2017年09月22日

嘆息。。。

今日の9月定例会の召集日は任期半分の折り返し期となったことで、慣例となっている正副議長選挙が行われました。

結果から言うと、当方(いわて県民クラブ)が時間をかけて互いに確認しあってきたシナリオは、相手方の都合でちゃぶ台返しに遭い、勝てるチャンスがあった選挙を放棄したという誠に残念な結果になりました。

まったく不可解なのは相手方が、勝てる選択肢より会派内力学を優先決定したことであります。

明日明日には衆議院選挙もあるというのに、こんな信義違反をされると何を信じていいのか分かりません。
今後の政局に大きな影響のあった正副議長選挙、かつ史上最低の中身のない選挙だったと言えるでしょう。まったく情けない話です。
posted by 飯沢ただし at 23:59| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする