2009年11月30日

県議会議員10年・・・年月の重み

去る11月26日(金)の本会議終了後、全国議長会から議員20年、議員10年を経過した議員に表彰の伝達がありました。

P1030417x.JPG

【佐々木議長から表彰状を受ける。このアングルの写真は珍しい】


私も表彰の栄に与り、議員10年表彰を受けました。

実際、全国議長会というのは全国の県議会議長、すなわち県議会議員が自らを自らに表彰するようなものですから、何らかの功績があったからということではなく、物理的に10年経過しましたから、これからもっと足元を見て頑張りなされという意味に私は捉えてます。(ちょっと嫌味くさい、素直に喜びを表したらええのに・・・と影の声たらーっ(汗)


地方議会の任期は4年ですから単純に3回当選しないと該当しないわけでありまして、

私はこれまで支えてきて頂いた有権者の皆様に心から感謝を申し上げたいと思います。

これまで政党に属さず議員活動を続けられたのも、支援者の皆様のおかげです。


初当選の頃と今とでは政治の環境も一変しました。まさに一変しました。これからも変節が幾度となくあることでしょう。


県政が国政の動きに翻弄されてはいけません。

ますます地方議会は議員の政治活動の質を問われてくると思っております


この表彰を機に「県民にとってどうあるべきか」の原点に立ち返り精進を重ねる覚悟であります。
posted by 飯沢ただし at 23:53| 岩手 | Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

山汽車に乗る

久しぶりに大船渡線電車に乗りました。

それもおそらく生涯乗ったことのない時間帯、16時38分摺沢駅発一の関行。


高校時代は通学に毎日乗っていまして、大船渡線通学者だけずっと前から高校では「山汽車」と呼ばれていました。まあ確かに山から平野部に出ていくんですがふらふら


久しぶりに乗ってみて、スピードの早いこと早いこと。

高校の頃は50分かかった時間がいまではたったの41分です。

窓の風景はさほど変わりはしませんが、列車と線路ので軋むガタンガタンの音が列車のスピードとともにアップテンポになっていました。

列車の性能向上もさることながら、乗降客が少ないので乗降で費やす時間がかなり短縮されておりましたですがく〜(落胆した顔)


帰りも最終便で帰ってきましたが、猊鼻渓駅から柴宿駅まで昔は馬力が足りなくてウンウン唸ってやっとこさ登り勾配を頑張って登っておりましたが、今はスイスイでしたね。


列車で行ったおかげで普段は会えない同級生にも会うことが出来たし、時間の余裕があるときはこれからもたまには利用したいですね。
posted by 飯沢ただし at 23:26| 岩手 | Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

12月議会が開会

平成21年度の県議会12月定例会が開会しました。


会議の冒頭に県警本部長から警察官の酒気帯び運転で逮捕された事案に対する陳謝がありました。いつもなら総務常任委員会で済まされる案件ですが不正経理問題に揺れに揺れている県警が置かれている立場を考えると本会議で行われるのは当然の陳謝です。


今日は提案理由の説明がされ、議案の一部が県職員等の一時金と給与に関わる議案で12月1日から反映させたい案件がありましたので、異例の先議にかかることになりました。議案の中味は平たく言えば給与カット案件です。

私の所属する総務常任委員会で慎重審議され、結果は

「本年6月の期末手当及び勤勉手当の減額に続き、職員の給与減額改定は、これまでの給与決定のあり方に比して異例の取扱いであり、社会経済情勢の変化に的確に対応し得る、県民の理解を得る仕組みと運用に当たっての考え方を明確に示すことなどが必要と考える。
 現下の厳しい社会経済情勢における対応としてはやむを得ないものと考えるが、日本経済がデフレ基調に入ったとの政府見解がある中、深刻さを増す地域経済への影響が懸念されることから、雇用・経済対策等の総合的かつ積極的な施策展開を図られたい。
 また、職員の士気・意欲に大きな影響を与えることが十分に懸念されることから、職場環境の整備に的確な対応を図られたい。」

との付帯意見を付けて賛成多数で可決されました。


県人事院勧告の妥当性やデフレ基調にあるこの底冷えの経済状況の中で果たして総合的な見地からどのような効果が出るか不透明であることは?の部分もありますが、民間とのレベルを合わせるという観点ではいたし方ない面もあると判断しました。



12月議会は県立沼宮内病院の無床化にする議案が2月議会へと見送られたため、議会を揺さぶるような大案件はありませんが、長期計画を審議する最後の特別委員会がありますので、将来を見据えた本県のあるべき姿を会派全体で実りある定例会にしたいと思います。
posted by 飯沢ただし at 23:49| 岩手 | Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

これじゃいかんばい長崎県

先日の委員会調査先でグラバー園のまん前にあった政治風刺画

長崎県知事.JPG


いやはやビックリしました。
多くの観光客が集まる場所にこんな画があるとは。
思わず携帯のカメラで撮りましたよ。


どうやら画の当事者の方は不出馬を決めて新人同士の知事選挙になるようですが、かなりキツイ風刺ですね。岩手ではありえないでしょうね。
posted by 飯沢ただし at 22:53| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

石割桜も冬への準備

今日は12月議会に提案される議案説明会で盛岡に

議会棟に行く途中には必ず通る岩手の名所「石割桜」

石割桜冬囲い.JPG


今日は毎年の行事で、ニュースネタにもなる冬囲いの作業が行われていました。「石割桜」はかなりの老木ですから丹念な作業の様子でした。


これが始まると一気に盛岡も朝晩の冷え込みが厳しくなり、いよいよ長い冬のはじまりという感じですね。


これが2月議会の最終本会議が終わると春の陽ざしに輝く「石割桜」になるんですね。

定例議会ごとに感じる「石割桜」の風景です。

posted by 飯沢ただし at 23:09| 岩手 | Comment(0) | Beauties of Nature【花鳥風月】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

山口大先輩さようなら

最近お付き合いした方からは想像もできないでしょうが、私は大学時代は体育会漕艇部に在籍しておりました。


現役時代と短いコーチ時代に大変にお世話になった山口大先輩が9日に逝去され、痛恨の極みです。

それも私がたまたま上京中に訃報に接し、通夜に参列出来たのも何かの因縁を感じずにいられません。



あれは確か大学3年5月の三大戦(成蹊・成城・学習院)が終わった後、一年先輩の近田主将から次期主将に指名され大学4年の8月末まで一年間と3カ月余の間、大役を仰せつかったのであります。

いかに強くなるかが体育会の至上命題であることは当然のことでしたが、当時は恒常的な部員の不足や科学的なコーチング体制が追いつかず、やる気はあったが練習の成果が実戦に結びつかない成績が続いておりました。


「勝利せねば意味がない」

「キャプテンシーを意識し、常に行使せよ」


主将になった時から山口さんから繰り返し言われた言葉です。

その言葉を信じ、部が強くなるために通年合宿の断行等甘えを排除した部の空気の一新を図ることに専心しました。


そのため先日通夜で25年ぶりに会った後輩からはあまりいい印象の先輩ではなかったと言われましたが・・・がく〜(落胆した顔)



今、こうして私が世に存在している中で、山口さんから授かった言葉やご本人の背中から教えられたことはリーダーとしての心構えや立ち振る舞い、重みのあるものばかりです。


1 常に後に続く人を作ること。

2 今より将来を憂い、確実なビジョンと綿密な計画で事を成すこと。

3 情熱をもって事にあたること。


山口大先輩から教わった心を次世代に少しでも繋げることが教わった我々の最大の供養と思います。

今こうして書きはじめるといろいろな場面が出てきます。


水色のラガーシャツ、ホンダcity、

「その涙を忘れんじゃねぇぞ」「何の世界でも仁義というものがあるんだ。蕨まで行って謝ってこい。」

本物の叱咤激励を頂きました。


山口さんとの出会いに心から感謝を捧げ、心からご冥福をお祈りいたします。
posted by 飯沢ただし at 01:13| 岩手 ☔| Comment(2) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

長崎は今日も雨

平和公園前.JPG

県議会の総務常任委員会の県外視察で長崎市に来ています。

しかし天気はあいにくの雨。(ある意味お約束ですが・・・)


昼食会場の近くが平和祈念公園で、雨にも関わらず多くの人が公園に来ていました。聞けば多数いる小学生の団体は九州内の学校。長崎県内の小学生の団体も多くいました。

ある小学校の児童が平和祈念会館の前で皆で平和を祈る歌を歌ってました。♪折りヅルよ平和のために羽ばたけ〜のような歌詞で、ガイドさんに聞きましたら、この種の歌は数え切れないほどあって学習旅行の際に歌う学校が少なくないそうです。

次の移動指示も児童の代表が指示している姿を見てとても清々しい気持ちになりました。

平和教育学習の深さを強く感じました。

地元の歴史を大事にするという点で岩手県も大いに見習わねばなりません。
posted by 飯沢ただし at 12:40| 岩手 ☔| Comment(0) | My Inspection 【視察日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

マニフェスト大賞授賞式に参加して

先週の8日(金)に東京都の六本木ヒルズで開催されたマニフェスト大賞授賞式に議会の派遣で参加してきました。

P1030413x.JPG

【佐々木議長が参加してくれたので、レセプションで特別にノミネート表彰を北川審査委員長から受ける】


既報の通り岩手県議会は「議員発議条例の取り組み」でマニフェスト大賞、「いわての水を守り育てる条例」で環境政策賞にノミネートされていました。

残念ながらノミネートされながら各賞の授賞は叶いませんでしたが、岩手県議会の各条例制定に至るまでの過程は県民説明会を入念に行うなどの経過行動は、授賞した団体にもヒケを取らない内容のあるものだと再認識しました。

環境政策賞を授賞された「海ゴミ対策への取り組み」は国の法改正をも促し、すばらしい取り組みと感嘆しました。「水条例も」これに負けては納得です。



4回目を迎えたマニフェスト大賞は年々応募数と内容のレベルアップがされてきたのは喜ばしいことです。この活動が北川先生が提唱する「地方から善政競争を」の趣旨に合致し常に前向きな地方政治家を鼓舞している点は大いに評価出来ますし、私も活動の発展に今後も協力したいと考えています。

しかし、今回3年ぶりに授賞式に参加して課題も見えてきました。北海道の栗山町のように議会改革を不断に行って進化している団体とこれから途につこうとしている団体を同じ土俵で評価するのは困難であり、段階的な評価とそれに見合った賞を設定するなどなんらかのの工夫が必要と思います。

また、最優秀アイデア賞もアリとは感じますが本来、議員は活動の継続的な中身自体が評価されるべきであり総合的な評価を賞の対象とするべきものと考えます。要は問われるのは政策の実行力なのです。



マニフェストが政権交代でさらに大きな意味を持つものとなりました。選挙民との健全な関わりを構築していくにはマニフェストの意義を先鋭的にならずに緩やか浸透させ、どこまで高めていくかにかかってくると思います。

それには政治家がしっかりと政治活動で示していかねばならないと思います。
posted by 飯沢ただし at 11:18| 岩手 ☔| Comment(0) | My Opinion 【意見を申す】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

ゴジラ吠える

ニューヨークヤンキースがワールドシリーズを9年ぶりに制覇した。

シリーズのMVPに松井秀喜選手が日本人として初めて選ばれた。
自分は中学校の時に大リーグに触れて来、33年の月日が流れ日本人がこんなに活躍出来ること自体すばらしいことと思うと同時に松井選手の活躍に心から拍手を送りたい。

第6戦でP.マルチネスから打ったホームランはヤンキースタジアムの2階席にぶち込んだ。ゴジラのニックネームに相応しい当たりだった。KOMATSUの看板の真上に打球が行って松井選手の地元スポンサーも大喜びであろう。

自分は2000年からのメンバーのD.ジーターやJ.ポサダ、M.リベラがまだ残っている間に制覇出来るとは思わなかった。金にものを言わせて強打者やエースを取りまくるスタイルはすでに限界と思われていた中、制覇できたのは個々の力を引き出した監督はじめマネージメントの力であろう。象徴的であったのはリベラの使い方だと思う。必要なら8回から投入した臨機応変の傭兵が際だっていた。

既定の考え方に捕われず勝利のために人を効果的に動かすか…

関して人の使い方に勉強させられたシリーズだった。
posted by 飯沢ただし at 14:57| 岩手 | Comment(0) | My Favorites 【お気に入り】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

生きるということ

NHKのヒューマンドキュメント番組を見た。

心臓病で入院して移植を待っている三人の患者さんのドキュメントだ。

重篤な患者さんは海外で移植を受けないと生きられない。海外での移植は大きな経済的負担を強いられる。

法律の整備で何とかならないものかと思う。


明日への希望をつなぎ入院している姿を見ていると五体満足に生れ健康管理もままならない自分が恥ずかしくなった。

NHKは最近いい番組をつくる。これなら放送料金を上げても文句は言うまい。


TBSが初の赤字決算だという。9000万円の赤字。
TBSは他の民放局と比べるとさほどでもないが、くだらないバラエティ番組を垂れ流してるツケが回ってきたのだと思う。

視聴率ばかりに気を取られて、肝心の本質を忘れるとこういうことになるのだ。
posted by 飯沢ただし at 23:57| 岩手 ☀| Comment(0) | My Inspection 【視察日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする