2012年01月31日

タイ国と日本

先週に頼んでおいたメガネが出来上がり、さっそくかけて目を慣らしています。

なぜ慣らすのか? とうとう遠近両用メガネが必要になったからですふらふら
ここ最近、新聞や本を読むときにメガネを外した方が読むのが楽になり、いちいち外すのが面倒になってきましたので思い切って購入することにしました。まぁそれなりの年齢になりましたから。


眼鏡店主の話ですと、昨年のタイ国の大洪水でメガネフレームの生産がストップしてしまい、影響を受けた所もあったとか。メガネフレームに限らず自動車産業や製作機械など、コストダウンのためにタイに拠点を移した企業は大きな影響が出ました。

タイ国は今やシンガポールや香港に匹敵するアジアとヨーロッパとの物流拠点にもなりつつあります。国民も仏教徒が多く勤勉であり、また山田長政来日本との交流の歴史もありますから日本企業を受け入れやすい環境が整っています。

外交面でも中国を牽制する意味においてわが国と東南アジア各国との連携の重要さはその重きをさらに増してくるでしょう。


pipat samutx.JPG

【本船Pipat Samut 船会社Thai Maritimeの船】


先週久しぶりに三井倉庫時代の同期と旧交を温む機会がありましたが、このタイ国の船の話題で盛り上がりました。私は当時担当ではありませんでしたが、2〜3度応援に行ったことがありました。

25年前の輸入品は冷凍エビやタピオカ(荷役作業員の頭が真っ白になりました)輸出品はピックアップトラックや小型トラックの半完成品、カーゴノックダウン(CKD)でありました。

今や現地で自動車も生産が可能になり、隔世の感があります。

お昼ご飯を船でご馳走になり、初めて食べたタイのうどん(砂糖をまぶして食べる)の味は忘れられないです。
posted by 飯沢ただし at 12:17| 岩手 ☁| Comment(1) | Good Old Vessels【懐かしの船】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

岩手と宮城の連携をさらに

本日、宮城県登米市において岩手・宮城県際市町村議長会が主催した岩手県南(一関市・平泉町・陸前高田市)と宮城県北(栗原市・登米市・気仙沼市・南三陸町)構成市町から選出の両県の県議会議員との懇談会が開催された。

120130_150621x.JPG

【来賓の布施登米市長のあいさつ】


今回の意見交換のテーマは「東日本大震災の復旧・復興対策について」

講師には 東日本大震災復興対策本部事務局の宮城現地対策本部事務局次長の稲田氏と参事官の軸丸氏があたり、お二人から「東日本大震災復興特別区域法」等の説明を受けた。

意見交換は時間の都合もあり、議論の深まりはいまひとつであったが、今会の震災を経て県境を意識しない被災地支援の取り組みが紹介され、現実的に県際の壁を越えた活動がなされたことの評価の共通認識が図られた。

両県議会でも各々県境議員連盟が組織されており(岩手県の会長は不肖 私)被災された方々の生活支援や産業振興と雇用の確保に向けた取り組み強化を両県から同時に議会側から提案することの意義は大きい。具体的に来年度、復興庁が整備された後に互いの課題を整理する機会をぜひ作りたい。

明治の廃藩置県で短期間ではあったが「水沢県」「一関県」として同じ行政体におさまった時もあった岩手県南と宮城県北。当時、登米に県庁所在地が置かれていた。歴史と文化を共有する部分が多いこの地域が、東日本大震災から創造的復興の実現のために県をまたいだ連携は、ますます重要性を増したことは間違いない。
posted by 飯沢ただし at 23:47| 岩手 ☁| Comment(2) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

ILC 北上高地誘致へ

ILC(国際リニアコライダー)計画に関してNHK朝のニュースで全国放送されたこともあり、俄然周辺の地域の関心が高まってきた。

政府が昨年12月にサイト(建設候補地)に対する地質調査費に5億円余を3次補正で計上し、いよいよわが国への誘致活動に本腰が入ってきたことが大きな引き金になっている。

また今月の18日に、国際リニアコライダー(ILC)の国際共同設計チーム(GDE)責任者のバリー・バリッシュ氏(米国)らILC計画の研究者5人が、本県を訪れ、北上高地を視察し、自然環境も素晴らしく適地であることを言明したことも興味を引き付ける材料となっている。

バリッシュ氏が強調をしていた「地元の受け入れ態勢が(サイト決定の)大きな要素である。」と述べたことで、今後は民間レベルでの活動が求められる。

奥州市では早速呼応して経済団体を中心に研究会を立ち上げた。一関市でも水面下で動きがあり、誘致に向けた環境を整えていく方向性が見えてきた。


何より地元としては地域住民の正しい理解と共通認識が必要である。


先週末に上京し、関係者と会い新しい情報の収集に走ってきたが、同時に東日本大震災からの復興の象徴として東北を応援したいという気運が高まってきていることを感じ取ることができた。


この手ごたえを確信に繋げるためには今年一年が重要な一年になることは間違いない。
これまでも自分なりに普及に努めてきたが、自分の使命を十分に果たしていきたい。
posted by 飯沢ただし at 23:53| 岩手 ☀| Comment(0) | ILC 【東北から世界に発信!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

ブーメランストリート

♪ブーメラン ブーメラン ブーメラン
きっと あなたはもどってくるだろう♪ 

昔の歌にこんなのがあったが、野田首相にとってはブーメランの跳ね戻りがキツイく感じる日々が続いているものと推察されます。

今話題になっているYOU-tube の「消費税は絶対に上げません!」の政権交代前のご本人の映像は国民が見て何と感じるだろうか。

税と社会保障の一体改革と消費税増税に関して野田首相は
「不退転の決意」 「Never Never Never Give up」など
抽象的な言葉を多用していますが、それだけでは国民に説明がついていません。また、自分自身に掛け声をかけるだけでは事は前に進みません。


今日の施政方針演説はニュースでしか見ていませんが、他党の過去の首相演説を引用する手法は野党から批判があって当然でありましょう。


民主党という党のアイデンティティはどこにあるのか不明の度合いを強めただけの印象です。


今通常国会は与党、民主党内も野党、自民党内も一枚岩になっていない状況で行先不透明と報道されていますが、震災対応も含めた重要な議論の場でありますから、国民に対して説得力のある議論と国会対応をすることを強く望むものです。

なぜなら被災県の予算議会が今回ほど国会の影響を免れないと思うからです。

2月定例議会では一般質問の順番が巡ってきますので、大いにアンテナを高く廻らせて時宜を得た質問に心掛けたいと思っております。

posted by 飯沢ただし at 23:57| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

30年という途方もない時間

福島第一原発事故から10ヶ月いまだ収拾の目途がつかない。

NHKでは放射能特集番組を随時放送しているが、調査が進めば進むほど深刻さの度合いは増してくる。先の15日放送された海洋汚染レポートも意外な箇所にホットスポットが存在することが紹介され、特に閉鎖性の強い湖沼や湾内汚染の実態も明らかになった。

生産者の悲痛な叫びに東電はどのように対応してくれるのか。
子どもたちの内部被爆をいかに最小限に防げるか。
除染をどのように効果的に行えるか。

考えられる喫緊の課題だけでも柱が太すぎる。

当地方では特に畜産家、椎茸農家に対する行政対応の方向性さえ見出せない状況にある。

先週、県庁内を巡り、各担当課から説明を受け、情報の収集と迅速な対応を求めたが、自信を持って生産者に現時点で解決の方向を示すことが出来ないのが本当に口惜しくやるせない。

セシウムの半減期は30年と言われている。

今日放送された番組で農家の方が「とんでもないお土産もらったもんだ」と苦悩している顔を見るに及び、これから長い期間、格闘を余儀なくされると思うと愕然とした。

しかし、前に進まねばならぬ。このことだけは明白だ。

今は、できるだけ現場に足を運び問題解決の糸口を探ることしかない。
posted by 飯沢ただし at 23:57| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

被災地と後方支援基地(2)

遠野市では「遠野方式在宅ケアシステム」と「地域ICT遠野型健康増進ネットワーク事業」について調査。

遠野市は東日本大震災の発災時から沿岸地域への後方支援基地として、物資の供給をはじめ大きな貢献をしているところだが、今後、沿岸地域への保健対策についてもICTを活用したネットワークを延長活用したいとの構想を持っている。

「在宅ケアシステム」は耳と紙からは情報を得ていたが、実際に『病院の出前』の仕掛け人&責任者である貴田岡 博史 県立遠野病院長の話を生で聞いて、システムの深淵なるものに驚いた。

特に訪問診療の中に 医療・介護・福祉を一体的に進めていくのに徹底的にセクショリズムを廃したこと。廃するというよりも、目的を達成するために現場で課題を解決していくうちにお互いが努力を重ねた結果、そうなったという印象である。


いままで自ら調査してきた広島県のみつぎ病院、藤沢町の町民病院(現在は市民病院)の例をみても、医療側から理念を持ちアクションを起こしていかないと成功しないことは明白だ。

貴田岡院長が県立病院の医師の身分で自治体と一緒になってここまで情熱をもって継続していることに頭の下がる思いだ。


国の医療政策が在宅へと流れを強めている中で、県の医療局も地域病院のあり方について、地域のニーズにあった病院のあり方を真剣に模索すべき段階に入っている。

地域医療に資する人材の育成、命と健康を守る「保健部福祉部」や行政ネットワークを所管する「地域政策部」、県も部局の枠を越えた本腰を入れて対応する必要があると考える。
posted by 飯沢ただし at 11:24| 岩手 ☁| Comment(2) | My Inspection 【視察日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

被災地と後方支援基地(1)

本日、環境福祉常任委員会の県内視察があり、大槌町と遠野市に行ってまいりました。

大槌町では昨年12月に契約を交わした災害廃棄物破砕・選別等業務委託した業務が動き出した状況を視察。

契約期間は平成25年3月31日までとなっており、この間に可燃系混合物41200トン、不燃系混合物118500トンを処理委託する内容です。

2月から本格処理が始まるとのことで、2次仮置き場であるヤード内はまだ閑散としておりました。

大槌町の処理・処分先に一関市の大東清掃センターと三菱マテリアル岩手工場があり、後日処分先においても搬入の状況を独自に状況を確認したいと思います。


昼食は大槌町内に出来た「おらが大槌 復興食堂」で

120118_121420x.JPG


食堂で働く女性達はとても元気に働いていました。

120118_123913x.JPG


食堂の背後は未だこのとおり。一日でも早い復興を実現せねばなりません。
posted by 飯沢ただし at 23:55| 岩手 ☁| Comment(0) | My Inspection 【視察日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

まだまだ前途多難

本日、定例議会の間に開催される常任委員会があり、私の所属する環境福祉委員会では12月定例議会で議論になった花泉診療センター民間移管「白光」問題に関して医療局からその後の動向について報告がありました。

医療法人「白光」は県から賃貸している診療センターと付設している老健施設について、県が4月以降の継続契約する意思がないことを伝達したことへの回答は

「納得できない」

として施設からの即時撤退には同意しなかったことが明らかとなりました。


有床診療所が絶対条件であった民間移管でありましたが、委託先の「白光」が採算が合わないとして入院患者を受け入れていない状況が続いており、今回、即時撤退に応じなかったことは賃貸契約の中身の解釈について訴訟問題に発展しかねない場面にまでエスカレートする可能性も否定できません。


県は今月中には「契約解除」に踏み切るかどうかの判断をするとの答弁がありましたが、「白光」側との面談も相手の懐に入って詰めた内容とは感じ取ることができず、今後の交渉も不透明な模様です。


県医療局は花泉地区の地域医療体制を宙ぶらりんにすることなく次善の策を前広に打つことが求められているはずですが、打開の手続きに向かう強い姿勢が垣間見えないのは地域住民にとってかなり不幸なことだと今日の審議を経て感じざるをえませんでした。


2月議会には「花泉診療センター」の県管理復帰の条例が議案として出される予定となっていますが、前途多難の印象です。
posted by 飯沢ただし at 16:06| 岩手 ☁| Comment(2) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

時計の針は逆戻りか?



久々のこのコーナー。
本人も忘れそうなのでふらふら登場させます。

当初の予定通り、かの国の指導者後継者は三男の金正恩氏に決定。
20代で経験が浅いということで周辺は躍起になって箔付けに精を出している模様。

脱北者には容赦なく対処する方針を早くも打ち出したりして、この様子では拉致事件解決には難儀しそう。全くもって拉致被害者の家族の皆様には同情を禁じえません。

チャウシェスクやフセインやカダフィ大佐 
かつての独裁国家は国民の民主化運動等で強制退場されたが、なぜこの国はそのようなことが起こらないのか?一説には国民に儒教の教えが染み付いているからとの指摘もあるがどうなんでしょう。


中国、韓国、アメリカとそれぞれのお国の事情もあるから動けないのでしょうが、国民あっての国家。日本の歴史書を読んで頂きたいものです。

「世襲制度は廃止せよ」と堂々と言い放った長男の金正男氏の方がよほど世の中に明るい。
posted by 飯沢ただし at 22:29| 岩手 ☀| Comment(1) | Ulala !Masao 【追跡!正男君】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

50にして天命を知る

本日、この世に生まれて半世紀、50歳の誕生日を迎えました。

孔子曰く「50にして天命を知る」
まだまだ世の中のこと、自分のこと「A Whole new world」で捉えてない自分がおりますな。 
下手な因習に引きづられておるし。

竹内まりや曰く「I feel nice to be fifty. 」
まだまだそこまでの境地には至っておりません。

ただ、その歌詞がある竹内さんの「人生の扉」という曲の中に

ひとりひとり愛する人たちのために生きていたいよ というのがありまして、この気持ちには激しく同意するものでございます。日々その気持ちを保つことが大事だなと。


織田信長曰く「人間五十年、下天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり。ひとたび生を得て滅せぬもののあるべきか」 
これほどヘビーではなくとも、これから1年1年時間を大事に使いたいものです。


今日は前沢方面に買い物に行ったのですが、珍しくナビに従ってましたら帰り道に何故か「束稲山」に登ってしまいまして(この冬道なのに・・・)、頂上付近は夕刻なのに風も無く、水沢市街の夜景がきれいでした(実際は冬道でハンドル持つ手も堅くなっておりましたが)。

これも奥州藤原家からの何かの導きがあったのか?なんて勝手に思いをめぐらしてしまいました。


50歳を機に新しい何かを挑戦したいと思います。
posted by 飯沢ただし at 22:55| 岩手 ☁| Comment(2) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

迎春2012

今年の年賀状は、昨年の大震災がありましたから「おめでとう」は慎んでいる方が多いようで「迎春」が使われているようです。

今年の元旦は地元の八幡神社に祈願を申し出でて、厳粛なうちに正月を迎えました。

また中尊寺への若水送りに参加をさせて頂きまして(本来は東山町から中尊寺まで5時間かけて若水を送る)貴重な経験をいたしました。

P1000466x.JPG


一行が到着。東山町歴史家佐藤育郎氏が口上を述べます。

P1000468x.JPG


一関市長、平泉町町長、私、千葉家総代が紹介されました。

P1000473x.JPG


一行から口上を述べる時には「お衣」が渡されます。

P1000485x.JPG


平成5年から始まった若水送り。松川誠氏が20年の歴史と平泉文化遺産の登録、東日本大震災からの復興を願う口上を述べました。

P1000486x.JPG


中尊寺山田俊和貫主から感謝の言葉

P1000489x.JPG


一行は行列を再編成して金色堂を目指します。

P1000494x.JPG


金色堂内にて若水を捧げ、読経のうちに供養と祈願を全員でいたしました。


20年もの長きにわたり東山地域の方々が歴史を発掘しと文化を紡いこられたことに心から敬意を表します。この行事も文化遺産登録の一つの要素になったのではないでしょうか。私も初めて参加をさせて頂き、あらためて人の絆と中尊寺にまつわる東磐井地区との歴史の重みを感じ取ることができました。

いままでにない元旦の日を迎えることが出来て、いい一年になる気がします。
posted by 飯沢ただし at 16:22| 岩手 ☁| Comment(0) | The Events  【各種催物】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする