2011年06月26日

平泉が世界文化遺産登録なる!



カナダのケベックで「登録延期」となって3年、登録に向けた運動を始めて10年。

やっと念願がかなった。

平泉町民をはじめ運動に関わったすべての方々に「おめでとうございます。」と「ありがとうございます。」を捧げたい。

世界文化遺産としては国内では12例目になる。

1.法隆寺地域の仏教建造物 - (1993年12月)
2.姫路城 - (1993年12月)
3.古都京都の文化財 - (1994年12月)
4.白川郷・五箇山の合掌造り集落 - (1995年12月)
5.原爆ドーム - (1996年12月)
6.厳島神社 - (1996年12月)
7.古都奈良の文化財 - (1998年12月)
8.日光の社寺 - (1999年12月)
9.琉球王国のグスク及び関連遺産群 - (2000年12月)
10.紀伊山地の霊場と参詣道 - (2004年7月)
11.石見銀山遺跡とその文化的景観 - (2007年6月)
12.平泉−仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群 - (2011年6月)

石原都知事が「小笠原諸島」が世界自然文化遺産に登録されたときのコメントで
「これからが本格的なスタートである。」のとおり平泉も正にこれからである。

文化遺産として認められたものの「浄土」を一般の観光に訪れた人(特に外国人)にうまく説明しきれるか? 勧告に従いあえて登録資産から外した遺跡をどのように管理、活用するか課題は多い。


石見銀山が登録はされたものの年数が経過すると・・・という話も聞く。


これから復興に向けた様々な施策の有機的な組み合わせが必要になる。
登録を契機として岩手県のすばらしい価値を示せるよう私も提案していきたい。
posted by 飯沢ただし at 20:47| 岩手 ☔| Comment(2) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

本末転倒!

最近話題の尽きない「罹災証明の提示をすれば高速道路の使用がタダになる」

市町村が停電だけの理由で罹災証明を発行すべきか否か?の議論はもちろんあるが、その議論はあえてこの場ではしない。根本に関わる問題を指摘する。

本日、以下の場面に遭遇した。

午後水沢ICから盛岡南ICまで乗った。通常なら35分程度である。
ところが、出口の盛岡南ICでは本線まで車がはみ出し、あとゲートまで700mまでに15分を要した。

そして帰り。出口の水沢IC付近でまたもや渋滞。ゲートまで500mで8分を要す。

聞いた話では盛岡ICでは出口2kmで渋滞、そこからゲートまで1時間!を要した例もあるとのこと。

間違いなくこの現象は罹災証明を持った車が高速道路に溢れた結果である。

高速道路は時間短縮をお金で買うわけであるから、罹災証明を貰わずに通常料金を払って高速道路を運転している人には不利益となる。

追突や接触の危険性もある状況で、1時間も路肩で待たせられることが、被災地の支援になるのか?


「罹災」要件の判断を自治体に任せれば、拡大解釈で可能になる改正法案の内容。
停電だけで罹災になるのかと疑問を持った自治体も、隣の町で罹災証明出しているのになんでオラほの町はださねーのか!と住民に言われればダメとは言えない役所の弱み。

そもそもIC出口の設計は有料という前提から大量に車を捌けない構造になっているから、ゲートで滞留すれば路肩にはみ出るのは必定。こんなところで事故に遭ったら誰が責任を負うのか?救急車両が1時間も待たせれることになったらどうなるのか?

結論は、
制度設計の根本がまるっきりなってない! 
こんな想像力のないザルの法案を通したのは誰か!

ということである。


明日の日曜は、この現象がますます過大になることは必至。間違いなく社会問題化するでしょう。

私は、週末1000円にも疑問を呈したが、今回のはさらに酷い。

真の被災地支援に何が必要か?どうすれば社会全体で支えられるか?
これらの本質を忘れてしまうとこんなことになる。

高速無料化がいかに非効率であったのか、今回の事象で証明されたことになる。
posted by 飯沢ただし at 23:54| 岩手 ☀| Comment(0) | My Opinion 【意見を申す】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

京都党と連携協定を締結

昨日、地域政党「京都党」の京都市議4名がら来県し、地域政党いわてと連携協定式がありました。

京都党の代表である村山祥栄氏と「いわて」の及川あつし幹事長は十数年来政治を通じて堅い信頼で結ばれており、及川幹事長が「京都党」の政策顧問に就任しています。

今回、実は村山代表から及川幹事長に東日本大震災の被災地視察のために来県したいとの打診があり、それでは連携をさらに強固にするために協定を結ぼうということになったのです。


P1000069x.JPG


【被災地支援のために軽トラック1台の寄贈がありました。】


協定の内容は「地域政党いわて」のHPをご覧下さい。


協定後の意見交換の場で亀卦川議員から旧水沢市と京都の清水寺の交流がアテルイと坂上田村麻呂との心の交流からはじまったことが紹介され、今後、本県と京都市の観光面での連携が平泉世界遺産登録と相まって深まる可能性を十分に感じとれる有意義な会でした。


地域政党、ローカルパーティーの位置づけ自体がこの国では法として整備されていない(政治資金規正法 等)などの共通の問題を解決していくには、ネットワークを広げ行動してことも確認されました。


なかんづく、我々の行動と情報発信が重要なので、今後一層精進してまいります。
posted by 飯沢ただし at 23:23| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

災害対策特別委員会の被災地視察

県議会内で組織された「災害対策特別委員会」では全議員を4つの班に分けて、被災地の視察調査をすることになり、本日が第一弾。対象の被災地は釜石市と大槌町です。

現地調査と地元の方からのヒアリングを行いました。

大槌町全景.JPG

【大槌町では津波と同時に火災が発生し、木材関係の瓦礫は焼失した関係で撤去の進捗率は50%と他の被災地と比して高い。町内の平地の95%を失った。言葉も出ない。】


2時間づつ各団体の長の方々を中心に課題、要望を聞いてまいりましたが、どちらの自治体も毎日の対応に精一杯で、まちづくり等のグランドデザインに腰を落ち着ける時間は限られている様子でした。

私は釜石市で、国の2次補正対応に向けて足らないものは(特に人材)臆せず国や県に要求すべきであるし、もはやこの事業を是非ともやりたいから予算はどれだけ必要、法改正はこの部分をして欲しいと具体的に示す段階ということを意見してきました。

県は残念ながらグランドデザインに直接的に触れる覚悟も見えないので、当該自治体から尻を叩いてもらう方法しか現実的には取れないと思ったからです。


被災地自治体には私の予想通り中長期的な計画まで、特に産業振興の新機軸まで提案できる余裕がないのが現状です。


大槌町での会場は大槌小学校でしたが、火災の影響で会議室の天井も黒く変色しておりました。

大槌小学校.JPG


校舎の4階まで外壁は黒焦げになっており、波が炎と一体となって町を襲ったことを想像すると背筋が張り詰めます。
posted by 飯沢ただし at 23:44| 岩手 ☁| Comment(0) | My Inspection 【視察日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

岩手の学び希望基金

岩手の学び希望基金

岩手県では震災で就学が困難な子供たちのための基金「岩手の学び希望基金」を設立し、議決されました。

岩手県から1億円、民間から4億円の計5億円でスタートします。

寄付はこれからも広く募集し、岩手の被災した子供たちに息の長い支援をしていくものです。

先の常任委員会では運用目的について詰めが甘いとの指摘もありましたが、基金を管理する県は走りながら、且つ迅速な支援をしていくことが求められます。

私も委員会で当局に対して、海外からも岩手県でALT(英語指導助手)を経験した人たちから何か役に立ちたいとの意向が寄せられているので、この基金で対応できるような工夫をして欲しいと注文と指摘をしました。県のHPで英語版の案内なども必要ですので、対応してもらうよう依頼したいと思います。


コメントを頂いたように被災地の学校現場では、生きた「お金」が切実に必要とのことですので、お金の使い方やタイミングが役所仕事で終わらないように私も関心を持って今後当たっていきます。

posted by 飯沢ただし at 23:41| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

気になる日程

本日は8日に開かれる臨時議会の議案説明会のため盛岡へ

議会棟に入るなり話題となったのは
今朝の地元紙の一面記事

東日本大震災で延期になっている統一地方選挙の見通し

被災地の瓦礫撤去が未だに進捗されていない状況で、規定どおり9月実施で本当に可能かどうか、各議員が持ち寄る情報が飛び交いました。


自分としては、大槌町長選挙のゴーサインが何時出るかで(町民の判断)で決まる。と踏んでいましたが、陸前高田市の状況を見ると9月実施は困難ではと思っています。


ただ、この記事により、職員派遣の逆算工程のカウントダウンが始まりますから、年内実施は確実と推察します。

8日の臨時議会に上程される補正予算議案では1800億円超の予算規模となることが説明されました。選挙も大事だが、もちろん復旧・復興のための確かな流れを作ることです。


8日には「地域政党いわて」の県に対して2回目の政策要望を行うことを決定いたしました。
内容については後日政党HPにアップします。
posted by 飯沢ただし at 23:23| 岩手 ☀| Comment(2) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

森は海の恋人植樹祭2011

P1000027x.JPG


毎年必ず参加している一関市室根町で開催される「森は海の恋人植樹祭」に今年も参加してきました。
東日本大震災により主催者である「牡蠣の森を慕う会」代表畠山重篤さんが在住している気仙沼市唐桑地区も大被害を受け、養殖筏はほとんど流れたそうです。

今年は海の再生に皆の力を合わせることを誓い合い、犠牲者に鎮魂の祈りを捧げる特別な会となりました。


P1000033x.JPG

【ざっと見た感じでは例年の1.5倍位の参加者だったでしょうか】


P1000031x.JPG

【畠山さん曰く「2ヶ月水道が止まり、風呂も入れなかったので鬚もこのとおり」】


P1000029x.JPG

【今年はテレビクルーも大挙参加 ん? テレビでよく拝見するキャスターの方では?】


開会式は三人から復興へのメッセージが発表され、

・海も川も山もみんなつながっている、そして心もつながっている!
・これまでの交流を礎として復興への道のりを一緒に歩いていきましょう!
・世界が日本がどのように復興するか注目している!日本は必ず出来る!

すばらしいメッセージでしたし、聞いている聴衆も真剣に耳を傾けていました。

「海よ 甦れ」復興祈願植樹が行われ、

P1000044x.JPG



P1000041x.JPG

【私もご指名を受けて植えさせて頂きました】


P1000049x.JPG

【県境議連でお世話になっている宮城県議会議長 気仙沼市の畠山氏も参加 津波で自宅は被害を受けたそうです】



例年であれば矢越山の麓の12区会館広場で唐桑の海の幸を堪能し、参加者の皆さんとお昼を食べて帰宅するのですが、今年は無論それは不可能。

それでも畠山さんは「来年は必ず持ってきますから!」力強く宣言をしました。


今年の植樹祭は参加者一人ひとりの復興に向けた「気」をビンビンに感じ、こうした自然の脅威に曝されても立ち上がって皆で頑張っていこうという気持ちになれる日本人て人間て本当にすばらしいなと心から感じました。創作太鼓の演技も最高のパフォーマンスで、喝采を浴びていました。


内陸に住んでいる私にとって、これから森林の存在価値と有効性をさらに高めていくことが復興の最善のサポートとあらためて認識をした植樹際となりました。



気になっていたニュースキャスターは「TBSニュース23」の膳場貴子キャスターと判明

P1000054x.JPG



これは絶好の機会到来。

ニュース23といえば忘れもしない2月に取材を受けながらオンエアされなかった「地域政党いわて 1.5秒の悲劇」

何で放送されなかったのか!説明と陳謝も求めるべく接近をはかる!

P1000056x.JPG

【どうもすみませんでした。】


ってクレームをつける程の度胸が私にある訳なし。写真の男性は偶然下を向いているだけ・・・です。


写真に写っている自分はご丁寧に帽子までとってデレデレオヤジではないか!
posted by 飯沢ただし at 22:42| 岩手 ☀| Comment(0) | The Events  【各種催物】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

尊敬される政治は果てしなく遠く・・・




かく言う鳩山氏は、首相を辞任する折に「国会議員は今期で辞する」と潔さを述べたと思いきや、すぐさま撤回しましたよね。

菅総理は「あなたには言われたくない」と言うでしょうな。

昨日と今日の猿芝居は小学生以下。

まともな政治をして下さいちっ(怒った顔)
posted by 飯沢ただし at 23:05| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

国会議員に憂国の獅子はいないのか!

今日の衆議院、内閣不信任案の提出、採決をめぐる件について

「地域政党いわて」のコメントを出しました。

昨日と今日の動きの中での極め付けは

与党内からも野党の提出した不信任案に「やむを得ず賛成に回る」と息巻いていた議員の大半が翻意して賛成に急旋回。

その理由が代議士総会の菅首相の退陣予定演説と鳩山前首相の党の結束発言であると釈明。

鳩山前首相の「いの一番」の発言も用意周到されたものであったが、密室で菅総理と取り交わした3つの条件は、退陣が担保されているという認識は全く両者間で食い違ったものであったというお粗末。

いやはや国民不在の党内の権力闘争、この国難ともいえる時期に行う大儀は全くなし。
この茶番劇を見せ付けられた被災地の方々は落胆のため息であった。

何をすべきかより、政権奪取と権力の集中にエネルギーが費やされるこの実態、政策よりも情や圧力による議員の行動規範、国民からは理解不能であることは間違いない。

議会制民主主義は多数を取った政党が政権を取るということの単純明快さが、逆に国会内ではモラルハザードを起こしているのではなかろうか? 過去、55年体制時でも角福戦争、大福闘争など自民党内での抗争はあったが、それと比しても今回の政局劇は全く筋が悪い。


優先順位は被災地復旧・復興のためのスピード感ある対応! 法の整備!

立法府に国民の負託を受けて席を得ている国会議員の方々、肝に銘じて行動してほしい。

posted by 飯沢ただし at 23:39| 岩手 ☔| Comment(0) | My Opinion 【意見を申す】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

緑のダム

P1000021x.JPG

【たんぼのずっと先は川崎大橋】


田植えもほぼ終わり、農作業も一段落。
最近は雨も多くなかなか気温が上がらず、農家の人たちは気をもんでいるのではないでしょうか。
気温の関係で雑草の伸びはいつものようではないようで、早朝の草刈機の音はまだ聞こえてきません。

こうして写真で見ると水田は本当に緑のダムというのを実感します。


一方、被災地では水田が瓦礫置き場にならざるをえない状況もあり、農家の苦渋の決断に心が痛みます。

藤沢町の認定農業者の会では自主的に米を被災された方に贈ることを決めたそうです。

収穫された米が内陸と沿岸地に温かい心の架け橋となることを祈ります。
posted by 飯沢ただし at 22:09| 岩手 ☁| Comment(0) | Beauties of Nature【花鳥風月】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする