2018年01月28日

岩手からもっといい情報を!

先週は23日(火)〜25日(木)まで総務常任委員会の県外視察で高知県と香川県に、そして四国から羽田に帰った足で「いわて牛の日」東京での前夜祭に参加。翌26日(金)は(一社)国際政策調査会(PSG)に訪問し、さらに増田寛也氏と久しぶりの面談と充実した出張の時間を過ごしました。

PSGと増田氏への主な訪問目的はILCの進捗について確認することでしたが、先の1月8日〜11日まで訪欧した成果を具体的に聞くことができて実のある訪問でした。フランス・ドイツの研究者とはかなり突っ込んだ話となったようで今後のいい流れとなったようです。矢継ぎ早に2月、3月と関係者が来日、訪欧(特に次回はイギリスやイタリア、スペイン)と会合を予定していると聞きました。ILCに関してはバックにギアが入ったような報道がされなくなってきましたから実現に向けての期待が膨らんできましたが、現況をしっかり確認できました。

ちょうど増田氏を訪問したときの先客が東京大学の山下先生だったようで、ILC実現に関して官民でいろいろと動き出す仕掛けも始まるようです。

それにしても研究者同志では思いは同じといえども、さらに前に進めるためにには意思を確認する作業の手間のかかりようは大変なものだと国際間の意思疎通の大変さを再認識した次第。


ILC以外でも岩手の情報発信の仕方について話が出ました。最近岩手からいい話が出て来ないだよねという率直な感想は身をつまされました。知事をサポートす広報室ちゃんとアンテナめぐらして聞いてるかい?

「いわて牛の日」、のんさんと達増知事との対談、全く話がかみ合わず何を狙ったんでしょうとの声があちこちに。自己満足で終わっている情報発信の仕方、もう限界を超えています。
posted by 飯沢ただし at 23:59| 岩手 ☁| Comment(2) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

競馬関係者との懇談会

私が会長を務めている県議会の超党派の議員連盟「岩手競馬振興議員連盟」(会員40名)ではシーズンオフの期間に競馬関係者から意見を聴取する会を実施しています。昨年に引き続き二回目の開催で水沢競馬場と盛岡競馬場それぞれに本拠にする厩舎があるため先週の月曜日(水沢)と昨日(盛岡)に今年度分を実施しました。

DSC_0310x.jpg

【盛岡会場の様子】

昨年は、走路整備、厩務員不足、騎手の騎乗手当、賞典費等について課題を投げかけられましたが、今年も意見交換のなかで明らかになったのは昨年に引き続き現場に横たわる問題点は慢性化しており、このまま抜本的な手を打たないと人員不足から現場が麻痺して競馬事業そのものが物理的にできなくなるという危険性をはらんでいるということがより明確になったことです。

さらに今年は売り上げ増を見込んで盛岡競馬場の薄暮開催を増やす番組編成を競馬組合は予定しており、厩務員等の労働環境はより厳しくなることが予想されます。厩務員は調教師との雇用契約ですから、組合は直接的に関わっていないのですが、理想的なタイムシフトなどモデルを示しながら労働環境の均一性を保ち、質を上げる取り組みを組合主体的に動かなければ新しい若い人材はこれからも定着していかないと考えられます。

根本的な問題は、単年度で赤字が出たら即廃止という存廃スキームが今や中長期的な経営計画を推進する上で足かせになっている点。赤字が出ないように安全な予算を組み、投資的な予算配分が限定的になっている現状では上記の諸問題は解決できません。この問題については存廃問題から10年を経過し、新たな課題が多く出ている現状から鑑みて再考する必要性を私は今回の意見交換会でより強く感じました。

現場の必要なところにお金が回っていない。このことを誰もが認識し、前に進めていかないといけません。管理者である知事はこれまで競馬議会でこれらの解決策に言及したことはなく、岩手競馬を財政競馬という切り口だけで判断するようならば、岩手競馬の未来は希望郷の範疇には入ることはないでしょう。
posted by 飯沢ただし at 04:28| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

五輪の政治利用はシラケる

五輪大好きな私であるが、今回の平昌冬季五輪に関しては高揚感が湧かない。
地元の東山町から岩渕麗楽(れいら)選手がスノボ女子スロープスタイル、ビッグエアで出場濃厚というニュースがあるにもかかわらずである。もちろん岩渕選手には頑張ってもらいたいのだが。

何といっても北朝鮮の政治利用があまりにも目に余る。北朝鮮の揺さぶりに韓国の文大統領がまんまとその戦略に乗っかってしまっている。特に女子アイスホッケーの合同チーム編成ということが大会前一か月に決まるなんて信じがたい。それは現場の選手や監督が混乱するだけである。これまでも朝鮮半島をシンボルにした開会式の入場の例はあったが、あくまで入場式だけであった。合同チーム編成が南北融和に直結するなどという考えは政治のエゴの何ものでもない。開催国の国旗が出て来ない五輪は考えられるだろうか。はたして韓国の国民の支持を得ることはできるのであろうか。

tokyo1964.jpg

【1964年の東京五輪開会式の入場。東西ドイツは統一ドイツで参加したが、合同チームはなかった。】

開催国なら何でも通ると思ったら大間違い、IOCは合同チーム編成にあたり他国との不利益にならないように特別枠でチームの員数増を認めることはして欲しくない。

それにしても北朝鮮の時宜に応じたしたたかな外交戦術には舌を巻く。平昌五輪なのか平壌五輪なのか区別がつかなくなっているとの論説も当たらずも遠からず。

いずれにしてもソウル五輪の時のような気に入らない判定に停電で抗議するような事件が起こらないように大会の平穏無事祈るばかりである。
posted by 飯沢ただし at 23:46| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

2020年代はいよいよ正念場

インド車市場、独を抜き中米日に次ぐ 17年400万台
【2018/1/11 23:30日本経済新聞 電子版】

 世界の自動車市場で新興国が台頭している。インドの2017年の新車販売台数は401万台となり、ドイツを抜き世界4位に浮上した。20年にも日本を抜くとみられる。世界最大の中国市場では17年、電気自動車(EV)などの販売が約5割伸びた。新興国の自動車市場は台数増加だけでなく技術革新でも世界の主戦場となりつつある。

 インド自動車工業会(SIAM)が11日発表した17年12月の販売は前年同月比14%増の32万2074台だった。17年通年は前年比10%増の約401万台となり過去最高を更新した。

 インドの人口は世界2位の約13億4000万人で若年層比率も高い。英IHSマークイットの予想ではインド市場は今後も年率1割近い成長が続き、20年にも日本を抜き世界3位に浮上する。

 インドの自動車市場は10年で2倍になった。背景には経済成長に伴う所得の拡大がある。世界銀行によるとインドの16年の1人当たり国内総生産(GDP)は約1700ドルで07年(約1020ドル)に比べ7割増えた。


生産台数がすべてではないが、中国もEV生産に大きく舵を切っている状況を鑑みれば、アジア大国2国の台頭は我が国をこれまでけん引してきた自動車産業に依存する体制を大きく揺るがすものとなっていることが証明された。2020年代の見通しはいまだ不透明である。

本県も他県との地域間競争を打ち勝つためには次期総合計画に基幹産業の位置づけ、産業振興策を具体的に書き込むことはもちろんのこと確実なアクションプランを示すことは必須である。
posted by 飯沢ただし at 23:55| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

新年に気持ちも新たに

昨日の一関市の賀詞交換会から地区ごとの新年交賀会がスタートです。

4日(木) 一関市
5日(金) 大東町大原、大東町曽慶、平泉町、千厩町千厩
6日(土) 大東町渋民、川崎町、大東町猿沢(代理)、千厩町磐清水、千厩町小梨(代理)、室根町
7日(日) 大東町興田
8日(祝) 大東町摺沢
9日(火) 東山町 

9日までは以上のような日程です。
今年は6日がピークでして時間がかち合い、代理で失礼する地区もあります。
地区の皆さんと直にお話する機会は貴重ですから、限られた時間を有効に使いたいと思います。

DSC_0280x.jpg

【奥玉小の卒業生が記念に創作したILC幟を背景にして】

昨日の一関市長のあいさつはなかなか示唆に富んだお話でした。

平安時代〜鎌倉時代の800年は貴族が社会を治めた。鎌倉〜江戸時代の800年は武士が社会を治めた。江戸時代〜現代の800年は役人が治めた。これからの800年は市民が主役の時代である。市民の公僕たる役人は行政サービスの感覚を研ぎ澄まさなくてはならない。

我が国の民主主義は欧米諸国と異なり自らの手で勝ち取った民主主義とは異なりますから、市民という感覚も、いわゆるシティズンという本質的な意味での市民で使われていません。特に明治維新以降は中央集権を徹底させて国力を方針はいまだに変わっていませんから、市民の責任という観点がどうしてもぼやけてしまいます。親方日の丸根性が抜けない潜在意識が未だにあります。特に国政政党の野党にその傾向が強いと私は感じています。

市民としての納税者の責任と義務。政治への参加意識。これらを啓発するのは政治家の仕事でもあります。

市長のお話を聞いて改めて意識を呼び起こさせてもらいました。精進します。

posted by 飯沢ただし at 01:29| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

56歳になりました!

作日FB等でお祝いメッセージを頂いた皆様、誠にありがとうございます。
2018年1月3日で56歳になりました。
これまで支えて下さいましたすべての皆様に感謝申し上げます。

10_route-56-logox.png


今日は誕生日恒例の家族と友人で水沢競馬場での初打ち会を二年ぶりに挙行しまして、岩手競馬の売り上げに微力ながら貢献させて頂きました。今日の首尾は上々で気落ちが荒むことなく帰宅をしました。

56歳になった感慨はほとんどありませんが、もうすぐ還暦という現実が迫ってきております。やはりこの位の年齢になりますと同級生でもご両親の健康問題が話題になることが多くなり、時の刻みの冷酷さを身にしみることとなります。

いずれに致しましても健康で過ごすことが一番なのですが、2日の昼食に海苔モチを食べ過ぎまして消化不良をお越してしまい、昨晩は上から下から大騒ぎでありました。昼頃には何とか持ち直して競馬場まで行けたのですが、内臓の弱体化は否定できずもはや無理はできないようです。

今年は県議も4年任期の3年目にあたりますので、こちらの活動もさらに気を引き締めていきます。どうぞよろしくお願い致します。
posted by 飯沢ただし at 00:09| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

恭賀新年2018

新年あけましておめでとうございます!
今日の県内は天候もまずまずで清々しい気持ちで皆様新しい年をお迎えのことと存じます。

平成30年。そして平成の御世もあと1年と4か月あまりです。振り返りはまたの機会にして、戌年にちなんで「ここ掘れワンワン!大判小判ザックザク」の気持ちで明るく前向きに活動したいと思います。

FH000006x.jpg

【モモもしっかり見守ってくれてな!】



♪心の中に道がある
未来へ続く道がある
瞳の中には地平線
いつも新しい夢がある
走ろうじゃないか もっと遠くへ
運ぼうじゃないか 豊かな今日を
陽が昇る 空が燃える
世界が目覚める
元気に行こう 元気に行こう 夜明けの仲間たち♪



FB友達の金野さんから紹介された曲「夜明けの仲間たち」
かつて深夜のラジオ番組のエンディングで流れていた曲です。久々に聞いてちょっとなぜか涙が出てきて、そして元気をもらいました。今年はこの曲イチ押しで自分も頑張ります!
posted by 飯沢ただし at 19:02| 岩手 ☔| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

平成29年さようなら!

平成20年代も今日で終わりですね。
今年もいろいろなことがありました。新しい出会いや心ときめく再会、そして悲しい別れも。私自身が人生悲喜交々を感じる年代に入っています。
年齢を重ねるにしたがってお別れの機会が多くなっくるのは自然の流れとして受け止めるしかないと覚悟していますが、やはり別れはつらいものです。
しかし、時は非情にも確実に刻まれていきます。(紅白に出演した同じ年の松田聖子の衰退ぶりを見るのも辛い)それに最近は時の流れがグングン加速度がついてきているような気がします。

ということで教訓その1。
「やるべきことは思いついたときにすぐに実行!」
後回しはどんどん溜まるだけです。来年はこれを克服するよう努力したいと思います。

さて、あと約1時間で平成30年です。そしてあと1年余で元号も変わり、いよいよ2020年代へカウントダウンです。生産年齢人口の急減とAIの導入。これだけでも社会が大きく変わります。と同時に人の価値観も変容していく可能性がある。合衆国のトランプ大統領の誕生がその前兆のような気がしてなりません。
これらの変化とはすなわち、今までの成功体験が通用しなくなる。ガルブレイスが予見した不確実性の時代よりもっと複雑怪奇な時代がやってくる。一方、妙に単純な自分に都合のいい意思決定されるような風潮も散見される。これから次世代の社会を構成する私たちの人間力が試されることになります。


みずほ総合研究所の堀江奈保子氏は「人口減少と高齢化で労働参加率が今後上昇する余地は限られており、20年ごろには減少に転じるとみるのが現実的」とみる。失業率や各年齢層の労働参加率がほぼ変わらないと仮定して推計すると、25年に就業者数は6000万人を割るという。

 働く人の数が減少し始める中で成長し続けるには、従業員1人当たりの付加価値(労働生産性)向上が必要になる。日本生産性本部によると、16年の1人当たり労働生産性はOECD加盟35カ国の中で21位にとどまっている。 人手不足を受けて企業は省力化の設備投資を増やしている。リクルートワークス研究所によるとAIや機械による労働の代替が進んで労働力が余り、今は24年ぶりの低水準にある失業率が25年までに再び大きく上がる可能性がある。 多くの企業では余剰人員が生まれるため、より成長性の高い分野に人が転職しやすい市場を整備すれば、人材難を緩和できそうだ。より少ない人数で多くの付加価値を生み出せるようになれば収益力は落とさずにすむ。
(日本経済新聞電子版より抜粋)



話は急に変わって最近気になる防衛問題について。中国の軍備強化と東シナ海への進出と北朝鮮のミサイル脅威への対応は急を要します。私は、机上の空論ではなく現実的な対応が必要と考えます。政府は、地上配備型の新たな迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の 導入を決定しました。北朝鮮が昼夜問わず弾道ミサイルを発射する中、常時警戒できる態勢を整えるものです。また、護衛艦いずも型の空母化の構想も発表されました。我が国を守るためこのような装備強化は当然です。小野寺防衛大臣の手腕に大いに期待します。

話が取りとめのない方向に行ってしまいましたが、まずは心身ともに健康であることが一番なことを再認識した年でありました。五十肩に悩まされ、7月は熟睡することができない日が続きましたが、今は治療のおかげでだいぶ回復しました。11月には2回も風邪を引いてしまいました。こんなことのないように来年は免疫力をばっちりつけたいと思います。

来年もこのブログで情報発信を継続していきますので、変わらぬお付き合いをよろしくお願い致します。

今年1年のご愛顧に心から感謝申し上げます。
posted by 飯沢ただし at 22:55| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

達増知事に「いわて県民クラブ」が政策要望

昨年は12月議会中に行いましたが、日程の都合で26日(火)に平成30年度予算編成に合わせて「いわて県民クラブ」の政策要望を行いました。

P1050131x.jpg


項目は大項目が9つ

1)東日本大震災からの復興について
2)人口減少・少子化対策について
3)若者支援について
4)地域医療の確保について
5)教育の向上について
6)国際リニアコライダーの誘致実現について
7)農林業の振興について
8)県出資法人の経営健全化について
9)道路・河川の整備について


昨年の要望については広聴広報課から進捗具合を報告を受けているので、担当である几帳面な佐々木努政策審議会長はしっかりと精査をして今年の要望書にまとめています。

若者支援や出資法人の経営健全化について明確に県が行っている事業や運営について厳しい評価をした上で本質的な問題解決策を提案しているのがわが会派の特徴と言えます。

執行部の見ようによっては「このっ!」と思われる表現があるかもしれませんが、真実は曲げられません。現実を直視して貴重な税金を政策に反映させていく道を造るのも議会の大事な役目です。

P1050128y.jpg


小粒でもピリリと辛い、ジトッと苦みが沁み渡る政策をこれからも提言していきます。
posted by 飯沢ただし at 00:03| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

第22回宮城・岩手県境議員懇談会

去る12月25日(月)に仙台市内において表題の懇談会が開催されました。
昨年は達増岩手県知事にも参加を頂戴し、今年は千葉副知事、冒頭のみでしたが村井宮城県知事も参加されました。両県議会議長にもいつも参加を頂いております。

P1050059x.jpg


22回もの会を重ねたこの懇談会。一年に一度は懇談会を開いて共通認識を深めています。最近は議員間の気心も知れてお互いの信頼関係が築かれたなかで宮城県の会から岩手・宮城ILC共同議連の提案があったのでした。共同議連が成立したのもこの議連の活動の蓄積があってこそと言えます。

以前増田・浅野両知事が参加した頃は県境に関わるシビアな問題が存在し議会側が主導して解決を図った事案もありました。漁業区の調整などはまさにそのいい例です。

P1050084x.jpg


今年の意見交換会の議題は
1⃣ 国際リニアコライダー誘致実現に向けた取り組み状況について

2⃣ 県境河川における災害対策及び両県の連携について

3⃣ 林業の活性化に向けた取り組み及び両県の連携について

3点の議題について質疑・意見交換がありました。
昨年ほど時間が多く取れなかった点は残念でしたが、両県部長以下の執行部が参加を頂いているので2⃣ の問題に関しては道筋が立ちそうです。

毎度感じることですが、宮城と岩手の資料の作り方にも特徴があって比較すると県民性の象徴のような感じがして興味深いです。また、宮城県の復興・企画担当部長と農林水産部長は女性の職員が抜擢されており、インパクトが大きいです。

来年は岩手県側がホスト役になるのですが、ILCへの動きも加速する見込みであることから時宜に応じた懇談会にしたいと現在思っております。

posted by 飯沢ただし at 23:27| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

予告どおりに質問

12月定例議会も最終本会議を残すのみとなりました。
一般質問の3日間は温い湯につかりすぎて風邪を引きそうな感じでしたので、常任委員会はいつもより気合を入れた行いました。しかし同日の夕刻には総務委員会の執行部との懇談会の予定が入っておりましたので、内容はしっかりと行いましたが語勢については人間関係にヒビが入らない程度に留めました。

DSC02312x.jpg


ブログでの予告通りILC、IGR、被災地の産業再生と産業振興について意見提言を交えながら質問しました。被災地復興は点における成果は確認できるが、将来の人口社会減を食い止める迫力をもった系統的な産業政策になっているのか?といったかなり大きな視点での問題提起をしました。藤田政策・地域部長からは被災地の消費力をいかに高めていくかがポイントと考えているとの答弁。この問題は被災地復興の胆と考えていますので次の新しい県の総合計画の策定状況にも注視をしながら継続して県当局に対して喚起をしていきたいと思っております。

DSC02351x.jpg


樋下委員の会派移動により委員席が変更になり反対側になったことで、ちょっとしたハプニングが発生。(呼名間違いは以前も経験しておりますので何とも思っておりません。当局の方はどうぞお気になさらないでお願いします。ピンクのシャツの方よりはずっとましです。)
posted by 飯沢ただし at 00:53| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

免許書き換えの年

DSC_0200x.jpg


公安委員会から免許更新のご案内が届きました。
更新は議会閉会後の月中旬以降になりそうです。私は職業柄、大型とけん引の免許も取得しているのですが、いつも難儀するのが奥行度の測定器械。いつやっても一度でクリアしません。自分なりに工夫していますが果たして今回はいかに。

イメージカラーが青なので今回も青色の免許なのですが(苦)、今回は自宅の近くでの一旦停止違反ですから何とも空しさがつのります。

最近は煽りなど危険運転がニュースになって運転モラルを喚起していますが、自分も無理な追い越しとかに遭遇する機会が多くなった気がして周りを気にしながら運転することを心がけています。

事故の発生要因は自分の過失ではありません。どうか皆様も周囲に気を配って運転されますようにお願い致します。
posted by 飯沢ただし at 23:37| 岩手 ☁| Comment(1) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

12月定例議会が開会

平成29年度12月定例議会が昨日28日(月)に開会しました。
今議会の執行部からの提出議案は59本。いわて県民クラブでは一般質問に工藤勝博議員が登壇します。発言する機会は今議会では常任委員会中心となりますので7日(木)の常任委員会に集中します。私の所属する総務常任員会では今回もILC、IGR、被災地の産業振興等について提案を交えて質問を予定しています。

昨日の本会議では議員活動10年を数えた議員6名が全国議長会から表彰されました。言うなれば同身分同志で、よく健闘しましたという表彰に過ぎないのですが、受賞する本人にとって10年たったか(選挙3回くぐったか)という思いが巡るのも事実であります。私も10年表彰の時が一番嬉しかった記憶があります。


今月2度目の風邪をひいてしまいました。免疫力の低下が進んでいいる証拠です。何とか対策を講じなければなりませんね。早く万全にして4日から再開する議会に備えます。
posted by 飯沢ただし at 19:47| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

県出資14法人が赤字

昨日の朝刊で岩手日報紙が2016年度の県出資法人の決算状況を取り上げた。
評価対象の法人は県の出資比率が「50%以上」や25%以上50%未満のうち県の運営費補助金や職員派遣を受ける法人などとされている。16年度の対象は41法人でピーク時よの77法人からほぼ半減したとのこと。

その中でも私がずっと追及をしているIGRいわて銀河鉄道(株)の減価償却費の計上ミスによる赤字はもっとも質の悪い赤字と指摘せざるを得ない。言い訳は何とでもできようが、昨年12月末の中間報告で黒字と言ったものが最終的に赤字となった責任は重い。あくまで結果責任である。なのに県は経営者を処分の対象にしないという大甘さ。6月定例会の一般質問でも取り上げたが県は一向に意に介せず。これが県のガバナンスと開き直った答弁であったからある意味大したものである。これらの責任は一蓮托生であると宣言したに等しい。12月議会でも引き続き採算度外視の経営姿勢について厳しく県の対応を糺していくつもりだ。

県出資法人についてはこの度、出資法人等調査特別委員会も設置されたので、委員会の調査においてもIGRに限らず赤字になっている原因を探り、県民利益に資する議員活動をしていく所存である。
posted by 飯沢ただし at 00:30| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

宮城県とのさらなる連携を探る

今日の一日はは朝イチの「いわて県民クラブ」の街頭宣伝から始まり、会社の定期朝ミーティングに出席。
その後午前中に世話になった方の葬儀に参列。

午後は気仙沼市に向かって小野寺五典事務所にて宮城県議会の県境議連の幹部メンバー議員と今後のILC実現に向けた両議連と両県議会の対応について話し合いをしてきました。

時宜に合った活動について具体的な内容まで踏み込んだものになり、有意義な意見交換でした。今後お互いに確認した事項を詰めていくことで別れました。

ILCに関してはストラスブールで開かれたLCWS2017の会議の様子などから決して後退はしていない状況とは推察出来ますが、一方、政府筋から入って来る情報は決して楽観出来ないというものがほとんど。しかし、政治的な憶測や情報に振り回されることなく前に進めることが肝要です。

体調も回復してきましたので頑張っていきましょう!
posted by 飯沢ただし at 22:24| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

ラグビーWC2019対戦カード決まる!

ニュースソースとしては古くなってしまいましたが、RWC2019釜石会場の日程とカードが以下の通り決まりました。(実はここのところ体調不良で即アップできませんでしたが、ようやく体調が戻りました。)


🏁 9月25日 (水) 14:15  プールD:フィジー 対 アメリカ地区2

🏁10月13日 (日) 12:15  プールB:アフリカ地区1 対 敗者復活予選優勝チーム

試合会場:釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)


RWC釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)x.jpg


発表の11月2日(木)は車中でスマホにて抽選結果を見てました。、希望としては欧州かオセアニアのインターナショナルボードの強豪国が一試合でも組まれないかと微かな期待を持っていましたが、やはり器の問題か、興行面のこともあるのでしょう、それなりのカードが組まれたようです。

しかし、2試合組まれたことでも良しとしましょう!

アメリカ地区2はカナダが有力でしょうか?正式なカードが決定したら4か国の国歌を必ずマスターして私もゲームに臨みたいと宣言します。カナダはすでに習得していますから後の3か国分ですね。

あと二年。しっかり準備が整うように私が出来うる範囲での活動をこれからも全力でしていきます!
posted by 飯沢ただし at 23:59| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

後半戦もウマくいけるか?

本日、県議会から新議員4名を加わった岩手県競馬組合議会が開かれました。
郷右近議員と私の2人は居残りです。

sandreasonx.jpg


10月23日までの売り上げは前年同期比112.8%との報告でした。
但し、自場発売が92%の止まり、広域委託発売(124.7%)とインターネット発売(120%)助けられての増という中身です。確かに地方競馬はインターネット発売の恩恵により一息ついている状態ですが、厳しい見方をすれば他力本願な訳ですから安泰とは言えません。やはり馬が側にいて楽しい、競馬を楽しむファン層を拡大していかないといつか足元をすくわれてしまいます。

岩手県競馬組合は一部事務組合ですから役所の規則に準じた体制で運営されています。私はいつかはこの体制も限界が来るとずっと思っていて、その解決策はやはり人材育成をしっかり行っていく以外に今出来ることはないのではないかと思います。IR法を広げていくと必ず競馬事業もその範疇に入る、そうなれば国が競馬法改正を行なって自己責任に近い形で経営することを仕向けられるのも想定していかねばなりません。本県の競馬組合は構成団体から多額の借金を背負っていますから簡単にはいきませんが、このままいつまでもということには絶対になりません。次回の競馬議会ではその点に関して問題提起をしたいと思います。管理者の答弁にはハナから期待はしていませんから、他の人に少しでも影響を与えられるように。

岩手はとても魅力のある県です。馬と人とのつながりもその一つ。もう少し上手く発信し、良き展開を図りたいものです。
posted by 飯沢ただし at 18:22| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

2019WCラグビー釜石開催の成功に向けて!

26日と27日に「復興スクラム議連」の活動で表題の目的でPR活動をしてきました。ちなみに私は同議連の副会長を仰せつかっております。今回は岩手県ラグビーフットボール協会の副理事長2名様に同行して頂きました。訪問先は山形県庁、山形県ラグビー協会、福島県ラグビー協会、いわき市役所で一泊二日の行程でした。

20171027175703x.jpg

【いわきグリーンフィールドにて 中里副理事長、工藤監事、私、三浦副理事長】


20171027175809x.jpg

【坂本剛二福島県RFC会長に要請書を手渡す】


なにしろ岩手県でこれだけのビッグイベントをするのは今世紀最後となるかもしれないだけに、東北のラグビー関係者が一丸となっての協力体制が不可欠です。山形県、福島県ともに全面的な協力をするとの力強い言葉を頂きました。特に福島県の坂本会長(元衆議院議員)からは釜石が選出されることは少しも疑いがなかったとのご発言には一同感動し、痛み入った次第です。

復興スクラム議連は所期の目的を達成したため発展的解散をしてスポーツ振興議連に吸収されることが決定していますが、私は個人的にもこれから釜石開催成功に向けて微力ながら活動してまいります。


さて、今回の訪問で名刺交換をして分かったのですが、山形県では岩手県と同様に組織改編をしてスポーツ関連部署を新設したようなんです。その部の名前は

観光文化スポーツ部」

さすが!こうでなくてはなりません!ちなみに本県は「文化スポーツ部」です。

実は私は新設組織に観光部門は絶対にが組み入れるべきと強く主張しました。本県の戦略的思考の欠如を昨年の12月議会で厳しく質し、反対討論も行いました。


看板がすべてとは言いませんが、県の取り組み姿勢や構えが現れるのではないでしょうか?
posted by 飯沢ただし at 23:59| 岩手 ☁| Comment(1) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

白血病根治へ前進か!

昨日の毎日新聞の社会面にこんな記事が↓

DSC_0119x.jpg


白血病は罹った本人も家族も大変な負担を強いる病気です。
私の父が急性骨髄性白血病で亡くなってから20年もたつのに遺伝子治療がなかなか進歩しませんでした。今も対処的な化学療法が治療手法なのですが、ようやく根治に向けた動きの朗報が飛び込んできました。

世の中に苦しんでいる患者さんが山ほどいます。切に切に早い展開を望んでいます。
 
posted by 飯沢ただし at 23:12| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

国会議員はLaw makerなんです!

市議選が終わったと思ったら、今度は国政選挙。
やっと連続した戦いの日々は終わりました。

結果は野党分裂の恩恵を得て、自民・公明の与党体制は継続され、安倍首相も続投確実です。希望の党はにわかに小池知事に頼んで結成されましたが、選挙中に失速し、思ったような成果を得られませんでした。踏み絵となった安保法制や憲法改正問題は、選挙寸前に拡大解釈を許容するような内容に書き換えられて候補者が独自の主張をはじめて党として統一性欠いた感があります。これからどういう方向に進むのか?元サヤで再び野党共闘が必要などと理屈を作って民進党へ回帰などとなったら一気に政治不信はさらに高まります。今は批評は控えてしばらくは様子を見ることにします。

私は県議18年で初めて衆議院選挙に主体的に関わりました。新3区の候補者になった藤原たかし氏は党派を抜きにして私が信頼できる人ということ、私の掲げる政策大目標であるILC実現に対して明確に主政策に掲げたこと、日本が直面する2020年以降にも責任世代として活躍できることの理由で藤原氏を応援することを後援会の役員会で了承してもらい全力で応援しました。結果は小選挙区では叶いませんでしたが、比例で救済されて3期目の当選を果たしました。これからも藤原代議士とは連絡を密にして県政や地域課題解決に励んでいきたいと考えています。

DSC_0146x.jpg

【衆院選で応援する姿が珍しいのか2度も地元紙の一面に掲載されました】



一方、大震災以降、地域主権向けた国や地方の活動がパタリと止まり、自己責任の地方自治への意識も低下した空気を感じます。それは中央からの財政依存に頼らざるを得なくなったことで仕方のないことですが、政治も同様に右倣えでは地方議会の質も低下の要因になりかねません。私は地方議会の独立自治性をもっと高めていかなければならないと考えます。本県も新しい総合計画を策定中であり、議員も意識を高めていく努力が必要です。地方議会が国会の下請けでは存在意義を失います。私は藤原代議士との関係も互いの立場を理解し尊重し合って協力できるようにと考えています。


国会は立法機関であり、国会議員は国へ要望を繋ぐだけでは仕事をしたとは言えません。政見放送でそんな活動を実績として並べ立てた候補者がいましたが、問題意識の軽るさに驚きと落胆を禁じ得ませんでした。藤原代議士には低レベルな議員は見習わなくていいので、しっかり向上心をもって頑張ってほしいと思います。
posted by 飯沢ただし at 21:33| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

S氏とO氏

中選挙区時代の旧岩手2区で親子にわたって鎬を削ったS氏とO氏。当世からは想像もつかない戦いであったことはS氏の父君の秘書をされた故亀卦川富夫県議からいろいろと教えてもらった一つ一つの事柄はいまだに生々しくも鮮明である。

今回の選挙区割り変更で24年ぶりにわが一関市も花北胆江地区と一緒の選挙区となりO氏はいまだに現役で今回の戦いにも臨んでいる。

私の父や祖父も政治家だったこと、加えて母方の叔父もS氏の支援者だったことで両氏とも私が少年期から関心があった。そして自分が実際に政治の道に入ってからも切れない縁がある。

O氏とは父が新進党に参画してからである。父は県議に当選するには地元の自民党所属県議との戦いに勝利しなければ道は開けず、当時隣町の町長から国会議員に転身した菅原喜重郎氏との連携を探り二度目の挑戦で勝利した。喜重郎氏は当初民社党に所属していたが、新進党の結成により民社党は解党し、O氏が党首の陣笠に入った。それに起因して父も新進党に入党。ほどなく増田知事擁立もあって一気に新進党への期待は高まった。その時の自分も新しい政治の鼓動を感じたほどだった。ところが父は平成7年の統一選挙直後に病魔に倒れ、平成9年の1月に死去。

葬儀までの間にO氏からの弔問はなく、しばらく経ってから初盆を過ぎた頃、地元のO氏の支援者が引き回して我が家に焼香に来られたが、一言も言葉を発せずお帰りになられた。この時の沈黙の時間とO氏に対する私の印象は強烈であった。

その後、私も議員になって及川幸郎議員の葬儀に参列してデジャブーとも思える経験をする。及川幸郎氏は胆沢町出身でO氏を支える大幹部であった。O氏は秋田県で政務があるという理由で葬儀前に焼香して立ち去ってしまわれた。ここで私のO氏の評価は決定的となる。

S氏は叔父が支援者ということで、自然に引き寄せられたという感じであった。加えて初当選で県議会の無所属会派「政和会」への入会とS氏の「無所属の会」立ち上げがほぼ同時期。増田知事との関係も良好で頻繁に会派の懇親会で一緒にさせて頂き、時には厳しいご指導も頂いた。S氏が先鞭をつけられたILCの存在は米国から国務長官特別表彰をされた直後あたりだったか。かなり前からILCについては情報を頂いていた。

葬儀といえばS氏は藤沢町の有力支援者の葬儀には弔辞を捧げ、供養膳の席にも着かれて参列者と共に供養されておられた。

あまりに対極にある両氏の世話になった人への接し方。

政治とは天下国家を論ずる以前に人との関わり方であり、人への思いやりが基本ではなかろうか。
posted by 飯沢ただし at 23:58| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

がんばれ木納選手

日本経済新聞は購読しているのですが、最近はWeb版のチェックが中心となってしまって世の中の動きを全くウオッチしていませんでした。とても恥ずかしい様(さま)です。なんという不覚。

6月下旬に木納 裕君が三井倉庫株式会社の社長に就任しておりました。木納君は昭和59年に三井倉庫に入社した数少ない同期の一人です。現在の三井倉庫は三井倉庫ホールディングス内の一企業となっていて位置づけは異なるものの大したものです。残念ながら諸般の事情があって私の直属の先輩であった藤岡 圭氏はホールディングスの社長を退任されたようですが、いずれの事情にせよ同期の木納君には頑張ってもらいたいとエールを送ります。

kinox.jpg


現在は日本倉庫協会の会長にも就任されているようです。

思い起こせば昭和58年の12月上旬に内定者6名で三井倉庫の保養所である伊東の別荘に泊まり親睦を初めて温めたのでしたが、別荘の管理人さんから「このうちで誰かが役員になったらいいね〜」なんて言葉をかけられたでした。私と山田君は家業を継承するために早々と退職し、今は同期入社は4人だけです(なんと我々の同期女子入社はゼロという悲劇の年)。その4名のうち木納君がやってくれました。先ほど電話で話をしましたが、健康に気を付けて社業発展のためにご尽力ください。
posted by 飯沢ただし at 23:17| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

新人議員がんばれ!

昨日は一関市議会議員選挙の投票日ならびに開票日。
開票作業を固唾の飲んで見守り、当確が出た順に各地へとお祝いに駆け参じました。

DSC_0060x.jpg

【新人で当選した佐々木久助 新市議。奥様の表情が最高です!】


当選された方々、特に新人で当選された方々には議会人として市長に対して臆することなく、堂々と政策論争を挑んで欲しいと思います。

いつもの市議選は県議会の議会日程とぶつかり、応援に行くことはこれまで少なかったのですが、今回は日程がうまく合い、個人演説会などに出かけました。応援を通じて自分自身も考えさえられること多く、わが身を振り返り日常活動の大事さを痛切に感じた次第です。

県議会も今日の一般質問から再開。決算特別委員会も始まります。しっかり質問して課題を前に進めるようにしたいと思います。
posted by 飯沢ただし at 23:49| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

政策は何処???

DSC_0048x.jpg


衆議院が解散して、さて戦いの段となったのですが・・・

民進党自由党希望の党を巡る動きはめぐるましくてついていけません。

1)民進党希望の党へほぼ合流のカタチと言っているが
→ 希望の党は合流ではなく民進党を離党して無所属になってから入党させてあげるのだとの見解

2)民進党は全員ほぼ無条件で希望の党へ行けるものと理解していると言っているが
→ 希望の党は安保法制に白紙撤回など強い反対をした人、改憲反対をした議員は入党は困難であるとの見解(小池代表と細野議員の発言)

→ 自由党は堂々と合流すると言っているし???(自由党の方々は極端に安保法制に反対したはず?)

3)共産党を含んだ野党共闘はどうなったの?
→ 打倒安倍政権と言いながら安保法制には賛成、改憲の必要性を認めるのとの主張は対立軸になるの?(共産党の言う与党の補完勢力の解釈は正しいと思えます)

なんだかよくわかりませんよ。

肉を切らせて骨を断つ らしき玄人戦略のように一見はしますが、議員間では納得しても国民にはさっぱり民進党の考え方が見えません。

さらに自由党はあれだけ安保法制で大騒ぎして反対したのにちゃっかり希望の党に合流となったら、有権者にどのようにこれまでの政治活動を説明できるのでしょうか?主義主張や政策より政局ですか???

ダイナミズムというよりまやかしに近いですね。
posted by 飯沢ただし at 23:55| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

しっかりやってるか?自分

一関市議会議員選挙が行われています。お世話になっている候補者の応援弁士になって出向く機会が今回は多いのですが、勉強することも多く、自分の立ち位置も見えてきます。

DSC_0005x.jpg


自宅の応接室にあるポスターは常に初心を忘れないために貼ってあります。

写真は父が52歳で挑んだ県議選の初陣で敗れ、捲土重来を期して臨んだ昭和62年の再起戦のポスターです。当時56歳。ちょうど自分もその頃の父の年齢になりました。「売上税絶対反対」の太い赤字が意気込みを表しています。このポスターは父の政治姿勢の原点であり、私にとっても原点です。

ただ、同じ年齢になった自分が当時の父の気迫に近づいているかどうか。あらためて時流に流されることなく自分自身が今やるべきことをしっかり見極めて行動したいと思います。

父と関中で同級生だった、佐藤正春先生から頂いた手紙も大事にしています。
頂戴した手書きの言葉は
「いわゆる二世のカベを突破して前進する事。恥を恐れず」

年が明けると56歳。頑張りたいと思います。
posted by 飯沢ただし at 02:30| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

おやおや復縁?

民進・自由が合流構想 前原・小沢氏、野党再編探る
2017/9/25 2:00 (2017/9/25 14:39更新)日本経済新聞 電子版

前原代表と小沢共同代表が会談し、民進・自由両党を軸にした野党勢力の結集が必要との認識で一致した。
民進党と自由党が衆院選をにらみ合流する構想が浮上してきた。民進党の前原誠司代表と自由党の小沢一郎共同代表は24日、都内で会談し、自民、公明両党の与党に対抗するため、民進、自由両党を軸にした野党勢力の結集が必要だとの認識で一致した。民進党最大の支持団体、連合も後押ししている。


消費税の税率アップが政策判断の割れ目となって小沢系が民主党から分裂し、党の財産権を巡って裁判闘争にまでなったのはついこの前でしたなぁ。

選挙を目前にするといろいろなことが起きてきます。選挙民は目が回ります。
posted by 飯沢ただし at 00:53| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

勝部一関市長3選なる

昨日告示された一関市長選挙は現職の勝部氏以外に立候補する人がなく、勝部市長の三選が決定しました。

DSC_0038x.jpg


勝部氏の推進しているILCを基軸にしたまちづくり、宮城県北自治体との連携には私は心から賛意を示すものであり、三期目においては推進方をさらに進めることを期待いたします。ILC誘致実現だけでなくILCと第一次産業との連携を強化し産業基盤の厚みを増す政策を具体化させていくことを心から期待いたします。(ILCに関しては急速に宮城県が関心を寄せており、政府筋に太い人脈を持つ宮城県の巻き返しには注意が必要です。)

県北の八幡平市では元県議会で同僚であった田村正彦氏が4選を果たしました。相手候補者との差は約1500票でなかなか油断できない戦いと思ってましたが、予想通り厳しい選挙戦であったようです。田村市長には農業と観光のコラボによる新しい岩手の産業モデル自治体を目指してほしいと思います。

posted by 飯沢ただし at 00:24| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

実績アピール???

「国際リニアコライダー(ILC)の推進について」というファックスが届きました。

DSC_0034x.jpg


送り主は なんと 衆議院議員 小沢一郎 事務所

小沢事務所からFaxが届いたのは父が新進党の県議時代、平成6年頃ですからずいぶんと昔になります。ひょっとして送り先を間違えたのかもしれません。私は小沢一郎氏が所属する党とはまったく関係ありませんから。

それはどうでもいいとして、その内容は小沢代議士が文科省に尋ねた内容と答弁について記されています。
文科省へのILC状況確認と要望の類の内容ですが、はっきり言ってまったく新鮮なものはなく、目を見張るものはございません。万が一このファックス内容をもってILCに対して当方は深く関心をもって推進を図っていると選挙直前に控えている中この私にアピールするなら逆効果ではないかと思われます。この程度の質問は私が5年前に県当局にしたくらいのソースの古さを表しています。

不思議なもので行間からご本人の認識度がにじみ出てくるのです。 

posted by 飯沢ただし at 01:26| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

岩手県初のガントリークレーンが釜石港で供用

先に記事にも上げていた大阪府から無償で頂戴していたガントリークレーンが釜石港に無事に設置完了し、本日開始式が挙行されました。

このクレーンは阪神淡路大地震で神戸港が使用不能になったことから大阪泉北港に神戸港の機能を補うために設置稼働していたものですが、東日本大震災で大きな被害を受けた釜石港に同じ震災がご縁で移設される運びとなったものです。

DSC_0031x.jpg

【大阪府の府章をそのままに、岩手県の県章とが並んでクレーンに記されています。】


ガントリークレーンの性能及び能率はは従来のショアクレーンの3倍程度もあり、荷役の迅速化のみならず港の総合的環境整備強化に大きく寄与するものです。

私は30年前に三井倉庫株式会社に奉職時代、横浜港で働いた経験がありますが、当時は北米向けのフルコンテナ船が毎日寄稿しており、横浜港のガントリークレーンが休まる日がないほど稼働していた時代でした。徐々に地方港もガントリークレーンが整備されてフィーダー対応も充実してきたのでした。そういう意味では岩手県にガントリークレーンが設置されるまでこれほどの時間がかかったことも事実であり、本県の港湾整備を冷静に振り返れば遅すぎた感も無きにしも非ずです。もちろん今回譲渡して頂いた大阪府様には感謝の念に揺るぎはありません。このクレーン設置によってこれからの釜石港の発展に大きく貢献することは間違いないでしょう。

DSC_0032x.jpg


CYヤードも見学しましたが、リーファーコンテナの区画は少し足りないか?私がフォーマン時代はリーファーコンテナの温度管理記録はアナログの紙チャートでしたが、現在はデジタルで管理されるようになってました。
posted by 飯沢ただし at 23:58| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

嘆息。。。

今日の9月定例会の召集日は任期半分の折り返し期となったことで、慣例となっている正副議長選挙が行われました。

結果から言うと、当方(いわて県民クラブ)が時間をかけて互いに確認しあってきたシナリオは、相手方の都合でちゃぶ台返しに遭い、勝てるチャンスがあった選挙を放棄したという誠に残念な結果になりました。

まったく不可解なのは相手方が、勝てる選択肢より会派内力学を優先決定したことであります。

明日明日には衆議院選挙もあるというのに、こんな信義違反をされると何を信じていいのか分かりません。
今後の政局に大きな影響のあった正副議長選挙、かつ史上最低の中身のない選挙だったと言えるでしょう。まったく情けない話です。
posted by 飯沢ただし at 23:59| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

どうなる民進党

民進党の山尾議員が離党したとの報道がつい先ほどあった。
幹事長就任内定から離党へと天国から地獄へとの急展開にただただ驚き、政界は一寸先は闇との言葉が頭をかすめた。

他人の色恋沙汰など私は興味がないし、そんなことは自己責任で行って頂きたいと思っているが、一方、スキャンダル報道を売り物にして購買意欲を煽り、社会に変化を投じようとせんこの下世話なやり方○○砲とか言うらしいが、どうしてもこのような報道姿勢には賛同はできない。私は蓮舫参議院議員の代表辞任には手放しで喜んだが、決して私好みの議員スタイルではない山尾議員であるが、今回の一連の件の顛末については複雑な思いが残る。

それにしても民進党への打撃は大きいだろう。前原代表も大きくマイナスからのスタートとなった。民進党には国民の期待感を取り戻すには相当な時間と努力が必要と思うが、果たして回復はあるのだろうか。私としては今回の代表選でキッチリと明らかになった保守系議員と革新郷愁勢力は一線を画して、別々の政党になった方が国民にも分かりやすいと思うが、はたして今後どうなるか。

posted by 飯沢ただし at 23:27| 岩手 ☔| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

洗練された都会の女性

NHK朝ドラ「ひよっこ」放送終了まであと一か月です。最近は毎日見ています。
主人公が上京してから俄然面白くなりました。現在の舞台設定の昭和42年は若者のエネルギーが有り余っていた時代で、後ろ向きな会話がないところに元気をもらいますね。台詞回しの軽妙さも魅力です。

IMG_1408x.jpg


安部米穀店の娘さおりさんの「都会の洗練された女性」と「素朴だけどよく見ると可愛い」のくだりには笑いました。自分が洗練されていないと自己分析できているところもすごい。この調子だと三男君もあと一か月でものにされそうですね。

IMG_1412x.jpg


口戦闘が激化したところで突然の休戦宣言でジュースをみんなで飲む。

IMG_1411x.jpg


そしてお米屋さんのジュースといえば定番「プラッシー」ですが、ドラマでは「オイッシー」になっていました。こういうこだわったディテールも私はとても嬉しいのです。

明日からは9月です。先日代表者会議があり、9月議会の内容について打ち合わせがありました。任期折り返しであり様々なポスト替えもあります。9月の間さてさて落ち着いて朝ドラを見れるでしょうか?
posted by 飯沢ただし at 01:21| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

まだまだ意気軒昂!

昨日、元東山町長、元衆議院議員である菅原喜重郎氏の叙勲祝賀会が開催され、私もご招待を受けて参加をさせて頂きました。

菅原喜重郎氏の居宅であった「かぢや旅館」は私の祖母の生家の隣ということもあり、私の親類も深く親交があった関係で亡き私の父も衆議院議員選挙の応援には熱心に支持をしていました。私はあえてこの場で明らかにする必要もないのですが、喜重郎氏が小沢一郎氏の傘下入りしたことに納得せず、父親の関係とは別路線で政治活動を行ってきているのはご案内のとおりです。しかし、政治体制を抜きにして喜重郎氏とはご厚誼を賜っており、その寛容さにただただ感謝するのみです。

DSC_1735x.jpg


謝辞においてはご本人から現在の政治状況に対する強い不満と共産党の支持拡大傾向について強い懸念が示され、マイクを目の前にすると11月には91歳にならんとするのに相変わらずの情熱のほとばしりを感じる勢いと意気軒昂ぶりにただただ驚くばかりでありました。

思えば喜重郎氏が国政に参画した昭和54年はまだ衆議院選挙区は中選挙区で定数4に椎名、志賀、小沢と社会党一議席の地盤は固く、よくぞ当時人口一万人の町から一念発起したものと感嘆の一語です。

昨日は支持を傾けた大くの東山町民に囲まれご本人も喜んでいるご様子でした。

ご本人が強調された自由主義陣営の強化については同感するところであり、私も地方議員の立場ではありますが微力ながらしっかりとその主張は受け継いで参りたいと思っております。
posted by 飯沢ただし at 09:40| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

若い力(国体のテーマ曲ではない)

 岩手県議会では、岩手県議会基本条例に基づき、県民に開かれた議会を目指す取組の一環として、県民の皆さまとの意見交換会を開催しています。    
 (1) 日 時 
    平成29年8月24日(木) 午後1時から午後3時まで
 (2) 場 所
    一関工業高等専門学校 管理・教育棟1階 共通会議室(一関市萩荘字高梨)
 (3) テーマ
    次世代を担うものづくり人材の育成と地域の活性化について
 (4) 参加者及び出席議員
    ◆ 一関工業高等専門学校の学生 6名
    ◆ 県議会議員 8名

特に昨年度から県議会の広聴広報会議では若者への関心を呼ぶ取り組みを強化していて、今回の意見交換会も対象は「若者」です。出席した県議会議員の8名のうち私も参加しました。

DSC_1731x.jpg


DSC_1730x.jpg


県議会に対する印象、これからの人材育成、そしてILCに関することなど中身の濃い意見交換ができました。県や市と高専の学生との接点が縦割り行政の弊害で想像以上に取り難いことも判明。これは大きな課題です。最近の卒業後の進路は進学と就職が5対5というのも想像外の現状でありました。

モノづくりには小学生から積極的に興味を持たせるようにするべきという学生の提案には説得力があり、行政でもまだまだ児童や生徒にインスパイアする機会を多く持たせる必要を痛切に感じました。まだまだできることやれること、探究、研究が必要です。これは行政も民間企業も。
posted by 飯沢ただし at 23:30| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

新技術がどんどん実用化へ

AIや自動運転 「量子」が突破口 演算速度1億倍
2017/8/12 2:00日本経済新聞 電子版

 学術の世界にとどまっていた「量子コンピューター」が本格的な商用化の扉を開こうとしている。グローバル企業による導入や実験が活発になっており、特長は最大で従来型コンピューターの1億倍以上という演算速度だ。人工知能(AI)や自動運転がもてはやされるが、膨大で複雑なデータの解析ができなければ絵に描いた餅。従来型コンピューターは技術革新に限界が見えつつあり「量子」に寄せられる期待は大きい。

 AI普及がこれからというときにコンピューターの進化は止まるのか。世界大手企業を「量子」へと突き動かすのは、量子コンピューターがムーアの法則とは全く関係ない原理で情報処理するからだ。

 AIにつながる機械学習はデータの規則性などを糸口に人間に代わり判断する。ただ従来型では厳密な答えを導けなかったりするケースがあるという。量子コンピューターはこうした「組み合わせ最適化」を得意とする。創薬や画像認識などで効果が大きく、米ロッキード・マーチンはステルス戦闘機開発に活用した。

 本格的な商用化を予感させたのが、独フォルクスワーゲン(VW)が中国・北京で実施したテストだ。タクシー1万台の全地球測位システム(GPS)を解析。うち418台で北京空港まで渋滞に巻き込まれない最適なルートを探し出した。かかった時間は数秒。従来は30分かかっていた。
 
 日本では今年、リクルートコミュニケーションズが導入。検索履歴からネット利用者ごとに「圧倒的な正確さ」(同社)で推奨商品を示す計画だ。NTTなどは量子現象を利用し、脳の神経細胞ネットワークのように協調して動くコンピューターを開発している。

  弱点もある。絶対零度で稼働する演算チップは「ノイズ」と呼ばれるちょっとした温度や磁力の変化、震動があるとうまく作動しない。能力引き上げに量子ビット搭載数を増やした場合の安定性なども未知数だ。

 それでも「複雑な課題を高速で解決できる」(ダウ・ケミカルのA・N・スリーラム最高技術責任者=CTO)と期待が高まる。ダウとの提携をはたした量子コンピューター用ソフト開発、1Qビット(カナダ)のアンドリュー・フルスマン最高経営責任者(CEO)は語る。「量子コンピューターはビジネス現場のすぐそばまで来ている」(上阪欣史)

 ▼量子コンピューター 微粒子の世界の物理現象を活用したコンピューター。従来とは違うアプローチで開発した。従来型は情報を「0」か「1」で処理するが、「0であると同時に1」の性質を持つ。天文学的な台数の従来型コンピューターを同時に動かすような成果が得られる。


こうした技術がどんどん世の中に浸透し始めてきた。
過去の成功体験や既存のルーティーンワークが通用しない世の中になることを覚悟しなければならない。
posted by 飯沢ただし at 23:52| 岩手 ☔| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

遠隔地を車で歩いて

前述の記事に書いたように、先週末は遠出をしました。それも車で。それも行き先は長野市。主に高速道路を利用しましたが、ローカル道路も長野県内と新潟県内の一部を走りました。普段走りなれている県内の道路以外を走るのは久しぶりでしたから、初めて走る窓外の光景は新鮮でした。

そこで気づいたことは、県内ではどこでも見かける道路沿いの
政治用の野立て看板(脚が一本のやつ)がまったく見かけないこと

選挙後の道路沿いに競って臨時的に立てられた看板の杯盤狼籍ぶりは景観の美を損ねているから利用目的を達したならば速やかに撤去すべきと以前にもこのブログで指摘したことがありました。

長野や新潟でも政治用の看板はありましたが、広報看板として掲示責任者が明記されているもので、主に建造物にかけられているものでした。

屋外広告物の設置については都道府県や政令市、中核市が定める条例に基づき禁止や制限が行われていますが、選挙・その他公益的活動のための広告物は条例上、規制の適用除外となっているのが一般的とされています。

しかし、下の写真のような明らかに設置後二年以上も経過しているものが確認され、管理責任を問われるような看板が放置されているのは問題ありと思います。これは一部だけでなく複数の国政政党に同様に散見されます。

DSC_1727x.jpg


DSC_1728x.jpg

【後ろから見ると約半分はくされて劣化しています。】

訪問した長野や新潟ではおそらく条例の適用が厳格と推察されますが、調査する必要がありそうです。

ちなみに私も政治団体の広報版を設置していますが、常設の広報版として風雪にも耐えられるよう堅固なつくりのものにしておりますし、地権者とも同意を得て設置しております。また、定期的な管理をしていることは言うまでもありません。

posted by 飯沢ただし at 23:58| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

心の美を目指したい。

先週の週末は家内と一緒に車で遠出をしました。年に一度あるかないかの小旅行です。
東北自動車道の安達太良PAでこんな出来事がありました。

安達太良PAは郡山市の近くですから、今の季節は桃が旬で売店でも地元の農協さんが箱売りの特売をしていました。

DSC_1723x.jpg


箱は五段くらいに積み重なっており、五個入りのものは6山はあったと思います。
品種も3種くらいあり、山の中に混在していましたので、私たちも箱を目で追って物色していたところ、

横からダーンと私たちの前に分け入ってくる女性が出現しました。かなりの勢いで桃の箱を3山から他の山に積み重ねて荒業の商品の物色を始めました。他の山に積みかねられた箱は無造作に斜めに置かれたものもありました。そのうちに一つの商品を選びレジへ移動し始めた瞬間。

その光景を目前で見せられた私たちはほぼ同時に「えっーーーー!」の声を上げたのでした。
何しろ整然と積み重なっている商品をひっちらかしたままで去ろうとしたのですから。

私たちの声を聴いた女性は引き返して「何!元に戻せということ?」
すかさず私が「元に戻すのは当たり前でしょう。」
彼女は仕方なく箱を戻し始めましたが、そこには反省の色などなく機械的な手さばき。そしてさらにレジに向かおうとしましたが二三歩進んだと思ったら急に踵を返して「こんなことはお店の人がやると違うの??」と捨て台詞的な言葉を私に投げかけて、足早に消えていきました。私の心の中ではいろいろな単語が飛び交いましたがもちろん言葉にはしません。

いやー世の中にいろいろな人がおりますが、こんな自分勝手な人を見たのは久しぶりでした。インバウンド客が増えて日本人の仕草の美しさなど内面的な美が評価されているなかで、こういうのを目の前でみせられて本当にがっかりしました。

人口が減っている中で地方にあるスーパーマーケットも撤退を余儀なくされている中で、自治体がお金を出して地域と共同でお店を維持しようとする北海道の取組がちょうどネットニュースで紹介されたばかりで、生産者と消費者が共存共栄を図る機運が盛り上がってきたさなかでもありました。

年を重ねて公共の場での身勝手な振る舞いは周りから見るとオショスイ光景でしかありません。回りに心配りのできる大人になりたいものです。
posted by 飯沢ただし at 23:56| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

お盆も終わり・・・

DSC_1702x.jpg

【摺沢水晶あんどん祭り 小坊主さんたちの献灯隊】

今年も例年行われる夏祭りやお盆の行事に参加しました。
私は右肩の治療中のためにお祭りにつきもののお酒については遠慮させていただきました。せっかくお勧め頂いた各地域の方々には申し訳なく存じます。

今夏のお盆中は雨にたたられ主催者はご苦労なされたと思います。天候を考慮して屋内で開催された地区もありました。しかし、悪条件でも毎年工夫をこらして参加者を楽しませようと考える主催者には頭が下がります。大東の丑石地区や天狗田地区では帰省された方々が多く集い、ふるさとの魅力を感じている姿には私も心が和みました。

ここ数年の人口の減少には普段切々と感じていいますが、お盆の時期だけは、こんなに人がいたっけという気分になるのです。この人たちが皆ふるさとに定住してくれたら・・・と毎年思うことですが、現実は残念ながらそうはいかず、それを実現するためには安定した収入を得る職場がありません。

冷夏で今期作の米の出来具合も心配になってきました。一次産業を主体にする地方はこうした荒波にいつも耐えて耐えて生活していかねばなりません。厳しい現実です。話はいきなり飛躍しますが、私はだからこそILCを実現し一次産業を底上げしていくことを政策目標の中心にしています。

自分を育ててくれたふるさとをいつまでも大事にして次の世代に引き継ぐこと。しっかり頑張りたいと思います。
posted by 飯沢ただし at 00:35| 岩手 ☔| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

大阪府からのビッグなプレゼント、ありがたや。

DSC_1671x.jpg

【8月4日付 毎日新聞大阪版朝刊】

大阪府では、東日本大震災の復興支援パートナーとして、岩手県を支援しています。
 現在、岩手県では、被災した釜石港のコンテナふ頭の復旧復興が進められているところですが、岩手県より、大阪府が所有している堺泉北港のコンテナ積卸用ガントリークレーンの譲渡申入れがありました。
 この度、岩手県の復興に寄与するため、これに応じることにしましたので、お知らせいたします。   

○ガントリークレーンの概要
・所在地   泉大津市小津島町(堺泉北港助松ふ頭第8号岸壁)
・名称    ガントリークレーンA−1号機
  
○今後のスケジュール(予定)
・平成28年11月中旬 譲渡契約書締結(大阪府、岩手県)
・平成28年12月以降 ガントリークレーンの補修工事及び釜石港への移設工事(岩手県)
・平成29年9月     釜石港でガントリークレーンの供用開始 

※ガントリークレーンとは、コンテナ貨物の積み卸しを行う、橋脚状の本体が移動するクレーンのこと


上記は大阪府港湾局から出された昨年のアナウンスメントです。
去る8月3日に正式に譲渡され、今週中には専用ポンツーンにて釜石港まで曳航される予定です。

実は、8月4日に「岩手県議会港湾議員連盟」にて大阪府議会と大阪府に御礼のご挨拶をしてきました。私が当議連の副会長を仰せつかっており今回の代表として参加をした次第です。

CIMG1015x.jpg

【大阪府議会議長へ御礼を述べる】


現在でも震災復興派遣職員として大阪府から18名もの職員を派遣頂いておりますが、実はこのガントリークレーンの譲渡に関しては過去に派遣された職員の方を起点として話が進んだものという事実が判明したのでした。やはり人と人とのつながりは大きいものがあります。

大阪府におけるこのクレーン設置のきっかけは、阪神淡路大震災の復興推進のために大阪府管理の港で設置されたのこと。今回も震災復興のために使用されるという因縁を大阪府の方々も喜んでおられました。震災がれきの受け入れも関西圏で最初に手を挙げてもらったのも大阪府でした。

この善意をしっかりと受け止めて釜石港が新しい物流拠点として発展し、ひいては本県の経済発展につながるよう、かつて港湾業界に身を置かせて頂いた私も努力していきたいと思います。
posted by 飯沢ただし at 01:05| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

被災地に「博覧会」は必要なし

8月1日(火)に開催された閉会中の常任委員会で「三陸防災復興博覧(仮称)」について現在検討されている内容について執行部から説明を受けました。

そもそも復旧途上の被災地に博覧会という概念の催事が適当なのか???というのが、私をはじめとした「いわて県民クラブ」の主張で、過去にも博覧会開催の是非については、同僚の佐々木努議員も問題提起をしてきた経緯があります。加えて被災地自治体も県の企画に呼応して貴重なお金も拠出することは明白で、一過性の博覧会に負担を強いることの効果を疑問視してきました。

この復興博覧会なるものが世に出てきたいきさつは達増知事がマニフェストにあげたのが契機となっており、しかもそれは、練られた政策ではなく、元県幹部の助言をそのままパクったものだという事実を私たちは裏をとっているので、なおさら被災地に対して負担を伴う中身のない催事には断固反対の立場をとっている背景があります。(普通の感覚ならば、練られていない政策をマニフェストには書きません。)

私が意見として強く主張したものは↓岩手日日新聞社が取り上げてくれたので貼っておきます。
DSC_1672y.jpg


執行部の説明には「博覧会」だけの内容ではなかったので少しは安心しましたが、知事マニフェストにこだわり博覧会と言う名称を下ろさないのなら議会であらゆる手法を使って対峙していきます。
posted by 飯沢ただし at 23:58| 岩手 ☀| Comment(2) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

地域と共にある

私の義父にあたる堀米榮一氏が7月19日に逝去し、7月23日(日)に葬儀ならびに告別式が行われて一週間が経ちます。

DSC_1628x.jpg


昭和29年に歯科医を軽米町に開業し、今年に入って入院するまで現役でした。80歳を越えても自然体で仕事に向かわれていた姿は記憶に新しいです。64年もの間、学校歯科医として勤められ、積極的に児童や生徒の口腔管理に努められました。県歯科医師会のへき地診療車けんこう号で軽米町内のみならず二戸広域にわたりくまなく熱心に回診されたそうです。私と話をする機会は限られていましたが、常に軽米町のことや社会のこと静かな語り口でしたが情熱的にお話されてました。真摯な行動力を発揮して社会発展に貢献されたお義父さんに尊敬の念を表しても言い足りないほどです。

お義父さんのような真面目な正義感溢れ社会に貢献するという意志を持った昭和ひとけたの方々がひとりひとりと世を去って行きます。モノに恵まれて豊かな生活に慣れてしまった私たち世代。いい日本を今を生きる我々が責任を持って次世代につないでいかねばと義父の逝去を通じて強くあらためて感じた次第です。
posted by 飯沢ただし at 09:57| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

フランスがエネルギー政策大転換へ

仏、40年めどガソリン車販売禁止 政府、ディーゼルも
2017/7/7 10:07(日本経済新聞 電子版)

 フランスのユロ・エコロジー相は6日記者会見し、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)の排出を抑えるため、2040年までにガソリン車とディーゼル車の販売を国内でやめる方針を明らかにした。世界の自動車メーカーは既に電気自動車などの開発を急いでいるが、対応の加速を今後迫られる可能性がある。

 ユロ氏は「厳しい決断だが、これが真の改革だ」と述べた。具体的な行程は明らかにしなかったが、環境負荷の少ない自動車の購入に補助金を出すなどして、世代交代を促すという。「インドも30年までに同じ規制を実施する考えだ」と他国の例を紹介した。

 22年までに石炭由来の発電をやめることや、25年までに現在7割超の原発依存度を引き下げる目標の維持も発表した。達成には原発数基を止める必要があるとされる。

 地球温暖化問題を巡っては、トランプ米政権が対策の国際的枠組み「パリ協定」の離脱を決めている。各国の協定署名に尽力したフランスは自ら高い目標を掲げることで、温暖化対策の分野で世界を主導する狙いもあるとみられる。


ディーゼル車が多く普及しているヨーロッパ社会であるが、ガソリン車だけでなくディーゼル車までも対象としたのは政治的な目的もあろうが、画期的なことだ。ハイブリット車で優勢を保持しているトヨタですらも製造販売戦略の見直しを迫られるだろう。ということは私たちの生活にも大きな影響が出るということ。さらに原発先進国であるフランスが原発依存度を引き下げることも注目される。

世の中が大きく変わる分岐点にすでに到達している。
posted by 飯沢ただし at 10:25| 岩手 ☔| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

ほら、もうはじまってるよ!未来産業の先取り

地方創生交付金の使途広く 政府、AIやロボ活用にも
2017/7/11 13:42日本経済新聞 電子版
 
  政府は先進的な事業に取り組む地方自治体に配る地方創生推進交付金の支給対象を広げる。人工知能(AI)やロボットを生かしたものづくり、医療・介護サービスなど新たな需要が見込まれる分野を想定している。競争力の高い事業に従来の上限額を超えた支給を認め、地方創生と東京一極集中の是正を後押しする。

 政府は月内にも自治体向けの新たな要綱をつくり、配る。8月にも新基準に沿って自治体の提案を受け付ける。手続きは地方の有力企業が自治体に事業計画を出す。自治体がそれをもとに活性化策をつくり、政府に地方創生推進交付金を申請する。政府は雇用、所得が増えるかどうかで申請を認めるかを判断する。

 現在、出産・育児支援の充実、観光や農林水産業の振興が同交付金の主な支給対象だ。IT(情報技術)で農産物の生育を自動で管理する農業や宗教や嗜好に応じた国別の外国人観光の集客策を支援している。

 地方創生推進交付金は政府が事業費の半分を出す仕組み。自治体も事業費の半分を出さなければならない。現実には負担を嫌う自治体は交付金の申請に慎重だ。2016年度に政府が交付を決めた自治体の事業数は1200あまり。交付金額は計上した1000億円を下回った。

 新基準は「地域の雇用や所得を増やす事業」を対象に新たに明記し、交付金を使いやすくする。地域の雇用者数や新事業の販売額など具体的な成果目標を事業者や自治体に求める。

 新規事業はAIや最先端のロボットを活用した生産性の高いものづくりや、個人の健康状態や遺伝情報に適した医療・介護サービスが念頭にある。交付金の使い道を少子高齢化の進展に合わせ、需要と供給のズレの解消も狙う。

 1事業の交付金の上限額はこれまで都道府県向けが4億円、市区町村向けは2億円だった。17年度からはそれぞれ6億円、4億円に引き上げた。新基準で交付の対象となれば、この上限を超える額の支給も認める。

 総務省の人口移動報告によると、14年に10万9408人だった東京圏への転入超過数は、16年に11万7868人に増えている。東京一極集中は改善するどころか、進んでおり、地方の空洞化の懸念は高まっている。


 ▼地方創生推進交付金 安倍政権が人口の東京一極集中を是正する地方創生の柱として2016年度に新設した交付金。先進的な事業に取り組む自治体に重点配分する。出産や育児支援の充実、観光や農業の振興に資する事業を主な対象とする。16、17年度予算でいずれも1000億円を計上した。

 国が自治体に配るお金には地方交付税交付金もある。自治体の収入の格差を少なくするため、国税の一部を税収の少ない自治体に回す。自治体の一般財源となり、国は使途を制限できない。


さあて、岩手県はどんなふうに知恵を出すかな?いくら財源半分支出でも使わない手はないですよね。
確か本県は成長産業に医療分野を入れてるはず。未来を見通す真価が問われるぞ。
posted by 飯沢ただし at 23:07| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

6月定例会が閉会す

今日最終本会議が開かれ、6月定例議会は閉会しました。
そして予定通り、われらが会派の顧問、渡辺幸貫 議員が本日をもって辞職されました。

私のこれまでの議員活動のなかでも任期途中で辞職された議員はありましたが、そのほとんどは次のステップ(首長選挙等)に進むためでしたから、激励をもって送りだすというパターンでした。
幸貫先生の場合はご家族の介護のためという止むに止まれぬ理由によってですから、やはり辞職のインパクトが異なり私自身感傷的になってしまいました。来月から議会に来ればそこにいるという安心感が次の議会からはなくなること実感したときに私自身の戸惑いはまちがいなくあるでしょう。

20170707170829x.jpg


最後はいつも会派でお世話を頂いている中野さんも一緒になって記念写真を撮りました。
いずれにしてもこれから5人で幸貫先生の抜けた分まで頑張るしかありません。

それにしても幸貫先生の辞職挨拶中に、かつて同じ会派であった議員が示した態度には驚きを通り越しました。その時々で政治は常に動くもの。味方にもなり敵にもなることがある。しかし、その中にあっても去り際くらいはかつては共に同じ目的で活動した思い出や、やむなく家庭の事情により去りゆく同僚の心情に心を寄せて敬意を表せないものでしょうか。私には不思議でなりません。


また、IGRの話になってしまいますが、質問した後もどうも腑に落ちない点だらけです。総務常任員会でも引き続き質問しましたが、最後は「このような責任者が責任をとらないやり方を監視する役目(この場合は県)を負うものが見て見ぬふりをする無責任さは、かならずどこかへ波及する。歴史がしっかりと評価する。」と述べて県の監視体制強化を要請しましたが、知事や副知事の出席しない総務委員会内ではいくら叫んでもどうにもならず矛を収めるに至りました。

DSC08798x.jpg


短期間の連続不祥事に対してIGRの社長は「すべての責任は私にある。」と言いながら結局は報酬減の処分さえもない。これは全く理解に苦しみます。こんな口先だけのトップに社員がついていく道理がない。

そういえば都議会議員選挙で自民党以上に惨敗を喫した民進党の蓮舫代表も代表を降りる意思を示しません。
「しっかりと(党勢を)立て直していく。そのことに尽きる」と自己の責任の取り方について語ったとか。

結果責任を負わないリーダーはどこまでいっても国民の信は得ることができないと思います。

地位にとどまり個人の影響力は何とか残したい。周囲がどのようになるかはお構いなし。まったく鏡に映したようなケースになりましたね。

9月からは県議会任期の折り返しです。身を引き締めていきたいと思います。
posted by 飯沢ただし at 23:58| 岩手 | Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

近未来もボトムアップ?それでいいのか!

一般質問が終わりました。

詰めることが不可能な詰将棋に挑んだ心境です。王様は盤外に消えました。
達成感よりも徒労感でしょうか。

しかし、私の質問を担当してくれた新田書記には私の思いを汲んで折衝してくれました。感謝感謝です。

IMG_9187x.jpg


今回は2020年以降の岩手を牽引する産業どうするの?がメインテーマでしたが、達増知事の心には確信的なビジョンも具体的な産業もがないことがよくわかりました。残念な話です。県民にとって不幸なことです。

産業を育てていくには自治体間の競争に勝たなければなりません。これからさらに厳しくなる生き馬の目を抜くような競争に岩手県は勝ち抜けるでしょうか?今のリーダーでは無理です。

IMG_9238x.jpg



IGRの現在の不祥事の責任と経営者の処分に関して20分の質問時間を確保して、県の最高責任者でありIGR会長の達増知事に聞きましたが、全く当事者意識を感じることができませんでした。

7月1日のオーバーラン事案に関して、青い森鉄道の運転士が起こしたものでIGRはお客様に迷惑にならないように対処したと堂々と答弁したときに、この知事は事の本質を何も理解していないと確信しました。

IMG_9267x.jpg


「群れに危険がせまっていることをいち早く察知し、それを回避するのがリーダー(知事)の仕事」と達増知事は以前リーダー論に関して発言していましたが、回避どころか???の答弁の連続でした。

私はこんな県政批判ばかりでなく数点政策提案もしました。
心ある県幹部が汲み取っていただくことに期待するしかありません。

今後オンデマンド等で質問の様子をご覧になった方々。感想をお寄せください。お持ちしております。
posted by 飯沢ただし at 00:22| 岩手 ☔| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

明日、一般質問に登壇します。

明日一般質問に登壇します。13時からです。
一問一答方式での質問を採用しました。改選直前後の間代表質問(一問一答式が採用できない)が入ったりして3年ぶりになります。二年前の改選後は初めてになります。インターネットの生中継もあります。見逃した方は数日後にオンデマンドで岩手県議会のHPから見ることができます。ぜひご覧ください。

画像 141x.JPG


・大項目1〜3は登壇質問、4以降は質問席にて一問一答式で行います。
・質問時間は80分。時間の都合で質問項目を割愛する場合があります。


1 産業振興策と人材の確保について
(1) 新しい総合計画を策定するうえでの本県の産業発展軸について
(2) 政府の成長戦略との呼応について
(3) 県の役割に係る自己評価等について
(4) 第四次産業革命を視野に入れた人材育成等について
(5) 法定外目的税の導入について
(6) 民間の人材の積極的活用について

2 地域主権改革について
(1) 地域主権改革に係る知事の考え方について
(2) 内部統制に対する県の対応方針について

3 ILCの実現に向けた県の取組について
(1) ILCの実現に向けた今後の詰めの取組について
(2) ILC推進に向けた県立大学の取組状況について
(3) 産業成長戦略の策定状況について
(4) 社会インフラの整備方針について
(5) 物流拠点とのアクセス整備方針について

4 県際交流について
5 復興支援道路のアクセス強化について
6 トヨタ戦略の見通しについて

7 政府の未来投資戦略と連携した第一次産業の育成等について

(1) 中山間地域における県の取組について
(2) 県内土地改良区のストックマネジメントについて
(3) 森林の管理経営について
(4) しいたけ産業再生のためのつなぎ融資について

8 観光産業について
9 エネルギー政策について

10 IGRについて

(1) IGR社長の処分について
(2) 県の管理責任について
(3) 県の管理対応について

posted by 飯沢ただし at 20:57| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

一般質問初日

本会議が始まる前に、いわて県民クラブの奥羽州選挙区(江刺)渡辺幸貫議員(6期)が記者会見を開き、今議会で議員辞職をすることを発表しました。誠に残念でなりません。

実は会派代表である私に約一か月前から相談がありました。奥様の体調がすぐれず、看病と介護が必要とのこと。辞職ではなく休職という選択肢もあるのではと申し上げましたがご本人の決意固く、辞職を決意されたようです。任期半ばですからご本人も苦渋の選択と推察されます。ご家庭の悩みはご本人でしかわかりません。幸貫さんらしい潔いご決断とも思います。伴侶の介護のため辞職ということは、ある意味時代の鏡です。議員だからといって特別ではありません。

会派が同じで活動したのは3年ほどですが、思い出せば旧制高校から大学に発展した四大学(武蔵・学習院・成城・成蹊)の交流は今でも四大戦という形で現在もあるのですが(たぶん東京圏の人しか知らない)、議会でも交流しました。幸貫さんが武蔵、久慈の嵯峨議員が学習院、陸前高田の菅原 元議員が成城、私が成蹊ということで四大学が議会で全部そろったのは珍しく各々の同窓会に四人で撮った写真を送ったこともあり、親しくお付き合いとご指導を頂きました。同じ会派になり運営方法で時には意見対立したこともありましたが、私の方が生意気で折れず幸貫さんの方に引いてもらったこともありました。

幸貫先生は地元農協の組合長もされた経験もあり、農業に関しては筋金の入った論客でした。それだけでなく歴史や一般知識も広く博学で視察先でガイドさんのマイクを取ってプロ以上の現地解説が始まり旅の最後まで務めたこともありました。楽しい思い出のシーンです。
これからはご健康でお過ごしになられますようお祈り申し上げます。


しかし、昨日多くのメディアの方から電話取材を受けましたが、全く面識のないA新聞社の記者から「不祥事ではありませんよね。」「不祥事ではありませんよね。」と二回も念を押して聞かれました。事実確認もしないであまりにも失礼な取材に少し声を荒げました。こういうのが現在では普通にまかり通る取材方式なのですかね。私は常識を疑います。


一般質問初日。高橋但馬議員と千葉 伝議員、そして関連質問で嵯峨壱朗議員がIGR(いわて銀河鉄道)の経営問題に関して質問しました。与党会派まで質問するということは問題が社会問題化そして深刻という証拠です。執行部の答弁内容には私は全く納得しません。7月3日(月)にしっかりと質していきます。ちなみに7月4日(火)にも同会派の佐々木 努議員も質問することが決定しました。

IMG_8701x.jpg


三列目まで部長が座する珍しい執行部のひな壇です。予告していた通りアップしました。
posted by 飯沢ただし at 01:29| 岩手 | Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

さようならチェリー

IMG-20170628-WA0001x.jpg


我が家のアイドル、キャバリアのチェリーが今朝旅立ちました。
享年13年と5か月でした。
明日荼毘にふします。

チェリーが家に来るきっかけは犬好きの知人を介して子犬どうですかと勧められて、二戸から引き取りました。チェリーは生まれた御宅では「ふじ」と名付けられ、おじいさんとお父さんの酒の肴を頂いていたようで、我が家に来ても犬が普通嫌がるお酒の匂いには反応して、お酒を飲んで帰宅した私の口に顔を寄せてきたのでした。それがとてもとても愛らしくて。

IMG-20170628-WA0003x.jpg


子犬の頃は先輩のアメコカのモモがいましたので、すべて見よう見まねでトイレの習慣もすぐ身に付きました。チェリーはモモをお母さんのように慕い、いつも寄り添って寝ていました。

人間と常時ベトベトするのは好まず、マイペースで過ごすのを好み、散歩では他の犬を威嚇し、女子高生にも吠えるなど外弁慶タイプ。動物病院の待合室での行儀はよくなかったようです。

ただ、家族が帰宅した時だけ顔を摺り寄せてきて「サビシカッタヨー」と吠えるのでした。

もうちょっと長生きして欲しかったけど、この犬種は心臓に難のある犬種。7歳までかもと言われた心臓肥大で13歳まで生きて、愛情を振りまいてくれましたので良しとせねばなりません。

楽しいいっぱいの思い出をありがとうチエリー。
posted by 飯沢ただし at 22:27| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

梅雨の晴れ間に

今日は月曜日。梅雨入りしましたがとても爽やかないい天気です。
天気と気分に合わせて最近の車内のミュージックはこれ↓

DSC_1541x.jpg


カーペンターズは中学生の頃に出会ってから好んで聞いていましたが、このアルバムは大学三年生の頃に久しぶりに出たアルバムでした。この初夏の季節によく似合うのです。でも30年以上前になるのですね。


お昼ごはんを食べにちょっと早めだったので「白龍分店」に行きました。お店は本店がまだ開店していなかったので混んでて、やっと品物が運ばれてきたときに「おとうさん、どうぞ!」の「おとうさん」に心の中で反応してしました。どうやらまだ本人のオジサンの自覚が足りないようです。


IGRの株主総会が終了し、質疑応答なし、黒字から赤字に転落した社長の処分もなしでシャンシャンと終了したようです。まったく解せません。こんな甘い処分で公共的な県民の足の確保はできるのでしょうか?この件については一般質問で徹底的に県の姿勢を質していきます。

これから議員会館で心を入れ替えて質問原稿書きに取り組みます。
併任書記さんにご迷惑かけないようにしなくては。
posted by 飯沢ただし at 13:42| 岩手 ☔| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

6月定例議会が開会

平成29年、新しい年度に入って初めての定例議会が開会しました。
今日の本会議は提出議案の説明のみでしたので10分で終了。わが旧大東町出身の佐藤総務部長がやや緊張の面持ちで初議会の登場でありました。

知事部局の雛壇は企画理事が2名となったので三列目に農林水産部長と県土整備部長がご着席。三列目に部長が着席したのは県議会議員になってから初めて見た光景。珍しいので一般質問が始まったら写真を撮ってもらって後日アップします。

さて、今議会は一般質問の登壇者が12人。いつもより3人多いのです。というのも私が代表者会議で正副議長を除いて議員全員の一般質問の機会を与えてはいかがと提案したものが各会派からも了承を得て実現したものです。

そして私も登壇します。前回の代表質問から約2年ぶり、一般質問は約3年ぶりになります。今回も一問一答式を採用して質問は産業振興を軸に組み立てます。原稿はこれから。来月7月3日(月)13時に登壇予定です。

本日は東北新幹線開通35周年ということで各地で記念イベントが催されたようです。

tohokushinkannsen35th.jpg


私は当時大学2年生。それまで特急はつかり(上野から一関まで6時間30分)が約半分の時間になりましたから画期的な出来事でした。当初は大宮止まりで上野までリレー号なんてのもありました。私は一回しか乗ったことがありませんでしたが。当時の緑とクリーム色の車両も今は引退してなくなりましたね。今日はちょっと当時のことを思い出して懐かしみました。
posted by 飯沢ただし at 23:54| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

時は常に刻まれていく

今日は午前中に先日ご逝去された元県議会議員 小原宣良氏の葬儀に参列しました。

小原宣良氏は昭和62年から5期20年の長きにわたり、県政発展にご尽力されました。私の亡き父と同期ということでありがたいことにしばしば議会内で激励を頂戴しましたし、任期最後の年は会派「政和・社民クラブ」を結成して一緒に活動したのでした。その中で平成19年の2月議会は岩手競馬存廃がかかった今でも記憶に残る議会です。当時の「政和・社民クラブ」だけが結束して存続運動に努め、宣良先生は議員人生の晩節期に策を練り大いに存続に力を尽くされたのが印象に残っています。私はいまだに宣良さんから渡された競馬に関係した手書きの質問要旨を持っています。それはあの時の緊張感を忘れないためと一緒にあきらめずに最後まで存続にかけて先輩や同僚議員との戦いの証を大事にしたいと自然発生的に思っているのかもしれません。

昭和62年組は初当選が14名でしたが、宣良氏を含め鬼籍に入られた方はすでに8人を数えます。吉田洋治氏をはじめ元気で元気な方は6名となってしましました。考えてみれば平成も数えて30年になろうとしていますから、時の流れは情けを挟む余地なく刻まれていくのです。まさに昭和も遠くになりにけり。


今日の葬儀でも多くの参列者があり、故人の遺徳がしのばれます。一方、政治の風向きが大きく様変わりしたのを実感させられたのは現自由党の代表的な方々もこぞって参列されていたことでしょうか。かつては自民党と連立政権を組み保守勢力の一翼を担っていたこともあったはず・・・と昔のことをついつい思い出してしまいました。


今、一般質問の構成を検討中ですが、地方政治家といえども未来に向けて有効な布石が打てるのか、その点を軸に今回臨みたいと思います。今日の葬儀に参列して、自らの信念を貫くことがいかに重要か知らしめられた貴重な時間を過ごさせて頂きました。

宣良先生のご冥福を心からお祈り申し上げます。
posted by 飯沢ただし at 23:59| 岩手 | Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

県の管理責任も厳しく問われる

IGR社の着服事案について昨日議案説明会の終了後に当局から説明があった。
IGRの再発防止策については民間の会社が普通に行っている未収金処理を行うやり方をなぞっただけで見るべきものはほとんどない。これを是認した県も見識が疑われるような説明内容であった。

IGRは第三セクターで運営され、県が保有株の52.04%を保有している。筆頭株主の責任は重いと同時にステークホルダーは県民であるから、絶対に県民利益に逆らうようなことになってはならないはずだ。県の説明のトーンはIGRを擁護するようなトーンであり、本当に管理指導が行われているのかも疑わしい。

また、菊池社長は宮古市内の小学校2校を2月に訪問し、卒業式に指定した特定の歌手に演奏をすることを校長に依頼し、なおかつ2校一緒に卒業式をやったらどうかなどど教育現場にも介入した事実が判明した。

IGRの社長という立場の重みをどのように考えているのか。まったく理解できない。

短期間で大きな不祥事が相次ぐ中、経営者の責任が問われるはずだが、知事からも一向に動きがない。なぜなのだろうか。わからない。IGRはオーナー企業ではないから結果責任を取るのは当然であるはずだが。読売巨人軍はGMが交代したとのニュースがあった。結果が出ないから誰かが責任を取らなければならない。一般社会では常識である。

6月定例会では一般質問の機会を頂いたのでしっかり内容を明らかにし、IGRの経営が正常化するように頑張りたい。
posted by 飯沢ただし at 11:06| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

ついに動き出したぞ、経産省

AI、IoT活用へ行程表 経産省が新産業構造ビジョン
2017/5/29 12:02日本経済新聞 電子版

 経済産業省は29日、人工知能(AI)やあらゆるモノがネットにつながるIoT技術の活用を柱とする第4次産業革命の実現に向けた新産業構造ビジョンをまとめた。2030年を目標年次とし、自動運転の普及によって運転手が原因の交通事故を半減させることなどの将来像を提示。そのために必要な制度改革や法整備の行程表も示している。

新産業構造ビジョンの骨子

戦略4分野

【移動】 自動運転の普及を通じて、交通事故や移動困難を解消
【生産】 データ利活用で生産効率化や省エネを実現
【健康・医療】 健康データやIoT技術を活用し、健康寿命を延ばす
【暮らし】 スマートシティやシェアサービスの普及で、地域経済の活性化
 

経産省が産業政策に関する包括的なビジョンをつくるのは10年以来となる。6月に政府がまとめる成長戦略の骨格に位置づける。フィンテックなどの新事業の育成に向けて、規制を一時停止する「レギュラトリー・サンドボックス制度」の導入も提言した。

 ビジョンは4つの戦略分野を掲げ、30年の将来像から逆算して規制改革を提案する構成になっている。4分野は自動運転などの「移動」、製造現場でのデータ利活用などの「生産」、介護や寝たきりを無くす「健康・医療」、スマートシティなど「暮らし」だ。

 「移動」では、自動運転の普及を加速して運転手が原因で起きる事故を半減させるほか、公共交通機関が近くになく「買い物難民」と呼ばれる移動困難者も限りなく解消するようにする。

 自動運転の普及に伴うルール整備のため、道路運送車両法や道交法の改正を進める。新東名高速での自動運転の実証事業などを20年までに順次進めることも打ち出している。

 「生産」では、ビッグデータの活用による製造業の効率化を通じて、30年までに労働生産性を2%上げることなどを目標に掲げた。企業や業種の枠を超えてビッグデータを共有し、20年までに企業間でのデータ交換の枠組みが50以上できるように支援策などを講じる。

 「健康・医療」では、平均寿命と健康でいられる年齢の差について、30年までに5歳縮めることを目標とする。目標実現に向けて個人の健康データを活用した予防医療に軸足を移す。カルテなど個人の医療情報を患者自らの意思に沿って、様々な医療機関やクリニックで使えるようにするためのシステム作りも進める。

 一連の取り組みに必要となる知的財産関連法制などの改正作業は今夏から順次進め、中でも不正競争防止法や特許法については、来年の通常国会に改正案提出をめざす。

 産業の新陳代謝を進めるため、産業革新機構のような官民ファンドによるベンチャー企業などへの資金供給のあり方などを再検討する必要性についても言及した。


昨年、経産省の菅原事務次官が一関市で話をした内容が、期限を付されたビジョンが正式に示された。第四次産業革命の入り口に立ったということになる。

さて、このビジョンを受けて本県は現在のボトムアップを基本とした県政運営で果たして県民利益にかなうような戦略が2020年以降に具体的に示されるだろうか?地域間競争を勝ち抜けるだろうか?

そこがリーダー論を含んだ大きな問題点と考える。
posted by 飯沢ただし at 00:18| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

不動如山、しかしいい意味ではない。

岩手競馬組合議会が25日(金)に開催され、3月の特別開催競馬の売り上げを加味した@平成28年度の補正予算に係る専決処分議案とA平成29年度の補正予算が審議されました。

@については特別競馬の売り上げが加算された予算に対する歳出先と収支差額の仕分けが注目点でありましたが、収支差額(252百万円)については施設等準備金(108百万円)→運搬車購入への資金と財政調整基金(144百万円)に増額して積み立てることになりました。

また、先に管理者が言明していた構成団体への返済見込み額についても当初より増額される予定となっています。全額76.3百万円(岩手県 約42.0百万円、奥州市 約19.1百万円、盛岡市 約15.2百万円)

Aについては会計上当初年度の運転資金が足りない原資を翌年度から充用する繰上充用の補正予算であり、その額は32,954百万円。要は構成団体から融資された330億円を原資に運転資金化しているという訳です。

繰上充用は単年度の行政会計制度の予算措置を補う制度で、地方自治法にも認められている制度です。岩手県競馬組合では平成12年度から連続してこの繰上充用を行っています。結局、繰上充用だけでは追いつかないほど次年度の売り上げ減が厳しくなり、金融機関からの融資も期待できなくなったため最後の手段として累積の借金を構成団体が丸抱えして廃止を免れた経緯があります。(但し、一年でも赤字になったら廃止という存廃ルールの条件付借金)

@Aの議案とも全会一致で賛成可決となったのですが、
私は今後の運営方針含めた対応について管理者である達増知事に質問しました。

飯澤:繰上充用を繰り返すのは現状仕方のないことと認識しているが、経営上の側面からすると将来必要な戦略的な事業展開に足かせがかかっている状態でもある。このジレンマをどのように認識して岩手競馬を運営する考えなのか?

達増知事:法令に定めたものに従ってやっていく。

まぁ呆れてしまいます。
知事はよくやっていると評価している県民にぜひ聞かせたいやり取りでした。

実は管理者である達増知事は競馬組合議会では大体こんな調子でその場さえ切り抜ければいいとった木で鼻をくくった答弁なのです。ほとんど副管理者からカンペが出される状態。
私の質問はいわば社長に将来の経営方針を問うている質問なのに、実質無回答ですから、これでは現場が型通りのことしかやらなくなるのは当然です。

売り上げ堅調時今こそ厩務員の確保対策を!ナイター設備投資は厩務員確保と密接リンク!と質問と提案を続けました。当局からはプロジェクトチーム編成云々の回答がありましたが、どの程度の目標を成果が出るのかこれからもモニタリング調査をしていきます。(そうえいば思い出したがIGRの県のモニタリング調査はどうなった?)

昨年も同じような意見提言をしましたが、前進している部分はいかほどでしょうか?他の議員からも売り上げが上がっているから組合は緩んでいるのでは?とう声も聞こえました。

いずれにしても私はこれからも提案活動を続けていきます。
posted by 飯沢ただし at 01:27| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

白か黒かも大事だが、ゆらぐ文科省どうなる?

安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人加計(かけ)学園(岡山市)が国家戦略特区に獣医学部を新設する計画を巡り、文部科学省が内閣府から「総理のご意向」などとして早期開学を促されていたことが記された文書について、文科省の前川喜平前事務次官(62)が25日、東京都内で記者会見し、「在籍中に共有していた文書で確実に存在していた」と述べ、真正な物であると証言した。国会からの要請があれば証人喚問に応じる考えを示した。
【毎日新聞デジタル版より一部抜粋】


加計学園問題は政府との泥仕合(政府見解と真っ向から対立、前事務次官が出会い系バーに頻繁に出入り等)の様相を呈しており、私はコメントをしたくない。

心配なのは文科省である。

大詰めに入っているILCの決定が、文科省内の組織が天下り斡旋問題に続いて加計問題によって揺らいでしまうことだ。2月に議会で文科省を訪問した時も天下り問題でILCに本腰が入っている状況にはなかった。またぞろ省内が不安定な状況に陥り、新しい事務次官まで責任を取らされるような事態になったら大変である。

勝部一関市長の話によれば、世界のILCに関わる研究者は、先のLCWSでほぼ合意された20kmに距離短縮する案(日本政府に対する最終判断を迫るものとも私は感じている)によって、来年度の予算要望の額を注目しており、ここで例年通りの予算要望となると、一気に日本に対する期待感や信頼感が醒めてしまう可能性を指摘している。

文科省がぐらぐらしていては前に進むものも進まない。

一連の問題は国会の自治に任せるしかないが、どうも文科省を巡ってやりきれない思いばかりが募る。
posted by 飯沢ただし at 23:57| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

対岸の火事ではないぞよ

秋田県人口100万人割れ ピークの昭和31年から26%減

 秋田県は21日、4月1日時点の県内人口が99万9636人となり、100万人を割り込んだと発表した。県や総務省によると、90万人台となるのは戦前の昭和5年以来87年ぶりで、ピークだった31年の約135万人から26%減少した。東北6県で100万人を割るのは初めて。

 秋田県は高校生の進学や大学生の就職などで県外に流出する「社会減」が多いのが特徴で、約8割を占める。近年は年間約1万3千人のペースで人口が減少している。人口減少率は平成25年から4年連続で全国トップ。国立社会保障・人口問題研究所は、52(2040)年に70万人まで減ると推計している。

 県は今年4月、人口減少対策に特化した「あきた未来創造部」を発足させ、県内での就職支援などを強化しているほか、人口減少を前提とした地域社会の維持も模索している。

 佐竹敬久知事はこの日、社会減を「5年間で半分くらいにしたい」と語った
【産経新聞 電子版より】


秋田県が東北で初めて人口100万人を切った。
岩手も手をこまねいていると大変なことになる。

人口減対策に特効薬はない。
地道に結婚支援策、女性の働く環境整備策、保健医療の充実策、産業振興策などの総合的政策実行が不可欠である。

人口の社会減の歯止めはかかったなんて短期的な指標を持ち出して喜んでいる場合ではない。
posted by 飯沢ただし at 01:37| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

IGR経営の闇はさらに深まる。最高責任者出てこい!

残念な事案が発生した。

いわて銀河鉄道(IGR)の旅行業部門で営業を担当している社員が「会社のお金を着服した事案」が明るみに出た。被害額は55件で 6,421,840円。現時点ではお客様には迷惑をかけていないとのこと。

IGRは第三セクターであり、県が52%を出資している会社であるから会社だけでなく県の監督責任も問われるのは当然である。会社のお金の着服はもちろんあってはならないことであるが、事案発生に至るまで私が指摘してきた数々のIGRの経営にかかる問題点と見事に符合している点がある。一個人の着服問題に終わらせてはいけない。

今事案で類推される問題点は

・当該事案が社長肝いりの関連事業の拡大路線の上に起こったこと
・問題の発生が本人の申し出によるものだったことから基本的な日常の現金出納はじめ管理体制がまったく機能していないこと
・平成27年度から着服事案が始まっていた事実が判明したことから監査の実態や体制がどうであったかということ
・関連事業の収支等の関係書類は営業上の問題から一切公表しないとの一点張りで答弁してきたが、その正当性が完全に失われたこと


今月の閉会中の総務常任委員会で質問の機会を委員長の配慮により頂きましたので、これまで追求してきた経緯から、調査をして徹底して質してまいります。

それにしても不可解なのは経営の最高任者である社長が会見に姿も見せず、コメントのみで処理しようとしていること。その内容も問題の矛先を当該社員にあてているだけで自らの責任については一言も言及されていないこと。公的なサービスを担っている責任者のこの姿勢は私はまったく解せません。
posted by 飯沢ただし at 23:58| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

新年度に嬉しいニュース

奥州に今秋新設、30組目指す

 県は5日、「いきいき岩手結婚サポートセンター『i―サポ(あいさぽ)』の2016年度活動状況を発表した。延べ会員数は目標の850人を上回る996人(3月末現在)で、開設した15年度ゼロだった結婚は10組と目標の20組を下回った。17年度は10月に奥州市に宮古市と同じ規模の同センターを増設し、県南地域の会員数を増やすなど新規入会登録者600人、結婚30組を目指す。

 同センターは人口減少対策事業として、いきいき岩手支援財団が運営主体となり、15年10月に人口の分布状況や地域内の移動などを考慮して盛岡市と宮古市に開設。久慈市や釜石市でも月1回の出張サービスを行っている。

 活動状況によると、会員数が536人(前年度460人)に増加。これにより、見合い件数が459件(同100件)、交際数が223組(同49組)といずれも大幅に増加した。県は増加の要因として「『i―サポ』が結婚の一つの選択肢として認識されつつあるのではないか」と分析。
  

17年度は増設する奥州市にチーフ結婚コーディネーター1人、結婚コーディネーター2人を配置する予定。開設場所については現在、同市と協議している。
 

このほか、久慈市と釜石市で行っている出張サービスを新たに二戸市でも実施し、これまでの月1回から月2回に増やして会員数の増加や利用促進を図り成婚に結び付ける。
(岩手日日 6日朝刊より抜粋)


いわて県民クラブの政策調査会長、佐々木努議員が当選後間もなくから取り組んできた結婚支援事業が、事業として取り上げられ確実に成果をあげていることに私も喜びを感じます。そして今年度は念願の県南地区にも拠点が配置されることになりました。この新たな拠点は多くの会員増員が期待できます。

佐々木努議員は設置だけが目標ではなく、『i-サポ』の内容充実を図り、さらなる成婚実績をあげることも今後の目標に掲げています。

粘り強く佐々木議員が働きかけてきた芽にもっと花が咲くように私たち「いわて県民クラブ」も佐々木努議員ともども一丸となって人口減少問題にこれからも取り組んでいきます。 
posted by 飯沢ただし at 23:24| 岩手 | Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

総合的見地に立って、どう判断する?

東京都の豊洲問題、予想通り百条委員会を経てもクリアにはなりませんでした。
浜渦元副知事が証言者として示唆したように、百条委員会まで設置したのですから都議会はこれからどうするかを議会として判断しなければならないでしょう。

もっと判断を迫られるのは都知事さん。総合的見地に立って判断するとのことですが、日にちを重ねるごとに市場関係者への補償費は膨らんでいきます。今の様子だと豊洲移転は難しそうですが、はたまた税金をかけて新市場をつくるのか。そろそろ結論を出さないと豊洲問題を政治的に利用しているとの意見に対して説明がつかなくなります。

直接的に国民には打撃がなく都民が支払う税金とはいえ、巨額の税金がこうしている間にも流れていくさまを見ていると税金の使い方には本当に注意深く精査することが求められるのは明白です。

思い起こせば前回も書きましたが豊洲問題と似通っている本県の新盛岡競馬場が建設費が倍増になった件は、競馬議会でも県議会でもほぼフリーパス状態で通ったことは猛省し、教訓とすべき案件です。

はてさて都知事さんはいかなる打開策を示せるのか。
posted by 飯沢ただし at 23:17| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

先見力と責任と

東京電力福島第一原発事故で群馬県に避難した人や家族ら137人が国と東電に1人当たり1100万円の損害賠償を求めた集団訴訟の判決が17日、前橋地裁であった。原道子裁判長は、東電と国のいずれについても責任を認め、62人に対し計3855万円を支払うよう命じた。判決は津波の到来について、東電は「実際に予見していた」と判断。非常用ディーゼル発電機の高台設置などをしていれば「事故は発生しなかった」と指摘した。国についても「予見可能だった」とし、規制権限を行使して東電にこれらの措置を講じさせていれば「事故を防ぐことは可能であった」とした。原告の主張をほぼ認める判決となった。

 同様の訴訟は全国で約30件あり、約1万2千人が参加しているが、集団訴訟としては初めての判決。福島原発事故をめぐって、国の違法性についての初めての司法判断でもあり、国や東電の過失を認めるかが大きな争点だった。

 原告側は、政府が2002年7月に発表した「長期評価」で、福島第一原発沖を含む日本海溝での地震の発生確率が「30年以内に20%程度」とされていた点を重視。東電が08年5月、福島第一原発に15・7メートルの津波が来るとの試算を得ていたことなども指摘し、「津波は予見でき、防潮堤建設などで事故は防げた」と主張していた。

 東電や国は、長期評価や試算について「確立した知見ではなかった」などとして、津波の予見可能性を否定。実際の津波は想定をはるかに超える規模で、事故は防げなかったと反論していた。
(朝日新聞デジタル 2017年03月17日 16時01分)

この判決は極めて妥当な判決だと思う。

太平洋海岸際に位置する原子力発電所は建設された時点から、地震による津波の影響はゼロではないのだから備えは必要不可欠だったはずだ。特に国の原子力発電所の安全危機管理は無責任だったと言われても仕方がない。どうも国の原子力に政策に関しては立地から運営、管理に至るまで総合的な施策が貫かれていない。原子力発電所についても管理運営は電力会社に事実上任せきり(定期的な監査はするでしょうが)状態ではなかったのか。「確立した知見ではなかった」などは詭弁であり、国は福島原発事故にしっかり向き合い、事後の対策に万全を期すべきでと考える。

原発即廃止は技術的にもかなりの時間を要することであるから、この間に再生可能エネルギーの開発を進めたい。ただしエネルギー効率を考慮に入れることや自然環境の景観等の配慮は必要だ。太陽光発電を推奨している現在ゴマンと存在している業者がどこまで設置をしたものの廃棄まで責任を持てるかはかなり不透明と私は感じる。先の予算特別委員会でも県の条例化の方向性について基本的認識を質したが、県レベルとしては問題が発生していないだけに問題意識はまだ薄い。

国民生活に大きな影響を持つエネルギー問題。関係者の責任感と先見力が問われる。
posted by 飯沢ただし at 13:40| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

6度目の3・11慰霊祭

今年は釜石市で挙行された県と釜石市の東日本大震災慰霊祭に参列しました。
いつもながら遺族の方の言葉には年月を重ねても心を揺さぶられます。心の傷を癒すのには途方もない時間がかかることは想像を絶します。むしろ増幅している方の方が多いのかもしれません。

DSC_1314x.jpg


釜石市中心地は久しぶりに訪れましたが、壊れた建物もほとんど撤去されて新しい建物も増えてきました。しかし、被災地の本当の試練はむしろこれからです。

私は復旧だけではない創造的な復興を提案し続けています。特に思い切った新産業の創出、例えばエネルギーの地産地消を100%可能にする再生エネタウンをつくる。それには広域的視点での戦略的な産業策が必要となります。

とりわけ産業にこだわるのには理由があります。ハードは優秀な技術屋さんとお金と労力をかければ解決できますが、産業創出には企画、人脈、統率など総合力が求められます。芽が出るには時間がかかるのです。県レベルでも人材投資、人材育成、交渉力によほど長けた人材を投入し、チームを形成しないと他県に抜きんでた成果を上げることは難しい。でもしっかりと畑を耕し種を蒔けば、将来の街を支える人材が残ります。その効果は絶大なものがあります。

それを路線に乗せるには何よりトップリーダーの嗅覚と実行力でしょう。なんたって今は非常時ですからリスクを承知で進める胆力が不可欠です。

DSC_1315x.jpg


震災6年のNHKの日曜討論を見ました。
前半の出席知事は岩手県と宮城県。

宮城県知事の数字の捉え方、問題意識はリアルで、産業への対応も的確で共感できるものが多かったです。
片方の知事は数字の捉え方は楽観的、問題意識は空想的、対応は国頼み(何回も復興大臣にお願いしてました。抽象的に)。ふだん答えは現場にあるとよく言っている割には発言に主体的かつ具体的なものが見えない。今この時点で掛け声のようなオールジャパンを語って何が生まれるのでしょうか。
超辛口ですが見た感想をそのまま書きました。

隣の芝生は青く見えるとはいいますが、率直に申し上げてこれでは差は開く一方です。
posted by 飯沢ただし at 00:59| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

未来はすぐそこにある。

今日は予算特別委員会の総括質疑の日。
質問者でなくてもなかなか緊張する日である。

私が先にブログで指摘した知事の政務秘書の登用について案の定質問が集中しました。

Q「政務秘書不在時に何が一番しんどくて、知事は政策秘書に具体的に何の役目を期待しているのか?」
A「タクシーチケットの整理とか・・・」
A「宗教団体との折衝アポ取りとか・・・」
そして答弁に詰まり沈黙「・・・・・・・」

やりとりを聞いている方も馬鹿馬鹿しくて公費で政務秘書を雇う妥当性は微塵も見つけだすことはできませんでした。知事たるもの情けなや。

もう一つ。いわて県民クラブで政策提案していた「保育士修学資金貸付制度」の導入について。12月議会で保育3団体が初めて合同で県に要請活動した案件でもあります。

先の9月定例会決算特別委員会でも12月議会の常任員会でも2月議会の質問でも問題提起しましたが、県の慎重姿勢は変化がなかった。ところが他の会派の質問者の同趣旨の質問に突然知事が「具体的検討を始めるように指示をした」と答弁。

千葉じゅんこ議員が質問した一般質問からたったの5日間での方針変換。これはいったいどういうことなのかとわが会派の佐々木努議員が迫りましたが、「答弁検討で打ち合わせた結果」というそっけない知事答弁。

いやいやそんな政策変更は説明無くして納得できませんと私が議事進行を入れるという状況に。

答弁検討ってそんな程度なの?という疑問が素朴に湧いてきます。議員が真剣に問題提起しているものを方針がころころ変えられては議会を軽んじているとしか思えません。前から気づいてはいましたが議会への答弁は時間が過ぎ去ればそれでお終いという県執行部上層部の姿勢が確信に近くなってきました。

明日の委員会冒頭に説明を世話人会で要求することになったようですが、いかなる説明があるのか。
それにしてもこの議会対応のお粗末さ。嗚呼、情けなや。

2020年代には大きく世の中が変わろうとしているのにこの体たらく。
2025年には団塊の世代が後期高齢者になりますよ。
未来はすぐそこにあるというのに。
質問者は有権者を背にして真剣に質問してるんです!その場しのぎの答弁は不要です!!
posted by 飯沢ただし at 23:59| 岩手 ☔| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

県民利益に資するため

昨日は総務常任委員会の日。
2月議会は常任委員会が2回あって、昨日は今年度分の補正予算を中心に審議しました。
総務員会にかかった案件は少なかったので、議案以外の質問でIGR(いわて銀河鉄道)経営状況についていつもより時間を頂いて質しました。

P1040974x.jpg


IGRの経営については昨年から注視をしてきましたが、現在の社長は本業以外の事業にかなり執心しており、特にも第三セクターの存在意義を超えた社長自らの悦に偏る営業活動が喧伝され、社員の士気に関わってきているとの状況は依然として変化がない状況と聞き及んでいます。

●当初より利益が少なくなった要因と財務状況
●営業外事業の売り上げとそのコスト管理
●不必要と思われる台湾鉄道との提携
●若い職員が退職に至る要因
●次期中期経営計画の策定状況

などについて質問しました。
最後は取締役である政策・地域部長から12月末の取締役会でかなり厳しく事業内容に注文をつけたとの答弁で半ば安心しましたが、これまでの経緯から私はこれで良しとはしません。これからも現経営体制において県民利益に適わない事業や経営陣の行動が起こることのないように厳しく見張っていきます。

P1040950x.jpg


その他、軽油引取り税の確保策、ILC実現への展開、被災地の起業支援体制などについて質問と提案を行いました。

実は昨日の朝はひどい寝癖で、帽子をかぶれば寝癖も直ると思って議会に向かいましたが、新幹線で降りる際に鏡で確認したらさらにひどくなっていて焦りました。急いで議員会館に向かって髪を直すというハプニングがありました。
posted by 飯沢ただし at 00:25| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

もっと合理的な世の中にしましょう!


ヤマト運輸が荷受けの抑制を検討 ネット通販拡大で、労組が春闘で要求
産経新聞 2/23(木) 11:10配信

 宅配便最大手のヤマト運輸が、荷受量を抑制する検討に入ったことが23日、わかった。労働組合が今年の春闘の労使交渉で会社側に要求した。インターネット通販の拡大などを背景に宅配個数が増える半面、トラックドライバーなどの人手不足で慢性化している長時間労働の軽減を図る。

 人手不足は業界共通の課題で、最大手の動きに他社が追随する可能性がある。労組はまた、終業から次の始業まで最低10時間空ける「勤務間インターバル」の導入も要求。働き方改革を求める一方、賃上げ要求は定期昇給とベースアップの合計で平均1万1千円と前年水準(前年妥結額は5024円)に据え置いた。

 ヤマト運輸の平成28年3月期の宅配便取り扱い個数は、過去最多の17億3千万個。今期はこれを超える見通しで、労組は、次期の宅配個数を今期以下の水準に抑えるよう求めている。

 会社側はネット通販などの大口顧客に値上げを求めていく方向。交渉次第で荷受け停止の可能性もある。ドライバーの負担が重い夜間の時間帯指定配達も、見直しの対象となり得る。親会社のヤマトホールディングスは1月、人手不足による人件費高騰などを背景に、今期の連結純利益予想を従来の390億円から340億円に引き下げた。


荷受け量を抑制するという考え方は画期的なことです。
荷を持っている荷主が優位性をもって物流業者に仕事を与えるという時代が去ったことを示す象徴的な出来事。これからはお互いに社会の調和に配慮しないとどこかで動かなくなってしまうということです。配送の夜間の時間指定配達はあまりに便利さを追求しすぎで、最寄りのコンビニ等での受け渡して十分対応できるはず。過剰サービス競争はもはや終わりました。これを機会に日本社会はもう少し合理的な方式に変化をすべきと考えます。
posted by 飯沢ただし at 00:44| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

さようならW.Ricky

W.Rickyが亡くなりました。享年94歳。
W.Rickyは正確にはWhite Rickyですが外国人ではありません。
W.Ricky(ホワイト リッキー)は白澤力男さんが自分でつけた芸名です。

DSC_0765x.jpg


「自分が楽しまなければ他の人を楽しませることはできない。」
いつも皆を楽しませることを考え、そして自らも実行する人でした。

「今考えている企画ものは山ほどある。」
90歳を過ぎても衰えぬ湧き出る力男さんのエンターテインメントの泉に驚きの連続でした。

「白澤プロダクションは儲けは一切考えません。」
「何か創めるにはお金はかかる。でも一切手元には残さない。すべて喜びに還元。」
力男さんのお願いはいつも唐突で無茶な場合が多かったですが、皆なが力男さんについていった理由はそこにありました。人情の機微に敏感で、年齢に関係なく洒脱でユーモアのセンスに溢れた人でした。

摺沢水晶あんどん祭りの創案者。「いわて学び基金」への寄付を自分のハーモニカ演奏のエンターテインメントで募集。などの実績に代表されるように発案力と行動力で世の中を明るくしようとした人でした。情熱は青年の如く熱く、でも行動は自然体で。普通の人では決してできません。

こんな愉快な人が忽然といなくなって本当に寂しい限りです。

せめてもの慰めは昨年あんどん祭り30周年を自身の企画が実行できて、また私も幾分かのお手伝いができて本当に良かったです。

力男さん、皆さんにたくさんの笑顔をつくってくれてありがとうございました。
安らかにお眠り下さい。でも今年のあんどん祭りで「一休小僧の歌」を歌とともに帰ってきそうな気がします。力男さんの残したたくさんの歌はずっとずっと残していきますから安心して下さい。
posted by 飯沢ただし at 23:59| 岩手 ☁| Comment(2) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

郷土の偉人を知る

DSC_1219x.jpg


(公社)岩手県トラック協会一関支部の事業者研修会の合間に「文化講演会」があり、明治史研究家 平野恵一氏による「一関の誇り 高平小五郎」を聴講しました。

高平小五郎は、一関市出身の偉人。明治38年日露戦争後のポーツマス講和会議に外務大臣 小村寿太郎とともに全権委員として出席し、条約の締結に尽力。その後男爵の爵位を与えられ、貴族院議員を務め、明治41年には駐米大使となり外交部門で活躍した郷土の偉人です。

高平小五郎は在ヨーロッパ(イタリア、オーストリア)の公司という立場ながら、日清戦争に関するヨーロッパ列強の動静や三国干渉にドイツが参加した真相を時の政府に伝え、伊藤博文総理大臣はこれら報告書・情報を高く評価し、「高平の外交文学」とまで称したことが紹介されました。

高平の適時適切な情報が日清・日露戦争後のわが国の方向性を決める重要なものであったことが窺えます。

また、明治29年には大隈重信外務大臣に外交建白書を提出し
1.外交と軍事は同等である
2.外交には金がかかる
3.外交には泥縄式は通じない、日頃の努力が必要
との見識を示しました

在アメリカ特命全権大使の頃には今では有名な首都ワシントン、ポトマック河畔に「日本桜」を大量に移植することに合意をしたのも高平と初めて知りました。

その後も「高平・ルート協定」と称された第二次世界大戦まで世界で合意されたアジアの枠組み「ワシントン体制」は「中国に対する九ヶ国条約」に反映されます。

明治、大正と激動する世界情勢の中で実務者以上の外交貢献が認められる高平小五郎ですが、歴史的に評価が低いのは故意に評価を下げる論評などが世に流布したとの平野氏の分析でありました。

おぼろげな記憶として高平小五郎が郷土の偉人ということは知っていましたが、改めてその偉業に触れるとともにこの地に今住む我々がしっかりと偉業を称え、顕彰していかねばならないと強く思った次第です。
posted by 飯沢ただし at 11:47| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

観光施策に県の意気込みが見事に投影される!

DSC_1215x.jpg


昨日の北海道・東北六県議会議員研究交流大会ですが、政策等研究交換会は三つの分科会に分かれて行われ、私は「広域観光振興について」に入りました。

東北の広域観光振興については、実は東日本大震災からの産業復興の目的で復興庁において平成27年度からインバウンド対策として特出しで予算化されています。

♣東北観光復興対策交付金(H27→1億、H28→32.2億)
♣東北観光プロモーションの実施(H27→1.8億、H28→4.2億)
♣「新しい東北」交流拡大モデル事業(H27→補正1.8億、H28→4.2億、H29→4.9億)

また、東北観光を統括する組織として新たに東北観光推進機構がすでに立ち上がっています。

さて、そこでこの予算を活用した北海道・東北六県の取り組みですが、各県からの発表内容の中身は観光に取り組む姿勢が明白に出ています。

特に目を引いたのが秋田県。

DSC_1214x.jpg


標題も「秋田犬をキラーコンテンツとした観光誘客の振興について」テーマを秋田犬にバチッと絞った施策と発表コンテンツについても秀でており、印象も強く残る内容でした。パワーポイントの資料も役所向けではなく、企業や一般県民向けになっています。明らかに戦略性に富み、目線が違います。

他県では北海道は函館まで新幹線延線効果による今後の展開。青森県はプレゼン資料が一般市民にも分かりやすい資料の作成とさらに超スーパーマンと称されるプロパーの観光特任職員がいると聞きました。宮城県は仙台空港をGate Wayとした施策展開を中心に交付金を活用する方策を示し、オルレ(トレッキング)の普及策など具体的ものが印象的でした。

さて、岩手県はというと役所や議員に説明するような資料コンテンツ。

その格差たるや大きなものを感じました。

政府がこれだけ観光振興に特出しで予算化しているものを最大限にどう使うか、意識の差が如実に出ているように思います。本件では「三陸DMOセンター」を設置し被災地観光振興への取り組みは進めてはいますが、肝心の目線の位置が違うとカタチだけ整えて自己満足に終わる可能性が大。

観光施策ひとつをとっても、これだけの意識の差が出ています。プレゼン資料からも歴然と表れています。それでも本県はやってます、やってます、と我々議員に説明するのでしょう。こういう姿勢が県の勢いにも反映されるものと大いに痛感した研究交流会になりました。
posted by 飯沢ただし at 23:19| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

America First! その行く先は?

悪夢が現実になった。
世界中の多くの人々がトランプは選挙に勝ったもののアメリカ大統領になることは実感が湧かなかったと思えるのだが(自分自身もそうだった)就任式を見て「本当になったんだ。」と目が覚めたに違いない。

オバマが理想を語る聖職者に例えるなら、トランプは価値を計るのはソロバン次第の中小企業の元気な(夜も昼も)社長の如くだ。

就任演説を聞いて、アメリカ第一主義を貫くのは結構だが、高い関税がついた商品を買うアメリカ国内の消費者は幸福になれるのだろうか?外交カードも損得で動かれたら大変だ。全体に言っていることが矛盾だらけで、どうも胡散臭さの印象ばかりが残る。

アメリカ合衆国が持つ魅力は移民の国だけに人種を超えた社会の寛容さだったはずだ。特に共和党の精神はピューリタズムに原点を持つ自由と民主主義はアメリカの売りのはず。しかし、いまだ多くの国民が反発するのは今日までの良いアメリカを踏みにじるようなトランプ氏の発言に起因する。

biff BTF2x.jpg


映画「Back to the Future PartU」にあった時空がひん曲がった世界でトランプ氏がモデルとなったビフ王国が現実の世界で現実にならないことを祈るばかりだ。これほど不人気な大統領は最近になく、権力を振り回すことに快感を得たら制御が効かなくなるのでないかと心配だ。最後は共和党の良心に期待するしかないのだろうか。
posted by 飯沢ただし at 23:38| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

岩手競馬関係者との懇談会

一昨日の17日に盛岡所属の競馬関係者、並びに本日19日に水沢所属の競馬関係者と私が会長を拝命している岩手競馬振興議員クラブが呼びかけて意見交換会を実施しました。

P1040902x.jpg


意見交換会を企画した事の発端は四半期ごとに行われている岩手競馬組合運営協議会(いわゆる4者協議)の11月25日の会議において、競馬関係者の手当改善や老朽化した施設の整備等、現場に必要なところに優先して支出すべきとの声が上がり、地元紙にも大きく報道されたことでありました。

このことは、ここ2、3年前からインターネット販売が堅調になったきたことから売り上げも計画比から上方修正する機会が多くなり、利益の配分が注目される中、10年間競馬継続のために我慢を重ねてきた現場から悲痛な声が上がったとも言えるでしょう。

両会場で出された共通の危機的な状況と言えるのは、
厩務員の不足。
往時には270名在籍していた岩手競馬の厩務員は激減し、現在120余名。岩手競馬の内規では1厩務員が世話する競走馬は5頭までとされており(JRAでは2頭)、厳しい労働環境になっていること。高齢者が多く若い人が入って来ないこと。単純に5頭×120人=600頭で岩手競馬を支える番組作りでギリギリの頭数であること。

P1040896x.jpg


ここまで危機的な状況であったとは・・・との思いです。

P1040886x.jpg


原因は賞典費の減額や労働環境の厳しさなどいろいろあるのですが、何にしろここまで深刻化するまで競馬組合は何をしてきたのかということです。現場の手が薄くなっては馬も集まらない、良質な競争も維持できない、競馬を持続する命綱が細くなるのを見て見ぬふりをしてきたのではないでしょうか。

話は飛びますが、私が問題視した大型映像装置についても正しい情報は伝わってなかったようです。
関係者には水沢競馬場にだけ大型ビジョンがないから、この際地方競馬全国協議会から活性化補助金を活用してつくりましょう、元あったビジョンを戻すのは当たり前、〇か×かの単純な説明しかしていない様子でした。

競馬組合が作成した水沢競馬場映像装置に係るランニングコスト表によれば
稼働日数は352日。電気料金は1400万余/年、運用操作要員は1名増で1000万余/年。
保守点検を加えても現状より2200万円はコスト増になる。ビジョンを設置して2200万円以上の収益を上げるという試算根拠はどこにあるのか。

サイマルキャストの開催時の人がまばらな時にもひも付き補助金の都合により、稼働させなければならないという不合理。無駄な経費をかけないといったこれまで原則を打ち破った「建設ありき」の手法。

こういう真の情報は全く現場とは共有されていませんでした。

いずれにせよ短中長期に考えても、人材の確保は絶対的不可欠であり、特に厩務員の確保と養成に利益から基金積むなどの投資を今すぐにやらないと売り上げ増よりも内部崩壊を起こして事業の継続などできなくなります。2月には競馬組合の予算議会も開会しますが、当議連としても競馬組合に対して意見交換会で得た現場の声をしっかり届けて是正を迫ってまいりたいと考えています。
posted by 飯沢ただし at 23:57| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

さらばオバマ大統領

トランプ氏のアメリカ合衆国大統領就任式が近づいてきた。

昨日は選挙後初の記者会見がトランプタワーで行われたが、貿易利益の不均衡を強調し、特定の記者を攻撃する姿は世界を牽引するリーダーの資質として疑問視される印象はまったく変わらない。米国民のみならず世界の人々が持っている行き先見えない心配をさらに深めたのではなかろうか。

一方、退任するオバマ大統領は「Yes!we can.」「Yes!we did.」で最後のスピーチを締めくくった。移民の子どもたちを大切にしなければ、我々の子どもたちの未来も損なうと多様性に富む社会の重要性を説いた。

8年前と4年前に近未来の理想の姿をアメリカ国民は熱狂的にオバマに託したが、結果的に理想と現実の間にオバマ大統領は常に悩み続けた印象だ。しかし、オバマが求め続けた理想を追求したことは決して無駄ではなかったと思う。理想を動かすシステムのスイッチがまだ形成されていなかったのではと思わせるのが、未だにアメリカの経済社会では想像もできない不文律があることは想像するに難くないことだ。いつかはこの壁も越えられると私は信じたい。

B.obamaxjpg.jpg


アメリカ国民は理想では動かない目に見える現実の変革を選択したが、果たして名指しでメディアを非難し、人種排他的なリーダーの下で普遍的な世界の秩序形成は可能なのだろうか。約200年前のモンロー主義にはヨーロッパの干渉から影響を受けないという孤立主義で当時としての理はあったが、トランプ氏の自国優先孤立主義は結局のところ回り回ってツケは自分に来るような気がしてならない。

オバマ氏は私と同じ55歳。トランプ氏は70歳。トランプ氏は未来に責任を持つ政策を果たしてつくれるだろうか。

いずれにしてもオバマさん、8年間お疲れさまでした。
posted by 飯沢ただし at 23:56| 岩手 ☁| Comment(1) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

平成29年一関市成人式

今年は1000名を越える成人が参加した一関市成人式。
私も来賓として出席し、祝辞を述べさせて頂きました。
管内の県議は5名なので祝辞が回ってくるのは5年に一回ですのでオリンピックよりも難関です。

今回は私にしては珍しく原稿をつくって臨みました。

・時代が著しく変わりますます不確実な時代になっていくが、時代を切り開くのも若者の役目であること
・平和で豊かなこの国を作ってくれた先人に感謝の念を持つこと
・人生の岐路に立った時に安易な道ではなく「困難な道」をあえて選択して欲しいこと


以上要点は3点でした。
祝辞も3人目となると何が印象付けなければと思い、好きな映画の台詞を原語で挿入しましたが、果たしてどれだけの印象付けになったのか・・・

私の成人式は旧大東町時代はお盆の時期に開催されたようですが、ボート部夏合宿の真只中でインカレ目前でもあり、「成人式のために帰省します。」などとは言えない状況でした。ということで欠席でした。確か住んでいた杉並区からも1月の成人の日でのお誘いもあったような気がしますが、これも大学の試験前ということで欠席でした。

それにしてもアリーナ席は成人の皆さんよりも多い参加数と見受けましたが、私たちの時代とは隔世の感があります。成人式に親付がスタンダートとなり、今日の成人式は家族の公的なお祝いイベントといったところでしょうか。
posted by 飯沢ただし at 15:11| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

55歳になりました。

つ、ついに四捨五入すると60になる年齢に到達しました。
健康には気を付けて、精進を重ねてまいります。

55という数字は身近にありまして、昭和55年3月に高校を卒業しましたので同級会の名前は「55会(Go!Go!会、豪豪会?)」といいます。同級生のほとんどは55歳にすでになっているわけでお盆あたりに55にちなんで同級会をやってもいいのでは?勝浦会長。

55と言えば松井秀樹の背番号55。
matsui hideki55x.jpg

【私はピンストライプよりもビジターのユニの方が好きです。@NY Yankees 】

松井選手はヤンキースという名門で活躍したこともあり、彼のプレースタイルはコアな米国野球関係者にも尊敬されています。これからも野球を通じて日米の交流を進化するのに重要な人材です。


さて、話はグりっと変わりますが、誕生日には映画の話題をかつて紹介しておりましたので、今回復活しましてヒッチコック監督の「裏窓」のマニアックな部分を紹介したいと存じます。「裏窓」はヒッチコック作品の中でも私はベスト3に入る好きな作品ですが、作品が上出来なのもさることながら、活気ある50年代のアメリカ大都市の生活の様子が伺えるのも気に入っているポイントです。

そして何よりグレース・ケリーの魅力がふんだんに出ている作品といっていいでしょう。

裏窓4.jpg


裏窓7x.jpg


裏窓6x.jpg


裏窓3x.jpg


裏窓8x.jpg


裏窓5y.jpg


美人好みのヒッチコックがグレース・ケリーの魅力を引き出しています(実際の演技力は今一つなんですがね)。これでは当時のモナコ皇太子でなくてもノックダウンでしょう。日米問わずこのような上品な俳優さんはどこへ行ってしまったのでしょうか?
私は生まれて来るのが遅すぎたか・・・
posted by 飯沢ただし at 02:05| 岩手 ☔| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

迎春2017年

平成29年に2017年、割り切れなくてイズい感じが否めませんが、とにもかくにも
明けましておめでとうございます!

今年は午前11時頃に地元の八幡神社に初詣に行きましたが、穏やかで暖かさにあふれておりました。こんな元旦の日は初めてではないでしょうか。11月に慌ててタイヤ交換したのがウソのような冬です。お正月気分も3日までで、おあとは新年交賀会のラッシュが半ばまで続きます。今年も健康第一でいきたいですね。

今年は酉年。酉年といえば個人的に三井倉庫時代の先輩の小川さんを思い出すのですが、あの小川先輩も定年を迎えることになるのですね。光陰矢のごとし。ぼやぼやしているとあっという間に人生が終わってしまいます。小川さんの第二の人生はいかに・・・

昨年はシカゴ・カブスがヤギの呪いを解いてワールドシリーズを優勝しました。今年は酉年だけに鳥のニックネームがついた3球団にチャンス到来でしょうか?!

Cardinalx.jpg

【セントルイス・カージナルス】


bluejay.jpg

【トロント・ブルージェイズ】

Oriolex.jpg

【ボルチモア・オリオールズ】


北米には色鮮やかな鳥がいるのですね。再認識しました。それから昨年大リーグで3000本安打を記録したイチロー選手の活躍にも目が離せませんね。

今年一年も一か月最低10投稿をキープして記事を載せますので、相変わらずのご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。
posted by 飯沢ただし at 13:44| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

2016年ありがとうございました!

今年もいろいろなことがありました。
その中で岩手国体、岩手大会の成功は筆頭でしょう。
一方で観測史上初めての太平洋側から上陸した台風10号は岩泉町を中心に甚大な被害をもたらしました。

いいニュース、よくないニュース毎年繰り返されます。まさに生者必滅、会者定離。

けれど今ここに生きる私たちは未来のために何をすべきかを常に考えなければならない、とりわけ議員の立場にある私としては、これから行政施策に対して短期、中期、長期と、本県にとって何が必要か何が求められるか見識を持ち、他者へも影響できるようにならなければと感じています。

cubs_1280_p299zv0q_5and68uu.jpg


今年はカブスのヤギの呪いが解け、人工知能(AI)の可能性が発信された年でした。新しい時代の幕開けの象徴でした。人口減がますます地域社会の存立に顕著になっていきます。問題の深刻化と新技術の社会への影響は急です。

AIx.jpg


県政与党ならば議員職安泰などという時代は去りました。議会人としての見識、議員としての能力が問われる時代です。「嫌味議員いいざわ」に磨きをかけてこれからも批判と提言をさせて頂きます。

議員の仲間や多くの理解者があってはじめて活動できる有難さを感じつつ、これからも精進してまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

今年も「飯沢ただし」のブログ記事を読んで頂いてありがとうございました。
2017年もよろしくお願い申し上げます。
posted by 飯沢ただし at 12:54| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

訃音相次ぐ・・・

最近の年末は別れの時節になりつつあるこの頃、今日は私の親類である金野和彦さんの葬儀があり、明後日は8年間県議会の同じ会派で時を過ごした元県議 亀卦川富夫氏の葬儀に参列の予定です。

本日の葬儀では龍泉寺の新渡戸方丈から忌中払いの席で修証義第一章を引用された法話を頂きました。

生を明らめ死を明きらむるは、仏家一大事の因縁なり、生死(しょうじ)の中に仏あれば生死なし

我々が生きているということは、どういうことか、死とはどういうことか、その真実をはっきり見極めるのが仏教者として最も根本的問題であります。生まれてから死ぬまで、我々は迷い、苦しみのまっただ中に生きているようですが、その生まれてから、死ぬまでの生きている現実の中にこそ仏(覚ったひと)はいるのですから、迷い苦しむ生活としての生死はないのです。

つまり、生きた価値は年数ではなく生きている間の中身の問題だと。

金野さんは58年という若さで亡くなられましたが、ご本人が「自分は幸せだった。」と最後に病床に横たわりながら見舞いされた方にお話したそうで、我々もその言葉に救われた思いです。


亀卦川さんは私より一期後に県議に当選されたましたが、市議5期の経験のあるベテランで地方政治家としては大先輩です。

地域政党2011広報誌画像 076x.jpg


「政和会」、「政和・社民クラブ」、「地域政党いわて」と会派もずっと一緒でした。椎名系譜の本流らしく発言もソフトな語り口で理路自然。一方政治的な局面では大局的な判断をされた方で私も迷った時は何度も助言を求めて助けられました。

中でも岩手競馬存廃の局面では表舞台でも裏舞台でも大活躍された記憶が鮮明です。
本会議で一票差で存続が決定した後、二人でガッチリ握手した瞬間は忘れられません。

ILCに関しては県議会に初めて問題提起をした議員で、当時はILCは海のものとも山のものとも分からない状況でしたが粘り強く当局に提案されて強く働きかけておられました。県議勇退後も民間団体の代表(いわてILC加速器科学推進会議)を率先してお努めになられ、市民周知を図るフォーラムの開催や児童生徒向け副読本の作成をするなどILC実現への情熱は熱くほとばしるものがありました。先日奥様からLCWSの記事を病床で読みながら「やっとここまで来たか」と感慨深く話されていたとの様子をお聞きしました。

ILCの実現を見ることなく亀卦川さんが逝去されたことは誠に残念至極です。残された私たちが亀卦川さんの分まで頑張る以外に恩に報いることはできないと思います。

よくお話しされていたのが、あるパーティーで当時の某代議士の有名夫人が「亀卦川」という苗字を目にして「あら、私の主人の義父の旧姓と同じですわね〜、どうぞ主人を応援してくださいませね。」と話しかけられた時、瞬時に近くにいた某代議士ご本人から「この人はダメだよ、別の人やってるから」と苦々しく放ったやり取りです。この話は私は10回は聞いた記憶があり、よほど亀卦川さんにとって滑稽且つ椎名陣営を支える誇りを感じたエピソードだったのだと思います。

先日同僚の及川敦元議員から東日本大震災の発生時に二人で同じテーブルの下に隠れたなつかしい思い出を電話で話されていました。彼も同じ道を進んできた同志、亀卦川さんの訃報を聞いて悲しんでいました。

まだまだお別れするには早すぎましたが、安らかにご永眠されますようお祈り致します。
posted by 飯沢ただし at 23:56| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

第21回岩手・宮城県境議員懇談会

P1040812x.jpg


昭和59年に第一回の県境議員懇談会が開催されてから今回で21回目の懇談会が去る22日に盛岡市内のホテルで開催されました。年数では32年前に始まったことになります。この継続の力は凄いことだと思います。

私は「岩手県南・宮城県北議員連盟」の会長職を仰せつかっておりますことから今回の懇談会は座長役を務めました。

P1040824x.jpg


岩手県からは来賓として達増知事、田村議長、宮城県からは若生副知事、中島議長にも参加を頂きました。両議長とも各々の県の議連メンバーでもあり両議連としても強力な布陣になっています。執行部の参加も知事部局長級で岩手県が9名、宮城県も9名で、両県の大幹部が一つの会議に集まることもあまり例のないことです。これは両県の先輩議員の活動実績の賜物です。普通なら岩手で言えば地方振興局、宮城で言えば地方事務所の職員対応で済まされるでしょう。過去には両県知事とも参加した時もありました。

P1040813x.jpg


意見交換は
1.東日本大震災津波からの復旧・復興への取り組みについて
@ハード事業の進捗状況について
ア 三陸沿岸道の事業進捗状況について
イ 鉄路復旧について
A放射線対策について
ア 農地汚染、農林水産物被害について
イ 観光風評被害について

2.産業振興の観点から見た「国際リニアコライダー」について
3.ラグビーワールドカップ2019日本大会の釜石開催の成功に向けた取り組みについて

の3点について活発な意見交換がなされました。
鉄路の復旧(復活)の研究やILC実現への政府への要望活動などの建設的な提案もありました。

会長職の私としてはこれらの内容を確実に反映されるようにさらに宮城県との連携を密にして活動の幅を広げていきたいと考えています。参加を頂いた各位に心から感謝を申し上げます。
posted by 飯沢ただし at 23:44| 岩手 ☔| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

12月議会が閉会しました。

文化スポーツ部を来年度から設置する条例改正案に反対しました。単なる反対ではありません。反対のための反対でもありません。議会基本条例に沿った議会のとしての務めです。足らざるところを指摘をし、再考を促す反対です。

形をつくって後から中身を検討する。こんなことは民間では考えられません。

以下、反対討論の原稿をそのまま転記します。

IMG_4730x.jpg



いわて県民クラブの飯澤匡でございます。

只今上程されております議案第3号「岩手県部局等設置条例の一部を改正する条例」に反対する立場で会派を代表して討論を致します。

この条例案の内容は
(1) 文化スポーツ部を設置し分掌事務について定めること。
(2) 国体・障がい者スポーツ大会局を廃止すること。
となっております。

私たち「いわて県民クラブ」は岩手県議会基本条例に定められた第9条の二項、議会は知事等と異なる立場及び権能を生かし、活動しなければならない。第10条、知事等の事務の執行が、適正かつ公平に、及び県民の意向を的確に把握しつつ能率的に行われているかどうかを監視するとともに、これが所期の効果及び成果をあげるかどうかを評価し、知事等に対し必要な是正措置または対応を促すものとする。この条例の趣旨を十分に汲んで以下反対する理由を申し上げるものであります。

そもそも私たちは本県が持っている文化・スポーツの多様な資源については高く評価するものであり、二巡目岩手国体と障がい者スポーツ大会の成功を機にその力を地域振興に寄与させようとすることには全く異存がありません。特に2019年ラグビーワールドカップ釜石開催の成功には県の総力をあげて対応することを切望するものです。

しかし、このたびの文化スポーツ部の新たな部の設置については只今述べた意見と目的が完全合致するとはいえません。なかんずく新組織の設置には施策の具体性や人員規模が適正であるのか十分に吟味する必要があると考えます。なにより現時点における本県が克服しなければならない使命(ミッション)を決しては忘れてはなりません。最重要課題である東日本大震災からの復興を成し遂げるために、県の総合力をいかに効率的に人材投資していくか、この点は組織体系を構築と維持をするうえで県が注力すべき最大のポイントであるはずです。

反対とすると理由の第一は、文化・スポーツに関係する事務の知事部局の一元化に向けてバックボーンとなっている現在策定中の「岩手文化・スポーツ振興戦略」の骨子案をみれば平成33年度までの概ね5年間に、県として戦略的に取り組む施策に指針とするものの実際は戦略的な具体性を欠いている点にあります。理念のみが先行し、県が果たすべき段階的な成果を検証するには適格性を欠いていると言わざるをえません。特にも文化・スポーツには付帯する県政課題として観光部門戦略が組み込まれていない点は、部としての格が維持されるのか疑問に感じます。被災地の実情を鑑みれば、スポーツや文化の力を持って観光を手掛かりにして産業振興を図るべきです。百歩譲って医師確保対策室に例があるような商工労働観光部の観光課との共管にまでは最低限踏み込むべきと考えます。例をあげれば近年外航船クルーズは急速なビジネスとして発展しており、ラグビーワールドカップにもクルーズは有効に作用することが予想され、被災地の地域経済にも寄与するものと考えます。被災地の皆さんもスポーツと実利が連携している形を見ることで復興にさらに前向きになるはずです。当局は観光施策との連携については部局横断的な取り組みで補うと総務常任委員会で答弁されておりますが、これまで達増県政9年の間、部局横断的な取り組みは共通認識を得るだけに留まっており、にわかにその実効性を信用できません。組織に組み込まれて初めて議会も検証結果を得ること可能となる点を指摘させて頂きます。また、世界文化遺産の価値の発信についても言うまでもなく観光政策を抜きにしては語れず、新部の設置には観光施策あって初めて部としての格と政策の実効性が期待できるものと考えます。

理由の第二は部の設置時期と規模であります。部の規模は50人から70人規模になるということであります。いうなれば国体局を廃止して人員規模は新部に移行する形となります。震災復興のために、ただでさえ限られた人員で支えてきた県庁各部署は国体が終了すれば人員回復を見込む期待感は潜在的にあったはずです。所掌事務においては現在施策展開している部局を統合するだけで、新たな人的補強はほとんどないとの答弁でありましたが、それでは当局は現場で働いている職員のモチベーションまで考えが及んでいたのでありましょうか。なおかつ新部設置は先に指摘したようなソフト戦略を基本にした組織体系であり、はたしてこの時期にこの趣旨とこの規模という疑問は職員も十分に感じているのではないでしょうか。時期と規模が適切であったか、人心を掌握した熟慮されたものであったか現場職員のみなさんに今からでも直接聞いてみたらいかがでしょうか。答えは現場にあるのではありませんか。

今回の議案は教育委員会で所掌された文化・スポーツが知事部局との連携が可能になったのは地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正に依るものであり、他県でも先行的に組織改編されている例があります。本県も負けじと積極的に取り組もうとする姿勢は評価するものの、本県の実情に照らした施策展開が期待できなければ新組織をつくった意味が県民利益に反映しないと考えます。

よって文化・スポーツに関する事務の地事務局の一元化には只今指摘した点を指摘して部設置戦略の再考を促すものであります。

議会の議決権の行使は議会に与えられた最高の権能であり、それを行使するには責任ある対応をするのが議員としての務めであります。総務常任委員会の質疑応答でも私は納得できないことから本議案には反対の意思表示をする次第であります。我々が指摘した点を当局が明らかにせず、これから議員の指摘を十分に汲んで施策に反映させて頂きます程度では県民に対して議員の責任が果たせないものと考えます。

posted by 飯沢ただし at 22:07| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

修正案の内容

平成28年12月1日

岩手県競馬組合議会議長 郷右近 浩 様
     
提出者議員 飯 澤  匡



平成28年度岩手県競馬組合一般会計補正予算(第3号)の修正を求める動議
標記の動議に関する修正案を別紙のとおり提出します。

議案第1号平成28年度岩手県競馬組合一般会計補正予算(第3号)について、水沢競馬場映像装置整備にかかる債務負担行為の追加を削除することを要求する。


削除を要求する理由

1 水沢競馬場映像装置設備については、これまで競馬組合議会において岩手県競馬組合から平成28年度当初予算審議の折においても一切の説明がなく、この間競馬ファンからの意向確認調査も行う手順も省くなど十分な政策形成過程を経ない唐突な提案であること。

2 構成団体から特別融資を受けて存廃ルールに従い事業運営している競馬組合は、事業を展開する上において設備投資は計画的に行われるべきであり、当該事業は緊急性が認められないこと。

3 喫緊の課題となっている競馬場走路の安全確保のための抜本的改修や厩務員等への処遇改善等、競馬を維持している競馬関係者の現場に必要なところへ優先的に予算を投じるべきこと。





議案第1号 平成28年度岩手県競馬組合一般会計補正予算(第3号)修正案

平成28年度岩手県競馬組合一般会計補正予算(第3号)の一部を次のように修正する。
第2条第2表債務負担行為補正の一部を次のように改める。

第2表 債務負担行為補正
追 加
   事   項         期   間           限 度 額
水沢競馬場映像装置整備   平成28年度から平成29年度まで    260,000千円
水沢競馬場正門塀改修    平成28年度から平成29年度まで     16,000千円
安代場外屋上防水等改修   平成28年度から平成29年度まで     22,000千円

posted by 飯沢ただし at 01:20| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

修正案実らず

本日、岩手県競馬組合議会がありまして、競馬組合は年度当初より利益が出たので上方修正し、それに呼応した形で補正予算が提案されました。

その中で私が(私たち)が問題視したのは「水沢競馬場の映像装置整備費」です。

この案件はこれまで全く議会でも説明を受けてないばかりか、これを提案するだけの根拠に乏しいものでした。当局の言い分は

・これまでも補正予算については適時必要なものを提案してきた。これも例外ではない。
・全国の地方競馬場で映像装置がない競馬場は水沢競馬場のみ。地全協(地方競馬全国協議会)の有利な補助金の対象になる。

当初予算で計上していた着順表示板の更新だけのものに唐突に無理矢理付加したせいで全体では2400万円弱の予算オーバーとなったものです。

結局、着順表示板の予算は取り下げて、新たに2億6千万円の債務負担行為を設定し、新たに1億8千万円強を基金に積み上げました。

映像装置のスペックはどうなっている?積算根拠は?水沢競馬場のどの場所に設置するのか?映像装置とファンの導線はどうなっている?予算措置する緊急性はあるのか?映像装置より現場に必要な予算措置する方が優先順位は上ではないのか?

これらの私の質問にまともな答弁はありませんでした。かなりどんぶり勘定的な提案かつ白紙委任に近い提案で極めて曖昧な提案です。こんな議案に賛成したのではこれまで爪に火を灯すような現場で競馬を支えてきた人たちに申し訳が立ちません。私は議員に与えられた議決権を行使するに納得できないものには賛成しかねる立場からこの映像装置整備予算について削減の修正案を提出し、対抗しましたが成就しませんでした。

この間の質問のやり取りの中で管理者である知事からの「構成団体から融資を受けた330億円の返済について検討する」の一言でこの修正案は吹っ飛んでしまいました。

「無駄なお金をかけずに現場に回せ」よりも「融資返済」の方が原案に賛成した議員の関心が高かったのでしょう。

政策形成過程が不透明な補正予算を、競馬組合の金回りがちょっと良くなったからといってホイホイと議案を通してしまえば、同じ過ちの道を繰り返すことになります。なお且つそれを知りながら見過ごせば議会の存在意義はなくなります。

何より今日の質問のやり取りの中で執行部は終始制度設計のみを論点にして、競馬を支える現場の人たちへの配慮や中長期的な戦略性のある運営計画(財務も企画も)には一切言及がありませんでした。今日一番悲しく情けなかったのはこの点です。現場で表に裏に競馬を支えている人たちを見ずに、ファン心理も調査せず、上から目線で突っ走った結果が危うく破たんに及ぶことになった大きな要因ではなかたでしょうか。またぞろ場当たり的な経営に逆戻りです。それ以上の失望感を禁じ得ない状況です。これから先地方競馬を巡る状況は、ますます経営環境が厳しくなるのは明らかであり、岩手競馬とて例外ではありません。そんな重要な時期にこんな組合幹部の問題意識の欠如加減では先は全く見通せません。

私は、これまで存廃のぎりぎりの状況の時から岩手競馬を応援する立場でいましたし、存続に賛成した責任も負いながら行動してきました。震災後には売り上げが伸びず、せめて騎手や厩務員のためにと副賞を私が代表を務めている会社で提供したこともありました。
しかし、本日の組合幹部の問題意識の体たらくを見るにつけ、私の心の中の糸がプッツリと切れる音がはっきりと聞こえました。
posted by 飯沢ただし at 23:59| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

愚痴は言うまい、こぼすまい、それが男の生きる道

思い起こせば主なものでも

・岩手競馬の存廃の瀬戸際のとき
・「プレジャーボート関連条例」をつくるとき
・「いわての水を守り育てる条例」をつくるとき
・県立病院無床化問題のとき

私が関わったこれらの事案について、岩手県議会事務局は時には執行部と対峙することも厭わず、議会事務局としての職責に従い、議員の立場に寄り添って一緒に汗をかいてくれた。今でも痛快かつ大切な記憶として私の中にある。

ところが、今、かつて県行政が二元代表制の意義を高めることを理解し、議員の政策形成能力を高めるために議会事務局の機能強化をした高潔な魂は瀕死の状態にある。

議員が依頼した調査事項を執行当局に情報を漏らすということは、事務局の議員との信頼を根底から覆す極めて重大な問題だ。

残念で情けない仕儀であるが、これも現実として受け止めねばならない。
決して職員が悪いのではない。体制に問題があるのだ。

映画「セントオブウーマン」のアル・パチーノの台詞が心を過ぎる。

- Now I have come to the crossroads in my life.
  I always knew what the right path was.
  Without exception, I knew, but I never took it.
  You know why?
  It was too damn hard.

  Now here's Charlie.
  He's come to the crossroad.
  He has chosen a path.
  It's the right path.
  It's a path made of principle,
  that leads to character.
 
- 私も何度か岐路に立った。
 どっちの道が正しい道かは判断できた。
 いつも判断できた。
 だが、その道を行かなかった。
 困難な道だからだ。

 チャーリーも岐路に直面した。
 そして彼は正しい道を選んだ。
 真の人間を形成する信念の道だ。 



困難な道にこそ真理がある。この言葉を静かに噛みしめたい。
posted by 飯沢ただし at 23:03| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

Raise High the Roof Beam,Carpenter!

ILCの県庁内体制強化の件、
総括質疑では消化不良でしたので、地域振興部の部局別審査でも一竿降りました。

ここの答弁でも現状ベスト論を述べるだけで、議論がかみ合わずでありました。要は対外的な折衝力を強化しろという話なのですが、どうも私の話しぶりは相手に対して「おまんら何もやっとらんがー」としか聞こえないようで質問の質にも工夫が足りなかったかもしれません。同じ会派の佐々木努議員からの「飯澤さん、血圧上がりますよ。」のことばが妙に心に残りました。

実は体制強化だけでなく情報発信のあり方にもFBを通じていろいろな方と意見のやりとりをしていて、その中で胆江日日新聞社の児玉記者の意見が的を得ていて、私も痛く共感しましたのでご本人の了解を得てここにその一部を紹介します。


絶妙な身のこなしなができるかどうかなのかな。簡単じゃないんだろうとは思いますが。

対政府、対研究者、対海外、対地元(住民)によってその「伝え方」の姿勢をうまく切り替えできなければいけないと思います。

対外的な部分では、やはり岩手にILCを呼ぶという熱意を示す必要があるでしょうし、そのための具体方針を示すべきでしょう。地元住民に対しては地域活性化とILCとの結びつきをかんじさせる施策が必要でしょう。また、地元じゃない住民に対しては「ここはILCを呼ぼうとしている」というアピールも必要になると思います。

大切なのはこれら、やっていることがしっかり連動していて、それぞれの発信者や実行者がその連動をよく理解し、互いの動きを認識し必要な行動をとっているかどうかだと思います。もし不足点があれば、「これやってみたほうがいい」「ここはこうしたほうがいい」と言い合って、対応できる。わざわざ会議を開かなくても、SNSが発達している時代です。


なによりやめてほしいのは、めんどくさそうな表情をみせることですね。特に事務レベルの担当者に言えることです。分からなかったら、いろんなチャンネルに聴いてみるのがいいんです。自分たちだけでやってしまおうという変なプライドを持ってしまうと、結局、切羽詰ってしまう。僕もそういう変なプライドのせいでいろいろと痛い目に遭いました。


まさに今必要なことを児玉記者は言い当てています。

実際最近はめんどうくさい顔ばかり見ています。
もう少しアンテナを高く上げないと結婚式を欠礼するだけならまだしも花婿にもなれません。
posted by 飯沢ただし at 17:14| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

プロジェクトNのNはコードネーム?

総括質疑の17分は短すぎました。

IMG_2586x.jpg


今回はILCの実現に向けた県の責任ある組織体制の強化振興局の役目見直し、それに絡んだ市町村要望の是正すべき点を中心に質問しました。知事の棒読み答弁をさせないように二の矢三の矢重視でいきましたが、やはり深堀するには時間が足りません。

この次の一般質問の機会に充実させます。(予定では来年の6月定例会)

IMG_2629x.jpg


最後の最後の残り30秒に私が県の政策立案上、問題視している知事の肝いりプロジェクト「プロジェクトN」について尋ねました。

実は先の総務常任委員会ですでに当たっていて前ふり済みの質問です。

「プロジェクトN」とは説明するのも小馬鹿臭いですが、要はタレント「のん」こと能年玲奈さんが県庁に直々に知事に面会を申し入れて岩手のお役に立ちたいとのご本人の意向を知事が即座に汲んで作られたプロジェクトで、部局横断的に岩手を売り出す手段として積極的に彼女を使え!というプロジェクトなのです。

私「Nとは何を意味するのか?」
(特定の個人名を十分に連想させるに十分で、実際に公的機関が彼女の活動を支援するのはとんでもないこと。)

知事「Nとはコードネームである。」
私「???」
私「別の人間が同様の要請に来たらその人の頭文字になるのか?」
知事「それは秘密である。」

コードネームとはよくぞ考えたものです。

なぜ、こんな質問をしたのかというと、「県という公的機関としてのこんな政策立案が思いつきの出鱈目でいいのか」という私の問題意識であり、実際に被災地の首長からは「県は真面目に復興をやってくれ!そんな一タレントにかまう暇があるのか?!」と強く抗議をされたのも事実です。

また、予算はどこから捻出するのだの問いに対して県はイベント予算の中から費用捻出をするので特段の予算はかからないと説明しましたが、それも詭弁。それよりも最たる詭弁は「彼女の活躍は岩手の女性の活躍の励みになる。」

呆れてものが言えません。しかし哀しいかなこれが岩手県政の実態です。

他のメインの質問にも成果のみを並べて問題点は言わない。これで前進は図れるのでしょうか。
しかし、この先3年はどうやってもこのリーダーの下で県政が動くので、めげずに指摘と提案を繰り返していく以外に我々が有権者の負託に応える活動はありません。

それと言っておきますが私は「のん」さんには全く悪意はありませんので、取り違えの無いようにお願いします。問題点はこの件に関して県の政策立案が全く練られていない点にあるのです。
posted by 飯沢ただし at 23:58| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

決算特別委員会で総括質疑をします!

明日から設置される決算特別委員会で、いわて県民クラブを代表して総括質疑を行います。
与えられた質問時間は17分。

決算審議は部局別に行いますが、総括質疑は知事や副知事も答弁者に加わるので、県政の施策の方向性を問う文字通り総括的な質問をするのです。

今回の質問の大綱は

1・震災対応予算に係る決算について
2・県と市町村の諸問題について
3・政策形成の現状と課題認識について
4・情報発信のあり方について
5・ILCの実現に向けた課題について
6・国道343号新笹ノ田トンネルの建設について


以上が併任書記さんにまとめて頂いた項目ですが、実際は複数の大綱を絡めてする予定です。
といってもこれから一人戦略会議なのですが(苦笑)。

嫌味質問の濃淡が問題ですね(謎)。どこまで大人になれるでしょうか。

いずれガッツリやります。
posted by 飯沢ただし at 20:16| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

次の米国大統領は不動産王

共和党の候補になったのも奇跡的と思われたトランプ候補が本選挙まで勝ち上がった。
「負けに不思議なし、勝ちに不思議あり。」とは野村克也氏の言葉だが、この選挙結果は敗北した民主党とクリントン候補の方に大いに原因がありそうだ。

ただ単純に考えればこれまでの大統領選挙でも見られた民主党と共和党の揺り戻しがあったに過ぎないのかもしれない。

youngtrumpxx.jpg


かつてR.レーガンも大統領になったことがあったが、彼は知事を経験しているので素人とは言えないが、トランプ氏はなにしろ政治経験がなく、特に外交政策については全くの未知数。
外交・防衛・通商と対外的な政策については不安がつきまとう。TPPからの離脱も言明しているが、いくら米国といえどもこのグローバル時代に保護主義を実行したところで限界は見えているはずで、何らかの軌道修正が図られるのではないかとみるが果たして?

いずれにしても選挙は恐ろしい。
posted by 飯沢ただし at 23:57| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

一問一答の緊張感

本日は9月定例議会の一般質問初日。

登壇者3人のうち2名が一問一答式で行いました。
トップバッターの「いわて県民クラブ」ハクセル美穂子議員
DSC_1006x.jpg


そして2番手の「自由民主クラブ」の岩崎友一議員。二人とも40代前半と30代後半の若手議員です。
DSC_1012x.jpg


ハクセルさんは2度目の質問にして初めての一問一答式へのトライ。

二人とも自らの関心と問題意識に基づいて当局に食らいつき、二元代表制としての議会の役目をしっかり果たしたと言える内容も姿勢も評価できるいい質問でした。

岩手県議会の議会基本条例制定時に本会議における一問一答方式の採用は、議会改革の一つの象徴でした。従来の登壇方式は再質問は2回までとされていて、質問と答弁がかみ合わないまま終わってしまうという場面もたびたび目にしてきました。傍聴した県民からの「原稿の読み合いは緊張感に欠ける」という声も一問一答方式を選択できることによってその不満も払拭できることになりました。

なにより若い議員が一問一答に果敢に挑戦することはとてもいいことだと思います。
緊張した本会議質問の中で答弁の内容を掴み、それに呼応した再質問をする能力は実践することでしか議員の力が磨かれません。質問者の力量が問われるのが一問一答方式だと私は思います。

実は2009年の6月議会で私が県議会初めての一問一答採用の質問者でした。あれから7年経過しますが、なかなか一問一答を選択する議員が一気に増えてこないのが現状ですが、今日のような若い挑戦者が次々とでてくることを期待しております。
posted by 飯沢ただし at 23:58| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

この国もよくわからん

韓国検察、大統領府を捜査=捜索拒否で対立―「陰の実力者」疑惑
時事通信 10/29(土) 18:11配信

 【ソウル時事】朴槿恵韓国大統領の親友で「陰の実力者」と呼ばれる崔順実氏(60)による機密文書入手、国政介入などの疑惑を調べている検察の特別捜査本部は29日、捜査官を大統領府に派遣し、関連資料の提出を受けた。

 韓国社会を揺るがす疑惑で、大統領府への捜査が開始された。退陣を求める集会も拡大、朴政権は最大の危機にひんしている。

 韓国メディアによれば、大統領府は国家機密保持などを理由に検察の捜索を拒否した。検察当局者は「提出されたのは意味がない資料だ。(捜索拒否は)納得できない」と不満を表明した。検察と大統領府の対立が浮き彫りになり、政権への国民の反発が一層強まる恐れも出てきた。検察は30日午前、改めて捜索令状の執行を試みる方針。

 民間人女性の崔氏をめぐっては、大統領の演説草稿などを入手し、大統領にアドバイスしていた疑いがあり、大統領記録物管理法違反に当たるかどうかが焦点となっている。また、大統領府や財界の後押しで設立した財団の資金を私的に流用していた疑惑も浮上している。 


大統領が引退をすると不遇な人生を送る事例が多いこの国の特徴。

大韓航空、韓進海運、サムソン電子などの大企業も不調で経済も低迷。
慰安婦問題の影響などで日本からの入り観光客も不調。
政治も行く先不透明となると南北統一の道は遠ざかるばかり。

もう少しともに頑張りましょうよ。未来のアジアの平和のために。
posted by 飯沢ただし at 00:43| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

AKB48で締めくくる岩手大会

日にちは前後しますが、国体の後に開催された「全国障がい者スポーツいわて大会」も無事閉会しました。
一関会場で観戦したバスケットボールと車椅子バスケットボールは予想以上の迫力でした。特に車椅子バスケはテレビと違う角度でボールを持たないプレーヤーをチェックすると選手間のポジション取りが激しさに圧倒され、シュートの正確さにも驚きました。

DSC_0969x.jpg


車椅子を前進と後進、右回転と左回転の手と腕捌きの速さの技術とリバウンド時の手の長い選手が有利であることが実力差となるようです。個人の技術の上でのチームとしての戦略的なポジション取り。なかなか奥の深い競技であることを認識しました。

水泳は観戦に行けませんでしたが、地元大東町摺沢の立谷選手は金メダルを2つ獲得し、大いに岩手チームの躍進に貢献されました。

競技は三日間ですので国体と違い選手はほとんど閉会式に参加するので、国体よりも大勢の選手でフィールドが埋め尽くされました。そしてフィナーレはAKB48によるファイナルコンサート!

DSC_0982x.jpg


今回は数曲披露され、選手の皆さんも観客もノリノリで、とても風が強くて寒い日でしたが、競技場の中は盛り上がりました。感動したのは曲が進むごとに他県の選手と選手が輪になって曲に合わせて元気に踊る姿があちこちで見られたこと。感動をそのまま体で表現できるには流石選ばれてきた選手たち、素晴らしいです。

聞けばAKB48は震災発災後から各地で慰問活動をしていて、今回も被災地で初めての国体ということを聞いて何かお手伝いできないかと岩手県側に打診してきたそうです。いい話です。

「あこがれの歌手を目の前にしてよく、直前で見ている人たちは握手を求めに行かないもんだなぁ」とつぶやいたら「そんなことは今ではやりませんよ。」と他の議員に嘲笑されてしまいました。そういえば大リーグでもファンがグランドになだれ込むのは70年代までですから。古い感覚を露呈してしまいました😞。

国体といわて大会も無事に終了し、担当された職員の方々もホッと胸をなでおろしていると思います。
まずは二回大会とも大成功!おめでとうございます。そしてありがとうございました。
posted by 飯沢ただし at 01:10| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

台風10号被害に関して県へ要望書を提出

明日から9月定例県議会(もうすぐ11月だというのに)が始まります。岩手国体と全国障がい者スポーツ岩手大会の開催のため日程が通常より延期になったのでした。

議会開会に先駆けて本日私が代表を務めている県議会会派「いわて県民クラブ」で8月30日に発生した台風10号被害を受けて去る10月7日に岩泉町で被害調査を行った結果をまとめて10項目を「要望書」として県へ提出しました。

20161026163848x.jpg


わが会派の優秀な政審会長である佐々木努議員が取りまとめました。
以下要望内容です。

8月30日に本県を通過した台風第10号により、県内各地で河川の氾濫等による甚大な被害が発生しました。
特にも県北沿岸地域では、多くの尊い人命が失われるとともに、多くの住宅等が損壊するなどの被害を受けました。
また、道路、河川等の公共土木施設や水道などのライフライン、農地、農林水産施設にも被害が及び、東日本大震災の復興途上の我が県に更なる打撃を与えています。
そのようななか、県においては、災害発生後、速やかに現地対策本部を設置し、県直轄での応急的な復旧作業や職員の派遣など、被災自治体の支援に当たられておりますことに対し感謝申し上げます。
しかしながら、被害が広範に渡り、未だに被害の全容が明らかになっていない中、被災自治体においては人的、財政的な負担が増加することが見込まれます。
つきましては、被災者の方々が一日も早く安心できる生活を取り戻すことができるよう、被災者等の生活再建支援、被災地の早期復旧等について次の事項について要望します。

1⃣ 災害応急対策や汚泥・流木処理、災害廃棄物処理、応急仮設住宅の整備など、幅広い財政需要に対応できる弾力的で自由度の高い総合的な支援制度も含め、復旧に要する経費に対し、特段の財政支援を行うこと。

2⃣ 被災自治体では、災害復旧のためのマンパワー不足が生じていることから、復旧事業を迅速に進めるための土木関係技術職員など、専門的知識を有する人材の確保について特段の支援を行うこと。
 また、被災によって心的ダメージを負った被災者の心のケアを行うため、カウンセラー等の人材の確保についても特段の支援を行うこと。

3⃣ 久慈市や宮古市において、中心商店街が浸水被害を受け、多くの事業所、商店等が営業を再開できない状況にある。
このため、低利の融資、利子補給と合わせ、事業の早期再開のための補助制度の創設等、特段の支援を行うこと。

4⃣ 岩泉町では、光ファイバー等の情報通信基盤及び共聴組合の保有する地上デジタル放送共聴施設が大きな被害を受けた。
情報通信は、住民生活に欠かせない重要なライフラインであり、復旧のための財政的支援等、特段の支援を行うこと。

5⃣ 被災地域では、農地、水路等、農業施設の流出や土砂流入、畜産施設の損壊や飼養家畜の流出、定置網やサケ・マスふ化場等の漁業施設の損壊、林道の路肩や法面の崩壊等、県北沿岸地域の人々の暮らしを支えてきた一次産業が大きな被害を受けた。
よって、被災施設の早期復旧により、被災した生産者が早期に生産活動を再開できるよう、特段の支援を行うこと。

6⃣ 今回の台風第10号災害は、長年に渡り河川に堆積した土砂や立木が被害を増大させたという指摘がある。
よって、災害復旧事業において対応できない河道の堆積土砂撤去など、防災・安全交付金等による財政支援の拡充を国に求めるとともに、県独自でもこれまで以上に河川改修に取り組み、今後も起こりうる豪雨災害への対策を進めること。

7⃣ 被災した医療機関や社会福祉施設、学校施設等の早期復旧に対し、特段の支援を行うとともに、災害復旧事業について、補助率の更なる引上げや、補助対象の拡大、施設の撤去等に対する被災地の実情に応じた弾力的な運用について国に求めること。

8⃣ 今回の台風により、我が県有数の観光施設が被災し、岩手の観光産業全体にも大きな打撃を与えている。
このため、被災した観光施設や宿泊施設の迅速な復旧と、観光・物産の早期回復に向けた市町村の取組に対し、特段の支援を行うこと。

9⃣ 被災自治体が行う災害ボランティアの受け入れに対し、受け入れ態勢や環境の整備について特段の支援を行うこと。

1⃣0⃣ 東日本大震災津波からの復旧・復興が道半ばであるなか、追い打ちをかけるように発生した台風10号災害は、被災地域のみならず県民生活や県内経済に大きな打撃を与えている。
被災地岩手の復旧・復興のためには、一日も早く被災者の生活再建、被災地の復旧を図らなければならず、国、県による息の長い支援が不可欠である。
よって、被災地域の復旧・復興事業が円滑に行われるよう、事業に必要な予算の年度内措置は勿論、来年度以降の復旧・復興予算を確保するとともに、国に対しこれまで以上に強力に財政支援を求めること。


先の議案説明会においては県の方も精一杯の補正予算措置をしたと見受けられます。9人が登壇する一般質問でも多くの議員が質問項目に入れています。

県民からの請願等も早くも問い合わせがきていますので、9月議会は会派全体でしっかりと取り組んでまいります。
posted by 飯沢ただし at 20:34| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

宗主国の憂鬱

アメリカ大統領選挙は終盤戦。

uspresident2016.jpg


テレビ討論会をすべてフォローしているわけでないが、あまりに酷い内容に終始して全三回終わってしまった。あんな中傷合戦を見せられてアメリカ国民も大変に困っているのではないか。

かつてハリウッドでも大統領選で議論沸騰し、タカ派のチャールトン・ヘストンとシャーリー・マクレーンが激突し議論沸騰した時代もあったが、今回は共和党候補のトランプ擁護派はほとんど見当たらない。ロバート・デニーロはよくぞこここまでというほどの酷い単語を並べてトランプを非難している。

共和党の存在はアメリカの象徴、すなわち自由と自己責任に基づいた思想で合衆国をリードしてきたが、あのアメリカはどこへ行ってしまったのか?トランプ氏を最終指名するに至らしめる結果に至った原因はどこにあるのだろうか。共和党自体が現代社会と乖離しはじめたのだろうか。

白人のみならず多くの中産階級の失職に追い込まれ格差社会のマイナスターゲットになっている、そうした階層の不満の受け皿がトランプ氏への求心力につながっていると分析されている。これがトランプ現象と呼ばれているのだそうだ。

こうした熟慮を要しない二者択一がまかり通る選挙は本当に恐ろしい。

しかし、クリントン候補も人気がないときているから事態は複雑だ。日本に滞在している米国籍の知人に聞くとトランプは論外、だがヒラリーも書きたくないというケースが多い。

世界を牽引してきたアメリカ合衆国が民主主義政治のお手本としてこれまで位置づけられてきたが、今回の泥仕合の様相は選挙後も尾を引きそうである。すなわちそれは我が国にも大きな影響を与えることとなる。人工知能の急速な発展で経済社会も大きく転機を迎えている中、格差社会の広がりで米国のみならず日本も政治の方向性も曲がり角に来ているのではないかと思わせる今期の米国大統領選挙である。
posted by 飯沢ただし at 23:55| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

ウソはいけません。

蓮舫氏、違法状態「25年超」か 
夕刊フジ 10月20日(木)16時56分配信

 民進党の蓮舫代表の「二重国籍」問題が、さらに深刻化した。金田勝年法相が18日の記者会見で、一般論と断ったうえで「法律の定める期限後に日本国籍の選択宣言を行った場合、それまでの間、国籍法上の国籍選択義務14条に違反していた」と明言したのだ。蓮舫氏の違法状態が25年以上続いていた可能性が高まった。他の野党からの批判も相次いでおり、まさに“内憂外患”だ。

 金田氏の発言は、蓮舫氏が16日、「法務省から(国籍法)違反に当たらないとの考え方を文書で頂いた」と語ったことを受けて、披露された。

 国籍法では、20歳未満の人が二重国籍になった場合、22歳までに国籍選択をしなければならない。関係者によると、蓮舫氏は今月7日付で国籍選択を宣言したため、25年以上も国籍法に違反したままだったと受け止められる。

 民進党の大串博志政調会長は18日、「蓮舫氏は17歳のときに台湾籍を抜けたとの理解だったから、選択まで論理的に行かなかった」とかばったが問題の本質は、野党第1党の党首が国民の前で「ウソ」を付き続けてきたことだ。

 蓮舫氏は「二重国籍」問題について記者団に質問されると、“持ち味”の歯切れの良さを失い、目を泳がせながら説明を二転三転させた。やはり、良心の呵責を感じていたからではないか。

 安倍晋三首相にも13日の参院予算委員会で「自身の責任で国民に証明する努力をしなければならない」と促された。


舌鋒鋭く与党を糾弾しても、質問するご本人が国民に対する信義、信頼がなければ、意味を成しません。党首の二重国籍問題を払拭しないと民進党全体への影響も出てきます。

そういえば民主党時代の事業仕訳で災害復旧費についてもメスを入れようとしましたね。その方が被災地にて現政府に「予算が足りない。憤りを感じる。」とコメントしました。何をか況やです。

posted by 飯沢ただし at 18:28| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

東京五輪ボート競技会場は何処へ

ボート関係者の端くれとして気になる2020年五輪の会場の決定。

もう4年を切っての迷走ぶりは腹立たしさを覚えるようになってきました。

そもそもボート関係者の話もろくに聞かないでボートの歴史や現状も鑑みないで海縁に新コースを作るという案は誰が考えたのか?そして小池知事誕生によってコストが問題視されて降って湧いたように今度は宮城県の長沼漕艇場が代替地として浮上。村井知事はここぞとばかりに猛アピール。確かに東北人としては実現したい話ですが、まだまだ決定には紆余曲折を経て行く気配です。

DSC_0785y.jpg

【宮城県登米市の長沼漕艇場、一関市からも一時間内で行ける】

昭和15年に東京五輪を誘致しようとする頃から現在の埼玉県戸田市にコース建設の動きがあり、1964年の東京五輪では戸田オリンピックコースとして整備され、大学や実業団の艇庫が戸田コースを囲むように建設されています。戸田コースから荒川を経由して隅田川へ繋がりの線を引くことができ、ボート界のレガシーストーリーも維持できています。そういう背景から戸田で活動拠点にしているボート、カヌーの監督さんらが以前から戸田コースにほど近い埼玉県の戸田市の彩湖を推薦していた経過がありました。

国際Aコース認定の長沼はレースをするには申し分ありませんが、東京からの距離的に難を抱えている問題の間隙をぬって彩湖案が急浮上しそうです。ひょっとして彩湖誘導のための長沼がダミーに使われた感も拭い切れません。

いずれにしても関係者の話をよく聞いて決定して欲しいです。海の森の原案は私も評価できません。
posted by 飯沢ただし at 05:56| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

岩手国体が閉会

去る11日に閉会式があり、参加して参りました。
11日間はあっという間に過ぎ去って行った感がありますが、終わってみると妙に清々しさを感じます。

県勢の活躍には目を見張るものがありました。当初から目標は8位以内という天皇杯を是が非でも取るという開催県の定番を振り切った形での選手強化でした。過去に高知県開催でも当時の橋本知事が同様の方針を打ち出したことがあり、開催県が天皇杯を逃したのは高知開催以来となりました。

選手強化にはお金がかかります。東日本大震災の影響もあり、潤沢な予算で臨む国体ではなかったことは仕方のない事由がありました。しかし、限られた強化費の中で本県は天皇杯2位、皇后杯2位は立派な成績です。特に課題とされていた少年種目で女子の団体が剣道で優勝するなど成果を上げたことは指導者をはじめ選手の頑張りの賜物です。

一方、開閉会式での温かい応援も岩手らしさを十分に表現出来たと思います。

DSC_0951x.jpg


国体を直に触れた小学校の児童達には記憶に残る国体になったと思います。

もちろん、課題はありますが、制約された条件の中で大会を成功に導いたのは岩手県民の素晴らしさに他なりません。関係者のすべての皆様に感謝、感謝です。県民も復興に向けて大きな自信を得たと確信します。


閉会式後に会派の仲間二人と記念写真。真ん中の人はかなりレトロ感あふれてますね😵

1476168244771x.jpg


次の岩手国体は約50年後? 現職の議員で次開催も参加出来るのは何人いるでしょうか?

DSC_0950x.jpg

posted by 飯沢ただし at 11:03| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

特別奉送迎

いよいよ明日から46年ぶりの岩手国体が始まります。
明日に先駆けて本日花巻市のホテル千秋閣において天皇皇后両陛下をお迎えする特別奉送迎があり、県議会議員42名がそれにあたり、私も参加してまいりました。

もちろん写真はNGですので、玄関の内側でお迎えした証拠写真はありませんが、一列目でお迎えする機会を頂き緊張しながら両陛下をお待ちし、同僚議員とともに役目を果たしました。

両陛下は明日は国体の開会式にご出席の予定です。
天皇陛下には、いつもながら80歳を超えても精力的なご活動には頭が下がります。そしてそれをしっかり支える皇后様にも。こんな誠実な両陛下の国民であることに嬉しさを感じた瞬間でした。

今臨時国会で皇室典範についても議論となっていますが、天皇陛下ご自身が天皇としての立場振る舞いに責任をお持ちだからこそ天皇陛下御自ら生前退位のお話が出たのではないかと推察されます。
両陛下におかれてはこれからもお元気でお過ごしなされるようご祈念申し上げます。
本日は誠に光栄な役目を頂戴して感激しております。


国体会期中に「いわて県民クラブ」で岩泉町の台風10号被害の視察を行うことを決定しました。被災から一か月を経過しているのですが、被災地自治体に迷惑のかかることのないようにと当初から会派内で申し合わせていたところです。現行の治水対策で十分なのか等しっかりと問題意識を持って行ってまいります。
posted by 飯沢ただし at 23:56| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

菅原経産省事務次官の講演会(2回目)

6月の母校での講演会に続いて、今度は一関商工会議所が主催した講演会にて拝聴する機会を得ました。

DSC_0878x.jpg


今度は学生向けの内容の替わりに今後の景気動向のお話しが追加されました。
やはり米国の景気動向に影響を受けるという図式は昔と変わりなく、特に米国の失業率と景気変換点はリンクしていて、失業率が6月ので4.9%と底打ち加減で景気後退局面の兆候が見られFRBもいつ金利を上げるのかのタイミングを計りかねているとのこと。それに大統領選挙の行く末不透明がその判断を困難にしているそうです。

今後の日本経済成長の課題として
・戦後制度による価値観の固定化が妨げになり、企業と家族のセーフティネット機能低下を打ち破る必要性
・健康長寿の伸びにあわせた高齢者医療費の節約
・財政支出の組み換えによる若年層への投資拡大

を上げられておりました。

一関市の現状と課題についても分析され、市に関係した個別企業の内容に関しても経産省との情報共有はされているようです。

いずれにしてもデータの蓄積量と分析、将来の我が国の方向性を官庁はしっかり定めて行っており、今のアベノミクスを支えているのもこういう方々なのだなということを改めて実感した次第です。
posted by 飯沢ただし at 11:07| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

平泉町合併60周年記念式典

表題の式典に参加してまいりました。
昨日は世界遺産登録5周年のイベントもあり連日の平泉町訪問です。
昭和30年の昭和の合併以来、困難な時を乗り越えられ今日の平泉町につないでこられたこと、町民の皆様に心から敬意を表します。

今日の式典は私が議長代理の祝辞を仰せつかり、用意された原稿を素直に代読する恩恵に与かりました。議員生活17年間で議長代理は2度目で、案外、その機会は少ないものです。

平泉町は一度は現在の一関市の枠組みで合併寸前までの協議がなされましたが、最終的には単独自立の道を選択した経緯があります。式典中にはこれまでの地域の歴史的経過を思い出しながら、仮に一関市の合併が成立しなかったらどうなっていたかということも想像してみました。

地元大東町をモデルケースで振り返ると
昭和30年代の伊東四平町長時は合併間もない赤字再建団体から脱却すべく努力されたこと
昭和40年代の及川正助、伊東勇、菊池隆一町長時は財政運営に余裕が出てきたもののインフラ整備において旧合併町村の地域バランスに苦労されたこと
昭和50年代の菊隆、伊東千賀雄町長時は産業の育成に力を入れたこと
昭和60年代の鳥畑一成町長時には住民サービスに尽力されたこと
平成10年代の小原伸元町長時には企画と巧みな人事掌握により先見的な環境整備を図られたこと

10年ごとの時代で課題の変遷にともない行政の対応は変化をしていったことは明確に分かります。

そして平成17年に合併となりますが、合併から10年を経過して人口の急加速的な減少が顕著になり、もし合併成立しなければ人口規模で交付税額が算出されることを鑑みると大変な財政運営を強いられたことになったのは容易に想像できます。

DSC_0875x.jpg


平泉町も全国の地方に存在する自治体と同じく例外なき課題に直面していくことになり、次の70年目に向けたより戦略的な町運営が求められることになります。広域で支え合うシステムを軌道に乗せれるか、それにはお金も絡んできますし、とりわけ自治体間の信頼関係が不可欠です。その点勝部一関市長は懐深く対応しており今後の発展的な動きを期待しますし、私も合併市の大きな課題である地域内分権についてさらに深く研究してまいります。
posted by 飯沢ただし at 23:58| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

蓮とレンコン


9月16日 夕刊フジより抜粋

今回の民進党代表選は、岡田氏もかつて所属していた新進党が1995年12月に行った党首選にどこか似ている。

 小沢一郎氏(現・生活の党共同代表)と、羽田孜元首相が激突した選挙で、党員票の取りまとめなどをめぐって羽田陣営から「不正がある」などと批判・不満が噴出した。小沢氏が勝利したものの、党内亀裂が広がり、同党は97年に解党した。新進党の活動期間はたった3年間だった。

 政治評論家の森田実氏は「蓮舫氏は代表選を辞退すべきであり、政党としても立ち止まるべきなのに、強行突破するなど狂気の沙汰だ。罰則がないからといって、『二重国籍』は放置して許される問題ではない。政治は倫理であり、国会議員として堕落だ。こういう強引で不公正なことをすると組織は持たない。党員・サポーターは『だまされた』と思い、対立陣営は『蓮舫陣営は汚い』と感じる。臨時国会の最後に衆院解散を打たれたら、焦点は『蓮舫氏の二重国籍問題』となる。民進党は壊滅する。自暴自棄的な自殺行為だ。新進党の二の舞いというしかない」と語っている


最近は新進党も知らない世代も増えてますね。
97年はまだ私は政治に足を踏み入れてませんが、自民党が制度疲労を起こしはじめていて、新勢力の台頭に一時は興奮しましたが、まったくひどい結末に終わったことを今回の民進党の党首選挙で思い起こしました。

それにしても蓮舫代表の強引突破は森田氏の指摘のとおり党内の禍根を残すでしょうね。これでは自民党に対峙するといったって内部が固まらないのではどうしようもないのでは?

二重国籍問題は問題の本質もさることながら、蓮舫氏ご本人の認識の甘さ、詭弁によるごまかし、居直り、状況が不利と見れば心無い謝罪。以前に紹介した国会内のヴォーグ誌撮影問題と全く同じで責任を誰かに押し付けるやり方です。私は蓮舫氏をまったく支持しません。

健全な二大政党時代にはまだまだ時間がかかりそうです。
posted by 飯沢ただし at 23:58| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

加藤紘一氏がご逝去

元官房長官・加藤紘一氏死去、77歳

TBS系(JNN) 9月10日(土)19時11分配信
 官房長官や自民党の幹事長などを務め、いわゆる「加藤の乱」を起こした加藤紘一元衆院議員が9日亡くなりました。77歳でした。

 加藤氏は1972年に衆院議員に初当選。第2次中曽根内閣で防衛庁長官として初入閣したほか官房長官や自民党の幹事長などの要職を歴任しました。また、自民党では保守本流を自認する派閥「宏池会(こうちかい)のプリンス」と呼ばれ、小泉純一郎、山崎拓の両氏と「YKKトリオ」として旧竹下派に対抗し存在感を示しました。

 しかし2000年に、野党が提出する当時の森内閣に対する不信任決議案への同調を表明したいわゆる「加藤の乱」を引き起こしましたが、倒閣運動は失敗。さらには2002年「政治とカネ」をめぐる問題で当時の秘書が逮捕され、いったん議員辞職するなど波乱に満ちた政治家人生でした。(10日20:33)

加藤の乱が際立って放送されているけれど、農政通であり東北の将来ビジョンを持っていた数少ない政治家であったと思います。農政通の政治家の存在といえば小選挙区制度になって都会志向型の政策が目立つようになってきた。日本全体の産業バランスを熟考し、実行するする国会議員はどこにいるのか?

ykkx.jpg


YKKトリオも昭和の響きですね。時の流れは速い。だからこそリスクを恐れず次代への投資をしておく必要があるのです。震災後幾度となく被災地復興の産業の掘り起しを提案していますが本県の成果は如何?

惜しい方を亡くしてしまいました。合掌。
posted by 飯沢ただし at 01:23| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

ブログ11年目へ

平成18年の8月28日にブログを始めてから丸10年となりました。
本日の投稿から11年目に入ります。

正直なところ我ながら良く継続してきたものと思います。(記事の内容は別として)
平成19年の夏ころから1か月最低10投稿を目指してきました。それも継続しています。
当初の目的は「飯沢ただし」の人となりを理解してもらうつもりでしたが、この頃はどうも私の別の目的で活用されている方の方が多いようで、若干戸惑いはありますがそれでも結構でございます。
最近FB等のSNSが発達してブログは時流に置いておかれそうな感がありますが、落ち着いて文章をかけるのもブログは私にとっては大いに価値を見出していますので、これからも自分が感じたことを政治だけでなく関心のあることをつづっていくつもりです。

またありがたいことにこの私のブログ記事に関するご批評も複数頂戴しているところでありますが、匿名の投稿に関してはフェアな議論が成立しませんので、このブログ上での匿名のご意見に対する返信はこれまで通り致しませんのでご了承をお願い致します。

LIF_4252x.jpg


これからもどうぞよろしくお願い致します。
posted by 飯沢ただし at 21:08| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

平泉町から県への政策要望

私の選挙区での県への自治体要望は今日の平泉町で最後になります。
(といっても一関選挙区は一関市と平泉町の二つなのですけど。)

平泉町からの要望項目は21個。そのうち新規は2つ。
要望会では青木町長から直接に4項目について詳細な説明がありました。

P1040643x.jpg


◎平泉バイパス南口交差点から一関バイパス大槻交差点までの安心安全な交通確保を図る整備について
◎主要地方道平泉厳美線の歩行者、自転車道路の整備について
◎「束稲山麓地域の世界農業遺産」への取り組みに向けた支援について
◎企業誘致活動について

P1040644x.jpg


今回はオブザーバーの県議に対して意見を求められる機会がなかったので平穏無事(?)な要望会で終わりました。

今回新たに感じたことは、規模の大きくなった合併市と町では財政規模も役所組織も大きく異なることからあくまで要望会の形態は要望側の自治体で設定するという前提があったとしても、広域振興局はもう少し「町」「村」への対応を丁寧にしなければならないのではないか。どうも町レベルでは県に対して遠慮がちな雰囲気がありありで(その後の意見交換会でどのような議論があったかは承知していませんが)、そこのところは企画部門の係りの方が汗をかく必要があると感じました。

前回の一関市の要望会時にも書きましたが、達増県政3年目以降はまったく同じ形式で行っており、要望会の検証も行っているのかどうか怪しいものです。この問題は知事に対して決算総括で時間をかけて行う考えでおります。
posted by 飯沢ただし at 23:46| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

頑張れ!後輩たち

昨晩から宮城県の登米市におります。
大学時代にやっていたボート競技の全日本新人戦が登米市迫町にある長沼漕艇場で行われていて、母校の後輩たちの応援です。

DSC_0783x.jpg


全日本級の大きな大会は埼玉県の戸田オリンピックコースで行われるのが常ですが、復興支援の関係で宮城県で開催されることになったとか。なかなか戸田までは足が遠のいてしまっている私ですがお隣の県で、それも後輩たちがエントリーしてるとなるとお世話にも気合いが入ります。我々の時代は部の運営面でも大変なことが沢山ありましたが、OB会の組織やコーチングスタッフも整備されて、選手は漕ぐことに集中できる環境が整備されているようです。

DSC_0776x.jpg


久々に若い後輩たちの熱心な姿を見て、私自身の気持ちのリフレッシュになっています。

今日は決勝戦。男女シングルスカル1艇づつ、付きフォアが1艇のレースがあります。
全力を出し切って欲しいと思います。
posted by 飯沢ただし at 07:42| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする