2019年01月12日

細井 計先生がご逝去

芦 東山(あしとうざん)記念館の館長である細井 計(かずゆ)先生が1月2日にご逝去されました。

hosoix.jpg


年明け早々に細井館長の急逝の訃報が駆け巡り、地域の皆さんも私も驚きと悲しみに包まれました。

細井先生は記念館の館長として芦東山先生の功績を世に知らしめると共に伊達藩や盛岡藩の歴史について古文書解説の歴史講座を記念館で開催されるなど広く地域に知られた存在でありました。

私も興味あるタイトルの時には記念館に足を運び先生のお話を楽しく拝聴させて頂きました。昨年は岩手県トラック協会一関支部の事業者研修会でも講演を賜り多くの事業者の方に芦東山や田村藩の歴史についてお話され、大好評で今年もぜひ続編をとの要望も数多くあったところでした。お酒も雰囲気も大好きな先生で懇親会にも参加を頂き私も親しく懇談する機会を得たのでした。


先生のお話はとても楽しく分かり易く、漢文をスラスラと読むお姿にはいつも流石歴史家と感嘆しておりました。特に年号を即座に西暦に置き換える術に私はいつも驚嘆しており、とうとう昨年の懇親会の席で先生は何時代から記憶されておるのですかとお聞きしましたら「江戸時代からですね」という返答と同時に「飯沢議員、そんなのは大したことないですよ。そのために年表というのがあるのですから」と一笑に付されてしまいました。

軽妙でかつ洞察力の鋭い細井先生の温容にこれから接する機会を失ったことは誠に残念でなりません。今は今日までのご功績に深謝を捧げ心からご冥福をお祈り申し上げます。

合掌
posted by 飯沢ただし at 23:53| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

上野善晴 県政顧問との再会

元岩手県副知事の上野善晴氏が昨年の八月に県政顧問に就任していましたが、本日県議会に就任挨拶に来県され、今晩県議会の有志で懇談会が開かれました。

集まった県議は超党派に及び、上野氏を知る議員も初めての県議も参加しました。上野氏は副知事に平成22年9月から平成25年7月まで務められ、県政発展に大きく貢献されました。特に東日本大震災の復興には財務省を主に自らの人脈をフルに活用頂き本県復興の助走をつけてもらった大功労者です。

uenoujix.jpg



今日は震災時の激動の裏話やら故郷熊本県の話やらとても懐かしく愉快な時間を過ごすことができました。


しかし、実は私は上野副知事人事の議決の際に、「反対」を表明した一人で上野氏には反対分子とずっと思われていたかもしれません。その時の判断は痛恨事と詫びながら震災復興に対しての謝意を乾杯のあいさつの時に述べました。上野氏からも議決結果(わずか二票差で可決)にはかなり驚いたとのお話も披露されました。


今日あらためて認識したのは、何事も人とのつながりで動いていくということ。そういう意味では本県の国家官僚との直ルートの開発、例えば本県出身者や本県に縁のある方との発掘には十分に力を尽くしているとは言えません。


一方、ILCに関して言えば元県知事の増田寛也氏のこれまでの尽力も相当なものがあり、百人委員会の設置なども増田氏の発案と実行によるものが大きいことはあまり知られていません。


震災以降、お金の流れが地方分権社会を実現する方向とは逆行してしまっているのが現実です。理想と現実の差にまざまざとその悲哀を禁じえませんが、現実は現実と捉えて私自身も人脈の開発にも留意して活動していきたいと思います。

posted by 飯沢ただし at 23:58| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

信無くば立たず

今日は父の命日でした。

亡くなったその日は平成9年の1月9日の早朝でした。亡骸は入院していた岩手医大から私が運転して自宅まで運びました。途中盛岡南インターに入る国道4号線の交差点でトラック組合に亡くなったことを知らせた記憶がまだあります。


父は少年をそのまま大人にしたような純な心の持ち主でした。父は大の動物好きで、私が小学生の頃祖父がスズメを獲る仕掛を私に教えていたときに悲しい顔で「そんなのは可哀そうだからやめろ」と祖父のいないところで私に言いました。テレビのマジックショーも真剣に見て喜び、ペリーヌ物語の最終回は妹の前で泣いていました。

ラグビーは旧制中学から同好会を発足させ大学でもプレーし、40歳になったころ大東高校の高校生が空地でラグビーをやっているのを見て血が騒いだのか自薦押しかけで監督になりました。私が小さいころはラグビー中継は教育テレビで年に数回しか放映されませんでしたが、かなり一緒に見ました。監督になってからは高校生の部員も自宅に呼んで一緒に観戦したこともあります。父の影響で私もラグビー部に入部しましたが、ろくなコーチもいない部でしたので基本がなってない私を見かねた父が風呂上りにスクラムを組まされた記憶があります。私にとって最高の父とのふれあいの思い出です。今も元気で生きていたら今年のワールドカップ大会に夢中になり釜石に連れて行けと言うに違いないはずです。

私たち子どもに対しては優しい父でした。めったに大声で叱ったことはありません。むしろ厳格な祖父によく私は叱られました。ただ父の会社に入ってからは人としての配慮に欠けたことをしたときは厳しい叱責を受けました。


政治の世界へは祖父の政界引退から引き継いで町議になりましたが、県議への転出は自らの意志で決断したと後に後援者の方から聞きました。父にとって多くの人たちとの出会いは喜びであったと思いますが、当時の権謀術数の政治の世界は自らの精神の疲弊させてしまったかもしれません。でも多くの方々の信頼を得て政治の道で活動したことは本人はとても満足していたと私も確信しています。

DSC_1746x.jpg



今年も各地の新年会に招待を受けて参加してかいましたが、今でも父との関わりによって私を応援してくれる方々はたくさんいて声をかけてくれます。本当にありがたいことです。きっと父も祖父に対して同じことを思ったのだと思います。私の政治の道に入った原点はやはり人との信頼なくして語れません。父を信じてきてくれた人たちを裏切れない、その思いが21年前に私の背中を押しました。父の命日に当たってあらためて原点に立ち帰り前を向いていきたいと思います。

posted by 飯沢ただし at 23:58| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

57歳になりました

96568.jpg


「57」という数字はハインツと切っても切り離せない大切な数字です。
もとをただせば1896年、創業者H.J.ハインツが電車の中で自社広告について考えていた時のエピソード。
彼は、ある靴の会社の「21のスタイルの靴」という車内広告に目が止まり、これを自社に当てはめてみようとひらめきました。当時既に60種類商品を超えていましたが、なぜか「57」という数字が頭から離れず、そのとき“57 Varieties”というフレーズが誕生したのです。100年以上経った現在でもこのフレーズは健在。数々のパッケージに見ることができます。


57で思い出したのがHEINZ(ハインツ)のパッケージ。

なるほど。

60以上あっても57にこだわる。このひらめきとこだわりが大事なのですね。

これにならって初志貫徹。健康に気をつけてこの一年頑張ります!

健康といえば・・・一昨年に悩んでいました50肩は名師の治療のおかげでほぼ完治しました。
しっかり手も振れますし、しっかり握手もできます(笑)

新年の挨拶とかぶりますが、今年一年どうぞよろしくお願い致します。

posted by 飯沢ただし at 00:14| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月02日

岩手にまつわるスポーツ2019

今年は岩手にとって大きな国際大会があります。

言わずと知れたラグビーワールドカップ2019日本大会(釜石開催)です!
懸案課題の組織委員会からの指摘された鵜住居復興スタジアムへの追加設備の費用も何とか国の方から面倒を見てもらえるようで一安心。プレゲームとなる7月にはジャパンの公式試合も組まれました。このゲームが観客動員の導線などの課題最終チェックとなるでしょう。あとはいかに多くのファンに岩手に訪れてもらって楽しんでもらえるか。アクセス、ホテル、情報発信、’93世界アルペンの頃とは進化した情報媒体を活用させるか、大いに本県の観光総合力が試されることになるます。

michelx.jpg

【リーチマイケル主将も7月に鵜住居に登場します!(予定)】


ラグビーの話題といえば今日の大学選手権準決勝で9連覇中の帝京大学が天理大学に敗れました。巨人もかつて達成できなかったようになかなかV10とは難しいものです。それでも毎年選手が入れ替わる学生スポーツで9連覇は偉業です。帝京大にはこれからまた新しい歴史を作ってもらいたいものです。

DSC_1731x.jpg



もう一つのビッグな話題は、菊池雄星投手がシアトルマリナーズに入団が決定したこと。これで昨年エンゼルスに入団した大谷翔平選手と同リーグ同地区でプレーすることになり(19試合組まれる)海を越えての直接対決が見れることになりました。雄星投手は変則7年契約とのこと。怪我が最大の敵ですからしっかりケアして活躍を期待したいと思います。

yuseix.jpg
posted by 飯沢ただし at 17:27| 岩手 ☁| Comment(0) | My Favorites 【お気に入り】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

迎春2019

新年明けましておめでとうございます。

今朝は除夜の鐘が終わると同時に地元の八幡神社に家族と初参詣してまいりました。

DSC_1721x.jpg


母が厨房に立って料理することは愛犬のご飯をつくる以外は最近ほとんどなくなりましたが、お雑煮は張り切ってつくります。

2017年と同様に2019年に平成31年と割り切れない年でスカッとしませんが、健康で明るい年になればと思います。
今年は亥年。年賀状には「猪っと前進」のイラストを採用しました。

うり坊@-300x249.jpg


猪は子どものうり坊の頃はとっても可愛いのに、大人になるとまるで極端に顔相が変わってしまうのはどうなんでしょう。


今年は国内は選挙の年。本県でも7月に参議院選挙。9月には県知事選挙と県議会議員選挙が予定されています。私も9月に立候補予定の声明を出しました。残りの任期を務め上げて、戦いに臨みたいと思います。

2月定例議会では会派を代表して代表質問をすることになっています。本会議場では最後の質問になりますのでしっかり準備を進めてまいります。
posted by 飯沢ただし at 23:24| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月31日

さようなら2018年

あと1時間余で平成最後の大晦日も終わりを告げ、新しい年を迎えます。

今年も過ぎて見ればあっという間でした。個人的には8月末に家内と一緒にタコマやユージーンの友人家族を訪問して旧交を温めたのが一番のハイライトでした。ところが後半は悲しく辛い出来事もあり、かなり落ち込んだ日が続きました。

IMG_1590x.jpg



世の中の無常は日々肌で感じているところですが、最近の動きの激しさには正直戸惑うことが多くなってきています。命を軽んじるニュースが毎日のように流れて非情さを感じるのも一瞬になってきている気がします。たいへん恐ろしく残念なことです。


来年の5月からは新しい天皇が即位し年号も変わります。私たちが育った昭和も遠く遠くへと加速度がついて記憶のかなたに押しやられていく寂しさを感じるこの頃です。今月はボヘミアンラプソディという映画が大ヒットして私も12月の音楽はクイーン漬けでした。しかしこれから70年代80年代は良かった(確かに楽しかった)というのは本当に昔話に近くなっていくという現実です。世の中が激変するこの時こそこれからはもっともっと未来志向で行動していかねばと最近強く思います。


私は政治家を志して活動している以上、未来、将来を考えて発言と行動をすることを肝に銘じています。ILCにいち早く着目して行動してしてきたこともその一環です。ILCの実現にかかるタイムリミットはあと2か月、実質1か月かもしれません。自分ができることをしっかり進めていく覚悟です。

日経新聞で今後のILCへの動きにについて正確な記事が出ていましたので以下貼り付けます。


ILC候補地の岩手・宮城 政府へ働きかけ強める 欧州が長期計画、年明け正念場


【2018/12/28付日本経済新聞 盛岡支局長 冨田龍一】


宇宙誕生の謎を探る次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」を国内に誘致する計画について、日本学術会議が「誘致を支持するには至らない」とする意見をまとめ、文部科学省に提出した。実現には厳しい回答だが、建設候補地の岩手県などは政府の前向きな判断を求めてさらなる働きかけを進めていく構えだ。2019年1、2月が正念場になる。

推進側の見解は異なる。東北ILC準備室長で岩手県立大学の鈴木厚人学長は「アジアで初めての大型計画のため学術会議が心配するのは分かる」と理解を示す一方で「資金面の国際分担など課題とされた点は政府による意思表明とその後の国際協議で解決されるものだ」と反論する。協議の中で資金負担が過大になれば離脱すればいいという考え方だ。

ILCによる地域活性化への期待は大きい。岩手県推進協議会が試算した経済効果は20年間で最大5兆7200億円に達する。

18年度は応援団が相次いだ。4月、映画監督の押井守氏の呼び掛けで発足した「ILCサポーターズ」には現在約30万人が参加する。6月は元総務相で前岩手県知事の増田寛也氏が発起人となり、経済人や文化人らによる「ILC100人委員会」ができた。東北6県と北海道、大阪府の道府県議会は12月、実現のため特別決議を採択した。

欧州は19年初めに素粒子物理学の長期計画を検討することになっており、当初、予算措置のため18年内の日本の態度表明を求めていた。だが学術会議の議論が長引いたため、ILCを推進する国際的な研究者組織は19年3月7日まで期限を延長した。

県などは残り約2カ月に望みをかけている。今後は経済界の支援を取り付けたい考えだ。ILC技術は輸送、医療、新素材、情報通信、環境など様々な分野で応用できる。経済団体トップが重要性を発信することで、政府の判断に大きな影響があるとみている。東北の、日本の未来を左右するILC計画は最後の闘いが始まっている。


今年最後にこのブログを通じてご理解、ご支援を頂いた皆様に感謝を申し上げます。来年もどうぞよろしくお願い致します。
ありがとうございました。
posted by 飯沢ただし at 22:42| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

「いわて県民クラブ」が政策要望

来年度予算の編成に向けて私が代表を務める「いわて県民クラブ」が恒例の県要望を28日(金)に行いました。

seesaa_profile_icon

P1050328x.jpg


今年は12月議会後に佐々木努政審会長のご尊父様が急逝されて努議員は大変な中にもかかわらずしっかりまとめてもらいました。千葉じゅんこ議員にも政審会長を支えてくれて感謝です。

今年の要望項目は大項目が9つ

1)東日本大震災津波からの復興について
2)人口減少・少子化対策について
2−1)結婚支援策の充実について
2−2)子どもの医療費助成の拡充について
2−3)企業による子育て支援の取り組みの促進について
2−4)少子化対策県民税の創設について
2−5)子育て支援員研修制度の推進について
3)若者活躍支援について
4)地域医療の確保について
4−1)地域医療構想の実現に向けた安定的な医療供給体制の構築について
4−2)県立病院の医師・看護師の確保について
5)教育の向上について
5−1)いじめ対策の強化について
5−2)県立高校の再編について
5−3)情報モラル教育の推進について
5−4)35人学級の拡充について
5−5)小中学校、義務教育学校における特別支援制度について
5−6)フリースクール等との連携など不登校対策について
6)国際リニアコライダーの誘致促進について
7)農林業の振興について
7−1)農業の担い手確保について
7−2)林業の担い手確保について
7−3)森林病虫害対策の強化について
7−4)有害鳥獣対策の推進について
8)台風10号の災害からの復旧・復興について
9)道路・河川の整備について
9−1)国道343号新笹の田トンネルの整備について
9−2)県管理河川の整備について


今年は以前にお知らせした通り、県内33市町を手分けしてヒアリングをかけ、なおかつ次期総合計画についても聞き取り調査を行いました。その内容についても反映させています。


知事からは内容をよく見て検討するとの発言がありました。わが会派では特にソフト対策、未来の人づくり重視で政策提案していますので、昨年実現しなかった項目も継続して要望しているのが特徴です。少しでも県政が前進していくように汲み取って欲しいものです。

posted by 飯沢ただし at 00:44| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

岩手県南・宮城県北議員懇談会

昭和59年に始まった表題の岩手・宮城両県の議員懇談会も23回目を数え、今回は岩手県が会場となりました。

P1050296x.jpg


【この議員懇談会は知事・副知事と協議事項の対象になる部長級の幹部も出席します】


P1050313x.jpg

【岩手県がホスト役ということで岩手県側の会長である私が座長を務めました】


23回目の懇談会の協議事項は

1)東日本大震災津波の復興(特に産業振興)について
2)ILCの実現に向けて
3)ラグビーワールドカップ2019日本大会(釜石大会)の成功に向けて

の3点。今回は私の意向を通させて頂いて論点を絞りました。

すべての事項において活発な質疑と意見交換がなされ、中身の濃い充実した協議がなされたと思います。

特にILCに関しては日本学術会議の答申直後ということもあり、今後の実現に向けた具体的な提案が示されました。ホットニュースとして漫画家の島耕作シリーズで有名な弘兼憲史氏(ILC100人委員会のメンバーでもある)がILCを題材にした作品を1月中旬から隔週雑誌モーニングに連載されることが紹介され、このことに呼応したより広い情報発信ができないか等の提案や

hirokanex.jpg


また、学術会議の答申内容がメディアによって消極的な姿勢が強調されていて、正確に一般の方に伝わっていないことをどのように伝えていくための方策まで話が深まりました。


両県のメンバーはほとんど気心知れた関係が構築されており、岩手・宮城県議会合同のILC推進議員連盟が設立されたきっかけもこの懇談会の存在によるもので、私も会長としてこの会を大変力強く感じております。


それにしても弘兼先生がILCを取り上げて頂くのは大変にありがたいことであり、一作目はすでに書き終えているそうなので内容に関しても大いに期待が高まるところです。
posted by 飯沢ただし at 17:17| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月26日

はやく犯人を捕まえろ!

今日は本来ならば競馬組合議会が開催される予定でありましたが、岩手競馬から禁止薬物ボルデノンの今期5頭目の薬物陽性馬が24日に検出されたことにより議会は急遽中止となり、議員懇談会のみが開催されました。懇談会にて今回の事案について競馬組合から説明を受けました。

今回検出されたのは盛岡厩舎所属の競走馬で11月にJRAから転厩してきたばかりの2歳馬。転厩時の検査では陰性でしたが、12月17日の競争後の検査で陽性反応が出たという報告でした。

DSC_1713x.jpg


今期だけで5頭もの薬物違反が出たのは由々しき事態であり、この間競馬組合議会においても防止策や原因追及に関して厳しい指摘がありましたが、連続して起きたことは原因はどうあれ結果責任ですから競馬組合の責任は免れません。岩手県競馬組合の信用を落とした責任はしかるべき人が負うべきです。

今日の懇談会後にメディアのふら下がり取材に応じましたが、2頭目が検出された時点で組合が積極的かつ強固に原因究明に関して遮二無二の姿勢と行動を起こしていれば、こうした連続事案にまでなることはなかったと思います。要は現場とのコミニケーション不足に起因していると私は断じます。上からの管理には限界がある、現場から原因を炙り出すような仕組みを作れ!と私は以前に競馬議会で提言しましたが結局新たな展開はありませんでした。


このことが行政が競馬を運営管理をする限界を象徴しています。
2〜3年で県の定期人事に呼応して競馬組合の幹部人事も異動してしまいます。将来に責任持てない人に何を言っても無駄という現場の雰囲気を私は強く感じます。組織というのは互いの信頼関係がなければ機能しません。


さりとて、自治体の構成団体主催による競馬しか現法では認められていないので、法律内で工夫していくしか道はありません。今日の懇談会でも意見しましたがこの際、機構とも見直す時期にきているのだということです。問題が深刻にしているのは現管理者である達増知事からは競馬に対する愛も情熱も感じたことは私は一度もなく、今回の事案に対しても全く矢面に立っていません。こういう危機だからこそ前面に立って問題解決に当たるべきです。


さて、今回の事案により事件像、首謀者像が明らかになったのではないでしょうか。よほど岩手競馬の内情に精通した者でなければ薬物の投与は不可能です。内部関係者となればとても残念なことですが、組合は一日も早く県警と協力して法的な措置を含めて断固とした手段に打って出て、犯人を捕まえることが最優先課題と考えます。大きなレース前を狙って4度も薬物を投与するとはよほど根性が曲がった人間です。
posted by 飯沢ただし at 22:59| 岩手 ☔| Comment(0) | My Opinion 【意見を申す】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする