2017年09月07日

どうなる民進党

民進党の山尾議員が離党したとの報道がつい先ほどあった。
幹事長就任内定から離党へと天国から地獄へとの急展開にただただ驚き、政界は一寸先は闇との言葉が頭をかすめた。

他人の色恋沙汰など私は興味がないし、そんなことは自己責任で行って頂きたいと思っているが、一方、スキャンダル報道を売り物にして購買意欲を煽り、社会に変化を投じようとせんこの下世話なやり方○○砲とか言うらしいが、どうしてもこのような報道姿勢には賛同はできない。私は蓮舫参議院議員の代表辞任には手放しで喜んだが、決して私好みの議員スタイルではない山尾議員であるが、今回の一連の件の顛末については複雑な思いが残る。

それにしても民進党への打撃は大きいだろう。前原代表も大きくマイナスからのスタートとなった。民進党には国民の期待感を取り戻すには相当な時間と努力が必要と思うが、果たして回復はあるのだろうか。私としては今回の代表選でキッチリと明らかになった保守系議員と革新郷愁勢力は一線を画して、別々の政党になった方が国民にも分かりやすいと思うが、はたして今後どうなるか。

posted by 飯沢ただし at 23:27| 岩手 ☔| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。