2020年10月30日

2020市町村ヒアリング@平泉町

いわて県民クラブでは今年も5名全員の割り振りを決めて県内33市町村をくまなく訪問し、聞き取り調査をすることとなりました。

今回の私の担当は一関市、平泉町、陸前高田市、二戸市、一戸町、軽米町の6市町となりました。

9月定例会終了間もない28日にはさっそく平泉町を訪問し青木町長から要望を受け、政策懇談、地域の話題などで有意義な時間を過ごすことができました。

DSC_3812 (002)x.jpg


国道4号の拡幅や県道の整備、世界遺産登録10周年事業、遺跡発掘事業の予算拡充などが主な要望として受け賜わったところです。
言うまでもなく町長は町の行政を与る最高責任者ですから政策議論になると力が入ります。短い時間ではありますが、こうした直の会談によって得るものは大きく、そして政策課題に対する濃淡は毎年違います。

今年度に入って達増知事と首長との会談は6回との決算特別委員会で知事からの答弁がありました。コロナ禍によって現場で起こっている貴重な情報源と積極的に接しようとしないのはなぜなのでしょうか?

来月から本格的に調査活動が始まります。初めて訪問する県北の市町があるので楽しみにしております。
posted by 飯沢ただし at 13:39| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。