2016年11月29日

実力が試される日

私は県議会から選出された岩手県競馬組合議会のメンバーの一人です。

12月1日(木)に岩手県競馬組合議会の定例会があり管理者である達増拓也氏から召集されています。

ここ数年慣例で定例会の前日に岩手県競馬組合議会懇談会(競馬組合事務局長が案内を出す。位置づけは任意の懇談会)が開かれ、明日30日(水)も予定されています。

私は執行側のこの手のガス抜きとも思われる手法には乗らずに、本番議会で一発勝負の姿勢でこれまでやってきました。したがっていままでほとんど懇談会には出席したことがありません。私は管理者である知事にも真っ向から議論を挑まないと議会の存在意義がなくなるという考え方です。お忙しい知事や盛岡・奥州の両市長の日程確保も大変ですから、懇談会の設置は本議会を一定程度の時間に収めたいという執行側が考えた苦肉の策なのでしょう。

ところが明日は定例会に上程される予定の議案に対して、また関連した競馬組合の運営に関して他の議員に申し上げたい私の意見があるので、あえてこの機会を使う意味で出席します。

どれだけの波及ができるかどうか私自身が試される明日の懇談会です。
posted by 飯沢ただし at 23:35| 岩手 ☁| Comment(0) | My Opinion 【意見を申す】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。