2018年08月20日

金足農旋風、決勝までも

第100回夏の甲子園大会に熱い旋風を巻き起こしている秋田県代表、金足農業高校。
準々決勝のサヨナラツーランスクイズは痺れました。

さて、今大会で高校野球校歌フリークの私を十分に魅了させてくれているのも金足農高の校歌です。反り返って全力で歌う金農ナインの姿が注目されていますが、歌自体もすばらしい!!!

DSC_1070x.jpg

作詞:近藤忠義 作詞:岡野貞一

可美しき郷 我が金足
霜しろく 土こそ凍れ
見よ草の芽に 日のめぐみ
農はこれ たぐひなき愛
日輪の たぐひなき愛
おおげにや この愛
いざやいざや 共に承けて
やがて来む 文化の黎明
この道に われら拓かむ
われら われら われら拓かむ


私が特に好きなのは
農はこれ たぐひなき愛、日輪のたぐひなき愛の部分

自然の恵みと農の営みを人間愛によって包み込み、全体は農と共に前進する意思を壮大なスケールにて表現した素晴らしい詩と思います。
ちなみに作曲者は「春の小川」や「春が来た」を作曲した有名な方だそうです。


さて、明日は決勝戦。相手は二度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭高校です。相手は百戦錬磨で確かに強い、
でも、
全国の農業高校、いや公立高校球児の期待、もちろん初の優勝旗を東北へ悲願を達成して欲しいです。

DSC_1074x.jpg


連投の吉田投手の疲労が心配ではあります。
posted by 飯沢ただし at 23:57| 岩手 ☁| Comment(0) | My Boom【密かなマイブーム】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

釜石はハートフル

鵜住居復興スタジアムのキックオフイベントに行ってきました。

DSC_1061x.jpg


メインのゲームはー14時キックオフなのに、私が到着した12時にはほぼスタンドは満席。
バックスタンドに陣取りスタジアムを見上げると山の緑の背景が新鮮。国内でもこんな緑に囲まれたラグビー場は例がないのではないかと思います。

スタンド全体から受ける印象も華美でもなく質素過ぎてもない。何しろ集まって来ている人たちが玄人のラグビー好きばかりだから雰囲気がいい。こんな心地良いスタジアムはワールドカップが始まったなら評価が高まることは間違いないでしょう。

DSC_1057x.jpg

よくぞここまでたどり着いたと感慨がしみじみ。それには釜石を想ういろいろな人たちの助力があってこそ。特に最期の建設予算の詰の段階での総務省から岩手県庁に総務部長として着任していたK氏の尽力は私は決して忘れません。


新日鉄釜石と神戸製鋼のV7マッチがプレゲームとして組まれました。松尾も林も大八木も楽しそうにプレイをしていました。神戸製鋼のOB選手はこの日のために日帰りで来た方もいたとか。ラグビーの絆は本当に強い。観客もそれをよくよく知っているから一緒に楽しむ余裕があるのです。選手にかける温かい声援が耳触りがとてもよい。

DSC_1058x.jpg


鵜住居スタジアムの前にかつてあった鵜住居小学校にいた釜石東中生徒の合唱には思わず涙がこぼれました。まだまだ非常時は続いているがラグビーと一緒に立ち上がっていこうという気持ちがこもっていました。


秋の訪れを告げるような涼風に当たりながら、とてもいいスタジアムの落成式を見せてもらって感謝、感謝です。
ラグビーワールドカップ2019釜石大会は絶対に成功に結びつけましょう!
posted by 飯沢ただし at 17:25| 岩手 ☁| Comment(0) | The Events  【各種催物】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

リスクを取らんかい!

私は過去直近2度の選挙戦でILC実現を目指すことを公約の第一に掲げ、現在も活動している。


実現するかどうか確率も読めない公約を掲げたことは自分に対するリスクも承知の上で行っている。
それはこの地域にとってILCは有益であると判断したからであり、情報を知り得る最先端の身分である政治家の役目は将来に夢をつなぐことだと確信している。

研究者や識者の意見を聞くだけでなく施設の安全性や環境変化、研究施設の持続性についても自ら単身でCERNやSLACなどにも調査し理解に努め、このブログでも視察に関して情報発信してきた。
また、実現に向けてPSG主催の講演会や勉強会も複数回主宰して研究者と疑問のある聴講者とのやり取りの時間も十分に確保することにも留意して行った。

私には一部で報じられている行政の説明が足りないとか、今になって広報の仕方がどうやらとか生温い考え方にはまったく理解できない。

なぜならILCが世の話題となり約8年になる。
なぜこの間、疑問があったらなぜ主体的に調査し行動に起こしてこなかったのか!議論が未熟ならなぜ自ら進んで場を設定する努力をもしなかったのか!


未熟な不安要素を並べ立て、風聞だけで危険性を煽るやり方に対しても許しがたいものがある。


反対論陣を張るなら自らのリスクを背負ってからやるべきだ。
posted by 飯沢ただし at 23:57| 岩手 ☀| Comment(0) | ILC 【東北から世界に発信!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

科学的根拠ある議論を!

「ILC誘致を考える会」

主宰者の説明文書によると「ILCを考える会」は(子どもたちが学習しているのに遅れをとったと感じる市民による〜ILCを市民の立場から考える会)が講演会を開催した。

後援:一関教育委員会、平泉教育員会、岩手日報社、岩手日日新聞社、ICNケーブルネットワーク

と記載してある。去る7月28日(土)に開催された講演会を元にこの団体の代表者らがILC誘致反対の意見書を日本学術会議に提出したと報道されている。


私はILCを推進する立場ではあるが意見の多様性は排除はしない。しかし、人それぞれにいろいろな考え方があるとは思うが、新聞報道の内容を見ると

・県や一関市の誘致運動で事業に伴うリスクやコストについての説明が不十分
・立地地域の財政負担についての説明がない
・県境変化への不安、跡地利用についての不安
・子どもたちを活用した広報のあり方
・東日本大震災からの復興のために論じられている

の懸念を挙げたとされている。

大変申し訳ないが、反対論陣を張るには反対の根拠となる科学的根拠明らかにした上で行うべきであると考える。不安要素を並べて思惑だけで時期早尚と結論付けられているのは違和感を禁じ得ない。また、行政の説明不足を挙げているが私自身の活動を含めて8年以上にも及ぶ説明会が幾度となく開催されている中で、ご提案者の方々がどれほど学習していたのか、この期に及んでという疑問はぬぐえない。


まず最初に山下了先生や吉岡正和先生の講義をよくよく聞いてから判断し、科学的根拠をもって議論を戦わせるのが筋であろう。


後援された団体、メディア各社も「ILC誘致を考える会」という名前だけで判断されたのではないか・・・・・・あくまで想像であるが・・・・
posted by 飯沢ただし at 23:58| 岩手 ☁| Comment(0) | ILC 【東北から世界に発信!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月04日

膿は出し切れ!!!

DSC_0993y.jpg


出資法人等調査特別委員会でIGRいわて銀河鉄道を調査視察した、その当日の夕刻にこんな恥ずかしい不祥事事案が発生😠😠😠

ご当人は同社の広報担当で我々の調査時にも居たのです。なんと情けなや・・・


君は新社長に期待する私の話を聞いてなかったのか!!!


この際古い膿は出し切って、とにかく人心を一新してやって頂きたい!!
posted by 飯沢ただし at 23:52| 岩手 ☁| Comment(2) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

県議会で防災士取得を目指す!

メディアで既報されていますが、岩手県議会で防災士を取得することを目指すことになりました。

このことは県議会消防議員連盟において今年度の活動に決定されていたもので、10月に下旬に取得に向けた日程が具体化されたので公表されました。
昨日は防災士の役割について、防災の分野では著名な岩手大学名誉教授の齋藤徳美先生から「改めて見直される防災士の役割」と題した講演会が開催されました。

DSC_0991x.jpg


先生のお話でインパクトが大きかったのは

昭和の津波以降、考えられる対策はすべて実施したにもかかわらず

岩手県の死者・行方不明者 6,000名、全国での死者・行方不明者20,000名

何がまずかったのかを検証し、対策を講じないと再び災禍に見舞われる、現在にこいても不十分である。

その象徴的事例が「大川小学校」「鵜住居防災センター」「大槌町旧役場庁舎」


この中に一人でも防災士がいれば、大災禍は免れた

と先生は説明します。

その心は防災士の心得を知識を擁していれば「即座に安全な高台に逃げろ!!!」となったはず。

DSC_0992x.jpg


日本に頻発する災害から命を守るためには社会を構成する鍵となる団体の誰かが資格を取り、連携をしていくことが必要と先生は説きます。

今回の県議会議員の多くの議員が取得をすることにより県内の市町村などに取得をするきっかけとなるかもしれません。

私にとって資格を得る講習会は30年位前に行政無線の資格を取って以来。二日間の座学に耐えて頑張ります。
posted by 飯沢ただし at 23:41| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

共同議連(岩手・宮城県議会)でILC要請活動

昨日、宮城県議会と岩手県議会のILC推進共同議連で要望活動を行いました。
私も役員となっておりましたので出席してまいりました。

総理官邸にて西村康稔 副官房長官に、自民党本部にて塩谷立 ILC建設推進議員連盟幹事長に対応して頂きました。

DSC_0968x.jpg


佐々木議長のはからいによって私から西村副官房長官に対して、地元としての取り組みやILCが21世紀の環境の世紀にふさわしいプロジェクトとして迎え入れる用意があることを申し上げる機会を頂きました。

西村副官房長官からは、財源の捻出が課題であることを上げられて別枠での予算スキームが可能かどうかをチームで検討中であることを述べておりました。

DSC_0969x.jpg


塩谷ILC議連幹事長からは

💡国家プロジェクトとして認めてもらえるよう情報発信の仕方を工夫しているところ
💡超党派議連としての活動は維持しつつも、党内での「決議」を上げるべく動き出しているところ
💡予算については別枠で確保できないか検討しているところ


と具体的な話を聞くことができました。

昨日の日経新聞の記事については川村議連会長から即座に対応を行ったとの発言もありました。
かなり国会議連における活動は拍車がかかっている印象でありました。

その後、本県選出の国会議員の事務所を回り、要望書を手渡したのちに宮城県自民党県j議団の御計らいによって防衛省を訪問しランチに690円也のカツカレーを食し、小野寺五典防衛大臣の大臣室(ご本人は訪露のため不在)に行く機会を頂きました。

DSC_0970x.jpg



欧州の加速器建設計画の策定が始まる12月18日がデッドエンドと言われる中で政府に決定をしてもらうためにこれからもできることは精一杯行ってまいります。
posted by 飯沢ただし at 00:57| 岩手 ☀| Comment(0) | ILC 【東北から世界に発信!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

煮詰まってきた感はある・・・

次世代加速器、誘致に壁
宇宙誕生の謎に迫る 5000億円どう捻出、見合う成果難しく

(2018/7/30付 日本経済新聞)
 
  宇宙誕生の謎に迫る次世代巨大加速器「国際リニアコライダー(ILC)」を国内に誘致する構想の雲行きが怪しくなってきた。日本学術会議が議論を本格化し、それを基に文部科学省が年内に誘致に名乗りをあげるかどうかの結論を下す。ただ厳しい財政状況の政府は容易にゴーサインを出せない。実現には「2つの壁」が立ちはだかり予断を許さない状況だ。


 ILCは地下のトンネル内で電子と陽電子を光速で飛ばしてぶつけ、138億年前のビッグバンに近い高エネルギー状態をつくる。万物に質量を与えるヒッグス粒子を生み、崩壊する様子を詳しく調べることで、物質や宇宙の起源を探る。

 日米欧が共同で建設を目指しているが、現時点では日本だけが建設地に名乗りを上げようとしている。もし日本で実現すれば岩手県内が有力。誘致した場合は、海外から多くの研究者の来日が見込める一方、他国より負担金額が増える。建設費約5千億円をどうまかなうかが最大の課題だ。


 誘致構想の表明は年内が期限とされる。欧州は2019年から素粒子研究の中長期プロジェクト計画を見直すため、越年すれば時間切れとなり、この計画に載らない。欧州が加わらなければILCの建設は進まない。

 学術会議の山極寿一会長(京都大学学長)は26日記者会見し、ILCの国内誘致に関して審議を開始することを明らかにした。ノーベル物理学賞受賞の梶田隆章東京大学教授ら専門家で構成する委員会を設置し、期待される科学的成果などについて精査する。

 山極会長は「科学研究の位置づけについて早急に審議する」と説明。ILC計画を推進する研究グループが求める「年内の結論提示」には間に合わせるとみられる。専門家会合は8月10日に1回目の会合を開く予定だ。

 学術会議は、誘致について13年に「時期尚早」とする報告書をまとめている。その後、文科省は有識者会議を設置してILCの妥当性について議論を進めてきた。ILCを推進するグループも装置の直線距離を当初計画の30キロメートルから20キロメートルに短縮し、建設費を3千億円ほど圧縮して5千億円台に見積もるなど、実現可能性を示した。

 文科省の有識者会議は7月にまとめた報告書で誘致について結論を出さなかった。これを受け、科学コミュニティーの代表である学術会議に誘致の妥当性を改めて審議するよう依頼。学術会議で科学的成果の妥当性や優先順位を議論してもらい、その結果を尊重して政策判断をするという通例の手続きになる。

 問題は予算だ。仮に学術会議が誘致にゴーサインを出した場合も、日本の既存の科学技術予算の枠内では建設費などの負担金を捻出できない問題がある。他の科学技術プロジェクトにしわ寄せが行くのは確実だ。

 実現可能性は不明だが、震災復興予算を活用する案などもくすぶる。別枠での予算確保を含めて様々な思惑が交錯しており、一部の議員からも既存の枠組みにとらわれない予算対応の必要性を訴える声が出ている。

 超党派の「リニアコライダー国際研究所建設推進議員連盟」で会長を務める河村建夫元文科相は「科学技術予算にしわ寄せがいかないようにしないといけない」と話し、塩谷立元文科相も「別枠で考えていく必要がある」と指摘する。東京大学の山下了特任教授は「複数省庁にまたがってプロジェクトを実現してほしい」と省庁横断の対応が重要との考えを示す。

 もう一つの壁は、科学的な意義を問う声が根強く残る点だ。

 ILCの活用で最も期待されるのはヒッグス粒子の精密観測だが、装置をコンパクトにして得られる成果は限られてしまい、新粒子発見など研究者の誰もがノーベル賞に値すると太鼓判を押せるだけの成果が出る可能性は極めて低いというのが関係者の見方だ。

 最初に直線20キロメートルで作った場合も、後から延長することは容易との説明があるが「予算規模に見合った科学的成果は期待できない」(文科省幹部)との指摘がある。

 元学術会議会長の黒川清・東京大学名誉教授は「資金面で(日本の負担が)期待されているだけで、装置を使いこなすことはできない」と誘致に厳しい意見だ。

 大型実験装置の建設には莫大な費用がかかる。各国は財政難から巨大科学への投資に慎重で、国際協力の形を取らざるを得ない。日本がILCを誘致すればプロジェクトの主導権を握れるが、科学技術の予算は限られる。

 科学的な意義と費用対効果をてんびんにかけ、どう最終的な結論を導き出すのか。科学者コミュニティーによる主体的な関与も重要になる。


かなり反対派の研究者に偏った意見を記事にしたようです。20キロにしたステージングは研究者によって機関決定されたことです。「見合う成果難しく」という副題にはちょっと違和感を禁じえません。記事に書いてある装置を使いこなすことができない日本の研究者なんて逆に存在するのでしょうか???よく取材して書いて欲しいものですな。

それでもこうして具体的にお金の話がメディアから出てきたといういことは課題が絞られてきたとも言えるでしょう。

posted by 飯沢ただし at 14:23| 岩手 ☀| Comment(0) | ILC 【東北から世界に発信!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

他場も着々と

岩手競馬振興連盟で高知競馬を、岩手県競馬組合議会で兵庫県園田競馬場を視察しました。

JRAのIPATやSPAT4(南関東競馬場の電話投票システム)の地方競馬へのシステム解放により瀕死に喘いでいた地方競馬は一気に息を吹き返しました。その模範例が高知競馬と園田競馬という理由で視察対象となりました。

DSC_0905x.jpg


高知競馬は一時は88億円もの累積赤字を計上し、存廃の窮地に追い込まれましたが起死回生を狙い通年ナイター興行を断行しました。ネット販売環境に最も適した競馬場になったことで今では売り上げの90%はネットによるものとなっています。売り上げが急速に増加している近年でも累積債務の返還よりも既存施設の再投資や新たなファン獲得のためのサービス向上に利益が充てられています。ニッチなサービス提供が特徴的で女性専門ルームの創設は画期的です。

DSC_0904x.jpg


兵庫県競馬は赤字になったのは2期のみで累積赤字はないものの、岩手と同様に2場体制(園田と姫路)を取っており、なおかつ西脇トレセンを保有しているため経費高になっているのは否めません。ネット販売依存率は75%。近年の利益が出た分はやはり園田競馬場、姫路競馬場の再投資に優先的に向けられています。内装をリニューアルしただけでなく御座敷ルームやグループ用のルームのスペースを作り場内ファンサービスにも力を入れていて、以前に訪問した時の園田競馬場とは見違えるほどきれいになっていました。

DSC_0941x.jpg


高知、園田ともキャッシュレス販売に力を入れており、人件費削減の効果を狙っています。

DSC_0940x.jpg



ネット販売解禁による売り上げ増がどこまで続くかどこの主催者も見通せない中も着々と手を打ってきていることが窺い知れました。

岩手県競馬組合に対して「現場に必要な個所にお金が回っていない!」としつこく意見を競馬議会で述べてきて最近ようやくその方向性が出てきましたが、まだまだ工夫が必要なことがよくわかりました。中長期的な戦略経営をしていくためには単年度の存廃ルール見直しも検討すべき時期にきていると感じました。
posted by 飯沢ただし at 01:04| 岩手 ☁| Comment(0) | My Inspection 【視察日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

オヒシバ地獄

異例のコースを進んでいる左回りの台風は我が地域には大きな影響は受けませんでした。しかし台風の進路となる西日本地方の皆様には度重なる豪雨にお気の毒です。被害がでないことをお祈りいたします。

夏になると雑草駆除に腹が立つほど悩まされます。温暖化や震災後に外来種の牧草が輸入されたのが原因か繁殖力の強い雑草が猛威をふるっています。
我が家の庭の環境も数年前の雑草とは一変しました。繁茂している雑草はタンポポ、シロツメクサなど各種ありますが、現在とんでもない奴が増殖中です。

その名は「オヒシバ」

DSC_0963x.jpg


やっかいなことに根は深く、刈ってもすぐに成長します😠

DSC_0964x.jpg


煉瓦ブロックのわずかな隙間にも入り込んで繁殖します。

こんなやつらがはこびってしまい毎日のように草刈作業をされている農家の皆さんには本当にお疲れ様です。
posted by 飯沢ただし at 11:30| 岩手 ☁| Comment(0) | Beauties of Nature【花鳥風月】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする