2020年02月21日

本日の本会議は代表質問

県議会は今日から一般質問が始まりました。2月議会の初日は交渉会派のみ会派を代表しての代表質問が行われます。

いわて県民クラブからは幹事長の八幡平選挙区選出の工藤勝博議員が4人目で登壇。

DSC_3253x.jpg


わが会派は代表質問で2018年の佐々木努議員が一問一答方式を初めて採用して以来、連続して一問一答方式を採用しています。

2018年 2月議会 佐々木努議員
2019年 2月議会 飯澤 匡
2019年 9月議会 飯澤 匡
2020年 2月議会 工藤勝博議員 

代表質問はテレビ中継があるのですが、視聴者の県民の皆さんには一問一答方式の方が絶対に分かりやすいと私は確信しています。

さて、肝心の中身ですが、勝博議員は前段に本県の農業生産基盤を確立した千田 正知事を引き合いに出して、現状の農業施策の問題点を指摘し、提案を交えて質問を展開しましたが、知事はあえて問題の核心に触れようともしませんでした。いつものように事務方の書いた答弁書を読むだけパターン(-.-)。

代表質問の一問一答は時間が制約されるので(質問と答弁併せて50分しかない)勝博議員はあまり深追いしませんでしたが、このようなトップの姿勢では千田正知事の足元にも及びません。残念なトップマネージメントの現状です。こんな調子で激しい地域間競争に勝てるのでしょうか?多くの県民がこの事実を知らないということも残念でなりません。

来週の一般質問では佐々木努政調会長が登壇します。80分の時間を有効に使って見ごたえのある議論をしてくれると思います。
posted by 飯沢ただし at 23:51| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。