2011年06月02日

国会議員に憂国の獅子はいないのか!

今日の衆議院、内閣不信任案の提出、採決をめぐる件について

「地域政党いわて」のコメントを出しました。

昨日と今日の動きの中での極め付けは

与党内からも野党の提出した不信任案に「やむを得ず賛成に回る」と息巻いていた議員の大半が翻意して賛成に急旋回。

その理由が代議士総会の菅首相の退陣予定演説と鳩山前首相の党の結束発言であると釈明。

鳩山前首相の「いの一番」の発言も用意周到されたものであったが、密室で菅総理と取り交わした3つの条件は、退陣が担保されているという認識は全く両者間で食い違ったものであったというお粗末。

いやはや国民不在の党内の権力闘争、この国難ともいえる時期に行う大儀は全くなし。
この茶番劇を見せ付けられた被災地の方々は落胆のため息であった。

何をすべきかより、政権奪取と権力の集中にエネルギーが費やされるこの実態、政策よりも情や圧力による議員の行動規範、国民からは理解不能であることは間違いない。

議会制民主主義は多数を取った政党が政権を取るということの単純明快さが、逆に国会内ではモラルハザードを起こしているのではなかろうか? 過去、55年体制時でも角福戦争、大福闘争など自民党内での抗争はあったが、それと比しても今回の政局劇は全く筋が悪い。


優先順位は被災地復旧・復興のためのスピード感ある対応! 法の整備!

立法府に国民の負託を受けて席を得ている国会議員の方々、肝に銘じて行動してほしい。

posted by 飯沢ただし at 23:39| 岩手 ☔| Comment(0) | My Opinion 【意見を申す】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: