2019年05月09日

オジサンいい加減にしてくれ

米中、瀬戸際の応酬 トランプ氏「中国が約束破った」
中国も対抗措置示唆


【日本経済新聞電子版 2019/5/9 10:20 (2019/5/9 12:45)】

トランプ米大統領は8日、2千億ドル(約22兆円)分の中国製品に対する制裁関税を10日に現在の10%から25%に引き上げる方針を巡り「中国が約束を破ったからだ」と批判した。米通商代表部(USTR)は同日に関税上げを正式に通知し、中国も対抗措置を取る方針を表明した。実際に関税の応酬に突入するかどうかは9日から始まる閣僚級協議が焦点になる。

トランプ氏は「中国は取引ができないので(関税を)払うだろう。もし合意できなければ、年1千億ドル超の関税を手に入れることは悪くない」と語った。関税を主に払うのは米国の企業や消費者だが、トランプ氏は中国が負担していると有権者に説明する。習近平(シー・ジンピン)国家主席を「友人の一人」と呼びつつも、知的財産侵害など中国の不公正な貿易慣行も改めて糾弾した。

トランプ氏は5日、第3弾の関税引き上げを表明するとともに、残りの輸入品すべてにも25%の関税を「速やか」に発動すると言及した。USTRは「第4弾」に関しても官報で近く通知する方針だ。産業界から意見を募る必要があるため実際の発動まで2カ月以上かかるのが通例だが、公告を出せば中国への強力な圧力になる。



大国同士のチキンレースにはウンザリする。アメリカ共和党の精神は自由貿易ではなかったのか?

イランにも過剰な政治的圧力をかけて世界経済を混乱させている。シェールオイルの価格高騰が狙いなのか?

大国が自分の国の利益ばかりを優先していると政治に対する不信感も増大する。大国の寛容の精神はどこへ行ってしまったのか?
posted by 飯沢ただし at 19:23| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする