2012年08月29日

楽天球団の英断

Miyagi.jpg


昨日のスポーツ紙によると、楽天球団のホームスタジアムが現在の人工芝から天然芝に来シーズンから変更する計画があるという。

これは選手の健康にいい効果をもたらすだけでなく、ファンに対しても朗報である。
楽天球団がいかに興業だけでなく野球全体の利益のために本気であるかということ示していると思う。

大リーグ球団が70年代に整備管理が容易であるという主な理由で、多くの球団が人工芝を採用し始めた。それにならって日本では後楽園球場が1976年に採用し始めて以来、いまでは天然芝のフランチャイズスタジアムはマツダスタジアムと甲子園球場の2つしかない。梅雨という特殊な気候がある故にドーム球場の建設が流行したのも減少した原因である。

ところが、人工芝球場は選手寿命を縮めるとの選手側からの指摘と野球は本来自然に近い形で行うべきという流れが本家大リーグで強まり、90年代の新球場建設ラッシュ時には、ほとんどの球団が自然芝を採用している。日本とは逆に30球団のうち人工芝球場は2球場にすぎない。

風に乗ってくる芝の匂いはプレーする者にもプレーを見て楽しむ者にとっても力と想像力とを湧き立たせてくれること請け合いである。楽天球団の英断を高く評価するとともに、ドーム球場以外のプロ野球フランチャイズ球場もためらうことなくこの流れに追随して欲しい。

特に学生野球のメッカ、神宮球場はいち早く天然芝にもどすべきだと思う。

今野球もサッカーもグローバル化が進み、腕に自信のある選手は高いレベルと環境の整った場所、すなわち海外へと移っていく。それもやむなしであるが、選手のプレーする環境を整えてやることが大事であることは間違いない。
posted by 飯沢ただし at 00:19| 岩手 ☁| Comment(0) | My Boom【密かなマイブーム】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

「科学する」こと

某地元紙の一般県民から寄せられる声の欄に、論壇という囲みの枠が設けられているが、
本日の朝刊は「ILC誘致で真の復興を」という記事が載せられた。

それは一般の県民からではなく、異例とも言える県行政の主席ILC推進監が寄稿したものであった。

なぜ行政の責任者がわざわざ寄稿に及んだには理由があった。
8月16日の同欄「禍根残すILC誘致」の内容に呼応する必要があったためだ。

寄港した元技術者の禍根を残すという主な指摘事項は
@ 地質調査の不足
A 地中に人口建造物を埋め込むことの負の影響
B ILC実験終了後の空間に核廃棄物の最終分場になる可能性

これらの指摘に丁寧かつ明確に推進役としての県の立場を述べ、最後に県民に対して理解を求める形で締めくくっていた。

肯定的に考えれば、ILCが県民に対して正しい情報の伝達と理解がまだまだ進んでいないということも言えるが、

私はBについては
北上高地ILCサイトに住む一人の住民として、まったくあり得ない話であると断定する。

なぜなら核廃棄物の最終処分場の決定には自治体との協定が必要であり、実際に地上に多くの住民の生活が営まれる地下に核廃棄物を埋めるなどということは想像さえ出来ないからである。


正しい理解の元に議論を交わすことに異議はないが、ILCトンネルの断面積からの技術的考察も抜きにして実際にあり得ない最終処分場の仮定の話等、ほとんどあり得ない投稿を掲載する意義はどこにあるのかとそちらの方の姿勢を私は疑いたくなる。

情報を伝える側にも科学して伝える責任がある。
posted by 飯沢ただし at 22:56| 岩手 ☁| Comment(0) | ILC 【東北から世界に発信!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月27日

仕事の終わりを感じない船

連日暑い日が続きます。こうした疲れの抜けない日ということで思い起こす船。

geabulk2.jpg

【本船 Cormorant Arrow 】


正式な担当の船会社ではありませんでしたが、スポットのヘルプでよく行かされた船
はっきり言って、いい思い出のある船ではありません。

頻繁にトラブルがあったことしか思い出せない。そしてやらされ感が充満していた。
(本船ガントリークレーン故障、ツイストロック不足、アンフレンドリーなクルー)

インド船と並び「忍耐」を学ぶ上では大変いい機会を与えてもらったと解釈しよう。

数少ないいい思い出といえば、GBCSという北米向けのコンテナサービスを始めた時に、船内でパーティーが催されキャビア入りのサンドウィッチをたらふくご馳走になったことは記憶してます。

船会社の合従連衡が進む中、この船会社は健在で世界中の海を今でも頑張っているようです。バルクカーゴ(単一荷姿の荷物)写真のランバーやアルミインゴット、ロールペーパー等に特化した船で、船自体の機能の原型を大事にする会社なので、船型を変えることなく地方港にもニーズによって寄港する可能性が高いかもしれません。

釜石港や大船渡港が復興した時に寄港する機会があったら懐かしさは自然にこみあげてくるかもしれません。
posted by 飯沢ただし at 23:57| 岩手 ☀| Comment(0) | Good Old Vessels【懐かしの船】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

ILC計画推進講演会 in 奥州市

奥州市で誕生した民間組織「いわてILC加速器推進会議の主催による表題の講演会が企画され、出席してきました。

今日の講演会は2本立てで、以前に一度講演された野村総研の社会システムコンサルティング担当部長である北村倫夫氏による「ILCを核とした東北ビジョン」について と
前宮城県都市計画審議会会長である大村虔一(けんいち)氏による「北上高地 国際学術都市」

北村氏が考察する国際科学技術研究都市の形成条件として

1)オンリーワンの世界研究都市拠点
2)先端技術イノベーション
3)高度情報ネットワーク拠点
4)グローバルコミニティ
5)ユニバーサル生活環境    の5つの条件を示しながら

先日 県が示したグランドデザインのうち中核研究拠点ではどのような機能が求められるかを具体的に紹介し、同拠点には世界的な研究機関が少なくとも370は集積するであろうとの見解を示されました。

参考になるジューネーブ近郊の CERN 研究所に関して興味深い問題点の指摘があり、

・施設の老朽化
・未計画な拡張
・緑地空間の減少
・エネルギー効率の悪さ
・研究者のみの閉鎖的空間(科学のバチカンと称される)
・CERN のイメージ、レピュテーション形成の発信不足
・周辺自治体との都市計画、開発計画の連携不足
・産業への波及

これらの問題点は ILCによる国際科学研究都市形成への直接的課題になるとの認識を明らかにしました。

大村氏の講義では筑波学園都市形成の課題を取り上げながら、日本の場合、行政主導で研究都市の形成するに当たっては、弾力的に拡張、変更が可能な意思決定のあり方を指摘された上で

「地域の人たちと心豊かに暮らしができる空間を創造することが最も大事である」との考えは、正に我が意を得たりの感を得ました。

今回の勉強会は ILC誘致により地域がどう変わるか、地域民がどのように関わるかについて示唆を与えて頂き、大変参考になりました。

来る9月15日(土)にはJR大船渡線 摺沢駅隣接の「室蓬(しっぽう)ホール」にて 東京大学准教授
山下 了(さとる)先生をお招きして ILCの勉強会がありますので是非参加をお願い申し上げます。
posted by 飯沢ただし at 23:55| 岩手 ☁| Comment(0) | ILC 【東北から世界に発信!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

琵琶湖のほとりに

県議会超党派の議員で構成される「岩手県議会 男女共同参画社会を目指す協議会」の視察で滋賀県へ。
滋賀県の男女共同参画センターを訪問して、滋賀県の取り組みを聞きました。

この議連の視察には出来る限り参加をして、たぶん皆勤賞かもしれません。
というのも視察先で民間企業の先進企業を実際に見て勉強できるという大きなメリットがあります。今回は残念ながら民間企業訪問はありませんでしたが、あらためて本県の課題を再認識した次第です。

前回、長野県を視察したときも感じましたが、男女共同参画の先進県は全庁的に戦略として取り組む組織体制を組んでいること。滋賀県は総合政策室(かつて本県にもあった組織だが、達増知事になって組織改変して政策・地域部となり訳の分からぬ状態となった)の中に組織化。

本県の場合、男女共同参画に限らず、政策目的の明確化と全庁に行き渡らせる工夫、取り組みに前進感を見出すことはできません。職員が悪いのではなく、組織全体を俯瞰して判断するべき人が判断をしていないだけの結果だと私は思っています。

話は元に戻しますが、男女共同参画社会の前進を考えるなら、中小企業の社長を対象にした先進企業の事例など(大企業ではなく中小企業の先進例)を頻繁に行うのが最も効果が出ると思われます。

ややもすれば今日までの施策展開は行政サイドの自己満足的なものが多かったのではと思料されるものがあり、企業の意思決定に関わる人たちへのアプローチに重きを置くべきです。
posted by 飯沢ただし at 23:55| 岩手 ☔| Comment(0) | My Inspection 【視察日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

本当にどうしたんだろう?



「お互いの国で内政の政治ショーを行っている」と韓国の女性がインタビューに答えているのをテレビで見ましたが、その分析は当たらずも遠からず。

韓国大統領の過激な行動による問題発端の是非はさておき、一旦クールダウンすべき。
民主党外交に複数の外交チャンネルがないことを露呈してるな。
posted by 飯沢ただし at 23:59| 岩手 ☁| Comment(1) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

オリンピックの空

「エルムの木陰に鍛えし腕をオリンピックの空までも 
我等は若きスポーツマンよ 走れよ走れ フレ!フレ!フレ!」


この歌詞はわが母校、摺沢小学校の運動会等で歌われた青軍応援歌の2番の歌詞です。
父と一緒に風呂で摺小応援歌を歌った記憶が鮮明にありますので、戦前からこの応援歌が存在していたのは明らかです。

いつ頃この応援歌が作られたのかは不明ですが、少なくとも昭和10年代から競技の到達目標をオリンピックという最高のレベルを意識させ、児童の体力向上を図ろうとしていたことに先人の慧眼に驚くばかりです。

話はガラッと変わりますが
今回のロンドンオリンピックで日本人選手の活躍、そして銀座パレードを通じて8年後の2020年2回目の東京オリンピックの誘致活動を盛り上げようという動きが強まっていますが、私は、世界的なオリンピックの意義を広げるために立候補している都市の中でイスタンスブールあたりが適当ではないかと思っています。アジアではすでに東京、ソウル、北京と3回開催していますし、また2018年の冬季オリンピックは韓国の平昌での開催が決定しています。東京誘致への基本コンセプトに「震災からの復興」が謳われているのもしっくりいかない要因になっています。

実は2019年にラグビーのワールドカップが日本で開催することが決まっていて、津波からの復興を語るなら現在運動を展開している釜石で試合を行うことの方がよほど意義があると思うのです。

子供たちに自国開催で夢を・・とは一瞬納得しそうになりますが、
競技力の向上も大事ですが、我が国が少子化傾向が強まっている今、多くの子供たちが未来の日本を支えることのできる知力と体力をバランスよくつくっていくことも重要だと思います。

エルムの木陰で鍛えし腕を全く別の環境でも力強く発揮できる。我が国は今はそちらを目指すべきと考えます。
posted by 飯沢ただし at 23:56| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

地域政党いわての現状と私の決意

昨日、及川幹事長が県庁記者クラブでブリーフィングを行い、地域政党いわての現状と衆議院選挙の対応について発表しました。その内容は16日に盛岡市内で開催された緊急総会で話し合われた内容に基づくものです。

所属議員の市議団3名の離脱は大変残念な結果であり、結党以来ご支持を頂いた方々にはこの件に関してご心配とご迷惑をおかけしたことお詫び申し上げます。
しかしながら、結果には原因が必ずあるものですが、離党せざるをえなかった理由も事前に3名から説明がなく、新聞報道が先行し、後から事実確認をするという誠に不明な経過を辿ってしまったことは慙愧にたえません。

今後は党の綱領、結党の理念に従い、地域主権改革を議会活動から行うことを初心に帰って精進する以外に道はないと思っております。県議団と市議団についても今回の教訓を活かしてリスタートをすべく、定期的に互いに連携を取って行動をすることも確認いたしました。

ご支持を頂いた皆様方に政治団体として、塊として応えていく、それは形を残す活動で示していきます。

県議会においては9月定例議会から交渉会派としての活動がはじまり、活動の幅が大きく広がります。
この機を逃すことなく目に見える政治活動、議会活動を行ってまいります。
posted by 飯沢ただし at 23:54| 岩手 ☀| Comment(0) | My Opinion 【意見を申す】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

これからの地域医療をどうするか

県立大東病院の再建問題は地元ローカル紙で3回シリーズで特集された。

地域の命の砦でもある県立病院が縮小される方向は誰もが歓迎する問題ではないから、俄然、対立構図が明確な事案には注目が集まる。

県立病院群における地域病院のダウンサイジング化は勤務医の不足に端を発し、
達増知事の「県民の命の砦を守る」の発言で中核病院に医師を集中させる流れが一層強まったと私は分析する。止むを得ない部分も認めるが、しかし、中核病院から離れた地域に位置する地域病院の機能を補完する県の地域医療政策が全く練られていないところに問題がある。

また、県の組織自体にも問題がある。医療政策を策定し、実行する保健福祉部と県立病院を運営する医療局との間には医師を確保するという共通の課題解決を推進する組織は存在するが、真に政策の延長上に県立病院の存在意義は明確化されていない。もっというなら街の中心部から離れた超高齢化社会に対応した医療や少ない子どもたちを守るための救急医療対策は疎かになったままであり、政策を可否を問われる最後の網がとてつもなく粗い。

だから、地域病院の縮小には住民は目を尖らす。

そして花泉診療センターの民間移管という大失策が県民からの医療局の信用を失っている。
当時の医療局長が「いずれ、いずれ」を連発して、現実から目を背け、議会側から疑問点にも耳を貸さず強引に行った結果が一年余で破綻という結果に終わった。事の進め方が極めて異常であった。花泉地域の住民はベットが確保されるという一点で突破され、情報開示も不十分、住民との共通理解、コンセンサスなど形だけであった。

この構図では中々前に進むことは難しい。

しかし住民側も国の医療政策が混乱をしたことによって医師が不足している実態からは目をそらすことは出来ない。これまでの大学の医局から医師を派遣するという基本的な派遣ルートが極めて細くなっていることや医師の勤務ニーズが多様化している状況もある。逆さにしてもどうしても余剰の医師などいない。


地域病院がこれから地域の中で成立していくには余程の覚悟が行政(県の保健福祉部も市の保健福祉部も県医療局も)と医療関係者(医師や看護師等)と住民にも必要だ。
住民側も納税者の権利を振りかざして与えられることが当然と思ってはいけない。時にすでに次の段階に移行している。

対立ではなく対話と互いの実行を通じて創造へ。すべての人が今試されている。
posted by 飯沢ただし at 23:56| 岩手 ☁| Comment(0) | My Opinion 【意見を申す】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

ロンドン五輪も終盤に

北京オリンピックに続き日本チームは女子選手の活躍が目を引きます。

ひらめき水泳のメドレーリレーの銅メダル
ひらめきアーチェリー団体の銅メダル
ひらめき卓球の団体銀メダル
ひらめきバドミントンダブルスの銀メダル
ひらめきサッカーの銀メダル以上が確定
ひらめきバレーも中国との接戦を制して準決勝に

今回は団体競技での活躍が顕著です。でも北京大会に比べると男子も頑張ってますけどね。
フェンシングの準決勝残り2秒での同点劇はシビレあせあせ(飛び散る汗)ましたね。

卓球の準決勝で勝利の瞬間3選手の抱擁と涙。感激しました。
顔を手で押さえて泣くのは日本女性だけではないでしょうか。これぞ大和撫子の美ぴかぴか(新しい)
決勝は実力では中国に完敗でしたが、ヘアースタイルの洗練さでは大勝利でした。経済発展著しい中国もその分野は未だ追いついていないですね。ダブルスに出たヘアバンドの選手は80年代のグループ、ヒップアップを連想させてくれました。こうなったら、かの卓球界のジャンヌ・ダルク四元選手を再度中国リーグに送り込んで反響を見たくなります。

今日始まったレスリングも力量は上位だけに頑張って欲しいものです。
(ちなみにレスリングのアニメのアニマルワンは目標がメキシコオリンピックなんですよ。古いですね。)

金メダルが少ないけれど私は十分満足して今回は観戦しています。
しかし、サッカーのキックオフが1時というのは体に堪えますね。(体に悪いから見ないと言ったくせに結局見て応援しているふらふら。)

4年後の五輪開催地リオは時差が12時間・・・ まだマシか。
posted by 飯沢ただし at 23:59| 岩手 ☁| Comment(0) | My Favorites 【お気に入り】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月07日

大東病院再建に向けて

先日、医療局が主催する今後の「県立大東病院」の在り方について一般住民から意見聴取をすることを目的ととした意見交換会が大東町の大原公民館で開かれた。

今回の意見交換会は2回目で、具体的な医療局の提案が示された。

・一般病床40床と療養病床40床、計80床から40床を削減へ。
・大東病院がリハビリテーションを核とした機能を果たしてきたが、その機能は専門医師を東磐井地区の拠点病院である千厩病院に集約するのに伴い千厩病院に移設。
・プールについては疾病予防や健康保持の観点から一関市と運営主体について協議中。

住民からは一方的な病床削減に対する不満、リハ機能の継続の声が多数寄せられた。医療局側は端的な人口動態や入院実績の数字からの根拠による説明の仕方に頼ったために、建設的な意見の交換の場には成立しなかった。医療局も一関保健医療圏内の県立病院の役割分担や特に千厩病院へ移設するリハ機能の詳細については説明が不十分であったので理解が進まない点が多々あった。

今回は医療局の提案より先行して再建策が新聞報道がなされたために、端から情報管理にに対する医療局側への信頼が失われている状態から開始せざるを得なかったことは誠に遺憾と断ずる。

花泉診療センターの民間移管問題は住民との共通理解の手順をおざなりにし、強行した結果、民間移管は破綻をしたことから、今回は丁寧に説明会を開催していることと、私が一関市側の同席を常任委員会で求めていたが実現していることは評価を致したい。

私も参加をしてお互いの立場が異なるために接点を見出すことはかなり困難な状況であると判断したが、今後交換会の持ち方は両者とも工夫をする努力をしなかればならない。

今般、組織された対策委員会のが希望しているの優先課題は一刻も早い入院機能の回復、通常の外来機能の再開であり、被災して使えない状況を長引かせてはいけないということではなかろうか。

私は東日本大震災で沿岸地域は壊滅的な被害を受け、山田、大槌、高田病院の本来の機能復帰には程遠い状況であることも鑑みなければならないと思う。

病床削減には、従事していただくドクターの配置が起因しているこも住民側は十分に理解を示す必要があると思う。医師が潤沢であれば住民の要望には十分に応えられるが、現在はどんな奇手を使っても即時に医師の招聘は簡単にはできない。そして医療局では医師の人事権を有しておらず主体的に配置できない組織であり、医療局がお願いベースでおこなってきた供給元である岩手医大にはかつてのような潤沢な医師はない。地域総合病院である隣町の千厩病院ですら常勤医が7名であることがそれを物語っている。

25年度内の着工を目指すには、時間の猶予はない。
次回の意見交換会は接点を見いだせるような、互いにに設的な意見交換の場であってほしい。
posted by 飯沢ただし at 18:25| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする