2015年12月15日

D(どこでも)I(いつでも)O(お電話下さい)が空しさ響く

DIO問題については12月定例議会の本会議でも「いわて県民クラブ」では引き続き問題提起しました。
会計検査院や厚生労働省の調査結果が発表され、補助金返還額が確定したのを受けて具体的な県の対応方針が求められる段階に至ったのを受けての対応です。

他の会派では一般質問で取り上げる様子はなかったので、初登壇のハクセル美穂子さんに質問項目を追加してもらいました。

県の対応方針については一向に具体的なものは示されず、事業を受け入れた当該市町との協議中であるとの経過報告に答弁がとどまっていたので、その中身のない答弁に業を煮やした私は関連質問を知事にしましたが、県の責任意識や補助返還の県の関与についてはいつも通り言及がなされませんでした。

議会はDIO問題の集中審議を通じて、補助金返還額の確定作業をはじめ県の責任所在を明らかにする必要があります。なぜなら反省なくして、教訓や市町村との信頼関係が保持できないからです。来月の復興特別委員会でまずは第一ラウンドで審議する予定となっています。

昨日の一関市議会の一般質問の答弁にて勝部市長は「DIOジャパン問題は県にも責任の一端はある。」との見解を示し、県と市町との立場では隔たりがあることが明らかになりました。

これは重みのある発言です。あらためて県の事業に対するスタンスが問われることになります。

達増知事自らトップセールスまでして引っ張ってきたのがDIO社です。確かに緊急雇用創出事業の破たんの責任は一義的にDIO社にあるとはいえ、県の主導的な役割を果たした来た経過は、トップセールスを重ねただけでも県の事業投入にいかに執着してきたことは明白です。これは否定できようもありません。

いつまでもこの問題を長引かせるわけにもいきませんので、来月の審査には「いわて県民クラブ」が一貫して主張し答弁を引き出してきた「県は市町には迷惑をかけない。」を実行させるように努力してまいります。
posted by 飯沢ただし at 10:54| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする