2016年02月28日

わが国の平和維持の最前線へ

平成27年度の自衛隊入隊・入校予定者激励会が昨日行われました。
毎年2月下旬から3月上旬にかけてこの会は岩手県隊友会県南支部が主催して開催されています。私は公式行事が重ならない限りここ最近は出席をしています。

DSC_0294x.jpg


安保法制関連法が成立し、なおかつ国際情勢が刻々と決して良いとは言えないほうに変化している中で今年の入隊予定者の数は気になるところでしたが、胆江地区と両磐地区の合計で28名の予定者が参加をされました。

私は今回久しぶりに祝辞を述べさせて頂きましたが、入隊予定者の方々の力強い決意の言葉に感激しながら、保護者の皆様にもご子弟の進路決定に際して後押しをされたことに敬意と感謝の意を伝えました。

東日本大震災時の自衛隊の活動、さらには私も議員になって幾度となく水害にみまわれた時にも自衛隊の協力なくして復旧はありえませんでした。これからも困難な場面に敢然と立ち向かうことが多かろうと思いますが初心を忘れずに志を同じくする仲間と厳しい訓練に耐えて国の平和維持や社会の安寧のために奮闘されんことを心から期待するものです。

DSC_0295x.jpg


恒例になっている自衛隊音楽隊の演奏会があり、アンコール曲は私の好きなカーペンターズの「青春の輝き」 (I need to be in love)でありました。

今日はその後、千厩町で開かれている「千厩ひな祭り」も観てきました。

received_464763170385649x.jpg


FB友達の穂積さんに偶然お会いして写真を撮って頂きました。
20年来開催されている千厩ひなまつりは私にとって歴史ある旧横屋邸に触れるだけでも厳粛な雰囲気になるのですがお祭り自体も年々グレードアップして、すっかり地域の行事に定着した感があります。

千厩という町はこうした文化的な行事にはすっーと自然に地域の皆さんが溶け込んで行う不思議なパワーがあるのです。(もちろんリーダーはじめお世話する方々は大変でしょうけれど)

3月3日までには入場者一万人が達成できるかもとスタッフの皆さんも張り切っていました。達成の暁には花火を盛大に上げるかも?と企画に余念がないようです。さすがです。
posted by 飯沢ただし at 01:37| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする