2013年11月30日

検証委員会を設置

251129決特(商) (3)x.jpg


「大雪りばぁねっと。」問題の部局別審査が先日行われ、先に行われた参考人質疑を踏まえての質疑が交わされました。昨晩のテレビで若干私の質問する場面が映像で流れたようで、地元でも反響があったようです。

さて、先の参考人質疑では「御蔵の湯」も知りませんなどと極めて不誠実な、当時の現場責任者の意見珍開がありましたが、昨日の委員会では高橋課長はじめ執行部は誠実に答弁された印象です。

ただ、県が主張している「県の立場としては山田町に関与した部分で問題がなかった。」の内容には納得いかない部分があります。

私が重要視したのは
1県は23年度の事業完了検査(問題の御蔵の湯を含んだ)を山田町が了としたものを簡単に認めてしまったこと。

2御蔵の湯が当初より事業費が大幅に増加したことやリースならば可という不自然な判断と、なおかつリース事業者の実態も明らかにせず見過ごしてしまったこと。

この時点でしっかりとした復命書の指摘に基づいた完了検査をしておけば、「大雪りばぁねっと。」の杜撰な公金支出を食い止めることが可能だったはず。
執行部側にしてみればあくまで結果論と言いたいでしょうが、結果責任はしかるべき時点で責任を負う当事者が100%責任を果たしたのかを議会は監視をする必要があるのですから見過ごすわけにはいきません。

県側はその点については反省すべき点と素直に認めました。

一方で、同僚の及川あつし議員が指摘をしていたとおり、昨年度決算不認定とされた「花泉診療センターの民間移管問題」では内部組織検証チームでとどまったものが、商工労働観光部では外部の識者も入れた検証委員会を立ち上げると答弁したことは評価はすべき点と思います。

この問題は山田町が「大雪りばぁねっと。」を提訴して公判中でもあり、これから裁判の中でも真相が明らかになってくると予想され、議会でも継続して注視する必要があります。

先の参考人質疑の内容は被災地自治体でも話題になっており、県の責任回避の態度が前面に出ている状況が県行政への信頼に影を落としていることは事実です。言葉だけでなく県と市町村が一体となった復興が出来るかどうかは県の今後の対応にかかっていて、その責任も重大です。
posted by 飯沢ただし at 21:12| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月28日

心穏やかに

P1010047x.jpg


いつもお世話になっている文房具屋さんから私のイラストをコースターにしたものを頂きました。
こういう心遣いが嬉しいですね。
イラストは妹の友達のイラストレーターさんが描いてくれたものです。

イラストのように心穏やかに明日の委員会に臨みたいと思ってはおりますが・・・
posted by 飯沢ただし at 13:13| 岩手 ☁| Comment(0) | Various Goods 【気になる品】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月27日

自分の悪い癖

調べ始めて興味を持つと止まらない、自分の悪い癖。
前回からの時刻表シリーズ。

今回は自分の生まれる20年前の時刻、昭和15年の「鉄道省編纂 時間表」から
マイレール大船渡線はどうかというと

P1010044x.jpg


戦前ということもあり、本数が少ない。摺沢〜一関間は60分、蒸気機関車のわりにはそれほど遅くはない。
駅名の前にある〒マークは当該駅で郵便の扱いをしていたと推察される。この当時は時間表記が24時間で表記されていないのも新鮮な驚きだ。

もっと驚くのは時代を反映した巻末の広告。
「大陸への最捷路 挑戦へ」
外地で一旗揚げようと野心旺盛の人はこの広告を見て、胸躍らせてたのでしょうね。

P1010043x.jpg


釜山から北京までの直通急行は何時間かかったのだろう?

現代は尖閣諸島をめぐって勝手な線を引き諸外国の顰蹙を買っている中国。
中国と日本との外交関係が微妙になっている今、この時間表は歴史の証人たる役目を十分に果たしている。
posted by 飯沢ただし at 23:23| 岩手 ☁| Comment(0) | My Boom【密かなマイブーム】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月26日

飛ぶ鳥後は知らんぷり

山田NPO参考人質疑は2人の意見の対立が明確に表れた。

前町長沼崎氏は「町と県は一体で事業を進めてきた。事業計画も県とすり合わせて行ったもの。」
前沿岸広域振興局副局長で県側の責任者であった菊池氏は「事業主体はあくまで町。県は制度についてアドバイスしたのみ。(問題となった)御蔵の湯については具体的に知らない。」

山田町は県のお墨付きがあったか事業を継続させたと言い、県側はあくまで事業と補助金が合致しているかを調べたに過ぎないと言う。

まったくの平行線で終わった質疑になった。結果論だが、菊池氏の後に沼崎氏に質疑の機会を再度与えたら真相は深めることができたか?(物理的にはかなり困難だが)

それにしても県側の参考人は被災地最前線で自治体と具体的な事業を摺合せて行う責任者。
その責任者が御蔵の湯を知らぬ訳がない。知らないということは被災地で何の仕事をしていたのかということになるのではないか。このような制度論、建前論を振りかざして自らの責任を回避したつもりだろうが、

こんな空虚な答弁をくりかえしたツケは県政全体の被災地への取り組み姿勢全体に関わってくる。

29日に行われる所管の商工労働観光部側の答弁はかなり難儀するであろう。
posted by 飯沢ただし at 23:43| 岩手 ☔| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月24日

有権者は何を信じればいいのか!



日本道路公団の不透明なカラクリを糾弾して名を馳せ、東京都の副知事に抜擢をされた方がこんなことでは、政治への不信は極まるばかり。個人的な借り入れなどと誰が信用するのか!

この記事が真実なら賄賂天国と呼ばれるかの国と我が国は同類項ではないのか。情けない。

徳洲会からもらった金がどのような使途に使われたのか徹底的に調査すべきである。
posted by 飯沢ただし at 11:27| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

本音で語ろう県議会in 金ヶ崎町

P1010041x.jpg


2009年から議会改革の一環で始まった県民との対話集会「本音で語ろう県議会」
いよいよ今回のシリーズで全市町村を巡回を終了です。

昨日、私は金ヶ崎町で開かれた会にパネリストとして出席しました。

これまで、盛岡市、北上市、遠野市、一戸町に出席しましたが、遠野地区と同様の
農業振興に対する熱くも危機感を持った思いが多くの参加者から述べられました。
現場で苦労されている様子や将来を憂う心配事、切々と訴える声に、果たして自分がこの人たちの思いに応えるために限界までやりきれていたかと自問自答する集会となりました。

自分の経験から来る知識が、この部分は国がもっぱらやる仕事、これは自治体と勝手な線引きをしていたのではないか。反省すべき点が多くあるのに気づかされました。

私は、今回はILCと県財政について話をさせて頂きましたが、問題が大きいだけに説明の時間が不足しています。対話形式と言いながら時間制約がありますので、全市町村を巡回終了したことを期に、形式についても農業や県立病院といったような問題に焦点を絞って行うことを検討する余地があると思います。
posted by 飯沢ただし at 23:28| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

国鉄があった時代を知る

昨日に上京した折に、JR新橋駅前で古本市が開催中でありまして、
ついつい衝動買いをしてしまいました。

その本はというとコレ右斜め下

NCM_0455x.jpg


私が生まれた頃の鉄道時刻表であります。
昭和36年10月となっていますので、新幹線はまだ走っておりません。
東海道線に目をやりますと、特急こだま、ひびき、つばめが最速の列車で東京〜大阪の所要時間が6時間30分。最速の列車本数も一日に10本もなくて、やたら急行と準急の本数が多い。五分刻みで新幹線が往来する今とは隔世の感がひしひしと伝わってきます。

そして、一番気になる「山汽車」マイレール大船渡線。

NCM_0457x.jpg


摺沢駅の始発が6時32分で一ノ関駅着が7時23分。
自分が通学している頃と所要時間は変わらない。むしろ柴宿駅や岩の下駅がない分早いくらいだがく〜(落胆した顔)

その列車を乗りはぐしても「準急むろね」が待機をしておって、始業時間には間に合うという図式は自分の頃と変わらない。(但し、高い急行料金を払わねばないと思うが)僕らの頃は「急行からくわ」と記憶してるが。なんと「準急むろね」はこのまま東北本線にそのまま乗り継ぎなしで仙台まで行けるという便利な列車で、これも昭和55年当時と同じであることが判明したのである。

昭和45年頃と記憶しているが、盛岡発で大船渡線に乗り入れる急行列車があったが、この時刻表には記載がないようである。

国鉄からJRへ時代が移り、そして今は震災で影響で大船渡線も今は一部BTRで運行を余儀なくされている区間もある。これからILCが誘致決定となったら衝突地点の大原まで新たな高速電車が走ることになる可能性もあるかもしれない。鉄道の変遷はまさに時代を映す鏡である。

この時刻表でしばらくの間、就寝前は楽しめそう。
posted by 飯沢ただし at 00:46| 岩手 ☁| Comment(0) | My Boom【密かなマイブーム】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

総務省初の試みデスヨ

総務大臣が会の冒頭あいさつで胸を張って「総務省主催で地方議員のための勉強会を実施しました!」
と語った「地方議会活性化シンポジウム2013」

岩手県議会第二会派となった恩恵を受けて、議会派遣で参加をさせて頂きました。

NCM_0450x.jpg


全国からまんべんなくという趣旨で、各県から県議会と地方自治体の議員が4名程度づつの参加。県議会は二人枠なので第一会派と第二会派から一人づつとなった塩梅。

肝心の内容はと言いますと・・・
まことに申しにくいのですが、北川正恭先生のローカルマニフェスト勉強会に参加された経験のある方には、かなり物足りない内容でありました。

NCM_0451x.jpg


総務省らしく総花的と申しますか、焦点が定まらないままパネルディスカッションが進行し終了。
これではパネリストさんも不完全燃焼ではなかったかと存じ上げます。

次回には総務省におかれましては実態を調査のうえ、企画なされて頂きたいです。

参加者の年齢構成の高いことと女性議員が少なかったことは、今の地方議会における問題点を如実に表していたことは確認できました。

前総務部長で、フランス視察の際にお世話になった時澤 忠氏に再会できたことが収穫でした。
posted by 飯沢ただし at 23:51| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

「いわて県民クラブ」のヒアリング活動

平成25年度予算要望へ向けて、「いわて県民クラブ」では県内の全市町村自治体を訪問して県への要望を聴取するとともに県政課題について意見交換をすることを決定しており、

昨日と本日に私の割り当てである、一関市、住田町、陸前高田市、山田町、大船渡市を訪問しました。(平泉町は10月中に実行済。)

予算要望に向けて、集中的に自治体を訪問するのは政和会に所属以来でありましたので、行動をすることで私の頭もリフレッシュした感じがします。

P1000979x.jpg

【住田町役場にて】


P1000991x.jpg

【陸前高田市役所にて】


P1010004x.jpg

【山田町役場にて】


P1010018x.jpg

【大船渡市役所にて】


平泉町役場と一関市役所はカメラ班が出動しませんでしたので写真がありませんもうやだ〜(悲しい顔)

被災自治体においては
復興交付金の柔軟な運用と予算措置に関しては共通項目になっており、財源措置について大きな課題であることは当然必定となっています。JR鉄路の復活も同じく。

意見交換をした印象として強く残ったのは、将来を見越した産業振興策、特に既存産業に付加価値をつけた新産業育成にまで手が回らないのが実情のようで、その分野こそ県が関与する場面があると私は思うのですが、ヒアリングを通じて広域的かつ積極的な県のアプローチを見出すことがほとんどなかったことは予想はしていましたが、あらためて残念な状況を知らされることとなりました。

被災状況や自治体規模でも復旧復興の速度の違いも改めて実感しましたし、内陸の自治体においても放射線被害、風評被害等に苦慮している状況も把握することができました。

12月定例議会中に政策担当チームを中心に県への政策提案と共に予算要望を取りまとめる作業に入ります。

最後に、住田町でのある場面、日本人ならではの光景だなぁと。
P1000985x.jpg

posted by 飯沢ただし at 23:58| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

おめでとう楽天イーグルス!

初の日本一、すばらしい結果となりました、今年の日本シリーズ。

楽天には星野の執念か?巨人には川上のご加護か?
どちらの見えざる力が強いか興味を呼ぶところでしたが、

星野仙一xx.jpg


o0250017410957547581.jpg


東北の熱いファンの声援が勝利を呼び寄せてくれたようです。
川上哲治氏も楽天の優勝は野球界の発展につながることですから、喜んでくれているでしょう。

楽天球団創設時にフルキャストスタジアム(現在はクリネックススタジアム、しかし来年はネーミングライツの期限が切れて、どんな名前になるのやら)に行きましたが、不甲斐ない負け試合を何回も見て、まさかこんなに早く日本シリーズを制する日が来るとは夢のようです。

選手はじめ球団が一丸となってチーム強化にまい進すれば、弱小球団でも日本一になることができる。
このことはすべてのことに通じると思います。

11月3日という日は、これからも忘れられない記念日になりました。
posted by 飯沢ただし at 23:29| 岩手 🌁| Comment(0) | My Favorites 【お気に入り】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする