2012年12月18日

総選挙が終わる

総選挙が終わった。
杯盤狼籍、道路には野立てのポスターの残骸が泥をかぶり、残っている後は、そこに勝者も敗者もなく、後始末の悪さが政党の選挙に関わった姿勢を物語っているようだ。

結果は自民党の地すべり的勝利。本県もその恩恵に十二分に与かり、比例で3人の復活当選と相成った。
民主党の政権担当能力が疑われ、国民が期待した第三極も野田総理の不意打ち解散にアタフタし、自民党に漁夫の利が回ってきたといったところか。本県の代議士も8人となった。任期は長いようで短い。選挙で訴えた被災地の復興に全力を挙げて欲しいと願うばかりだ。

今回の選挙は、私は、肝心の政策が各党比較しても〇と☓と△が混合して判断が困難な上に、第三極が政策よりも政局を選んだ時点で一気に熱が冷めた。場外で第三極周辺からの要請らしきものはあったが、結果として「地域政党いわて」が特定政党の推薦、支持をしなかったことは正解だったと思う。

選挙前の私の希望は、政界再編が早期に実現するために、健全な保守勢力の結集が可能となるような議席数の配置であったが、結果、自・公で絶対的多数となったとなっては希望も叶うことはなくなった。

本県の政治勢力も一気に流動化することとなった。「民主」が「未来」の怨念の挑戦を撥ね退け、「自民」が議員数の上では台頭した。来夏の参議院選挙に向けた動きも激しくなっていくことが予想される。

「選挙」で示された民意に沿うことの重要性を日頃から力説している達増知事。選挙後なんやら民意の結果に対するコメントが見当たらないが・・・
政治の言葉遊びはもうたくさん。 今からでも知事の職責に100%集中してもらいたい。
posted by 飯沢ただし at 23:27| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: