2007年02月12日

県政報告会 中間報告その2

県政報告会も47ヶ所を終了。

2月から始まった興田地区シリーズも10日で終了。

週末の昼間は東山町での開催も始まりました。



P1000328x.JPG
〔八日町地区〕

興田地区は典型的な中山間地の農業を主体として生活を営んでいる地域。4年前の報告会では質疑・意見交換の場で地元の道路問題の要望 という内容が圧倒的に多かったですが、今回は

品目横断的経営安定対策に関わって、中山間地の目指す農業のあり方 高齢化社会を実感しながらの これからの地域興しの方策 など提案を交えた建設的な意見交換がなされています。


やはり行政の合併により中心部からの距離感が問題となっており、道路網のアクセス整備には強い要望がされております。しかし、今までなら自治会周辺の道路整備に限られていましたが、興田地区全体のための道路整備要求が各会場でなされていることに生活の広域化、合併したことによる意識の変化が覗えます。


P1000329x.JPG
〔天狗田地区〕


国の打ち出した担い手重視の新しい農業補助金政策には、営農者から不満の声が大きく、自らの地域で実効性のある地域農業をやるためには今回の制度を当てはめるのにはかなり困難だという声です。


県側にこの件を照会したところ、仮にこの品目横断的安定経営対策に加入できない農業者については、

1.稲作構造改革促進交付金
2. 産地づくり交付金
3.中山間地域等直接支払い交付金

を活用して支援に努めるとのことです。が

まだまだパンチに欠ける 印象。


これから諸制度の弾力的な運用はもちろんのこと、ピカっひらめきと光る企画、制度が必用と考えます。

posted by 飯沢ただし at 01:50| 岩手 ☀| Comment(0) | My Report 【県政報告会】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: