2013年09月03日

ILC講演会in一関市大東町 Vol.3

1日に候補地決定後の初のILC講演会が大東町で開催されました。 
大東町の室蓬ホールで開催されるのは今回で3回目になります。

用意した演題は「東北ILCへ」でしたが、吉岡先生は若者たちへのメッセージというサブタイトルを特別につけた内容でした。
 
P1000885x.jpg


今回のKEK・吉岡名誉教授のお話の肝は
「候補地に選定されたことに安心してじっとしていても何も起こらない。ネットワークづくりなど攻めの姿勢で取り組むことが必要。」

P1000860x.jpg


選定された北上高地が、地質、交通、気候、生活、文化の面にいかに優れているかを熱く語られました。
いかにILCによる波及効果が絶大であるか、自ら取り組んでおられる課題を事例にされて、後に続く若人への期待を強く述べられました。


公演前に吉岡先生と懇談の中で以下のやりとりがありました。
「大規模公共工事に依存した社会に回帰するという理由で反対する方もいるようだ。」という話題になり、「人口のピークが急激に下がり始めた今、自然を破壊するという理由で反対論陣を張る方に問いたい。仮に何も起こさなければ自然は確かに維持はされるが、人がいなくなった地域社会がどうなるのかは明らか。子どもたちに希望ある未来を残すためにILCというチャンスがあるのだから、それを軸として攻めの地域づくりをするべきだ。」

「知らないうちに話が進んでいる。」「環境破壊が心配だ。」

私もよく耳にする話ですが、心配ならばしっかりと情報を収集して勉強して欲しいと私も思うし、そのためにこのような講演会や勉強会を実施しているのですから、ぜひ勉強会に参加して根拠ある反対論陣を張って欲しいと思います。
posted by 飯沢ただし at 14:55| 岩手 ☁| Comment(2) | ILC 【東北から世界に発信!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする