2013年12月01日

今年最後の県政報告会

予定していた地区別報告会のうち、やり残していた大東町大原地区における県政報告会を昨日実施しました。

P1010054x.jpg


休日の日中にもかかわらず多くの方々にご参集を頂き、感謝感謝です。
7月のILC計画の国内候補地が決定してからと予定していましたが、8月に延期され、そのうちに市議会議員選挙があったりで11月末まで延び延びになってしまいました。

質疑意見交換では、やはりILC衝突地点予定地ということもあり、ILCへの今後の予定についての関心が高い質問が出されました。
また、大原地区は陸前高田市へのエントランスの位置にあり、被災地復興に対しても内陸拠点として重要な意味を持つ地区になります。
地域の皆さんが心配している県立大東病院の内容充実、新笹の田トンネルの建設などソフト面、ハード面とも喫緊の課題が多い地区でもあります。ですから質問の内容も多岐にわたり真剣なものがほとんどでした。地域医療の充実には県だけでなく一関市との連携もこれまで以上に重要になりますし、地域の方々の協力も不可欠になります。それらについては今回は丁寧に説明を尽くしたつもりです。

県政報告会は後援会が企画している地区毎のものを主体に行っていますが、時間が合えば少人数でも対応しますのでぜひお声がけ下さい。

posted by 飯沢ただし at 21:48| 岩手 ☁| Comment(0) | My Report 【県政報告会】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする