テレビメディアが「誘致実現は早期には困難」との報道とはかなり内容が違うことが理解できるはずです。


それにしても地元紙以外の全国紙の複数の社が「費用対効果について一旦立ち止まって考えるべき」との記事にはがっかりしました。もう少し内容を勉強する必要があります。それに対して岩手日報社の熊谷氏がILCの安全保障に係る影響にまで言及したのは読みごたえがありました。


今日実は私は一関商工会議所大東地域運営協議会で「ILC 最近の動向と今後の課題」の演題で講演する機会を与えて頂きました。その件に関しては明日ご報告致します。告知しておりました画像の謎の件に関しても明日に延期します。
posted by 飯沢ただし at 23:22| 岩手 ☀| Comment(0) | ILC 【東北から世界に発信!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月30日

待たれる政府判断

本日、日本学術会議のマスタープラン(「学術研究の大型プロジェクトの推進に関する基本構想 ロードマップの策定」の2020年版)の審議を行い、

マスタープランにILCは掲載されました。

今日のメディア発信は、重点大型研究計画に選ばれなかったという点を強調して早期の実現は困難との報道が大勢でしたが、今後の注目点は、政府がこれまで研究者や国会議員が培ってきた国際協力の成果を基に科学技術立国として我が国が将来どうあるべきか総合的に判断されるかどうかです。

村山斉(ひとし)先生がFacebookで以下のコメントを出していました。

Hitoshi Murayama Kavli IPMU

The Science Council of Japan did not pick the International Linear Collider (ILC) for the highest priority, but placed it on the list of its Master Plan. It means that the SCJ endorsed the scientific significance of ILC. I hope for a positive political decision from this point on, especially given that the US State Department wants to see it happen.

国際リニアコライダーILCは日本学術会議の重点大型研究計画には選ばれませんでしたが、学術大型研究計画(マスタープラン)に載りました。日本の学術界にその科学的価値が認められたということです。アメリカ国務省が非常に積極的になっていて、ヨーロッパの反応がこれからの注目です。



正にその通りで、今後の政府判断が注目されます。

情報によりますと明日の閣議後に文科大臣がコメントを出す予定となっていると聞いていますので、その発言内容が今後の方向性を示唆するでしょう。


それにしてもスカッとしない進捗状況です。
posted by 飯沢ただし at 23:21| 岩手 ☁| Comment(0) | ILC 【東北から世界に発信!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月28日

京都市が財政全国ワースト2位?

私が応援している村山祥栄候補が訴えている政策の大きな柱は「財政再建」です。

IMG_1140x.jpg


「ようこそジャパン」の政府の観光政策によってインバウンド客がダントツに恩恵を受けている京都市なのに、財政再建なんてそんなバカなと思われるでしょうが、何と標題の通り夕張市に次いで財政状況が悪いのは京都市だというのです。その要因は現職市政になって歳入よりも歳出が多い状況が継続されているからです。要は税金の無駄使い、固定費歳出に全く切り込んでいないということになります。

この状況は岩手県政とある意味体質的に似ているかもしれません。

財政に関してはトップが意識がなければ、何も変わりません。財政調整基金を取り崩して単年度会計の黒字を達成しても意味を成さないのです。

村山氏は自ら覚悟を示し、全庁挙げて事業の見直しを行うことを自らのマニフェストで約束しています。その具体策として市長給与を50%カットを示しています。

2020年代は大きく社会構造が変革する10年。過去の成功体験はほとんど通用しない時代がやってきます。特に行政のリーダーは社会変革に柔軟に対応し、戦略的に人材育成などの政策を動かしていかねばなりません。

今回の選挙応援📣を通じてさらにその認識を強くしました。村山祥栄氏には絶対に当選して頂き、京都市から地域主権改革の旗頭になってほしいと切に願っております。

@村山選挙事務所より
posted by 飯沢ただし at 14:54| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月27日

京都市長選挙の応援へ

今、京都行きの新幹線の中です。
今日の夕刻から29日(水)の午前中まで京都市長選挙に立候補している村山祥栄氏の応援📣に京都市に参上します。

murayama shoueix.png



このブログでも何度も登場している村山氏。及川敦氏とのご縁がきっかけで今でも交流している同志です。

村山氏は実は12年前にも京都市長選挙に立候補しており、その選挙は現職の門川市長初陣の選挙でもありました。京都市では固い支持層を持つ共産党候補と実質三つ巴の選挙となり84750票を獲得するも3番手の評価でした。以来村山氏は市議会で地域政党京都党を母体に京都市の財政再建等の課題解決に奔走してきましたが、門川市政の硬直ぶりに納得せず、自ら再び旗を上げることを決意しました。

現職市長の非共産党の政治的体制を優先で市政を進めていることに決して良しとせず、しがらみを断ち切って本当の京都市民のために政策を柱に市政を進めたいという村山氏の考え方に私は大いに賛同致します。

これから地方自治は自立を求められ、しっかりとした地域経営をしていかなければ市民のためにはなりません。地方の首町選挙に国会議員が多数応援に駆けつけ、安倍政治がどうの与党とのパイプがどうのを声高に有権者に訴えるのは明かに座敷違いです。

私は一地方議員の立場から、これから地方自治に地域経営の感覚と自立がいかに必要かを村山氏支援のために伝えたいと思っています。
posted by 飯沢ただし at 16:26| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

ILC決定までのプロセス

The king and Ix.jpg

【この画像の意味するところは1月31日に追記します・・・】


ILC決定の期限が近いといわれていますが、おさらいの意味でここに今後のスケジュールを記しておきたいと思います。

その前におさらいの意味で国際科学コミニティでは昨年のLCWS2019仙台会議で「仙台宣言」を採択しておりますので転載します。

ILC の実現に向けた宣⾔:「仙台宣⾔」

現在,仙台市で開催されているリニアコライダー国際会議(LCWS2019)に,多くの国と地域から科学者が集まっている。我々は世界の仲間とともに,ここに「仙台宣⾔」を発表する:

我々はILC 建設の重要性を再確認する。
これまでのLCWS 会議における宣⾔において,我々は宇宙を理解するための本質的な次のステップとして,ヒッグスファクトリーの建設を提案した。この提案は欧州合同原⼦核研究機関(CERN)の⼤型ハドロンコライダー(LHC)から得られた最新結果によって,さらに説得⼒を増している。
2019 年3 ⽉,国際将来加速器委員会(ICFA)は,これが次の世界規模のプロジェクトであると国際的に合意されていることを確認した。

ILC の設計は成熟しており建設の準備が整っている。
ILC の鍵となる超伝導加速技術はドイツの欧州X 線⾃由電⼦レーザー(XFEL)で実証され,⽇本,中国,⽶国でもプロトタイプが開発されている。結果として,経費の⾒積もりは技術に裏打ちされた堅実なものとなっている。ILC の設計性能を達成するために重要で不可⽋な技術は,⾼エネル
ギー加速器研究機構の先端加速器試験施設で既に開発・実証されている。ILC の設計には,将来,より⾼いエネルギー,より⾼いルミノシティにアップグレード可能な柔軟性がある。初期段階の研究プログラムは,それ⾃⾝⻑期的で⽣産的なものであるが,この柔軟性を活⽤することにより,さらに発展させることができる。

我々は地域社会から強い⽀持を受けている。
2019 年3 ⽉のICFA とリニアコライダー国際推進委員会(LCB)との合同会合において表明された,⽂部科学省及び関係省庁におけるILC への継続的な関⼼は,⽇本政府の最初の公式⾒解として⾼く評価されている。世界の研究者は,⽇本の国会議員の⼒強く絶え間ない⽀援に感謝している。加えて,我々はこの会議の全期間を通じて,⽇本特に東北地⽅のコミュニティ,産業界から,ILC 実現への強い⽀持と熱意を感じた。
我々はILC の成功に向けて⼒を尽くす。
ILC の科学的重要性,その技術的成熟度,及び⽇本におけるILC 実現への強⼒な⽀援に鑑み,仙台でのLCWS2019 に参加している国際コミュニティは,ILC に取り組む世界中の仲間と共に,ILC の建設及び科学的探求を国際プロジェクトとして推進することを改めてここに誓う。

LCWS2019 に参加している科学者
リニアコライダーコラボレーションを代表して


・国内では2月中に文科省が「学術研究の大型プロジェクトの推進に関する基本構想 ロードマップの策定」の2020年版(現在は2017版が最新)、いわゆるマスタープラン2020にILCが記載されるかどうか。

・それを受けて政府がILCを国際プロジェクトとしてのホスト国として名乗りを上げるかどうか(ここまで行けば理想だが、おそらくそこまでは至らないだろうというのが私の見解)

・海外では5月に策定される「次期欧州素粒子物理戦略」にILCが記載されるかどうか。

というのが決定までの越えなければならないプロセスになっています。文科省は現在開会している通常国会で令和2年度の予算要求として2億円をILC関連で予算要求していますので大きく道を外れることはないと思われます。
posted by 飯沢ただし at 23:54| 岩手 ☀| Comment(0) | ILC 【東北から世界に発信!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

黄海川治水対策勉強会

標題の会が一関市藤沢町黄海地区住民自治協議会の主催で開催され、ご招待を頂戴しまして私も参加をしてまりました。

DSC_3081x.jpg


DSC_3080x.jpg


黄海川は上流ダムが整備されて水量調整がされてはいるのですが、本流以外の河川からの流入量が多く中流から下流地域は常時水害に悩まされています。平成14年7月の台風6号災害が過去最大の降雨量(183mm)ですが、最近は温暖化によるゲリラ降雨が頻発しており、いつ何時洪水被害に遭遇するか分からない状況にあります。

平成24年11月には国において「北上川水系河川整備計画」が出され北上川流域地区においては輪中整備等による整備が図られました。ところが北上川からのバックウォーターによる被害が過去に頻発している川口地区等においては黄海川最下流部に水門設置を要望していたところでしたが、国の計画には盛り込まれませんでした。

その後、平成29年3月に黄海地区住民自治協議会では治水対策部を設置し、1500名の署名を携えて要望活動を展開したところ、平成30年には国が危険個所の調査を実施、令和元年には堀切橋下流部の3haの樹木を国が伐採、一応の対応はされているとの報告がありました。

DSC_3079x.jpg


伐採後の土地利用については地元の畜産家と調整して草地として活用する方向であるとの報告もありました。

私は次の予定があったので肝心の国交省岩手河川事務所からの今後の整備の方向性については直接聞くことができませんでしたが、後刻、参加された方からの情報によると、国が水門設置には消極的であるとのことで危険排除に関しては今後も継続して行うとの説明のようでした。


今回は北上川水系を中心にした治水対策勉強会でしたが、県管理である黄海川の築堤増強による用地確保やこれから予定されている基盤整備事業との兼ね合いや並びに県道補修等の複合的な問題があり、私にとっては今後とも密に情報を繋いだり、県への提言などやらなければならない仕事は山積していると改めて再認識致しました。

posted by 飯沢ただし at 23:53| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月24日

質問なしの怪挙

本日は年に一度開催される「北海道・東北六県議会研究交流大会」に参加するため福島市まで行ってまいりました。過去ブログをチェックすると、この研修会に参加するのは2017年以来の3年ぶりのようです。

基調講演は、株式会社ライフブリッジ代表取締役の櫻井亮太郎氏による「広域連携によるインバウンド観光の促進」について。
櫻井氏は観光DMOと直接関わっている方ですので生のデータによる東北インバウンドの可能性と方向性について的確な示唆を与えてくれました。

私が参加した分科会では「地域資源を活かした地方創生」について各道県から事例発表がありました。

DSC_3075x.jpg



各県とも人口減少社会を見据えて戦略的な取り組みをされていました。

DSC_3074x.jpg

【秋田県の中山間地支援の具体策】


特に質問が集中した青森県は、何を軸にこれから進もうとしているかプレゼン資料を見ただけでも伝わってきます。

DSC_3076x.jpg


県とヤマト運輸が構築した青森県独自の新たな流通サービス「A!Premium」は目を引きました。
これは県が財政負担をしてまで物販のリードタイムを短縮させて競争力をつけるというもの。翌日午前中に到着するサービスエリアを西日本まで拡大可能にしたサービスです。青森県の物流距離の弱点を企画で補うといった試みはすばらしい着眼と行動力と感心しました。さすが物販を生命線とした青森県の覚悟がビンビン伝わります。


さて、肝心の本県の発表内容ですが、「ラグビーワールドカップ2019岩手・釜石開催について」でありましたが、将来の課題認識が他県と比べて明らかに薄い内容でプレゼン資料も貧弱。誰に見せよう(魅せよう)としているのかといった内容でした。3年前のブログにも同様の指摘をしましたが、何の改善もされていません。その証拠に本県への質問はゼロ・・・

かつては東北の中でも新しい試みをしてきた本県の姿はどこにいってしまったのでしょうか。

基本的な資料作成の基本、主体と客体から正していかないと・・・このままでは地域間競争にどんどん取り残されていってしまいます。岩手県にそういった危機感は残念ながら感じられません。
posted by 飯沢ただし at 23:56| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする