2007年02月13日

六カ国協議終わる

ブロブ開設以来、初の国際問題について書いてみます目


北朝鮮の核の脅威はとりあえず回避できましたが、このような外交手段がまかりとおってしまうことに不可解さを禁じえません。

結局、「言うことキカネェとあぶねーぞ、あぶねーぞ」と言い続けていることが通ってしまったということになりました。

各国のそれぞれの思惑がからみ、外交の難しさというものがあるのでしょうが、「なんだかなぁ?」って感じです。
皆さんはどのようにこの結果を評価しますか?


いずれにしても、今後設置されることが約束された作業部会でどのような進展が図られるのか注目したいです。



ところで、気になる「まさお君」が

北京に突如現る。
  
sp2007021202_01.jpg

某民放局の単独インタビューを見ましたが、
英語の流暢なのにビックリ!

さすが英才教育を施されているんですね。
  
posted by 飯沢ただし at 23:30| 岩手 ☀| Comment(1) | Ulala !Masao 【追跡!正男君】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
流暢な英語はまさに一緒。
やっぱり本人?
Posted by 北の使者 at 2007年02月16日 22:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: