2016年04月30日

昭和の日に思う

昨日から世はゴールデンウィークに入りました。
昨日の昭和の日は昭和天皇誕生日。
平成の御世になって早28年、昭和の時代は古き良き思い出の世界に入りつつあります。

昨年は競馬の天皇賞についてを取り上げましたが、今年は昭和天皇のことについて忘れられない記憶がありますので記しております。

中学校の社会の授業の中で我が国の天皇制の是非について先生が疑問を呈したことがありました。天皇制はけしからんといういう強い押し付けではなくてソフトな投げかけだったと思います。いま思えば時は岩教祖の全盛時代ですから、そのようなこともさもありなんです。現代史はあまり学校の授業でやりませんでしたから何かの特別な授業だったかもしれません。当時純粋無垢な生徒であった私はさも知った風に先生の疑問を呈したことを家に帰って親父に話したら珍しく強い口調でこう返されました。

「天皇陛下は戦後荒廃した国内各地を巡り、多くの国民を励まして歩いた事実を知りなさい。」

と これだけ言われました。
後日よくよく調べ、マッカーサーが天皇陛下を尊敬に値する人だということを初めて会って会話した中で強く印象づけたことなどを知りました。

知識は一方的な情報からではなく、多角的な視野ををもって判断すること。この一言で天皇制のことのみならず社会の情報の取り方、物の見方を学んだような気がします。


今夏の参議院選挙を控え、野党の共闘とか民共強力とかでマスコミもその路線を中心に報道されています。私は今、戦後の政党の成立や55年体制の始まりから崩壊まで、その経過を振り返る本を読んでいますが、その中身をしっかり押さえていくと何か大事なものが見えてくるものがありそうです。

椎名素夫先生がよく仰っていた「原点に返れ」今まさにその時かもしれません。

今日IGRの経営に関するお手紙を頂きました。また私自身がやる気になる内容です。
posted by 飯沢ただし at 13:27| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする