2012年03月31日

職人と責任

今日で平成23年度は終わり。

となると去る方もいれば、新しい方がいらっしゃる。人事異動の季節です。
今週は転勤のご挨拶に来られる方多数。部屋着で応対した方には失礼を致しました。

県庁の職員の方々とお付き合いするようになって14年目になりますが、毎度のことながら事務職の職員の方々はまるで前任職とかけ離れた職場でも新たな職にしっかり対応できるのには驚いてしまいます。これが適応力というのでしょうか。

反面、最近つとに感じるのは、世の中の流れがマニュアル化、法整備も個人情報管理に散見されるように責任回避化の動きが激しくなり、何かしら没個性に陥ってしまっている現状。これは行政だけに限らずの話ですが。

責任の所在の幅を狭めることがイコール、セーフティ。枠を飛び出た動きは可能な限りやらない方がセーフティ。そしてそれは厄介なことに法によって裏づけされてつつある世の流れ。
ひょっとして東日本大震災でその行動形態はより一層濃くなってきたのではないか。

確かに、通常業務をこなしながら復旧・復興の仕事を上乗せすることは相当ハードなものがある。

問題は、リスクがあろうとも前に進む姿勢をしっかり評価するシステムが機能するかどうかではなかろうか。

それを知らずに放置すると「守り」に入るベクトル強度が増すのみ。

職人は自分の仕事に誇りを持ち、且つ責任も取った。

そんな時代はもう過去のものになってしまったのか。

50のオヤジの独り言でした。
posted by 飯沢ただし at 23:45| 岩手 ☔| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

修行と自信と

IBN HAYYANx.JPG

【本船 IBN HAYYAN】


3月末は年度末。4月に入社した新入社員が、今度は新たに新入社員を迎えるという微妙な時期であります。

この船はちょうど今の季節に私が初めて在来船で1万トンクラスの積荷を任せられた船で、とても印象に残っている船です。その前の夏の暑い季節にF岡さんという先輩と一緒に仕事をして鍛えられた本船でもありました。

1980年代半ば位まで日本の商社のプラント輸出が残っていて、この船会社では東芝の火力発電所のプラントをせっせと何度もクウェートまで運んだのでした。今日では韓国や中国がこの手の大型プラントの輸出に競争力をつけてきて隔世の感があります。

1万トンのブレークバルクを積み終わって、出航していった時は充実感に溢れていました。

鍛えられ、育てられ、自信をつけ そこで人間は成長していくものなんですね。


当時のことを思い起こすと周りで支えてくれた人達に対して感謝の念にかられます。

今、私に置かれている立場で何をすべきか、また考えさせられてくれたる思い出の本船でした。
posted by 飯沢ただし at 00:21| 岩手 ☁| Comment(0) | Good Old Vessels【懐かしの船】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

仁義なき戦い?



こちらも質が悪い。

武闘派? なんだそりゃ? このために格闘家にバッジつけさせたのか? 戦国時代の僧兵でもあるまいし。

国税という根本的な政策決定にこんな無様な姿を国民にさらすようでは、もはや政権政党を名乗る資格もないのではないかとさえ思う。
posted by 飯沢ただし at 23:48| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

2月定例議会を振り返って【2】

今議会であらためて考えさせられたのは議会とは何ぞやという基本的な問題である。


議会は議決権という最大の権利を行使する前に、選挙で県民の代表として選ばれた意見の表明や、どういう過程で結論に至ったのかということを議論を通じて県民に説明する責任を有していると私は思う。この点が至って不明な部分が多すぎるので選挙民が議会という特殊性を一番感じるのではなかろうか。

私の所属する環境福祉常任委員会では今回、請願を出された方が傍聴に来ておられたが、さしたる理由の説明もなく「継続審議」を述べる大会派の委員に対して請願者はどのような感想を持ったろうか。県議会の審査とはこんなものかと思われたのでは議会改革などおぼつかない。


また、こんな震災後の時だからこそ議会は一つに団結してという評論をよく耳にするが、まとまるとは一体何ぞや? むしろ議会内での対立点を明らかにし、議会で定められたルールの中でとことん議論を尽くすことは当然であり、重要なことではないのか。執行部に対してシャンシャンと賛意を示す方が議会として機能を果たすことにはつながらないのではないか。

さらに強く思うことは、自分たちの意見を通すために正当な理由と行動に基づき行動することこそが開かれた議会になっていくものだと確信する。その中で、フェアでない議会内ルールを是正していくことを主張しつづけるのも選挙で選ばれた我々の使命でもあると私は思う。


議会内の問題にしても「議論はしたが、議論がまとまらないから先例のまま」というのがこれまでの議論の結果。これでは議論したことにならない。


何を目的に自分たちの手で議会基本条例をつくったのか。議会改革に対して理由無き抵抗を示すものには徹底的に自分はこれからも挑んでいく。
posted by 飯沢ただし at 00:07| 岩手 ☁| Comment(0) | My Opinion 【意見を申す】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

2月定例議会を振り返って【1】

今回の議会も「地域政党いわて」は復興マニフェスト2011に沿って質疑と提言をしてきた。

放射線被害で遅れを取っていた「しいたけ」の持続的な営農が可能になるように常任委員会と予算特別委員会で支援策を訴えた。我々だけでなく議会全体で議論を動かした結果、最終日の支援策である追加補正予算が提案されたと思う。

広域のガレキ処理についても提携をしている「地域政党京都党」を通じて働きかけてきた陸前高田市の松材を例に挙げて、県のさらなる対策強化を訴えてきた。

請願陳情審査においては原子力に依存しないエネルギーへの転換に向けた趣旨の請願には積極的に推進すべしという観点で賛同を示し、被災地こそ地産地消のエネルギー基地を構築すべし等、提案も交えて討論をしてきた。


政府に対する意見書も4本提出して、全議員の賛同を得て送付された。

今回の執行部の提案した議案には復興をいち早く推進すべきという思いを込めて、全議案に賛成。

しかし、肝心なことは単に賛成に回っただけでなく、予算案審議には「放射線被害からのいち早い脱却のために東京電力にの賠償請求を強く求める」との文言を付帯意見に加筆するように求める行動も起こした。

4人という交渉会派に満たない会派ではあるが、自分たちが与えられた議会のルールの中で行動をやったものと私は自己評価する。


これから私個人の県政レポートと「地域政党いわて」の報告書を4月に向けてつくりますので、ぜひともご覧を頂きたいと思います。
posted by 飯沢ただし at 23:46| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

岩手県議会基本条例の魂

平成20年12月12日

岩手県議会は議員自らの手で「岩手県議会基本条例」を創り、全会一致で可決し制定した。

前文にこの一文がある。

本県議会は、知事と議会が対等で切磋琢磨の関係にある二元代表制の下、合議制の機関として多様な民意を反映しうる議会の役割及び議員の活動規範並びに県民主権の実現に向けた実効ある仕組みをここに明らかにし、県民参加の下で地方議会政治を成熟させていくとともに、議会改革に継続的に取り組み、県民の負託に応える議会のあり方を不断に追求していくことこそが、真の地方自治に結びつくものと確信する。
 ここに本県議会は、県民から選ばれた県民全体の奉仕者であることの誇りと、果たすべき役割を自覚し、県民の意向を的確に反映し、県民に開かれた議会、県民に信頼される議会を構築することにより、県民福祉の向上及び県勢の発展に寄与することを決意し、この条例を制定する。


そして

(議会の役割及び活動方針)
第2条 議会は、県民を代表する合議制の機関として、次に掲げる役割を担うものとする。
 (1) 議会に提出された議案の審議及び審査を行うほか、積極的に政策立案及び政策提言に取り組むことにより、県の政策を決定すること。
 (2) 知事等の事務の執行について監視及び評価を行うこと。
 (3) 前2号に掲げるもののほか、議会の意思又は見解を対外的に表明すること。
 (4) 前3号に掲げる役割を的確に果たすことを通じて、県政の情報及び実状を県民に明らかにすること。
 (5) 合議体としての議会を適正かつ効率的に運営し、及び管理すること。

また、

(議員の活動及び活動方針)
第3条 議員は、県民全体の奉仕者、県民から選挙により選出される代表者及び合議体の構成員として、次に掲げる活動を行うものとする。
 (1) 県の政策形成に関わる調査研究、企画、立案及び提言を行うこと。
 (2) 県の政策形成に必要な情報収集、意向調査、住民との意見交換等を行うこと。
 (3) 議会に提出された議案の調査を行うこと。
 (4) 本会議(地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第2編第6章第6節の規定による会議をいう。以下同じ。)、委員会等に出席し、質問、質疑、討論、討議等を行うこと。
 (5) 議会の適正かつ効率的な運営及び管理を確保すること。 
 (6) 県が主催する記念式典その他の公的行事に必要に応じて出席すること


合議制の機関として多様な民意を反映しうる議会の役割

合議体としての議会の適正かつ効率的な運営及び管理の確保


これらの自らの規範を示した魂は一体どこへ行ったのか?


数を集めて政治的な思惑を優先し、基本条例の魂を置き忘れた今の現況、嘆かざるをえない。
posted by 飯沢ただし at 23:59| 岩手 ☁| Comment(0) | My Opinion 【意見を申す】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

予算委員会が深夜に及んだ真実

今日の岩手日報で15日(木)に予算特別委員会の採決が深夜に及んだ記事の内容に誤りがあるので事実を伝えます。


事は予算特別委員会を設置する議会運営委員に溯る。

議会運営委員会で「地域政党いわて」を代表してオブザーバー参加していた私が、議会運営委員長に対して

「24年度一般会計予算を審議する今回の予算特別委員会は、震災復興のスタートラインを意味することから議会にとって特別な意味を持つ。よって予算委員会の運営を掌る「世話人会」も議会内の多様な意見を反映させるように工夫をして欲しい。」

「せめて世話人会にオブザーバーとしてでもいいから参加をさせて頂けないか。」と申し入れたところ

その答えは「先例がないからダメ」

「世話人会の協議の結果を議会事務局員が伝達する仕組みも改めるべきである。」との意見すら無視。

故に我々は予算特別委員会の正副委員長方法も指名推薦でなく「選挙」を主張。


結局、最後の最後まで、なし崩しで来た結果、最終日を向え
先例どおり交渉会派2会派で構成された世話人会で協議された付帯意見文案を携えてまた議会事務局職員が伝達に来た。

問題は、「私たちの意見がどのように付帯意見に反映されるか」にあった。
世話人会のオブザーバー参加すら認められないのなら、予算委員会の中で我々の主張をする以外に県民に対して説明する場面がない。


会派室に訪れた正副委員長に対して「予算特別委員会を再開して欲しい。その場で会派の意見を申し上げる。(社民党も同じ考え方を主張)」この場面が19時。

その後、なしのつぶてで3時間以上を浪費。

委員会を再会するも強引に採決に持ち込もうとする委員長に「地域政党いわて」が付帯意見文に「東京電力の賠償責任を追及する文言を加筆するように世話人会にお願いする議事進行をかけた。社民党も同じくガレキ処理の遅れ等を明記すべきとの意見。この場面しか、公式に意見を述べる機会がないシステムにしているから他の手段の選択枝はない。

しかし、またここで委員長の議事運営の不手際(議案にもなっていない付帯意見案を強引に予算議案とセットで採決に持ち込もうした)があり、及川幹事長や他の議員からも指摘を受けて、ようやく世話人会を開催することに。

そこでまた4時間が経過。

その空白の時間も何がどのように動いているかも知らされず。

結局、原案に我々の主張していることは含まれている(文に入っていないから加筆して欲しいと意見したのに)意味不明の説明でチョン。

これが深夜に及んだ事実であり、真実です。

無用に議論を長引かせたのは一体誰なのか。この事実をみれば一目瞭然のはずです。
posted by 飯沢ただし at 11:14| 岩手 | Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

大震災から一年

東日本大震災の発災からちょうど一年。

陸前高田市で県と陸前高田市との合同追悼式がいとなまれ、多くの県会議員と共に参加してまいりました。

開会の時間より少し前に到着し、多くの市民が避難場所に退避しながら尊い命を落とした市民体育館に立ち寄り哀悼の意を捧げました。体育館内の時計は津波が到達したと推察される3時30分を指して止まったまま。未だに体育館の中は瓦礫の残骸や土砂が堆積していました。

市内は一見片付いているように思えますが、実際は未だに寄せて集めているだけ。
これが一年も経過している現実です。

                   ↓

P1000574x.JPG


政府が広域処理が進まないことに対してようやく動き出したようですが、いまさら何をか況や。
遅すぎます。


追悼式は何千という市民が献花するために来場しました。用意されたテントの中に入りきれず外でも沢山の人が列を成していたそうです。

その中でも若い人達が大勢参加されていました。

思いをつなぐ若い人達が、つらい現実を受け止めながら未来の扉を開けるためにと行動して欲しいと願いました。

来年も再来年も同じ日に追悼式は開催されます。
その年毎に一歩一歩確実に復興を果たしていかねばならない。

そのために、議員たる自分の置かれた立場の中で、政治のパワーバランスに翻弄されることなく、行動していきたいと思います。

posted by 飯沢ただし at 23:59| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

2順目の岩手国体

平成28年に開催が予定されている岩手国体。

昭和45年岩手国体x.JPG

【昭和45年の岩手国体】


今日は政策地域部(まるで日本語になっていないへんてこな部名)の審査があり、国体推進室は政策地域部内にあるので審議の対象に。

昨年の東日本大震災があって開催自体も一時は返上か?という知事の発言もありましたが、被災地からもぜひ開催をという声があり、予算緊縮と復興への決意を込めた新しい国体を目指すことになっています。

しかし、考えてみれば開催まであと4年しかありません。昭和45年に開催された最初の岩手国体ほどの県民の盛り上がりは無理だとしても県民への今回の開催のコンセプトなど浸透を図っていくには時間はそう多くはないのが現実。

今日の質疑の全体は行政への注文が多くを占める結果となりましたが、今回の震災を考えると自分自身も開催には賛意を示すものですが県民ひとりひとりへの開催の動機づけは極めて難儀な問題。

かつては国体を名目に社会資本の整備が図られた時代があり、その頃は右肩あがりの経済の成長があって国民の暗黙の了解が許されたが今回はそうはいかない情勢。

岩手国体切手.jpg



来年度から行政が中心となった準備会が活発に動き出すことになりますが、岩手国体の開催の目的と趣旨は明確にしてスタートすべきと考えます。

posted by 飯沢ただし at 18:22| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

予算特別委員会が始まる

県政史上初の一兆円越えの平成24年度予算を審査する予算特別委員会が昨日から始まりました。

昨日と今日の午前中は知事に直接答弁を求めることができる「総括質疑」の日程が組まれています。
「地域政党いわて」からは及川幹事長が知事の発信力についてを中心に質問。今年の4月から始まるディスティネーションキャンペーン(DS)の県民の現状認識やガレキ広域処理の問題を俎上に上げて知事に切り込みました。

知事答弁は「適切にやります・・・」

こうも毎回同じトーンでは周囲の職員も大変でしょうな。同情を禁じ得ません。

トップマネージメントとは管理だけでなく、発信力も同等以上に求められるのだと思います。
何せ今は「非常時」なのですから。

私はそんな意味を込めて大西鐡之祐氏の「展開・接近・連続」を例に出して、県庁内のトップの発信力と具体的な戦略を求めたのでしたが、それに対して「職員憲章」が先に口に出るのでは私が考えている組織論とは全く立ち位置が異なるようです。


質問時間は所属会派の人数によって比例配分されますが、最大会派は75分。地域政党いわては18分。

4分30秒も時間を残して最大会派の質問は終了。
1分程度ならともかくこんなに時間を残すのならルールの見直しも必要です。

1分1秒を貴重に考えて工夫している会派もあるのに。
posted by 飯沢ただし at 06:29| 岩手 ☔| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月01日

請願ラッシュ!

請願とは、政治や行政に対して意見・要望を述べることであり、憲法によって認められた権利です。

国や県の仕事などについて要望がある人は、誰でもその要望を文書にして、議会に提出することができます。 県議会では、提出された請願を所管の委員会で審査した上、本会議で「採択」か「不採択」を決定し、採択されたものについては、執行機関(知事など)に送付し、請願事項の実現に努力するよう求めます。

これが議会における請願の流れになっています。


今議会は東日本大震災から一年が経過という背景もあり、福島原発事故の収拾がいまだ目途がつかないことから原子力発電や放射線被害に関する請願が多く提出される模様です。また、政府の税と社会保障の一体改革が現在国会で審議中であることから、消費税に関するものも提出されています。

地域政党(ローカルパーティー)は国政政党の政策には直接的に関与を受けない位置にありますが、地方から国を変えるとまで綱領に謳ってある以上、真摯に議論を重ねて結論を導き、説明責任を果たしていきます。

posted by 飯沢ただし at 23:54| 岩手 | Comment(1) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする