2010年09月30日

与党と野党

議決は議員に課せられている最も思い責任です。

私たちは「地域政党いわて」を結成以来、議決に際し、十分な議論を尽くすように心掛けています。

執行部からの提案根拠が十分かどうかを判断するため、議決する以前に審議が尽くす必要があれば先例にとらわれない議会運営のあるべき姿を主張しています。事実、先の副知事や教育委員の選任にあたり、議会運営委員会でそのような場面を及川幹事長が創出しました。


私は地方議会が二元代表制であることを踏まえれば、それは当然の行動だと考えます。

議員は首長(県でいえば知事)と別の選挙で選ばれた住民の代表でありますから、執行機関の監視や条例の制定などに努めなければならない職にあるのです。

而して、議員は議決にあたっては相当の姿勢で臨まなければならないのは言うものがなです。


国会は議院内閣制でありますから、多数を取った政党が内閣を構成する仕組みになっていますので与党と野党が存在します。

しかし、地方議会は強力な権限(人事権、予算提案権、予算執行権など)を持つ首長を住民が直接投票で選び、その権限が逸脱や独善になるのを防ぐために議会が存在する二元代表制を採用しています。ゆえに国会でいうところの与党と野党は存在しません。


今までは住民の行政への要求が経済の発展により予算規模の拡大で応えられてきました。そこで議員は有権者は利益還元の仲介者という位置づけでほぼ役目を満たされてきました。しかし、今の時代はそれを許すような環境ではありません。議会の権能を活かすことに照らした活動が議員に求められています。

議会運営委員会視察で他県でこんな例がありました。過半数を占めている会派しか説明に出向かない。賛成してくれれば執行部はそれで用は足すのでしょうが、これでは二元代表制を理解していない対応です。岩手県はそんなことは一切ありませんが、今後、執行部が賛成を求める場合、現実的対応として与党と野党を自ら選別する可能性もゼロとは言えないでしょう。

議員が議会の権能を活かすのは当然として、執行部側にも議決結果だけでなく議論の経過を重視することの理解を深めていくことを議員が議論を展開するなかで誘導する必要があるのかもしれません。
posted by 飯沢ただし at 18:08| 岩手 ☁| Comment(0) | My Opinion 【意見を申す】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

地域政党いわて胆江支部が発会

「地域政党いわて」胆江支部が昨日9月28日に発会しました。

「地域政党いわて」では、県議会議員選挙区毎に支部を設置することができるとされており、本来であれば奥州選挙区支部となるのですが、当選挙区は奥州市と金ヶ崎町があることから奥羽市に限定されるイメージがあるとのことで胆江支部の方が実際に即しているとの亀卦川支部長らの判断でそのように命名されました。

発会式と懇親会には200名を超える胆江地区の皆様に参集いただきました。
まことに感謝にたえません。


P1030813x.JPG


【代表として挨拶を述べる】


発会式に先立ち、胆江地区の元首長4氏と政策懇談会を開催し、首長経験者の立場から二元代表制の発展性や「地域政党いわて」の掲げる8つの基本政策についてご意見ご示唆を頂戴しました。詳細は「地域政党いわて」のブログに掲載します。


今回の発会式で私自身政治への信頼が今いかに大事かを改めて感じ取ることが出来ました。

当日朝日新聞の東北版で「地域政党いわて」と他県でのローカルパーティの動きが偶然にも紹介されましたが、私たちは時代を読みながらも政治と有権者との意識の乖離を、我々の行動で示していかねばならないと決意を新たにしたところです。
posted by 飯沢ただし at 23:19| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

地域政党いわて街宣活動in一関

地域政党いわて街宣一関一回目.JPG


【街宣車は地域政党いわて2号、久々の登板でありましたが、上々のマイクの響きでした。】


本日は岩手県議会盛岡補欠選挙以来の「地域政党いわて」街宣活動を地元の一関市で初めて行いました。


朝の通勤ラッシッ時でどれくらいの方が聞いておられたかはわかりませんが、統一選挙まであと半年、自分自身に気合を入れる目的もありました。


地域政党結成の理念と行動規範、特に二元代表制における議会の役割を活かすことについて力点をおいて話しました。


今日を第一回目として、これから毎週月曜日を基本に街頭で訴えさせて頂きます。
近くでお見かけの際はよろしくお願い申し上げます。
posted by 飯沢ただし at 23:39| 岩手 ☔| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

イチロー10年連続200本

イチロー2x.JPG


イチロー選手。
今年も日本国民の期待に応えてやってくれました。

10年連続で200安打は米国内でも驚異的な記録と評価が高いです。
この調子でいくと40歳のときにMLB3000本安打を達成となりますので、現在見る限り脚や肩の衰えも感じませんから、今までどおりの節制をしていけば可能と思います。そうなれば殿堂入りはほぼ確定となるでしょう。

ポール・モリターという選手が40歳で225安打していますから、イチローには40歳で230安打をやってのけて欲しいものです。


いかなる局面でも客観的に自分を見つめられるイチローの能力には驚かされます。普通、チーム状態が低迷すれば雑になるようなものですが、イチローは違います。



200安打の達成も10回目は新記録となり、9回を記録していたピート・ローズ氏が内野安打が多いから幸運な男だとか否定的なコメントをしていまいしたが、記録達成後はイチローのバッティング技術を評価することを言っておりました。


PRose2.jpg


ローズ氏にしてみれば、イチローの通算安打が自分の持つ記録にせまってきているので、文句をつけたくも一時はなったものの周囲の反応が自分に好意的ではなかったので方針変更したのでしょう。

野球賭博で球界追放になったので年金ももらえず、苦しい立場であることを明らかにしただけのかつてのレッズファンの私にとってはローズの悲しい行動でありました。


イチローのマリナーズ契約は2012年まで。来年あたりに契約延長の話がでないと、ひょっとすると来年は移籍の話が出るかもしれません。私としてはマリナーズの球団経営もぱっとしないので優勝を争えるチームへの移籍は歓迎したいです。

posted by 飯沢ただし at 22:58| 岩手 ☁| Comment(2) | My Favorites 【お気に入り】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

今度こそ期待する地域主権改革

民主党の代表選挙は菅直人氏が予想外の大勝で、第二次菅内閣が発足したところでありますが、私の最も注目する新内閣のメンバーは、ズバリ

片山善博総務大臣


片山総務大臣.jpg


鳥取県知事時代から改革派知事と称され、自治省出身の官僚ながら官僚機構に歯に衣着せぬ地方行政や地方議会の本質論をぶつけてきた方です。


すでに議会を無視した専決処分を行い、現在リコール運動にまで発展している鹿児島県阿久根町の町長に対して強烈なレッドカードにほとんど近い発言をしました。

私は、地方主権改革が真に進むかどうか大いに期待をしています。

片山大臣は住民の納税と供給サービスの関係を重視する方でありますから、国民に対しても地方議会に対しても厳しい発想の転換のメッセージや具体的に動きがあると思いますし、実行するものと確信しています。


もし、菅総理大臣がそんな動きにブレーキをかけるようなことがあったら、民主党の言っている地域主権改革は単なるアドバルーンということになるでしょう。

posted by 飯沢ただし at 23:37| 岩手 ☁| Comment(0) | My Opinion 【意見を申す】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

五穀豊穣の祈り

今日は大東町地区の4地区で地区民運動会が予定されておりましたが、昨晩の雨のためにグランドが整わず中止となりました。前日から線引きなど準備された職員の方々ご苦労様でした。

川崎町のE−ボート大会も川の水量が多く、こちらも残念ながら中止。

ご招待を受けて、唯一開催出来たのが、渋民地区の「八幡神社例大祭」。
午後は雨も止み、地区民の方々が集まり賑やかに挙行されました。


100912_132750x.JPG


伝統の「渋民伊勢神楽」も奉納されました。

渋民伊勢神楽保存会をはじめ、若い人たちがお祭りに積極的に参加する姿、また大人が一生懸命に頑張れば子供たちも素直に頑張る姿がとてもいい絵になっておりました。

まさに自然の恵みに感謝し、みんなでお祝いをする中山間地集落の典型的名な風景です。


あれもだめだ、これも足りないという間に自分たちで出来ることを精一杯する。
ここに地域の絆の原点を見出した気がしました。



posted by 飯沢ただし at 22:45| 岩手 ☁| Comment(0) | The Events  【各種催物】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

世の中はハイブリッド

自動車は20世紀はじめにフォード社が大量生産方式を発明し、低価格で一般庶民にも購入できるようになって、瞬く間に世に普及しました。

以来アメリカが自動車産業を牽引してきましたが、石油価格の上昇に対応した低燃費の車を日本がいち早く開発して、今は次世代のEV(電気自動車)へつながるハイブリッド車で業界をリードしています。


かつて、スピードを上げるには排気量を増やせ、頑丈にするなら鉄板を厚くしろ的な車の作り方は、まさにアメリカ的で、日本の車作りとは対極をなしています。

旺盛な資源開発で環境を破壊してきた人類は、その反省から、CO2等の削減に力を入れ、その動きを全世界的に加速していかないと地球がもたないとの認識も急速に広まっています。


このたびの民主党の党首選挙で政策論争とは言いながら、世のトレンドを意識しながら将来にわたる課題解決の(人口減問題)道筋をどのようにクサビを打ち込んでいくのかといった国のありようをどちらの候補者も発信しておらないことが気になります。



特に、足らねば増やせ、無駄なら止めろ的な単純で具体性に欠ける手法は、私には相容れません。
posted by 飯沢ただし at 09:29| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

岩手県議会基本条例

岩手県議会基本条例は議員が発議し、全会一致で議決した条例です。


岩手県議会基本条例
平成20年12月12日条例第72号


 戦後の日本を支えてきた中央集権型の行政システムが、社会の構造的変化を受け、様々な問題への対応力を失いつつある今日、自立した地方の創意工夫が生かされる分権型社会の実現が強く求められている。
 平成12年の地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律(平成11年法律第87号)の施行により、本格的な地方分権に向けたスタートが切られたが、その実現は未だ道半ばである。地方分権改革を成し遂げ、地方自治体の自主性や自立性を高め、住民主導の行政システムへの転換による「真の地方自治」を実現するため、地方議会の果たすべき役割と重要性は、確実に増してきている。
 本県議会は、これまで議会の改革及び活性化に努めてきたが、県政に関する政策の立案及び提言や知事の事務執行の監視及び評価、主権者たる県民への議会活動に関する説明責任や情報公開が未だ十分とは言えない。住民に近い存在であるべき議会が、ともすれば遠い存在として捉えられていたこともまた事実であり議会及び議員は、その果たすべき本来の機能と存在意義を問われている。 本県議会は、知事と議会が対等で切磋琢磨の関係にある二元代表制の下、合議制の機関として多様な民意を反映しうる議会の役割及び議員の活動規範並びに県民主権の実現に向けた実効ある仕組みをここに明らかにし、県民参加の下で地方議会政治を成熟させていくとともに、議会改革に継続的に取り組み、県民の負託に応える議会のあり方を不断に追求していくことこそが、真の地方自治に結びつくものと確信する。 ここに本県議会は、県民から選ばれた県民全体の奉仕者であることの誇りと、果たすべき役割を自覚し、県民の意向を的確に反映し、県民に開かれた議会、県民に信頼される議会を構築することにより、県民福祉の向上及び県勢の発展に寄与することを決意し、この条例を制定する。

      第3章 知事等と議会との関係

 (知事等との関係の基本原則)
第9条 議会は、二元代表制の下、知事等と対等で緊張ある関係を構築し、知事等の事務の執行の監視及び評価並びに政策立案及び政策提言を通じて、県政の伸展のために活動するものとする。
2 議会は、知事等と異なる立場及び権能を生かし、活動しなければならない。
 


 (監視及び評価)
第10条 議会は、予算、決算等の議案の審議及び審査のほか、報告等の受理、検査の実施、監査の請求、調査、承認、同意等を通じて、知事等の事務の執行が、適正かつ公平に、及び県民の意向を的確に把握しつつ能率的に行われているかどうかを監視するとともに、これが所期の効果及び成果をあげたかどうかを評価し、知事等に対し必要な是正措置又は対応を促すものとする。

 (政策立案及び政策提言)
第11条 議会は、議員発議による条例の制定、議案の修正、決議等を通じて、積極的に政策立案及び知事等に対する政策提言を行うものとする。


 (議会の機能の強化)
第15条 議会は、議案の審議及び審査、政策立案及び政策提言並びに知事等の事務の執行の監視及び評価(以下「審議、立案等」という。)に関する議会の機能の強化を図るものとする。
 



知事との関係、議会の権能の発揮、これらの点は特に重点的に、私も検討委員のメンバーとしてくり返しくり返し議論してまいりました。前文に謳われているように地方分権、地方主権時代にふさわしい議会とは何かという命題に対して真剣に議論した結果、このような素晴らしい議会基本条例が出来たものと確信しておりました。

前文の赤字、条文の青字の部分は議会基本条例の魂とも言える部分です。

さて、9月1日の県議会臨時会。

突然の副知事を一名増員する知事提案に対し、

1)知事の任期があと8ヶ月と迫っている中で、自らの再選出馬の声明もないままになぜ今提案するのか。

2)4月に県の新しい総合計画がはじまっている中で、知事の片腕となる副知事に、どの部門をどのように動かそうとするのか。


この2点は知事に対し最低でも質しておかねば県民に対する我々議員責任を果たせない。
と「地域政党いわて」は考えておりました。


さあ、そこで議会基本条例です。

この条例の理念に照らせば、先例で人事案件は質疑・討論なしとなっている議会先例を見直すことが議会にとって発展的な行動かどうかは誰がどう見ても当然のことのはず。


ところが、議会の過半数を占める民主党会派は、論点も示すことなく、数を頼りに先例通りで一点張りで押し切ってしまいました。これをなんと称すか。これこそ数の横暴です。


議会の過半数を取ることよりも、基本条例に沿った行動をとることが議員活動の本質であり、責任ある議会の務めと私は考えます。ましてや議員が作った条例なのですよ。


私は、地方議会が二元代表制である制度を最大限に活かす行動をこれからも貫いていきます。
posted by 飯沢ただし at 23:57| 岩手 ☁| Comment(0) | My Opinion 【意見を申す】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

坂路が泣いている・・・

私が幹事長を仰せつかっている「岩手県議会畜産議員クラブ」の視察で「遠野の馬の里」に初めて視察に行きました。


100906_133047x.JPG


【ウッドチップを敷きつめた坂路馬場】


坂路馬場とは競走馬をトレーニングするのに効果的な坂道を利用した施設で、中央競馬の栗東トレセンが最初に設備して、絶大な効果が上がった馬場です。


近年こそ各地で坂路を付帯させた施設が出来るようになりましたが、岩手の遠野市でこのような設備があるのは画期的なことです。


しかし、岩手競馬の外厩施設として期待された「遠野馬の里」も最近の経済不況や、馬主の馬管理意識レベルの変化によって、預託されている競走馬は採算ラインを割り込んでおり、地元自治体の遠野市から援助を頂いているとのことでした。


今は東北各地の馬事祭典のために、馬を貸与する事業なども行っているとのことですが、本来の目的であるトレセン機能を発揮するには残念ながらもう少し時間がかかりそうです。
posted by 飯沢ただし at 23:02| 岩手 ☁| Comment(0) | My Inspection 【視察日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

そいずは、おがしぐねぇが!

町内会長「今日はご苦労さんです。おつかれのところ申しわげありませんが、臨時の町内会役員会を召集させでいだだきました。今日の議題は副町内会長を決めでいだだきたいと思ってました。議長さんはこのあいだみんなで決めでもらったAさんにお願いします。」

議長A「んだば進めます。会長さん、説明お願いします。」

町内会長「説明はわがんね。ただ俺連れで来た人なんで、信用してけらいや。東京がら来た立派な人だがら。」

役員P「そんなごど言ったってわがんねじゃ。会長、いぎなりよ。この前会長はいながったけんど役員会で、そういう大事なことはみんなさしっかりはがってから話し合いして決めるってきまりをつぐったべ。」

役員R「んだんだ。会長のやりがたはめちゃくちゃだ。」

役員W「会長が言ってるんだがらいがべ。」

役員Q「はやぐ決めで帰っぺす。めんどくせごといわねでよ。大体の人そう思ってんでねえの。」

議長A「んだば、いがすか。会長の言うとおりで。」

役員P「ちょっと待ってけろ。みんなで決めだこどはしっかり守るべよ。会長さんよ、いぎなりそんな人連れできて、何やらせんのっしゃ。副会長っていったっておらほ町内会ではなんぼが旅費どがも出るごともあんだがら、簡単に決める問題ではねえはずだよ。な、Rさんよ。」

役員R「んだよ。ちゃんと説明してけらい。会長さん。議長さんも会長さ話させで。」

議長A「いんでねすか。会長言ってんだがら。」

役員W「議長に賛成。採決すらいや。」

役員Q「おらも賛成。」

役員H「おらも。」

役員P「だめだ。ほんなやりがだ。おがすいっちゃ。せっかぐみんなで決めだ立派なきまり、こんなごど簡単に破ったら今後もおがしぐなるぞ。」

役員R「んだよ。おがすいよ。ちゃんとどんな人だが説明ねえば、いいんだがわるいんだがわがんねよ。」

議長A「採決します。賛成はWさん、Qさん、Hさんね。これで決まりました。」



どうみてもRさんとPさんの筋が通っているのは明らかです。





posted by 飯沢ただし at 23:57| 岩手 ☀| Comment(2) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする