2014年09月30日

イチローの2014シーズンが終わる

NYYichix.jpg


今年はシーズン前に予想していた通り、外野手がダブついたチーム事情がイチローの出場に大きく影響を受けた。大枚をはたいた新戦力をなぜ使わないのかという批判をかわす対象となってしまった。40歳という年齢も控えに甘んじた要因になったかもしれない。

143試合に出場したが、まともにフルにグランドに出たのは100試合に満たなかったのではないか。代走や守備固めに使われるケースもあった。

だが、そんな苦しい環境の中でも、打率はチームナンバーワン。これがイチローたる所以である。
与えられた仕事はしっかりこなす。一年間怪我なく過ごせたのも本人の精進の賜物。

ヤンキースとの契約は今年で切れる。盟友ジーターも引退し、チームの再編が加速を余儀なくされる中で来年も同じユニフォームを着る可能性はほとんどないでろう。

NCM_0960x.jpg

【ピンストライプ姿も今年で見納めか】


メジャー3000本安打まであと164本。記録のために野球をするのではないと本人は強調するが、来年以降もプレーする気力は満々のようである。今年の経験はいい方に活きるとまで言い切っている。

NCM_0956x.jpg


それにしてもジーターの最後の試合で惜別の三塁打を放った。それも普通に走っていっればランニングホームランにな可能性が高かった当たりだったのに次打席でジーターがホームに返してくれると思ってサードベースに踏みとどまった。結果、ジーターの生涯最後の安打と打点でホームイン。

なんという最後の演出なんだろうと舌を巻きました。

どの球団になっても、イチローには来期も健康でいいプレーをされることを心から期待します。
posted by 飯沢ただし at 00:49| 岩手 ☀| Comment(0) | My Favorites 【お気に入り】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

9月定例議会が始まる

4期目の任期、最後の9月定例議会が本日開会しました。
残すところ12月議会、2月議会、6月議会の4回のみとなります。
今議会では私に一般質問の機会を頂きました。

県議15年で一般質問は今回で15回目になりますが、9月定例議会での一般質問は初めてになります。

今議会は、25年度予算の執行を審査する決算特別委員会も設置され、
ここ2年連続不認定という全国でも不名誉な結果となっている決算ですので、マスコミは今年は決算がどうなるのかということに興味を持っているようですが、議会としては粛々と事業とお金の使い方について審査することがもちろん優先です。

達増県政2期8年の政策の検証についてを中心に一般質問を3年ぶりの一問一答方式で質してまいります。
手抜きはしません。
posted by 飯沢ただし at 22:45| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

SLAC視察〜50年の歴史から未来へC

Marc C Ross博士との意見交換。
Ross博士は「 Project Manager for the Global Design Effort 」
国際加速器のプロジェクトマネージャーとしてILC計画にも携わっており、日本にも頻繁に足を運んでおられる方です。

SLACの民間活用の状況ととILCの将来展望について主に伺いました。

P1030071x.jpg


・SLACにおける民間活用について

SLACの周辺では加速器の実験を通じてソフトウエァ、エレクトロニクス、レーダー等民間企業の技術が進歩した。特にシリコンバレーには加速器技術を産業化した例として、粒子線を利用したガン治療装置を開発販売するVarian Medical Systemsの本社がある。また、日本おける加速器技術の産業化については(株)東芝京浜事業所が発展させた超伝導技術や東京電解(株)の超伝導空洞用ニオビウムがあり、これはILCでの活用が期待される。

・ILC実験終了後の施設活用について

SLACでは高エネルギー実験として使用してきた直線加速器を、物質構造科学(ナノテクノロジーやバイオテクノロジー等)のための放射光加速器に転用を進めている(LCLS-IIプロジェクト)。SLACでは直線加速器を高エネルギー物理学用で40年、物質構造科学用で40年と合わせて80年使える施設を目指している。現在SLACは物質構造科学の研究者が所長に就任し、第二のフェイズに入っている。将来の放射光施設はSpring-8(兵庫県にある円形加速器)のような円形よりもエネルギーロスの少ない線形に取って代わる予定であるが、まだ開発段階である。
ILCについても高エネルギー実験が終了した後は、物質構造科学用の施設へ転用の可能性は十分にある。

P1030070x.jpg

【テーブルの日本茶はKEKの鈴木さんが特別に用意してくれたもの】


SLACは初期の目的が達成された後も、連邦政府のエネルギー省が施設を有効活用するために研究目的を時のニーズと国家戦略に合わせながら多様に変化させていることを実感できました。CERNでは民間への活用を目的から除外しているために純粋な研究サイトとなっており、加速器を巨大化して高エネルギーにしていく方向にありますが、SLACは規模は小さいながらも柔軟に対応していることが見て取れます。

ILCによる地域の研究都市形成の進む方向はSLACの方が手本になるのではないかと感じました。それはシリコンバレーがいまだに世界に名だたるリーディング産業群になっているのが証拠です。

今回の視察は短い時間でしたが、ILC実現と地域の環境整備に何が必要か再認識した視察となりました。
posted by 飯沢ただし at 00:30| 岩手 ☔| Comment(0) | ILC 【東北から世界に発信!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

SLAC視察〜50年の歴史から未来へB

研究者の方々と懇談後に施設見学です。
案内は Janie L Nelson博士とGlen White博士にして頂きました。

まずは通行証を頂き、(共産圏の国々への渡航歴を聞かれました。)スタートです。

10629645_337661956388252_3793975125131762206_nx.jpg

途中で暑くなり上着を脱いだ後に、通行証を紛失するという失態をしてしまいました。(すぐに見つかりましたが、焦りました・・・)

まずは1962年に建設された線型粒子加速器。当時は世界で最も直線で長大な建設物だったそうです。
奥行きの深さが判るでしょうか? 地下ではなく地上にあります。

P1030047x.jpg


P1030046x.jpg


2カ所目はLCLSと呼ばれている実験ラボへ

P1030067x.jpg


LCLS(Linac Coherent Light Source)呼ばれる装置はの持つX線レーザーはかつてない精度で物質の構造を明らかにすることが可能で、民間へのデータ解析も提供しています。

P1030058x.jpg


P1030062x.jpg


民間の研究用途に合わせて加速器も分岐をしています。

P1030059x.jpg


現在はLCLSUという次の段階へ進行中とか。

これらの施設で見られることは、すなわち、
米国は「高エネルギー物理」に対する立ち位置の変化があり、高エネルギー物理の全ての面で世界を牽引するよりも、グローバルな研究コミニティーで役割分担をはっきりさせ、その中で米国の得意分野に注力する「研究のグローバル化」へ方針転換した。(ILC通信より抜粋)


このことがよく体現できた施設研修となりました。

P1030066x.jpg

おまけ画像:日本では見られない鳥の巣がありました。
posted by 飯沢ただし at 00:49| 岩手 ☁| Comment(0) | ILC 【東北から世界に発信!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月22日

SLAC視察〜番外編

SLACを視察する前にスタンフォード大を見学して、ランチは大学に隣接しているパロアルト市内で鈴木さんのご案内する店に行きました。

パロアルト市はシリコンバレーの北端に位置し、ヒューレットパッカート社の本社がある市でも知られ、とても清潔な町でした。

店はいつかは行きたいと思っていたアメリカンダイナーの典型的な店。
ジュークボックスは定番で備えてあります。

ダイナーは映画「レインマン」や「アメリカングラフィティ」「バックトゥザフューチャー」等、数々の映画のシーンで使われ、アメリカの食生活を語る上で必要不可欠な存在と私は勝手に思っております。

P1030030x.jpg

【KEKから派遣されている鈴木さん、大変お世話になりました。】


私のオーダーしたのは定番のハンバーガー。フレンチフライの量が半端ではありません。結局、この私でも量が多すぎて食べきれませんでした。

P1030031y.jpg


アメリカの一般的なレストランは量で勝負するところがあって、その分食べきれない分は家に持ち帰りが可となっているのは主婦にとってはありがたいと思います。日本ではパーティとかでは見かけますがレストレンではなかなか見かけないですね。

腹ごしらえをバッチリして視察へと向かったのでありました。
posted by 飯沢ただし at 23:02| 岩手 ☀| Comment(0) | ILC 【東北から世界に発信!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

SLAC視察〜50年の歴史から未来へA

SLACの施設見学の前に、研究者の方々とILCに関して、ILCへの期待や国際科学都市として必要と思われる機能について懇談しました。

P1030044y.jpg


出席を頂いた研究者の方々、左から(敬称略)

三日月Eduardo Marin Lacoma (physicist)
位置情報Thomas Markiewicz (physicist)
三日月Norman Graf (senior research engineer)
三日月Nan Phinney (physicist)
位置情報Glen White (physicist)
犬飯澤
三日月Takashi Maruyama (physicist)
猫鈴木氏 (KEK)
三日月Janice L Nelson (physicist)
位置情報Marco Oriunno (senior research engineer)

位置情報の方は2週間後に一関市で開催されたMDI-CFSのミーテイングにも参加をされています。

P1030035x.jpg


P1030037y.jpg


ろくな私の自己紹介をしなかったせいで、女性のNan Phinney さんから「あなたは一体何者か?」とガツーンと最初に一発喰らいましたが、彼女は懇談中には私が聞き取れていないと思われる他の研究者の発言を判りやすく解説して頂いた優しい方でした。

P1030039.jpg


・ILCのや研究成果や安全性について

iモードILCはあくまでも科学技術の応用を目指すものであり、社会に還元すべきものである。
iモード加速器に関してはスイッチを切って電気を止めれば装置もすぐに止まるものである。日常の安全管理さえしっかりしておけば問題ない。

・国際科学都市として必要な機能

ビルインターナショナルスクール
バス公共のバスや鉄道
ブティック配偶者の働き場所
携帯電話配偶者のためのサービス(コインランドリー、食料品店、日本語学校)
ホテルホテル
ひらめき質のいいカフェテリア(特にコーヒーが美味くなくてはいけない!)
新幹線旅行案内所、旅行代理店
ゴルフ娯楽施設
ひらめきクラブ(地域の住民と交流できるようなもの)
アート芸術とコンサート

リラックスした雰囲気の中で思いつくものを挙げてもらいました。特に「コーヒーが不味いところには誰も行かないよ」と強調されていましたわーい(嬉しい顔)

P1030043x.jpg


・研究者が研究に専念できる環境を求めるサービス
以下のサービスをワンストップサービス

・日本の行政機関との仲介
・家族のビザサポート
・家族の就業の斡旋
・運転免許
・自動車の登録
・通信(固定電話、テレビ、インターネット)
・税務処理
・健康保険
・住居のレンタル(手続き)
・銀行(ATMサービス、外国人向けの銀行口座開設)

一昨年に、CERNで日本人研究者の方々と懇談した内容とほぼ似たような内容ですが、認識を強くしたのはワンストップサービスを充実させるためには地元自治体の職員の人材育成をかなりやらなければならないこと。

今の時点では一関市や奥州市は県を仲介しながら、自分の守備範囲のことをやってれば何とか済むのでしょうけど、やはり自治体の力を相当引き上げないと研究者が必要とされるものはスムーズに解決しないでしょう。

終始リラックスした雰囲気で懇談は終了しました。
研究者はワールドワイドで仕事をされていて(当たり前ですが)ILCに関しては早く動き出すことを希望されておりましたし、北上高地が唯一の候補地であることも浸透されている様子でした。
posted by 飯沢ただし at 23:22| 岩手 ☀| Comment(0) | ILC 【東北から世界に発信!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月20日

アジアマスターズ陸上北上大会

世界各国からベテランの陸上選手が参加するアジアマスターズ陸上が、北上市の北上総合運動公園陸上競技場で開幕しています。アジアマスターズ陸上は、35歳以上のアスリートが参加する国際的な陸上競技会です。
国際的なスポーツイベントは記憶している限り、県内では世界アルペン以来ではないかと思います。

今晩は北上市内のホテルで開会式と歓迎レセプションがあり、私も参加してきました。

国際大会の式典の形式や進行は、なかなか見る機会がないので注目していましたが、日本の型で通そうとすると困難な場面も散見されました。特に歓迎レセプションは開会する前にオードブルの食事レストランに各国の選手が殺到し、乾杯をする頃にはすでに食事を済んでいる選手がほとんど。主催者の思惑通りにはいかなかったようです。何事も経験と積み重ねが必要ですね。

但し、魅力あるものには万国共通魅せられるようで、鬼剣舞の舞踊には多くの選手たちが食い入るように見ていました。演舞が終了して退場後も一緒に写真カメラを撮る姿があちこちにありました。

さて、今大会には地元一関市大東町から県内最高年齢出場者である87歳の鈴木春雄選手が出場しており、早くも60メートル走の「85歳以上の男性の部」で3位スポーツに入賞しています。
鈴木選手は地元では超有名なシニアスプリンターくつで、最近は大きな大会には出場していなかったようですが、地元岩手ということで今大会には満を持して調整されて張り切って参加されたようです。鈴木春雄選手は今年88歳の祝年者で、地元大原の水かけ祭りにも米寿での裸男としての参加を期待していましたが、残念ながら本人の意向で遠慮されたようです。これからも健康に留意されて、百歳超のレース目指してどんどん挑戦して欲しいものです。

haruo suzuki.jpg

【右端が鈴木春雄選手】
posted by 飯沢ただし at 23:56| 岩手 ☁| Comment(0) | The Events  【各種催物】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月19日

恋のチムニーならぬ海底のチムニー!



むむむっ! メタンハイドレイドで将来は日本は資源大国にとの情報があるが、
日本近海の海底には底知れぬ資源が眠っているのだな。

スコットランド独立が可となれば、民族独立ブームで沖縄も!との噂もでたが、ここは我が国はしっかり将来に備えた外交面の領土保全対策と技術面の採掘技術とコストの低減対策を急がねばなるまい。
posted by 飯沢ただし at 23:40| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月18日

独立か現状か?

スコットランドの独立の賛否を問う住民投票が本日行われる。

報道によれば賛否が拮抗していて、女王陛下も異例の政治介入ともみられる発言があるなど、注目をあびている。なぜならば投票結果によっては今後の英国の存立にかかわる問題だけでなく国際社会にも影響が出るからである。

スコットランドのイングランドへの対抗意識は歴史的な背景や北海油田の実利的な問題などが絡み合い、一言で言い切れない根深いものがある。

NCM_0942x.jpg

【紙幣の発行はスコットランド銀行等のスコットランドローカルの£紙幣である。この紙幣は英国内で流通するがイングランドではあまり歓迎されないと当時聞いた。】

1988年にスコットランドを訪れる機会があったが、その独立意識の強さは日本では考えられないものがあり、大変驚いた記憶は鮮明である。

スペインでもカタルーニャ地方の独立の住民運動が盛んになっており、民族の独立と経済の実利を主眼とした目的で国家が成立するかどうか、成熟した民主主義国家がどのような判断をするのか実に興味深い。
posted by 飯沢ただし at 14:25| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月12日

SLAC視察〜50年の歴史から未来へ@

大変ご無沙汰をしておりました。
渡米から帰国後に閉会中の常任委員会、北海道への農業視察、敬老会、地区民運動会、矢継早に議会日程と視察と諸行事が続きブログの更新がままなりませんでした。
今日から通常モードで更新してまいります。
さて、予告をしておりましたSLAC視察の内容を本日からしてまいりたいと思います。

P1030073x.jpg


今回の視察の目的はズバリ、SLACの辿った歴史を調査しつつ、現在も民間活用を積極的に行い(CERNが商用目的が許されない)、研究施設を現在も活用している様子を知ること。

今回の視察もCERN視察と同様にKEKの職員の方にお世話を頂きました。
SLACには鈴木さんがKEKから派遣され、SLACとシカゴのフェルミ研究所を頻繁に往復されているとお聞きしました。

SLACは、正式には SLAC National Accelerator Laboratory(SLAC国立加速器研究所)といい、1962年にスタンフォード大学によりカリフォルニア州メンローパークに設立された国立(連邦政府)の研究所になります。
電子の直線加速器によって高エネルギー物理学を中心とした実験を行っています。現在も合衆国のエネルギー省が所有し、同省との契約のもとスタンフォード大学が運営する形態をとっています。この直線加速器を活用して米国からノーベル賞の受賞者も輩出し、研究成果が世界の多くの研究者に触発を与え、我が国のKEK設立へのスプリングボードにもなりました。

地図にあるようにSLAC周辺は世界に名だたるシリコンバレーが取りまいています。

SLACmap2.jpg


SLAC視察の前にスタンフォード大学のキャンパスも視察させてもらいました。大学は夏休み中でしたが、オープンキャンパス開催中で多くの高校生が来ていました。

P1030013x.jpg

広大なキャンパス、授業料も破格で年間日本円で400万円也とか、もちろん優秀な学生は優遇措置があります。

P1030017x.jpg

KEKの鈴木さんと

P1030024x.jpg

カリフォルニアに突如として屹立する古風な建築物はとても印象が強く残ります。

私がSLAC視察をする前日に茨城県の日立一高(スーパーサイエンス高校として認定されている)が視察をされたようで、海外サイエンスセミナーと称してここまでやっているとは驚きました。事前研修として学校と近い吉岡先生が手掛けたJ−PARKも見学しているようです。
このようにILCが実現すれば学校も多方面で触発されるということです。

P1030033x.jpg


研究室棟で説明と意見交換をしましたが、新しい棟でとても快適そうでした。実は最近までトレーラーハウスを繋げた質素なものだったそうです。
また、研究所周辺にはスカンクがよく出没するとか。
posted by 飯沢ただし at 02:38| 岩手 ☁| Comment(0) | ILC 【東北から世界に発信!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする