2018年11月27日

答えは現場にあり

すでにご案内のとおり「いわて県民クラブ」では県内33市町村を訪問して県の政策に関して意見聴取をすることとしてました。私の担当分の一関市、平泉町、住田町、陸前高田市、大船渡市、釜石市、大槌町の7市町村の訪問が昨日に終了しました。実はなるべく首長との直接面談を希望していましたので日程合わせに時間を要してしまい会派の締め切り期日を過ぎてしまいました。佐々木努政調会長にはご迷惑をおかけします。

今回は予算要望を受けるだけでなく、県の次期総合計画に対する意見も聴くことにより首長の街に対する将来像に触れることもできました。改選前に行った意見聴取会より充実した内容だったと思います。

DSC_1640x.jpg

【釜石市役所にて野田釜石市長と手交する】

被災地自治体にとって共通する関心事は、やはり国の復興期限が迫り、あと2年余りで終了することに伴う将来の財政的支援の不透明さです。水門や防潮堤などハード事業についても終了の目途がつかない箇所もありました。復興計画期間が県の8年と呼応してる自治体もあれば独自に10年と設定している自治体もあり、また各々の自治体によって抱えている課題も異なります。県のきめ細かい対応が求められるのですが、聴取では十分という評価は少数でした。


次期総合計画に関しては厳しい評価と建設的な意見をいただきました。

・県民ひとりひとりの胸に響く具体的なものを示していない→頑張ろうという気にならない
・震災復興計画との整合性については精緻な検討を要する
・現在では凹んでいるものの潜在力のある部門に注力する工夫が見当たらない
・県境との広域生活圏にも明確な戦略を示すべき

・復興の有力な施策として再生可能エネルギーに着目するのは妥当だが送電網に余裕はなく現実を認識した上で書き込んでいるのか疑問
・政策推進プランの構成割り付けについて不明瞭なものが多すぎる(例)家族・子育ての関連指標に犬、猫の返還・譲渡率???

・経済規模を維持させるために工夫をして生産性を上げる施策が見当たらない
・一次産業の潜在力を高める戦略が見えない(例)これからの10年を漁協中心に生産体制を整備する施策は???時代を読んでいるのか

幸福に関してよりも数値目標やハード事業の着手行程に言及しないのでは予算編成にも問題をきたす等の意見が大勢でした。


また、こちらから促したわけでもないのに「三プロ」こと三陸復興防災プロジェクトについても県が独自に進めているとの意見も出され、我々が指摘していたような一過性のイベントに終わる予想にアキラメムードが漂っていました。これは決して誇張ではありません。

頂いた意見を参考にして12月中に「いわて県民クラブ」の政策要望としてまとめますし、議会活動においても十分に活用させてもらいます。


どの首長さんには貴重な時間を割いていただき心から感謝いたします。おかげで県との距離感は広がっていることも実感できました。特に戸田公明大船渡市長には選挙直前にもかかわらずご丁寧な説明と貴重な資料の提供もしてもらいました。誠にありがとうございました。

posted by 飯沢ただし at 00:03| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。