2012年10月25日

9月定例議会の最終本会議

本日の本会議は昨日まで行われた決算特別委員会の審議結果に対する質疑、討論、採決と追加提案された漁港整備等の請負案件を上程し、農林水産員会に付託し、質疑、討論の後、採決と 
当初の日程ではさほどヘビーではなかったが・・・・・

午前中行われた定例記者会見で達増知事は、
昨日行われた参考人招致を含んだ、医療局の最終報告書について

「昨日の午前中にすでに医療局から報告を受けているから、いつでも議会に反論できる。」と発言した。

この発言は、参考人招致まで及んだ議会の真相究明の真摯な姿勢に対する対決宣言とも言える重大な発言と議会運営委員会で取り上げられて、知事発言の精査のために、未だいつ本会議が始まるかわからない状態。

議会軽視とも取られかねない達増知事の挑発的な発言。

まだ、これから本会議はどうなるかわからない状態・・・
なんとまぁ毎回、毎回。
posted by 飯沢ただし at 13:02| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

参考人招致が行われる

今日は決算特別委員会の最終日の取りまとめの日。

医療局が花泉診療センターの民間移管の失敗に関する検証結果、最終報告書(案)が議会に提出されたことにより、委員会は正確な事実を明らかにするため医療法人「白光」の理事、橋本堯夫氏を参考人として招致をすることに決定していた。今日は正にその日。


最終報告書に書かれている内容とほぼ全く異なる事実と見解が示される度に委員会室には異様な空気が漂った。

公募前に知事からの依頼とも思われる電話があったこと等、公正な競争にも能わない事実が次々に本人の生の声で明らかになったからだ。

委員会は医療局に対して更なる報告書の精査を求め、当該事案に関する認定案件は継続審査となった。

この事案は、県の地域医療政策の根幹を成す重要な事案であり、事実関係を明白にせねば次なるステップには進めない。

12月議会もしっかりと対応していく。
posted by 飯沢ただし at 21:58| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

ラグビー王国復活へ

今日の岩手県高校ラグビーの花園への出場を賭けた決勝戦。
北上勢対決 黒沢尻工業 対 黒沢尻北

近年稀にみる素晴らしい試合であった。
熱戦になるのは予想通りだったので現地まで足を運びたかったが、議会の疲れもあり、テレビ観戦。

黒工はフォワード戦で堂々と挑み、黒北はバックスの切れを活かすために一瞬の機会を逃さないゲームスタイル。両校ともチームの特色を出し切った試合。

黒工のゴリゴリと自陣からもモールで押し込むパワーと技術に対して、後半になってからも黒北のフォワードも集中力を切らさず耐え抜いた結果、最後の最後に逆転の機会を得た。

しかし、黒北がロスタイムでドロップゴールを試みる選択をするとは恐れ入った。
よほどゲームの流れと状況を冷静に把握してないと出来ないことだ。
実戦形式の練習の積み重ねの賜物であろうと推察する。大したものである。

黒北の監督は試合中はさしたる指示もグランドに出す様子もなく、選手を信頼したコーチングにも好感が持てた。

花園では近年岩手勢がベスト16の壁を破れない状態が続いているので、黒北には頑張って欲しい。
敗れた黒工にも賛辞を送りたい。
平成28年の岩手国体に向けて、ワクワク嬉しくなる試合内容でした。

蛇足ですが、IBCの照井アナさん。
ラグビーに対する情熱は痛いほどアナウンスで感じることができるのですが、もう少し表現パタンーンを増やした方がよろしいかと。
posted by 飯沢ただし at 23:57| 岩手 ☀| Comment(0) | My Favorites 【お気に入り】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

決算特別委員会が始まる

今日は総務部と秘書広報室の決算審査。

秘書広報室は平成22年に当時の総合政策室から秘書部門と広聴広報部門を純化させて新設、格上げした部。

私は知事のトップマネージメントと政策形成は不即不離であるべきとの考えが日増しに確信を強くなっていることから、部昇格後の実績と効果について質問。

室長の答弁は「実績といえるものはない。自分たちの役目は形成することではなく情報を各部署につなぐこと。」

設置の目的である「斬新な政策の収集と分析によって生み出せれた成果物を示せ」の問いにも明確な内容のものはなし。

我が会派の及川幹事長が積み残した質問を私が受け継いだ、県が広報手段として有力なものと自負していた知事のツイッター発信について、

「達増知事の肝入りのツイッター発信が県の公式HPから知らぬ間にリンクから外した理由を示せ」との問いには「フォロワーが3万を越えて一定の認知が進んだから」との珍答弁。達増知事は平成23年1月1日の豪雪災害の折に県庁を不在にし、政治的行事を優先したことを本会議で質され、「県民にはツイッターでお見舞い申し上げた」との経過があり、ツイッターは公式な情報発信ツールとして認めていただけに室長の答弁には全く合理性がない。さらに何人にも知らすことなくシラッとリンクを外していた。何か後ろめたいことでもあったのか。

情報の収集が政策に結びつかない、情報の発信の仕方にも合理性がない。

これで部に昇格した正当性を見出すことが出来ようか!

不合理なことはこれからも徹底的に糾していく。
posted by 飯沢ただし at 23:49| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

会津若松へ

元社員のご令嬢の結婚式に出席するために会津若松市へ。

帰りの電車は「快速あいづ」号に乗車。郡山まで1時間弱。
自分は鉄ちゃんではないので詳しいことは判りませんが、この車両は国鉄時代の古い特急列車のボディーを再利用したものと思われ、とても懐かしい雰囲気を味わえました。但し、列車内の内装はキレイにリニューアルされてました。

121013_152043x.jpg


会津若松市は初めて行きましたが、とても趣のある街で、次回はゆっくりと訪れてみたいです。
posted by 飯沢ただし at 01:32| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

自然の摂理

P1000761x.jpg


先日、家の庭に現れたヘビ様。
気持ちのいいものではありませんが、滅多にないシャッターチャンスをものにしたので、とりあえず画像をアップ。

ヘビ様は獲物のカエルを銜えていますがく〜(落胆した顔)
冬眠前の一稼ぎですか。

人間社会とて明日の完全なる安全保障はなし。
特に政界は一寸先は闇。今日の友は明日の敵、その逆もあり。厳しいな。
posted by 飯沢ただし at 22:42| 岩手 ☔| Comment(0) | Beauties of Nature【花鳥風月】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

予想以上のことが・・・

北朝鮮、正男氏襲撃を指令 韓国検察が工作員を起訴2012.10.9 19:53 [韓国]

金正男氏
 韓国検察は9日、北朝鮮脱出住民(脱北者)を装って韓国入りし逮捕された北朝鮮の国家安全保衛部の工作員が、故金正日総書記の長男金正男氏を中国本土で交通事故を偽装して襲うよう指示されていた と明らかにした。検察は同日、工作員を国家保安法違反罪で起訴した。

 検察によると、工作員は中国で活動していた2010年7月ごろ、保衛部から「正男を襲って北(朝鮮)に連れ戻せ」との指令を受けたと供述。タクシー運転手を買収し具体的な襲撃計画を立てて待機していたが、マカオなどに滞在する正男氏が中国本土に入ってこなかったため未遂に終わった。襲撃を計画していた中国の都市名は不明。

 保衛部は工作員に対し「殺害すれば国際問題になりかねないため、危害を加える程度にして連れて来い」と指示していたという。(共同)


生臭いというよりゾゾッと寒気が走るがく〜(落胆した顔)ニュースが飛び込んできた。金正男3.jpg

自分も明日からはゴルゴ13のように背後の気配にも神経を尖らせる必要があるな(嘘)。
正男君は逃亡生活を余儀なくされていると聞くが大丈夫だろうか。
posted by 飯沢ただし at 00:23| 岩手 ☀| Comment(0) | Ulala !Masao 【追跡!正男君】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

またまた快挙!



今朝からノーベル賞受賞のニュース一色でした。
領土問題でジャパンバッシング最中の両国もどうやら羨望の心は隠せないようです。
思わずエエ気持ちになりましたんでこの記事をアップしました。
日本人は個人の利益の追及のためではなく、研究に一途に邁進するところが素晴らしいですね。
それにしても京都大学はノーベル賞の宝庫。学者だけでなく芸能人や芸人まで出している。

インテリゲンチャーが陥りそうな階級や縄張りよりも人間が社会に何を貢献できるかをしっかり教えてはるんやろな。たぶん。

話は変わりますが、ILCの東北誘致が実現となれば、まだまだノーベル賞は続くよって期待してや!
posted by 飯沢ただし at 22:52| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

秋のイベント真っ盛り

今日も秋の行事イベントがたくさんありました。

午前中は大東町の「ママさんパパさんバレーボール大会」に出席と出場!
今年の参加チーム数は合わせて100チーム。年々参加チームが減っていくのは気になります。

午後一で「みちのくせんまや赤ちゃん相撲」の午後の部の開会式に出席。
赤ちゃん力士総勢で130組以上。少子化対策に何かできることを!と千厩愛宕相撲保存会の方々が始めて10周年。だいぶ広範囲の地域に浸透してきました。

午後3時に「関中・一関一高同窓会総会」に出席。例年お会いできる先輩が多数参加。今年は一年先輩の上野先輩の記念講演が企画され(残念がら聴講できず)たことで懐かしい一年先輩の方々が多数ご参加。

今日の感動は33年ぶりに錦山副団長の音頭で勝利讃歌を歌ったこと。
歌うのに夢中で写真がないのが申し訳なし。いつか紀室副団長の音頭でも歌いたいものです。

同窓会の懇親会が終わるとバレー大会の地元自治会の反省会へ。
今年はパパさんAチームがAブロックで準優勝で昨年に引き続き反省会は祝勝会となり大盛会。

心地よい加減で家路へ辿ると金木犀の香りぴかぴか(新しい)が家まで導いてくれました。

明日は藤沢町での敬老会に出席予定。秋のイベントはまだまだ続きます。
posted by 飯沢ただし at 23:38| 岩手 ☁| Comment(0) | The Events  【各種催物】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

大東病院の再建について本会議で関連質問を行う

IMGx_4125.jpg

質問は以下の通りです。

工藤勝博 議員の一般質問、質問事項2の震災復興の諸課題についてのうち
小項目4の被災した県立病院の再建について関連質問を致します。

被災地沿岸の県立病院については只今質疑が交わされたとこころでありますが、私からは内陸においても同じく大きな被害を受け、未だに本来の機能が発揮されていない県立大東病院の再建について お伺いします。大東病院は2病棟のうち古い1病棟が震災により大きな被害が認められ、昨年に行われた耐震診断により現状のままでは使用不可能との結果が出ました。現在は使用可能な病棟に検査機器等を移設したものの、入院機能は休止、外来診療のみを行っている現況にあります。医療局は本年に入ってから3回、地域住民を対象にした「大東病院の今後のあり方についての意見交換会」を現地で実施し、去る9月12日に行われた最後の懇談会では整備に係る基本的な方針について説明がありました。その際、医療局は3回の意見交換会を経て整備方針を9月下旬までには固めたいとの意思表示をしておったはずですが、もう10月となり月が変わりました。どのような結論となったかお示しを願います。
併せて今後の再建スケジュールについてもお伺いします。

また、「大東病院の今後のあり方についての意見交換会」を通じて
(1)住民側から強い要望のあった救急対応、リハビリ機能強化、病床数維持、プール施設の継続は再建案にどのように反映されたのか
(2)住民の意思を再建に今後どのように活かしていくのか
お尋ねを致します。

次に大東病院の再建に深く関係してくる両磐医療圏の地域医療政策、とりわけ東磐井地区の地域医療政策について保健福祉部長に伺います。

勤務医の不足は直接的な影響が地域病院に顕著に現れております。地域医療政策を考える以前に無床化問題の際も住民と協同でこれからの地域医療をいかに創造してくかの観点、特にプロセスが明らかに不足していました。また、医師確保対策により勤務医の数は増加していると報告は受けていますが、両磐医療圏の中核病院である磐井病院が恒常的な医師不足の問題を解決できていないのは政策そのものの実効性に問題があるとの指摘を免れることはできません。さらに付言しますと中核病院から離れた地域に位置する、主に中山間地域に位置する地域病院の機能を補完する県の地域医療政策が実際に見えてこないところに問題があると思います。
以上全体的な指摘をしたうえでお伺いします。
一関市との合併を果たしたものの東磐井地区と旧一関市との医療環境は医師数にして人口一人当たり3倍以上の格差がありベッド数もほぼ比例しています。
大東病院の再建は県立千厩病院と一関市が運営している国保藤沢病院との機能分担や連携に深くかかわってきます。関わるというよりも県や市の行政の壁を越えて医療環境を整備しなければ問題の根本的な解決にはなりません。県は限られた医療資源を有効に使うとの表現をしばしば使いますが言葉だけでなく実効しなければ意味を成しません。県民の命と健康を守る保健福祉部が東磐井地区の地域医療政策をどのように考え、推進しようとしているのか お聞きを致します。

「大東病院の今後のあり方についての意見交換会」では一関市側からも保健福祉部長が出席を頂きながら、実際に市の考え方も具体的に提示がありました。
プール利用の運営についてと特別養護老人ホームの整備計画についてであります。一関市側も一歩踏み込んで、大東病院の再建について考察を頂いていますが、大東病院再建に関わる一関市との連携に関し、医療と介護の連携をどのように進めていくのか、県の立ち位置を明確に示しながらお答え願います。
posted by 飯沢ただし at 17:33| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

昼間に仕事のできない人

昨晩、夜更かしをしてかなりの睡眠不足状態(実は今日もこれから原稿書きが・・・)。

そしたら今朝急に重苦しい腰痛に見舞われ・・・かなりまいりました。

腰痛x.png


筋肉が一時的に強張ったようで、妻の介抱のおかげでその後は大丈夫でした。
もはや無理は禁物ですねふらふら
posted by 飯沢ただし at 23:31| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする