2015年11月28日

12月定例会が開会しました

昨日、改選後2回目の定例会となる12月定例会が開会しました。

ここ3年は決算審査が継続審査になったため決算特別委員会が開かれましたが、今回は通常ベースの定例会となります。今回は先の記事に述べているように「NPO大雪りばぁねっと。」と「DIOジャパン」関連問題の会計検査院が指摘事項以後の県の対応方についてがひとつの焦点となりそうです。

昨日の代表者会議において、知事から検証委員会へ議会側からの参加の打診とも言える問い合わせが文書で送られてきたことの対応を協議しましたが、知事名で文書で要請した割には曖昧な内容と言わざるをえません。そもそも自らの検証作業の骨格も示さずに議会へボールを投げ入れるとは順序が違う、と私は会議で発言を致しました。

ようやく2度の決議に対して、執行部が動き出したのは了としますが、知事自身の問題意識と具体的な処方策も記者会見においても示されてこないのは長の責任を果たしていないのではないでしょうか。

この件は一般質問や常任委員会の審査で厳しく問われることでしょう。

posted by 飯沢ただし at 22:50| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする