2014年05月31日

黒沢尻北小の英語活動の取り組みついて〜成果と課題

自分は三井倉庫に在職時代、イギリス人の船員との折衝で口惜しい思い出があります。
それは自分の30と13の発音が曖昧だったために起こったことでした。

「Thirty 」と「Thirteen」自分は区別したつもりが相手に伝わってなかった。
仕事に支障がおこり、時間ロスが生じました。
そして、さんざんイギリス人の船員に小馬鹿にされました。
後に別の船で「Lorry」の発音でも同じことが起きました。

それらの件があって以来、口惜しくて口惜しくて発音も「teen」を誇張して発音するなどの工夫をしました。結果として失敗して学ばせてもらったことでもあり、指摘をしてくれた船員には感謝をしなければなりません。

P1020392x.jpg


さて、表題の件に話をもどします。
先日、商工文教育常任委員会の視察で、英語教育で先進的な取り組みをしている北上市の黒沢尻北小学校を訪問しました。私は今回の視察でもっとも楽しみにしていた視察先です。実際に授業も拝見させて頂きました。

小学校の英語授業は5、6年生が必修となっていますが、同校は文部科学省の教育課程特例校に指定され、全学年で英語授業を実施しています。平成19年度から英語活動拠点校としての実践を積み重ねており、今年度から実質的に継続形で活動に取り組んでいます。

授業は先生から児童への指示や呼びかけもほとんど英語で行われており、教材の使い方やゲームへの移行も円滑で内容はとても充実していました。

P1020395x.jpg


授業を視察後、担当の先生と質疑意見交換を行い、菊池直子教諭から成果と課題について報告がありました。

成果としては
・低学年からの積み重ねが英語に対する抵抗を少なくしている
・教材が蓄積されている
・数年経過したことの教訓として高学年にはローマ字の書きとりが必要と考え実践している

課題としては
・英語に堪能している人材が少ない
・英語指導力の向上の研修の機会が足らない
・指定校となっているが、専門教師の加配も予算枠もない

北上市教育員会に所属するALT(外国語指導助手)の派遣は毎回ではなく、1日4時間以内でティームティーチングのみとするとの取り決めで、市内の他校への派遣もあることから同校には年間29回の派遣となっています。そして打ち合わせは当日の授業前に行っているとのことでした。

私は、さらにより良く中身を充実するために、効果的なALTの活用を提案しました。前段での私の経験はネイティブスピーカーがその都度発音を注意喚起すれば、何が大事なのか児童は良く理解できるはずです。これを徹底するにはALTとの綿密な打ち合わせによる役割分担が不可欠です。

それにしても、予算なき教育課程特例校とは文科省のやり方には首を傾げてしまいます。

自治体が独自で予算や人材を確保している金ヶ崎町の例があります。

私は、小学生には英語に慣れ親しむと同時に、英語を他の言語としてしっかり相手に伝わる動機付け(例:「Thirty 」と「Thirteen」の違い)は明確にすべきと考えるので、せっかくALTが配置されているのですから有効活用する方策を特例校だけでなく、県の教育機関でもっと掘り下げて研究する必要性を強く感じました。
posted by 飯沢ただし at 00:30| 岩手 ☁| Comment(0) | My Inspection 【視察日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月29日

一日も早い解決を!



今日の夕方、家人から首相が緊急記者会見するらしいよとのことでテレビを見ていました。
ここまで協議が進んだことには評価したいと思います。
安倍内閣が拉致問題に関しては解決可能なもっとも有望な内閣と思っておりますので、期限を決めて石にかじりついても成し遂げて欲しいです。

北さんにおかれては、ここまでしてからミサイル発射などの冷や水をかけるような行動は絶対にやめて頂きたい。
posted by 飯沢ただし at 22:14| 岩手 ☀| Comment(0) | My Opinion 【意見を申す】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月27日

サムライキング号と馬搬について

5月3日の藤原まつりでお世話になったサムライキング号と岩間 敬(いわま たかし)さん

P1020315x.jpg


実は馬搬(ばはん)という仕事が本業です。

216kituke01420190214x.jpg


サムライキング号は以前は北海道のばんえい競馬で活躍した馬で、2006年にデビューをして2歳時にはオープンにまで上がった馬でした。

現在はサムライキングは遠野市を本拠地として、岩間さんと共に山からの木出しや運搬の仕事をしているのです。昔は山の仕事だけでなく馬は運送の担い手として活躍していましたが、モータリゼーションの発展とともにその姿を見ることはほとんどなくなりました。

岩間さんは人間と馬との関わり方や馬搬の技術に惚れ込み、本業だけでなく山の環境に優しい馬搬の普及活動に尽力されています。詳細は下記のリンクを参照して下さい。とても興味深い内容です。

遠野馬搬振興会

また自ら馬力舎を主宰しておられます。

仕事にはスピードと効率が最優先の現代ですが、大量消費を優先したしたあまり人間の欲求に応えらえるエネルギーを確保するためにとんでもない自然に対する負荷をかけてきたことは否定できません。しかしだからといって自然環境を守るために18世紀や19世紀に戻る生活をするというのも現実的な話ではありません。

自然との調和。この命題のために我々はその折り合い方をどのように工夫していくのか。それが環境の世紀といわれる21世に求められていると私は強く感じます。

先の藤原まつりでサムライキングを引いて道中一緒だった岩間さんとは、ずっと環境の負荷の低減についていろいろとお話をすることが出来ました。とても素晴らしい時間を共有できたと思います。
posted by 飯沢ただし at 00:42| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

なでしこジャパン大したもんでがす。

 女子アジア杯サッカー初優勝

NCM_0824x.jpg


アジア杯は国際Aマッチに認定されていないということで海外組の招集が限定的にもかかわらず、すばらしい成果を上げました。キャプテンの宮間の技術もキャプテンシーもすばらしいですね。見習うべき材料たくさんあります。

個人的には宇津木の評価が今回の大会で急上昇グッド(上向き矢印)。FWの高瀬も頑張りましたが、欲を言えばゴールが欲しかったかな。あらためて川澄のスタミナ、澤や岩清水の勝負強さに舌を巻きました。

次は来年のワールドカップ2連覇が目標になりますが、課題を克服して頑張ってほしいです。

今大会ベトナムvs中国のマッチが実現すればもっと面白かったですね爆弾
posted by 飯沢ただし at 01:13| 岩手 ☀| Comment(0) | My Favorites 【お気に入り】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月24日

宮城県の被災地を公式視察

先週になりますが、隣県である宮城県の復興の様子を知り、今後岩手県と連携して国に対して制度設計等を求める可能性が十分にあることから、県議会の東日本大震災津波復興特別委員会の議員派遣で宮城県庁、宮城県議会、石巻市の水産会社、南三陸町を訪れました。

P1020373x.jpg


南三陸町ではゾーニング計画に沿った街づくりが進行中。
嵩上げ作業は緒に就いたばかり、赤い線まで土を盛っていく予定。

居住区域は高台、商業区域は海側と明確な線引きをされている計画との説明でした。
宮城県は河口部分は水門では管理せず、河川改修で行う方針とされ、本県との違いが明らかになりました。

P1020374x.jpg


JR気仙沼線はBRTによって代替されています。
実際に乗ってみて、一部区間鉄路の軌道上(簡易舗装された)を走りますが、隧道をくぐる車両規格のため、バスのスペースは狭く、エンジンも小さいエンジンを搭載、防音措置も不十分で会話も声を高くしないと聞こえません。

鉄路は鉄路で復旧しなければ意味を成しません。

P1020377x.jpg


P1020378x.jpg


宮城県は岩手県のほぼ倍の被害であり、県内全域を均等に復興させていく困難さを肌で感じました。
産業振興については本県よりも県が水産業、新産業への参入にしろ主導的な役割をしているように受け取りました。街づくりには用地の確保等の課題が山積しており、宮城県との連携を一層強化する認識はさらに増した視察でした。
posted by 飯沢ただし at 23:58| 岩手 ☀| Comment(0) | My Inspection 【視察日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

震災がれき広域処理に関して御礼行脚

先週の5月12日(月)から13日(火)にかけて岩手県の震災がれきを受け入れて頂いた自治体に、県議会として受け入れの御礼の訪問活動を行いました。

県議会では事前に受け入れについて要請活動を行った自治体を中心に全体では9自治体を訪問することになっています。

岩手県の震災がれきの総量は52万5千トン。そのうち広域処理で処理して頂いたのは32万7千トンにも上ります。国で設定したがれき処理の予算スキームは3年以内という期間が設定されていたために、広域で対応しなければ到底処理を完了することは不可能でした。

広域処理の内訳は
青森県  59,204t
秋田県  37,538t
山形県  77,688t
宮城県   4,326t
群馬県   7,674t
埼玉県  1,147t
神奈川県   159t
東京都  106,052t
新潟県    291t
富山県   1,256t
石川県   1,953t
福井県     6t
静岡県   3,176t
大阪府  15,299t 

青森県議会、大阪府議会の正副議長、大阪府に御対応頂きました。

P1020340x.jpg

【青森県議会】


P1020338x.jpg

【青森県議会】


P1020358x.jpg

【大阪府議会】


P1020363x.jpg

【大阪府議会】


東日本大震災の復興のためにさらなる連携を図っていきたいとの意見があり、感激をしたところです。
私からはこれからも復興のために足かせになっている問題、たとえば用地取得の法改正等、被災地の復興に必要なものについて積極的な理解をお願いしたいとの発言を致しました。

時折しも「美味しんぼ」の漫画で震災がれき処理を受け入れた処理場の近くで、健康被害があったとの震災がれきとの関連性をにおわせる表現に対しての大阪府の対応があったばかりで、我々も取材を受けるかもと想定していましたがまったく何もありませんでした。

受け入れして頂いた自治体には様々な風評を乗り越えて、苦しい時はお互いさまの精神で実行に移したその決断と実行にはあらためて敬意を表するものです。

大阪府が受け入れたがれきは宮古市からのがれきのみで、当初から放射性物質汚染については因果関係が薄い地域であり、なおかつ搬出の際は放射線測定を行い安全を確かめ行ったものでした。これからも風評被害の払しょくには科学的根拠に基づいた正確な数値をもとに判断をしていただくことを社会に理解を求めていくことが求められます。
posted by 飯沢ただし at 11:59| 岩手 | Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

元大関魁傑が急死



kaiketsu.jpg


実力者がひしめいたいた輪島、北の湖が活躍した70年代半ばに、正々堂々とした取り口が印象的な力士だった。自分の魁傑関の一番の思い出は大関をいったんは陥落したが再度大関に返り咲いたことだ。不屈の精神に驚いた。

引退してからも角界を揺るがした野球賭博問題に理事長として批判を恐れず改革を断行した。期せずして理事長になったのも彼以外に解決できる人物はいなかったからだと思う。

「休場は負けと同じ」と徹底した考え方を実践したと聞く。角界には珍しい半端ない読書家だったとも聞く。
魁傑はまさに快傑だった。
66歳の死は早すぎる。
posted by 飯沢ただし at 23:56| 岩手 ☁| Comment(0) | My Favorites 【お気に入り】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

国の守りは誰がするのか!

896自治体が“消滅”か 日本創成会議

日本テレビ系(NNN) 5月8日(木)21時57分配信 
民間の有識者で作る「日本創成会議」人口分科会は8日午後、2040年の国内人口を独自に推計した結果、全国で896の市区町村が人口減少による消滅の可能性がある「消滅可能性都市」だと発表した。

 人口推計は国立研究所がデータを発表しているが、増田寛也元総務相らは、地方から大都市に移る人の動きは収まらないとしてデータを再計算。特に子どもを産む20代と30代の女性の人口が2010年時点から半減する自治体を消滅可能性都市に分類した。

 その結果、全国で1800ある自治体のうち、2040年にはほぼ半数の896の自治体が「消滅可能性都市」で、特に青森、岩手、秋田、山形、島根の5つの県は自治体の8割以上が「消滅可能性都市」だという
 増田氏らは、現状1.4人の出生率を2025年に1.8人とすること、また大都市、特に東京への一極集中に歯止めをかけることなどを柱とした政策提言も合わせて発表した。


昨年末から増田氏は人口減少問題について独自に調査をし、社会に対して強く警鐘を鳴らし始めた。その心は都市への人口流失と出生率の低下が国の政策として何ら系統立てた政策となっていないからだ。政府は閣僚に担当大臣は据えるものの、根幹の問題としてこれらの問題は扱われていない。

日本創生会議が個々具体に自治体名を出して発表したのは、国民に対しての直接的な危機感を持ってもらう必要があるからだと推察する。自治体の8割が消滅可能性が高くなる危機的な県は地方自治の根幹を揺るがす大問題としてとらえなければならないだろう。地方自治の問題もさることながら国際的な地域紛争が顕著になる中で、若年人口がスカスカになってしまい国の安全は誰がするのかという極めて切実な問題も忘れてはならない。

大企業の強制的な地方への分散、小さな政府への転換と地方分権の強化、中央官僚機構の減量化など既得権にとらわれずに動かすところから動かさないとこの国の未来はない。
posted by 飯沢ただし at 17:02| 岩手 ☁| Comment(1) | My Opinion 【意見を申す】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月07日

「春の藤原まつり」いい出会いをありがとうございました!

五月晴れに恵まれた5月3日(土)に春の藤原まつりのメインイベントである源義経公東下りに参加をすることが出来、落馬することもなく無事に与えられた役目を完了しました。

P1020257x.jpg


朝8時に平泉町役場に集合し、扮装の用意を整えます。
ちなみに衣装、鬘、刀等の小道具と用意と着付け等は京都太秦のプロ集団だそうです。
私が扮する藤原泉三郎忠衡の衣装も準備万端。

P1020202x.jpg


P1020203x.jpg


鬘を被る下準備とメイクも施されます。
鬘は専門家の手で入念に行われます。鬘は事前に頭のサイズに合わせて準備されているのでサイズはぴったり。メイキャップは地元の美容師さんたちが万全の協力体制。

P1020209x.jpg


当日までに計画されていた小顔変身作戦が実行されることなく失敗したので、メイクの方に「なんとか小顔になるようにお願いします。」との申し出も、「水化粧してしまったので今からではちょっと無理」
やはりそうであるか・・・

P1020226x.jpg


子どもたちは、より可愛い〜くなりました。

P1020221x.jpg


さて、私はというと、こんなんになりました。流行の太眉でっせ。
義経公をお守りする忠義の武将というより、悪徳になりきれない平安貴族?

P1020230x.jpg


役者には一人ひとりに専属の係が付いてくれるのですが、私の担当は高校3年時に机を並べた千葉登君。
道中も同行した家内にいろいろと配慮してもらいました。

P1020233x.jpg


準備が整ったら、中尊寺の第一駐車場へ移動です。
駐車場では馬たちが今か今かと待っております。丈夫で気性のいいお馬さんに出会えるか???

P1020242x.jpg


相棒は遠野から来た「サムライキング号」に決定!
引き手の岩間敬(いわま たかし)さんはオーナーでもあり、サムライキングと馬搬(ばはん)の仕事をなさている方です。岩間さんとサムライキング、馬搬については日を改めて書きます。

P1020248x.jpg


お迎え行列は中尊寺から毛越寺まで義経一行をお迎えにいく行列。
JR平泉駅前のロータリーを一周。参加者はここで他の参加者の様子を初めて見ることができるのです。

P1020271x.jpg


毛越寺に到着。

P1020285x.jpg


昼食後に記念撮影。さすがに役者さんは顔が映えます。

P1020294x.jpg


毛越寺内で秀衡公が義経公にねぎらいの言葉をかける場面の直前のスタンバイ状態。

P1020296x.jpg


毛越寺池で義経一行を秀衡公は歓待します。その他の配役は池前で待機。

P1020307x.jpg


そしてお待ちかねの本行列がスタート。

DSCF0211x.jpg


世の中にこれほど若い女性がいるのかと思うほど特定年齢、特定性別高密度の状況に驚き。
馬上からは本当に周りがよく見えます。
こんな私にも声をかけて頂いた皆さんありがとうございました。
「メガネがないからわからなかったよ〜」ごもっともです。

DSCF0229x.jpg


観衆の99%のお目当てはこの方山本祐典さんです。ファンサービスも怠らない立派な俳優さんでしたよ。
私もこれから応援します。とりあえずはカルピスソーダを飲みましょう。

DSCF0234x.jpg


中尊寺に無事到着。勝部市長扮する秀衡公の牛車の牛さんは月見坂でダウンだそうです。
私と一緒で普段の調教が足りなかったか?!
馬搬で鍛えられているサムライキングは坂を生き生きとして上りました。全く息も上がりませんでした。

P1020322x.jpg


他の役者さんの到着を待ちます。この後、金色堂前で一緒に世界平和のご念仏をしました。

P1020324x.jpg


これほどの大行事を半世紀以上にわたり継続されてこられた関係者のご努力は、参加して初めて気がつくことが多かったです。平泉町民がこぞってこの行事を支えていることに直に触れることにより、よく認識することができました。あらためて心から敬意を表します。

私にとっても一生の記念となるイベントでした。
また多くの方々との新しい出会いもあり、大変ありがたく感謝申し上げます。

世界遺産登録3周年。
むしろこれから様々な整備が必要となります。
貴重な歴史財産を後世に確実に伝えるために私も微力ながらお手伝いしてまいります。
その決意を新たにした今回の東下り参加でした。
関係者の皆さん、本当にありがとうございました。
posted by 飯沢ただし at 14:21| 岩手 ☀| Comment(0) | The Events  【各種催物】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

いよいよあす本番です!

今晩はホテル武蔵坊で歓迎レセプションでした。
出演者全員と中尊寺の山田貫主で記念の写真。

P1020198x.jpg


春の藤原はつりは64回目、義経公東下り行列は53回目だそうです。
私の生きている歴史と共に東下りがある。すばらしいご縁です。

会は明日の本番に備えて早めのお開きとなりました。
同級生の登君が私のお世話をしてくれると聞いて安心して明日に備えることができます。

それでは今日は早めに休みます。私を見かけたら手を振って頂ければ大変に嬉しゅうございます。
posted by 飯沢ただし at 21:37| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする