2017年04月23日

メキシコとの思ひで

トランプ大統領の政策の目玉
・メキシコ国境に大きな壁をつくる
・自動車メーカーのメキシコ新規進出は認めない

メキシコが標的になってアメリカ移民の人たちは、安心して住める様子でない模様です。メキシコの人件費は米国国内と比して8分の1とか。結局トランプ旋風の瞬の嵐が去ればどちらも元に戻るのでしょう。国境壁はほとんど漫画みたいな発想で、徳川五代将軍綱吉の生類憐みの令の如く、あっという間に泡となる可能性大。

Jaliscox.jpg

【本船 Jalisco】

私のメキシコとの関わりは今は無きラインメキシカーナ。三井倉庫時代に準専属フォーマンとして仕事をさせてもらいました。クルーはすべてメキシコ人。英語は片言で通じたし、仕事もあまりトラブルのない船でした。日本からの輸出は機械製品や自動車部品が多かったでしょうか。荷物は大方コンテナでしたの横浜停泊に数は1日でクルーとの交流はほとんどありませんでした。

忘れられない思い出として本船横浜岸壁着岸と同時に税関の職員が大挙100名くらい乗船して、麻薬の取り締まりがあったことがありました。結局トイレの天井裏から発見されたとのこと。こういう事案は事前に情報が入るみたいです。

日本とメキシコの関係は良好でトヨタをはじめ多くの企業がメキシコに進出しています。私はメキシコはティファナ(サンデイエゴの隣)しか行った経験がありませんが、港のサリナクルーズなど訪れたい町です。
posted by 飯沢ただし at 00:45| 岩手 ☀| Comment(0) | Good Old Vessels【懐かしの船】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

親方日の丸がダメなのを知る

vishva anuragx.jpg


このブログので気分を変えるために存在するカテゴリー【懐かしの船】
久々に登場する本船は、国営インド船「Vishva Anurag」
Vishva(ヴィシュヴァ)とは「栄光の・・・」という意だそうで、
「Vishva A・・・」と名乗る本船、すなわち同型の船は数種類存在しましたが、他の兄弟船は日本航路ではなく他の航路で働いていたようです。でも確か「Vishva Amber」は何回か横浜に寄港したか。

気分を変えるためと言っておきながら、私が三井倉庫在職中に「Vishva Anurag」は鹿児島沖近辺で沈没しましたがく〜(落胆した顔)
原因は積んでいた荷物が船内で移動したことによるとされています。その船に限らずインドへの輸出品は当時、鉄関係の荷が多く、パイプやコイル、プレートが多かったのですが、私もたまに担当した時に厄介な荷物で「湾曲させた鉄板」があって、荷物を動かないようにするためのラッシングにとても難儀した記憶はあります。運悪く時化に遭遇して「湾曲した鉄板」荷物が動いてしまい、船体のバランスを崩したのでしょう。

沈没後に海難裁判があって、担当したフォーマンも裁判に呼ばれることになって、かなりその方が神経質になっていたのも記憶しています。

この本船に限らず国営インド船会社(SCI)には沢山のことを教えてもらいました。

船国営会社はろくなもんではない。

船約束はいつでも破られる。

しかし、今、振り返ってみると、ビジネスの基本である「忍耐」を学んだのもこの船であり、本担当の別の本船では精神的な教訓はあまり得なかったことを思い起こすと、貴重な経験を積ませてもらったと思います。

仕事はほとんど思うとおりに進まなかったけれど、昼にご馳走になった本場のカレーと、とんでもなく甘いミルクティーと、ビールのつまみに最適なチャパティという煎餅のような食べ物は本当に美味かったです。

インド船の思い出はまた別の本船の時にまた紹介します。
posted by 飯沢ただし at 00:35| 岩手 ☁| Comment(0) | Good Old Vessels【懐かしの船】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

初めての貨物船

4月のこの時期になると学校を出て社会人になった時をことを思い出します。

稼業の運送業と関係のある倉庫会社に入社したものの、任された仕事は外国船の船積み監督(フォーマン Foreman)という仕事。入社間もなくは船会社の代理店の仕事でしたが、フォーマンセクションの人手不足か事務系の仕事が不適格の烙印を押されたかのどちらか、もしくはどちらもで、頭よりも体力と気合を重視する方へと配属されたのでした。

それで先輩に連れられていった最初の船がフランスの船会社で西アフリカ航路の船で
C.R.Doulaという船でした。同じ航路をC.R.AbidjanとC.R.Librevilleの3隻で回していました。(後にC.R.Librevilleが外れてC.R.Poite Noireが参入)

c.r.abijan.jpg


当時の船の写真はなくて残念ですが、調べているといろいろな船会社を経ていまだ現役で頑張っているようです。当時の船は写真の配色とは似ても似つかぬ赤い船体にクレーンは純白で、とても海の青に映えたきれいな船でした。

後に自分がこの船の正担当となり、こちらの船会社の代理店のポートキャプテンには可愛がれてもらいました。この船に関してはいい思い出しかありません。
また、貨物の積荷責任者(スーパーカーゴアテンダント)はフランス人で、彼らと仕事の合間にいろいろなおしゃべりを交わしたのも今となっては自分の世界観を広げるのに大変役に立っています。

士官クラスはフランス人でクルーがアフリカ諸国という船員構成でしたが、一隻だけオールフランス人というのがあって、フランスの方は3時間も昼休みに時間を使い、挙句に食事をする部屋に鍵をかけられて、食事中は一切仕事とは隔絶の状態で、肝心の打ち合わせが出来なくて困ったことがよくありました。

東ドイツの船もたまに担当しましたが、フランス人とドイツ人とではこうも仕事に対する取組姿勢が違うのかとしみじみ実感させられました。

私が新入社員で入社したのも今から約30年前。最近のフォーマンは女性もいるとかで、そのような話を聞くと月日の流れを感じます。

crptnrx.jpg

赤と白の船体の写真を見つけました(2013.8.24)ので追加します。

posted by 飯沢ただし at 23:35| 岩手 ☁| Comment(0) | Good Old Vessels【懐かしの船】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月27日

仕事の終わりを感じない船

連日暑い日が続きます。こうした疲れの抜けない日ということで思い起こす船。

geabulk2.jpg

【本船 Cormorant Arrow 】


正式な担当の船会社ではありませんでしたが、スポットのヘルプでよく行かされた船
はっきり言って、いい思い出のある船ではありません。

頻繁にトラブルがあったことしか思い出せない。そしてやらされ感が充満していた。
(本船ガントリークレーン故障、ツイストロック不足、アンフレンドリーなクルー)

インド船と並び「忍耐」を学ぶ上では大変いい機会を与えてもらったと解釈しよう。

数少ないいい思い出といえば、GBCSという北米向けのコンテナサービスを始めた時に、船内でパーティーが催されキャビア入りのサンドウィッチをたらふくご馳走になったことは記憶してます。

船会社の合従連衡が進む中、この船会社は健在で世界中の海を今でも頑張っているようです。バルクカーゴ(単一荷姿の荷物)写真のランバーやアルミインゴット、ロールペーパー等に特化した船で、船自体の機能の原型を大事にする会社なので、船型を変えることなく地方港にもニーズによって寄港する可能性が高いかもしれません。

釜石港や大船渡港が復興した時に寄港する機会があったら懐かしさは自然にこみあげてくるかもしれません。
posted by 飯沢ただし at 23:57| 岩手 ☀| Comment(0) | Good Old Vessels【懐かしの船】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

祝!社長就任(予定)

私が4年間お世話になった三井倉庫(株)で新社長が誕生するとの情報を耳にしました。
社長予定者(6月の株主総会で正式に決定)は私が横浜支店で大変お世話になった藤岡 圭氏。
藤岡さんと思い出は短い間でありましたが、本当に沢山あります。
身近の先輩として公私共にお世話になった方が社長になるとは大変喜ばしい限りです。

藤岡さんおめでとうございます。

正式に就任の折にはあらためてお慶びを申し上げたいと思います。

藤岡さんとはUASCやSCI、GBCSの船でもニコイチで仕事を教えてもらいましたが、なんといっても藤岡さんと言えばP&Oの船でした。スーパーカーゴのウィルス氏と仕事の打ち合わせをしている光景は眩しかったですね。

Strathelginx.JPG


写真はEクラスの船ですが、シュタルケンの横に5トンのクレーンがそれぞれあるのが特徴。これとほぼ同じ型(と思われる)Fクラスの船で初夜勤を経験。その時にセカンドオフィサーと英語での会話が通じなくて本当に悔しい思いをしました。それが契機で社会人としての自覚と仕事への取り組みが変わってきたと思います。
この船は在職中にP&Oから船籍が変わって横浜港では3回ほどしか仕事をしませんでしが、この船で8ギャングくらい動かしたかったですね。航路が私が担当していたUASCと同じアラビアンガルフでしたので中東向けのプラント輸出が下火になったので荷を集めるのが難しくなったでの航路撤退したのでしょう。

心残りなのは藤岡さんの結婚式の二次会を私が任されてのでしたが、気の利いた企画も出来ずにただの飲み会にしてしまったこと。あの時は今ほど心に余裕がありませんでしたからね。

思い出は尽きませんが、ぜひとも藤岡さんにはわが国の物流に新風を吹き込んで頂きたいと思っております。

内輪ネタで失礼しました。
posted by 飯沢ただし at 23:58| 岩手 ☔| Comment(0) | Good Old Vessels【懐かしの船】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

修行と自信と

IBN HAYYANx.JPG

【本船 IBN HAYYAN】


3月末は年度末。4月に入社した新入社員が、今度は新たに新入社員を迎えるという微妙な時期であります。

この船はちょうど今の季節に私が初めて在来船で1万トンクラスの積荷を任せられた船で、とても印象に残っている船です。その前の夏の暑い季節にF岡さんという先輩と一緒に仕事をして鍛えられた本船でもありました。

1980年代半ば位まで日本の商社のプラント輸出が残っていて、この船会社では東芝の火力発電所のプラントをせっせと何度もクウェートまで運んだのでした。今日では韓国や中国がこの手の大型プラントの輸出に競争力をつけてきて隔世の感があります。

1万トンのブレークバルクを積み終わって、出航していった時は充実感に溢れていました。

鍛えられ、育てられ、自信をつけ そこで人間は成長していくものなんですね。


当時のことを思い起こすと周りで支えてくれた人達に対して感謝の念にかられます。

今、私に置かれている立場で何をすべきか、また考えさせられてくれたる思い出の本船でした。
posted by 飯沢ただし at 00:21| 岩手 ☁| Comment(0) | Good Old Vessels【懐かしの船】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月31日

タイ国と日本

先週に頼んでおいたメガネが出来上がり、さっそくかけて目を慣らしています。

なぜ慣らすのか? とうとう遠近両用メガネが必要になったからですふらふら
ここ最近、新聞や本を読むときにメガネを外した方が読むのが楽になり、いちいち外すのが面倒になってきましたので思い切って購入することにしました。まぁそれなりの年齢になりましたから。


眼鏡店主の話ですと、昨年のタイ国の大洪水でメガネフレームの生産がストップしてしまい、影響を受けた所もあったとか。メガネフレームに限らず自動車産業や製作機械など、コストダウンのためにタイに拠点を移した企業は大きな影響が出ました。

タイ国は今やシンガポールや香港に匹敵するアジアとヨーロッパとの物流拠点にもなりつつあります。国民も仏教徒が多く勤勉であり、また山田長政来日本との交流の歴史もありますから日本企業を受け入れやすい環境が整っています。

外交面でも中国を牽制する意味においてわが国と東南アジア各国との連携の重要さはその重きをさらに増してくるでしょう。


pipat samutx.JPG

【本船Pipat Samut 船会社Thai Maritimeの船】


先週久しぶりに三井倉庫時代の同期と旧交を温む機会がありましたが、このタイ国の船の話題で盛り上がりました。私は当時担当ではありませんでしたが、2〜3度応援に行ったことがありました。

25年前の輸入品は冷凍エビやタピオカ(荷役作業員の頭が真っ白になりました)輸出品はピックアップトラックや小型トラックの半完成品、カーゴノックダウン(CKD)でありました。

今や現地で自動車も生産が可能になり、隔世の感があります。

お昼ご飯を船でご馳走になり、初めて食べたタイのうどん(砂糖をまぶして食べる)の味は忘れられないです。
posted by 飯沢ただし at 12:17| 岩手 ☁| Comment(1) | Good Old Vessels【懐かしの船】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

25年前のクリスマスイヴ

IBN TUFAILx.JPG

【IBN TUFAIL】


三井倉庫に在職中、年末になると必ず横浜港に来る自分が担当だったUASC(United Arab Shippinng Co.)の本船。

この船会社はアラブ諸国の船籍(クェートとかカタールとか)でしたが、船員はパキスタン等からの出稼ぎ集で上仕官はイギリス人というパターン。

イギリス人との仕事はオンとオフとのけじめがはっきりしていたし、何しろ仕事のパートナーがの年齢に関係なく対等に対応してれたので困ったことはありませんでした。(国籍的にいうと日本人が一番厄介でした・・・)

船には国籍特有の匂いがあって、UASCの船はクルーがインド系が多かったので香辛料の匂いでしたがクリスマス時期は特別な馳走が用意されて肉系ソースの甘い感じに変わりました。

荷役を年末までに終わらせなければならない厳しい日程で、普段はやらない夜荷役も敢行されました。

日程がタイトの上に荷もなかなか揃わない、ギャングもキツイ、重いハッチのクレーンが故障・・・などなど想定外の事が起きましたが何とか積荷を積んで次の港へ出航へと仕事とはいえ関係者総出でよくやったものだと思います。

すでに写真の船も廃船となりました。今はこのような一般貨物船は見かけなくなりました。私にとってこのUASCの船の荷役監督をさせてもらったのは人生の経験で本当の宝です。
posted by 飯沢ただし at 12:04| 岩手 ☁| Comment(0) | Good Old Vessels【懐かしの船】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

立川談志さんにまつわる思ひ出



立川談志さんが亡くなられた。享年75歳。

私は偶然談志さんに会って話をしたことがある。
三井倉庫に入社して三年目の春だったと記憶している。今から25年も前のことだ。

会ったその場所は外国貨物船の船上で。

私が担当していた「UASC」の船でシュタルケンの船ではなく25トンジェミニクレーンタイプだったから「IBN BAJJAH]だと思う。

ibn bajjah.jpg

【ネット検索したら画像がありました 本船「IBN BAJJAH」(感激・・・涙)】


週末を挟んで、乗船したらインド系の英国人のチーフオフィサー(私が関わったC/Oでベスト3に入るナイスガイで、運よく彼とは3回一緒に仕事をした)から「昨日、鎌倉に足を伸ばして遊びに行ったら、談志というエンターテイナーに会った。奴は有名か?」と尋ねられ、「そうだ!」と応えたら「今晩彼を呼んでパーティーをするから、お前も来い。」と誘われた。船上でのパーティーは船長の許可がなくては開かれないので、彼はよほど信頼のおける男だったのだろう。船会社の人間にもスーパーカーゴアテンダントにも誘いがなく、仕事関係者で私だけに誘いがあったのでとても嬉しかった記憶がある。

その晩、作業服ではないスーツ姿で乗船したら、とんでもないお祭りが始まっていた。
談志氏が10人以上も芸人を引き連れてきて、上へ下への大騒ぎ。貨物船の部屋の広さは限られているので、あちこちの部屋でマジックあり、歌あり、ダンスあり。談志氏はすでにベロンベロンに酔っ払っていてただただ皆と(主に上級仕官は英国人)と一緒になって騒いでいた。私は何しろ芸能人と一緒に酒を飲むなんて機会も初めてなので緊張しながら場を楽しんでいた。

談志氏の名前がでると必ずあの日を思い出す。そういえばいつもは不便な大黒埠頭に停泊するこの船が、市街地に近い山下埠頭に接岸したのも何かの因縁だったのか。


談志師匠も亡くなられてしまい、頻繁には思い出すことはなくなるかもしれないけれど、あの愉快な夕べの船上の秘密パーティーのことは一生忘れられない思い出だ。
posted by 飯沢ただし at 23:55| 岩手 ☔| Comment(0) | Good Old Vessels【懐かしの船】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする