2022年07月03日

客観視する目

人の上に立つ人、権限を有する人は、自分を常に客観視して社会に対して責任のある行動をすべきだと私は考えます。

つきつめれば、それは「徳」ということに到達すると思うのです。

先週の総務常任委員会で、県執行部には触れられたくない、そして決して地元紙も絶対に書かない問題を取り上げました。

DSC06868x.jpg


以前にもこのブログで書いた県立大学の理事長が県内の民間会社の非常勤顧問に就任した件です。
質問する前から答えは予想がついていました。「法的には問題ない。」

私が問題視したのは民間会社には競争相手があるということ。法的に問題ないとされても、特定企業に所属しているという事実が(それも県立大学の最高運営権者という要職であり、元副知事という上級幹部職)他社に対して本県に対するイメージに誤解を生じさせないかという点。
すなわち岩手県というのは官と特定企業が手を組むのを容易に認める認識程度の県なのか。総合的な業界の発展には無関心で薄っぺらい行政なのか。

もう一つは、県立大学の理事長はそんなに暇なのかという点。県立大学の未来、将来にかかることに寝食惜しまず真剣に考え、組織を統率する責務があるはず。県大の関係者がこの事実を知るに及んで、本学の理事長は「いいご身分」と思われた瞬間に組織は弱体化しますし、学生の意識にもいい影響は与えないと私は思います。

非常勤顧問を要請した会社に対して私は責めません。この点は誤解なきようにお願いしたい。いい人材を求める(この方が適当かどうかは別問題として)のは民間会社として当然のこと。問題はご本人が自分が組織に入って組織に対して、社会に対してどのような影響が出るのかという想像力も出て来ないということ。

さらに問題が深刻なのは、県執行部は私が指摘するまでもなく重々認識しておきながら、また、苦々しく思っていても誰も「ちょっとおかしいのでは?やりすぎでは?」と言えない組織になってしまっていること。このことは組織論から言うと本当に恐ろしいことです。

私はこうした考えがまかり通る組織風土に至った責任は達増知事にあると思ってます。

なぜなら知事にしか人事を発する権限がないからです。おそらく周囲から悪い情報は知事には入ってないのでしょう。

一般質問で知事職と政治家としての発言について知事に質問が相次ぎました。ご本人は理屈上整理がついて明確かもしれませんが、まったく自身を客観視していないことにリーダーとしての資質が問われると県民は気づき始めています。
posted by 飯沢ただし at 22:27| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月30日

自衛隊にこの国を守れというならば

今議会にGDP比2%に反対、専守防衛に徹せよという請願が出ています。

わが会派では今日と明日、本格的議論に入ります。

私は現在の厳しい安全保障の環境、特に中華人民共和国(以下 中共と称します)の軍備増強と実行中の覇権主義にはしっかりとした対応が必要と考えます。日本の防衛費は三木内閣時にGDP比1%という閣議決定がされ、今もそれに準じた防衛費予算になっており、ここ30年もの間大体5兆円程度となっています。ところがお隣の中共は33兆円にもなっている現実があります。6倍以上の規模です。

国民の命や暮らしを守るために、何が必要となるのかという議論は避けて通れません。

まず第一に私は我が国の安全保障には、日米同盟の強化が基軸であることを横においては語れません。椎名素夫氏など日米同盟の発展に貢献されてきた先人が存在したことも忘れてはいけません。国際紛争の仲介に国連をとの議論がありますが、常任理事国のロシアが率先して不条理な軍事侵攻をしたことで現実の厳しさを痛感することとなりました。国を守るための本格的な議論は具体的に進めなければなりません。

中共の覇権主義の拡大にはNATO諸国も懸念を示しており、最近イギリスやフランスの空母が東シナ海にまで渡ってきたことがよくそれを示しています。

自由主義国との連携と防衛力バランスを保つことに対して私は一定の理解を示します。具体的な積み上げの計画や防衛大綱の見直しの議論なしにNATO並みの2%にすぐに必要かという点には即座に得心しかねる気持ちもあります。しかし、30年間横這いの予算では高度化を要求される防衛力に対応できなくなる可能性もあり、その点においてはしっかりと必要な装備を用意しなければならない時期に来ているのは間違いないと考えます。

自衛隊は違憲と語る某政党は急迫不正の時には自衛隊を活用するという考え方を示しました。当面は自衛隊を認め、国民的理解が進んだならば廃止をするという考えも示しています。こういうご都合主義な考え方では日本は守れません。私は絶対にこの考え方を容認できません。

会派の中で納得するまで議論をしたいと思います。

posted by 飯沢ただし at 07:15| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月28日

Breaking News !!!

「参院選の中、望ましくない」 立憲民主党岩手県連 階猛氏への損害賠償請求訴訟を取り下げ

【6/27(月) 19:10配信 IBC岩手放送】

 立憲民主党岩手県連は27日、政治資金の移動をめぐる問題で同じ党の階猛衆院議員を相手に損害賠償を求めていた裁判を取り下げました。

(立憲民主党岩手県連 横沢高徳代表)
「現在参院議員選挙が行われている中で、これ以上訴訟を続けるのは望ましくない」

 立憲民主党県連の横沢高徳代表は27日盛岡地裁に裁判の取り下げを申し出て、これが受理されたことを会見で発表しました。
 この裁判は階氏がおととし旧国民民主党を離党する際、旧国民民主党県連から階氏の政治団体へ移動させた3000万円の返還を求めていたもので、7月7日に証人尋問が行われる予定でした。
 階氏は代理人を通じて「訴えの取り下げの場合には再び訴えを提起することが可能であり、紛争の最終解決に至らないおそれがあるため、取り下げに同意するかどうかについて慎重に検討いたします」とのコメントを出しました。


裁判の取り下げはするが、引き続き返還は求めるらしいです。

達増知事も過去に早く解決せよ!と強気なコメントを出していましたが。選挙のために一時休戦ということですかね。

他党のことなので、これ以上の発言は控えます。

私たち広瀬陣営は支持を広げるために前進あるのみ。
posted by 飯沢ただし at 00:49| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月27日

一般質問、謎の知事答弁

六月定例会の一般質問が本日から始まりました。

トップバッターは我らが「いわて県民クラブ」の千葉じゅんこ議員。

達増知事に鋭く切り込みました。

IMG_8969x.jpg


達増知事が県庁舎建て替えについて記者会見で言及した点について質問。

知事は長い任期を務めているので何らかの形を残さねばならないとのニュアンスを交えて言明したと新聞報道にありました。

県民計画にも掲載されず、議会にもこれまで一度も言及されず突如として発表されたこの案件。どれだけの裏付けがあったとおもいきや。

知事の答弁は事務方の書いた事務的手続きに関するものばかり。記者会見で威勢よくアドバルーンを上げたものはどこへやら。立替えに関する概算も示されず、一体どういうことだったのかと???の印象が残るばかり。

答弁検討で通常なら知事の意志は何らかの形で入るものですが・・・忙し過ぎてそこまで手が回らなかった?

他の質問者にも異変が。関根議員の答弁には「きどね議員」と謎の呼称。おそらく与党議員を目の前にして毎日言い慣れている「木戸口と関根」を合体させてしまったのではとの声が・・・

過去に県民党を名乗っていた件と今時選挙の振る舞いについての整合性を質されて、途中まではいつもの理屈を貫いていましたが、途中で前振れもなく米国大統領と連邦議会の関係に言及し意味不明な答弁に・・・

ハイテンションなのかお疲れなのか。

結論。やはり知事職にある方は岩手県の未来のために全精力を傾けるべきです。
posted by 飯沢ただし at 23:25| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月26日

広瀬めぐみ候補者と東磐井一周

(FBと記事が一部重複しています)

本日は暑い日でした。

広瀬めぐみ候補者、藤原たかし代議士と共に東磐井地区を一周しました。

1656249267511 (002)x.jpg


🎤今選挙は政権交代の選挙ではありません。

🎤良識の府と呼ばれる参議院の選挙は本来、人物本位、政策本位で選ばれる選挙です。

🎤国難と言われる今、政権批判よりも国民や県民のために政策や法律でカタチをつくる側の人を選ぶべきです。

🎤国会議員の仕事は立法。参議院には解散がありません。法体系を現場ですでに理解している広瀬さんにはもってこいの活躍の場です。

🎤岩手から広瀬さんという女性を国会に送り込めるのは県民として誇らしいことです。

🎤みんなでもっともっと広瀬さんの支援の場を広げていきましょう。

応援の弁の大要は以上の通りです。

1656249361283 (002)x.jpg


大東地区では熱狂的に応援する横断幕が出ました!

1656249427136 (002)x.jpg


藤沢地区の個人演説会ではついつい本音トークに💨

まだまだ支援は広がります。皆で頑張りましょう!
posted by 飯沢ただし at 23:35| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月25日

参議院選挙と椎名素夫先生

県議になって23年。参議院選挙には何度か参画しました。

当選の喜びと落選の悔しさ、どちらも経験しました。私は国政政党の陣笠には入っていないので、良識の府たる参議院の選挙には人物本位、政策本位で自らの判断で応援しています。

この間一番に印象に残っている参議院選挙は、実は議員になる直前の平成10年の参議院選挙です。椎名素夫氏が政党推薦を受けずに無所属で戦ったご自身の最期の選挙でもありました。

shiinax.jpg


大東後援会の方々に誘われて、雨の県庁前の街頭演説会にも行きましたし、東磐井遊説のお手伝いもちょっとだけさせて頂きました。

平成7年の父親の県議選、知事選の時の雰囲気とはまるで真逆の雰囲気で、締め付けのない自由で民主的な選挙風景に驚きと感動をしました。後に椎名先生が「あの時の選挙は愉快だったね〜」と椎名先生らしい表現で語ったことを今でもよく憶えています。


議員になってからは椎名先生からはいろいろなご指導を頂きました。ILCは代表的な政策課題の一つです。
「飯沢君は若いからこの本を読んで勉強しておくといいよ。」が始まりでした。宇宙のビッグバンの本でした。
押しつけや決めつけなど絶対になく、常に自分で考え行動を促す貴重な助言ばかりでした。

「椎名は政治家ではなく、評論家だ」と小沢一郎氏を支援している地方議員が言っているのを耳にしたことがあります。

政界再編に力を入れた小沢氏と思慮深く豊かな人脈を通じて世界の安定に貢献された椎名氏は両極にあり、支持層も見事に二極化していました。お二人が後世に何を残したのかは歴史がしっかりと証明してくれると思います。

参議院外務委員会での椎名先生の質問風景を思い出しました。内容は明確ではありませんが、外務官僚が耳をそばだてて聞いていました。行政マンに示唆を与えるこんな議員を目指したいと今でも目標にしています。

椎名先生のイメージがあまりにも私の中では強烈ですが、こうした私の思いを繫げる政治家もしっかりとつくっていかねばなりません。

政治家は権力者に批判をすることも必要ですが、この国難とも言える時期には国会議員としての重要な務め、すなわち立法するという活動はとても重要です。今の野党には国民の期待は薄く(立憲民主党の支持率は5%前半)六年間解散のない参議院議員こそ立法活動に専念できる環境にあり、それに最も適した人材を国会に送ることが求められると思います。
posted by 飯沢ただし at 23:47| 岩手 ☀| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月22日

参議院は良識の府

本日参議院選挙が公示されました。

私が代表を努めている「いわて県民クラブ」は所属メンバー5人全員の総意で「広瀬めぐみ」さんを応援することに決定しました。
本日の広瀬めぐみ第一声にも全員で参加し、私が「いわて県民クラブ」を代表して応援の弁を述べました。

1655891806452 (002)x.jpg


1655892427959 (002)x.jpg


時間の都合で割愛した部分も含めて応援する理由をここに記したいと思います。

私が政治の道に入ることを決断するにあたり大きな影響を与えた故椎名素夫先生は「参議院は衆議院のカーボンコピーにはあらず」と参議院改革を進めてきた方でした。任期中に解散がない参議院は思慮深く日本の行く末を考え、法律を体系的に創ることが可能な立法府です。その二院制の特徴を活かすことは地方政治家の我々もしっかり意識して選挙に参画する必要があると考えます。

しかし、特に参議院のように全県選挙で勝ち抜くためには現行の政治基盤を活用しなければ勝ち抜くことが出来ないという現実があります。国政政党に所属しない我々「いわて県民クラブ」は国政選挙のたびに判断を求められてきました。積極的に関わらないという選択肢もありますが、良識の府である参議院にふさわしい人物、政策本位で考えれば広瀬さん以外に推す候補者はないという全員で話し合った結論に至りました。

応援する第一の理由は、広瀬さんは弁護士として弱い立場の方々の代弁者として活躍されてきた実績があります。また、格差社会が進む中、地方にはまだまだポテンシャル(可能性)があると考えます。弱者のために、地方格差是正のために法律体系を熟知している広瀬さんの立法府での活躍に期待は高まります。

第二に、今の野党勢力には日本を建設的に変えていく力が不足していると考えます。批判ばかりでは生産につながりません。

第三に、人口減少社会に入り、世の中の仕組みを変えていく必要があります。男女共同参画を着実に実行に移していく必要があります。社会を支える現行世代、将来世代に対して社会のシステム移行が求められています。女性の社会参画の促進のため、また将来の人材育成のため、法律家としての知見を活かした広瀬めぐみさんには「形」をつくって世の中を変えてほしいと思います。

以上、主な理由を記しました。あわせてこの選挙を通じて、ぜひとも岩手の政治の流れを変えていきたいと思い、私も行動します。

当分の間、選挙関係の記事が続くと思いますが、少しでも私の思いをお伝えしたいとの考えですのでご理解よろしくお願い致します。

posted by 飯沢ただし at 11:40| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月18日

広瀬めぐみ総決起大会@アイーナ

昨晩行われた総決起大会はいい雰囲気で行われました。
応援の掛け声がとまらず、司会進行の千葉じゅんこ議員が国技館のようなとの粋な例えがさらに会場を和ませました。

会場の皆さんはめぐみさんの旦那さん勝一さんのお話が印象に残ったと確信します。もちろんめぐみさんもよかった。

1655560163669 (002)x.jpg


当日になって平野選対本部長から私に指名があり、急遽壇上に上がることになり、さらに激励の挨拶もすることに。したがって弁士の垂れ幕はなし。それでもご指名を頂いたことは光栄なことと思い、力を込めて応援の弁を述べました。

昨晩お話をしたホットな経験値があるので、その流れに沿ったショートバージョンでやりました。

1655560080026 (002)x.jpg


閉会後に玉澤先生と安全保障問題について意見交換。まだまだ意気軒高な玉澤先生です。


選対スタッフの努力のおかげで1000人を超える人が集まってくれました。千人超の会合は本当に久しぶりで、千人の拍手の迫力に圧倒されました。

しかしながら、これがゴールではなくこれからが始まりです。前回の知事選の時に嫌というほど動員と集票は相関関係にないことを知らされています。

女性活躍の社会の実現、世界に通用する人材育成、そのための子どもたちへの様々な支援策など広瀬さんには国会議員の本文であるLAW MAKER としての活躍が期待できます。

投票日まで私、そして県民クラブの仲間たちと共に力の限り応援します。手抜きなしです。


posted by 飯沢ただし at 23:27| 岩手 ☁| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月16日

県政報告会2022@千厩マリアージュ

標題の報告会を急な決定でしたが開催しました。一般告知はしませんでした。

というのもいまだコロナ禍中にあり、感染対策のために人数を制限する必要があったためです。どうぞご理解下さい。

1655388042386 (002)x.jpg


飯沢後援会会員と支持議員団、ゲストの方々に来て頂きました。

ゲストの一人が参議院議員立候補予定者の 広瀬めぐみさんです。

1655387852341 (002)x.jpg


私が考える参議院議員の在り方、椎名素夫先生から授かったこと、広瀬めぐみさんに期待することを県政報告と併せて述べました。

辛口批評をいつもしてくれる川崎飯澤会のHさんから「今日はよかった」との言葉を頂きました。この言葉によって今回の報告会は成功です。

参議院選挙の公示日まであと7日。

私は岩手の未来のために 広瀬めぐみさんを支援します。
posted by 飯沢ただし at 23:40| 岩手 ☀| Comment(0) | My Report 【県政報告会】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月15日

県議会選挙一人区を解消へ

一昨日に行われた県議会定数検討会議で来年の県議会選挙の選挙区割りの方向がやっと決定づけられた。

DSC_0821 (002)x.jpg

【6月14日 岩手日報朝刊 第一面】


テレビや新聞メディアがどのように報道されているかすべてを把握していないが、この岩手日報の一面の報道はこれまでの定数検討会議の本質をよく理解している見出しである。高く評価したい。

すなわち、今回の定数検討会議では「一人区解消」が今回の検討会議の大きなテーマでだったからだ。

交渉会派4会派のうち新政会を除く3会派が「一人区解消」に向けて選挙リスクを承知の上で議論を前に進めてきた。一人区の解消は過去にも解決すべき課題として検討材料にはなっていたが、実現には至らなかった。今回、第二会派の自民党が陸前高田と大船渡の合区には最初は難色を示していたが、全体の議論を進めるために合区にゴーサインの英断をしたのが象徴的な例だ。

一昨日の会義ではパブリックコメントの取り扱いをめっぐて議論があったが、新生会は最後まで現状維持に拘り、一人区の解消を前に進める本質的な議論には参加してこなった。議論も終盤戦になっているのにも関わらす座長に対してパブリックコメントの内容を汲み取った案の斡旋を求めたり、議論がすでに終わっている激変緩和措置(次々回への先送り)を申し出たのにはまったく理解に苦しむ。

久慈選挙区は12年前から定数48の場合、削減の対象となっていた(2→1)。しかし、東日本大震災の影響も考慮して現状維持の2のままにしたきた経緯がある。これを再々度先延ばしにすることは到底不可能である。また、直近の国勢調査によって二戸選挙区も2→1、になることが判明したためこのままだと県北沿岸地区の選挙区は二戸(1)、九戸(1)、久慈(1)となり5→3と一気に2減となってしまう。一人区の解消という大きなテーマと合わせもって九戸選挙区を分割して二戸(2)、久慈(2)とし、1減で防げるのはベストではないが最善策というのが3会派が導いた結論だ。また、交渉会派以外のメンバーもすべて同意したのは、再編案の合理性を示したものだと思う。

確かに九戸選挙区の分割は当該選出議員にとっては辛かろう。

しかし、選挙区の再編は過去にもあったし、先人の議員もそれを乗り越えてきた。また、同じ九戸郡のくくりでも軽米町と旧種市町の地域の一体性は薄いと、軽米町の亡くなった義父からよく聞かれていたし、それに久慈選挙区には旧九戸選挙区にかつて存在した旧山形村もあるのだ。


パブリックコメントで指摘された論点も過去に議論の対象となっていて、新たな論点が発出したものではなかったとのS議員の指摘は正しい。

会議というのは一つ一つ議論を積み重ねた上で次進んでいくものだ。会議のルールを厳格に守らなけばならない議会がそれを無視することは決してあってはならない。
posted by 飯沢ただし at 23:50| 岩手 ☔| Comment(0) | My Diary  【ふつうの日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする