2015年05月14日

科学とかは何のためにあるの?



どうにも納得できない台湾の措置。
安保法制に係る政治的な臭いもしないわけではないが・・・
台湾も時間の経過とともに大陸中国の影響を排除できなくなるのであろうか。
台湾に残した後藤新平の魂も薄れていくのだろうか。
心に隙間風の吹く事象です。

一方、韓国では安倍総理の米国議会での演説に対して全会一致で糾弾決議を出したとか・・・
こちらは毎度のことですが。
posted by 飯沢ただし at 23:59| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。